FANDOM


RAP FREAKS』(ラップフリークス)は1999年コナミが発表した音楽シミュレーションゲーム。 BEMANIシリーズの一つ。シリーズ初の試みとしてプレイヤー自身の「音声」を利用する。 二人同時プレイ可能。 唯一、市場に出回らなかった幻の「BEMANIシリーズ」である。

筐体概要編集

筐体外観・画面レイアウト等は、同時期に開発が始まっていた「ダンスマニアックス」に類似している。 筐体前面のテーブル上に「ハンドクラップ」と呼ばれる入力装置が 左手・右手用に二人分用意されている。 筐体左右にはプレイヤーの「音声」を録音するためのマイクがある。 スタート・セレクトボタンの上方に、録音した「音声」に特殊効果を与える 「エフェクトスライダー」がある。 ゲームモードの内容など詳細は一切不明だが、筐体のレイアウトから判断すると 「ダンスマニアックス」のように、中央2つの入力装置を使う 「センタープレイ」が搭載されていた可能性がある。

遊び方編集

  1. クレジットを投入、スタートボタンを押す。
  2. 「ハンドクラップ」を両手にはめる。
  3. 曲を選択するとプレイ開始。
  4. 選択した曲の前奏部分が流れる。
  5. 画面上に「REC」(録音)と表示される。筐体に付属のマイクに向かって音声を録音する。
    画面に歌詞が表示されるが、判定に影響されないので適当に音声を入力しても構わない。
  6. 曲の本編が流れる。
    画面下からオブジェクトが上昇する。オブジェクトがクラップゾーンに重なった瞬間、「ハンドクラップ」を叩くか振ると、事前に録音した音声が「ラップ」として流れる。他のシリーズ同様、タイミングが合えばグルーヴゲージが上昇する。
    プレイ中、筐体の「エフェクトスライダー」を左右に動かすと、音声に特殊効果を与えることが出来る。(判定に影響は無い)
  7. グルーヴゲージが無くなるとゲームオーバー。

その後編集

AMショー等、各ゲームイベントで公開。その後はコナミ直営の ゲームセンター「チルコポルト」(現存せず)にてロケテストを実施。 しかし、AMショー等では周りの雰囲気に乗せられる形でプレイする人も 多数居たが、「チルコポルト」等の一般のゲームセンターに設置されると、 両手の動きの激しさと自分の「音声」が流されるという 恥ずかしさも手伝って、ロケテストでありながら ほとんどプレイする人は居なかった。 結局、「チルコポルト」各店舗でのロケテストで公開された後、 市場への発売を断念した。

なお、このゲームでの使用曲が他シリーズに流用されているかは不明。

外部リンク編集

  • RAP FREAKS - 1999年当時のAMショー公式カタログ資料
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はRAP FREAKSにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki