FANDOM


THE 鑑識官』(ザ・かんしきかん)は、トムキャットシステムが開発し、D3パブリッシャーより発売された、SIMPLE 2000シリーズ第70作目の推理アドベンチャーゲーム。同社より発売の『THE 推理』、『THE 裁判』と世界観を共有している。

その後、ニンテンドーDS用ソフトとして2本の続編が発売されている。

概要編集

姉妹作である『THE 推理』シリーズと同様に、1時間程度のプレイでクリアできるような短編シナリオを8~10収録しており、親しみやすいキャラクターたちとの掛け合いと推理が楽しめるようになっている。

『THE 推理』がネットを通じて送られてきたり検索したりした証拠のみを使い、主人公は事務所の外に出ることのない安楽椅子探偵だったのに対し、本シリーズはタイトルどおり主人公が鑑識官として現場に出向いて証拠品の収集を行い、オフィスに持ち帰った証拠品を科研専門課スタッフに鑑定してもらいつつ捜査を進行するのが特徴である。

シリーズ編集

  • SIMPLE 2000シリーズ Vol.70 THE 鑑識官
2005年2月17日発売。プレイステーション2用ソフト。
  • SIMPLE DSシリーズ Vol.8 THE 鑑識官 ~緊急出動!事件現場をタッチせよ!~
2006年5月25日発売。ニンテンドーDS用ソフト。
  • SIMPLE DSシリーズ Vol.15 THE 鑑識官2 ~新たなる8つの事件をタッチせよ~
2007年5月31日発売。ニンテンドーDS用ソフト。

ゲーム内の時系列は発売順につながりがあるが、前作をプレイしていなくとも支障がないつくりとなっている。プレイステーション2版ではキャラクターの声はフルボイスだったが、DS版ではタイトルコールや掛け声などを除いて音声はない。その代わりDS版ではタッチパネルやマイクを使った捜査をするシーンが入っている。

あらすじ編集

今よりほんの少しの未来。日本の司法改革によって半民・半官の捜査機関である科学捜査研究所(通称「科研」)が設立された。組織として事件を担当する警察の鑑識とは別に、一人の鑑識捜査官が一つの事件を担当し、自身の責任を持って捜査する米国的なシステムである。

全国に13箇所ある科研のひとつ「南東京市科学捜査研究所」は、能力としては優秀だがアクの強い面々の集まった科研。ここの新人鑑識捜査官である江波識子は、パートナーである査之介や鑑太、科研所属の専門家と協力し、様々な事件を捜査することとなる。

主な登場人物編集

声優はプレイステーション2版のもの。

熱血系の新米鑑識捜査官。科研への就職のために上京した際、死んだ祖父の住んでいた小さな家に一人住まいすることになったが、その物件は幽霊とネコマタつきだった。好きなものはプロレス観戦、嫌いなものは怖い話。射撃は苦手。
捜査官としての腕前は優秀で、決してあきらめずに捜査を続け、最終的には真相を見つけ出している。解決した事件には国家規模のもの(テロや警察上層部がらみの事件など)もあり、警視総監賞を授与されたこともある。また、提出した論文が認められて国費留学生としてアメリカの検死官達の憧れである通称死体農場に2年間留学の話がでたこともある。
容姿はいいのか、後述の芦茂に熱心にアプローチをかけられたり、ストーカーに命を狙われたこともある。
  • 江波 査之介(えなみ さのすけ)(声:楠田敏之
江波家に代々伝わる十手に宿っている同心の幽霊。波長が合う子孫である識子と出会うまで長い間眠っていたため現代のことには疎いが、生前の経験から識子に対し的確なアドバイスを与える。
江戸時代より江波家に居ついているネコマタ。生意気な性格だが、その神通力と天神様といった超常関係への顔の広さはかなりのもの。余談だが、D3のサイトにあるPS2版の紹介ページ画面写真では製品版とは全く違うデザインの鑑太が登場している。
南東京市科学捜査研究所所長。識子の苦手な上司。しかし鉄道や埋蔵金などの“男のロマン”は大好き。
  • 古畑博士(ふるはたはかせ)
法医課担当官。科研と提携する大学の所属で、世界的に有名な法医学者。検死を依頼する際に識子(=プレイヤー)の知識を試すような質問をしてくることも。
  • 芦茂 伊作(あしも いさく)
化学課担当官。作家としても活躍する化学者。女性好きで、識子に対しても事あるごとに口説いてくるのだが、ほとんど相手にされていない。しかし人間としてはいい人なので信頼はされている。隕石マニア。
  • かんこさん
情報課担当官。科研の情報データベースコンピューターの擬似人格(擬人)で、一昔前の銀行のATMの画面に出てくるような容姿ではあるが機能は優秀。
  • 車 早太郎(くるま はやたろう) (声:川原慶久
交通課担当官。非常勤で、本業は自動車メーカーの営業マン。礼儀正しく人当たりはいいのだが、時々自動車の営業をするのが玉に傷。
指紋課担当官。タイとフランスと日本の血が混じったナイスバディの女性。モデルにスカウトされたこともある。フランス人の先祖は、指紋捜査をいち早く取り入れたことで有名な大泥棒にして名探偵
  • 物部 理太郎(ものべ りたろう)
物理課担当官。本業は大学の講師。多忙なためややぶっきらぼうではあるが、根は親切。物理以外にも様々な知識を持っている。パズルに詳しい。歴史マニアという顔も持つ。
  • 植木 虫介(うえき ちゅうすけ) (声:岩橋直哉
生物課担当官。肩にヒラタクワガタを載せ、額にルーペをかけている。虫に関する話題に目がない、昔の少年を大人にしたような人。しょっちゅう虫取りに出かけてしまうため、無断欠勤や遅刻が多い。
  • 遠山・ゴールディ・桜(とおやま・ゴールディ・さくら)
DS版第1作より登場の心理課担当官で、通称「金ちゃん」。13歳でアメリカの大学を卒業してそのまま科研に研修生としてやってきた。先祖は遠山の金さんで、「この桜の髪止めにかけて……」というのが決め台詞。犯罪心理学以外にも多彩な知識を身につけている才媛。
  • 江波 徹子(えなみ てつこ) (声:大田詩織
南東京市警察署の署長で警視正。識子の叔母で、プライベートでは優しいが仕事が絡むと厳しい「鉄の女」。元々は『THE 推理』に登場するキャラクター。
  • 寒川 怜(さむかわ れい) (声:米村千冬
南東京市警察署所属の敏腕女刑事。識子と仲がいい。

外部リンク編集


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki