FANDOM


QIX』(クイックス英語における発音はキックスキクスに近い)は、タイトー1981年業務用ゲームとして発売した、陣取りゲームである。具体的なゲームジャンルは、パズルゲーム

ゲームルール 編集

四角で構成されたフィールド内を、プレイヤーはマーカー(自機)を動かし、QIXと呼ばれる線状の物体(生物)に触れないようにしながら、フィールドの領域内にラインを引いて面(エリア)を作り、その総面積がフィールドの75パーセント以上を越えたときクリアとなる。

得点は、1回のエリア作成での面積、総面積が75パーセント以上のときにクリアした時の過剰分で増える。QIXが2匹いるときに、2匹の間を縫うようにエリアを作ると、次のラウンドから獲得点数倍率が(成功回数+1)倍に跳ね上がる。なお、1度でもミスをすれば倍率は1倍に戻る。

ラインとエリア 編集

マーカーは、ラインボタンを押しながらフィールドの領域内に向かってレバーを倒すと、領域内にラインを引く事ができる。ラインをフィールドの領域外で結ぶ事で、フィールド領域内にエリアを作る事ができる。エリアは、QIXがいない部分にできる。

ラインボタンは「高速」と「低速」の2種類があり、低速だとマーカーの移動スピードが下げてラインを引く。 エリアを作る際、高速だと青色に、低速だと赤色にエリアは染まる。高速に比べて低速のほうが、ラインの面積の得点があがる。

ミスの条件 編集

  • ラインを引いている最中に、QIXがそのラインと重なる。
  • 領域外で動いている「スパークス」と呼ばれる物体にマーカーが触れる。
  • ライン引きの動作を中断するとラインの根元に出現する、「ヒューズ」に追いつかれる。ヒューズが動くのは動作中断の間だけ。

バグ等 編集

  • ほんの少しだけ面を確保した瞬間にQIXがラインに触れると、確保した面を逆側に判定されてしまい、99パーセントでのクリアとなる。
  • ラインを折り返しながら、それと直角に1単位ずつ前進するようにジグザグに引いていくと、スパークスが迷子になって追ってこられなくなる。

陣取りゲームと脱衣ゲーム 編集

エリアを作った部分の背景が見えるようにした続編が作られた後、これを利用した脱衣系ゲームのジャンルの一つとしても定着した。(どちらも開発は金子製作所。ちなみにギャルズパニックシリーズはタイトーの正規ライセンスを得ている)

また、その結果としてQIXは領域の外側を動いていくものに対し、フィールドの中心からスタートし領域の内部を自由に動くことができるタイプが現われた(ただし、その分接触してはならないものが増えた)。

移植編集

ゲームボーイ版(任天堂から発売)
1990年4月13日発売。
プレイステーション
SuperLiteシリーズとして2000年10月26日発売。
プレイステーション2
2005年8月25日に発売されたタイトーメモリーズ 下巻に収録。通常版だと最初は遊べない。遊ぶには一定の条件を満たすか、隠しコマンドを入力すればプレイ可能。(2006年9月7日に発売された廉価版では最初からプレイできる。)
プレイステーション・ポータブル
2006年1月5日発売のタイトーメモリーズ ポケットに収録。

関連作品 編集

2003年スペースインベーダー25周年記念として登場した2in1筐体。筐体の左右に両ゲームオリジナルのデザインが施されている。再度のヒットを狙ったものでなく、記念発売の印象が強い。もともと海外発売向けに開発されたもので、発売元はナムコアメリカ。
アトラスの『ペルソナ3』を題材にしたクイックス。2007年に発売された携帯電話アプリ。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki