FANDOM


THE 野球(ざ やきゅう)は、D3パブリッシャーより発売されている廉価版ソフトSIMPLEシリーズとして発売された野球をテーマにしたゲームソフトである。

SIMPLE1500シリーズ(プレイステーション編集

シンプル1500シリーズ Vol.21 The 野球

2000年10月05日に発売。選手を操作するアクションゲームの多い野球ゲームとしては珍しく、プレイヤーが監督となって選手を采配するシミュレーションゲームとなった(同様のソフトとしては、アスキーより発売されていた『ベストプレープロ野球』等の前例が存在する)。

定価1500円の低価格ソフトゆえに、登場する選手、球団、球場名はすべて非実名(変名)となっている。当時は既に日本野球機構等の許諾を受けて実名を使うゲームがほとんどであり、家庭用ゲーム機の作品としては、1994年7月発売のスーパーファミコン用ソフトスーパーウルトラベースボール2カルチャーブレーン)以来である。

SIMPLE1500シリーズ Vol.21 The 野球 プロ野球実名版

2001年6月07日発売。前作が好評だったため、許諾を受けて実名化したバージョン(データは1999年シーズン終了時のもの)。ゲーム内容自体は前作と同じである。

シリーズ番号は21のまま置き換えられており、新作ではなく改訂版という扱い。SIMPLEシリーズで複数のソフトが同一の番号を使っている唯一の例である。

SIMPLE1500シリーズ Vol.96 The 野球2 ~2002プロ野球~

2002年7月25日発売。前作と同様のシミュレーションゲームで、2002年のデータが再現されている。

SIMPLE2000シリーズ(プレイステーション2編集

SIMPLE2000シリーズVol.27 THEプロ野球~2003ペナントレース~

2003年4月24日発売。プレイステーション版とは異なり、3頭身のデフォルメされた選手を操作するアクションゲームとなった。

SIMPLE2000シリーズVol.57 THEプロ野球2004

2004年8月5日発売の2004年版。選手のデータが改訂され、細部が修正されているが基本的には前作と同様。

外部リンク編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はTHE 野球にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki