Fandom

ゲーム情報ウィキア

Piaキャロットへようこそ!!シリーズ

1,608このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

テンプレート:性的 Pia♥キャロットへようこそ!! シリーズ(略称:PiaPiaキャロ)は、ファミリーレストラン『Piaキャロット』でアルバイトをしながら、ともに働く女性店員や客の女性と仲良くなることが目的の18禁(一部を除く)恋愛アドベンチャーゲーム+恋愛シミュレーションゲームのシリーズである。PC版の発売元は「3」のみF&C FC02、3以外はカクテル・ソフト

ゲームを原作としてOVAが発売されるまでに至る人気作となった。また、2002年には18禁ゲーム史上初の劇場アニメ化もされた。

なお、タイトルロゴにおいては"Pia"と"キャロット"の間に♥(ハートマーク)が入るのが正式であるが、一般的には抜いて表記されることが多い。

「1」~「3」の特徴として、ゲーム開始時に3種類の制服(携帯ゲーム機版である2.2と3.3では2種類)から選択するユニフォームセレクトがある。イベントCGなども制服ごとに存在するが、CGモードには制服ごとに追加される仕様となっている(サターンおよびドリームキャストの2と、ドリームキャストの2.2は3種類の制服全てのCGが同時に追加される)。

シリーズ一覧編集

現在発売されているシリーズは大別すると5種類ある

Pia♥キャロットへようこそ!!編集

シリーズ第1作、18禁OVAも存在する。

Pia♥キャロットへようこそ!!2編集

シリーズ第2作、「1」の4年後の物語

  • Pia♥キャロットへようこそ!!2.2 -- 「2」の後日談
  • Pia♥キャロットへようこそ!!2.5 -- 「2」/「2.2」のドリームキャスト
  • ぴあきゃろTOYBOX -- アクセサリー&ミニゲーム集
  • Pia♥キャロットへようこそ!!2 DX -- 「2」原作の一般OVA
  • 18禁OVA版も存在する。

Pia♥キャロットへようこそ!!3編集

シリーズ第3作、「2」の1年後の物語

  • Pia♥キャロットへようこそ!!3 ヒロインズFunBox --アクセサリー&タイピングソフト
  • Pia♥キャロットへようこそ!!3.3 -- 「3」の外伝
  • Pia♥キャロットへようこそ!! -さやかの恋物語- -- 「3」原作の一般劇場版アニメ

Pia♥キャロットへようこそ!!G.O. ~グランド・オープン~編集

シリーズ第4作、「3」より2年後の物語

  • ぴあきゃろG.O. TOYBOX ~サマーフェア~ --「G.O.」のサイドストーリー、アクセサリー・「1」、「2」のデーターベース
  • ぴあ雀 --「G.O.」を元にした脱衣麻雀
  • ぴあきゃろG.O. TOYBOX2 ~スプリングフェア~ --「G.O.」のサイドストーリー、アクセサリー・設定資料集・「3」「G.O.」のデーターベース

Pia♥キャロットへようこそ!!G.P.編集

シリーズ第5作。2008年1月25日発売。

歴史編集

基本的なゲームシステム 編集

本シリーズは基本的に、約1ヶ月という期間の中で各種のアルバイトをすることによってパラメータを上げる一方で、登場するヒロインと親密になるのが目的である。 なお、PiaG.P.では期間やパラメータ、自由時間などは存在しない。

本シリーズにおける1日の流れを以下に示す。

  • 朝起きた後は基本的に自由時間。ヒロインの所に行くことも、その他の場所でパラメータを上げるのも可能である。(なお、Pia3ではシフトによってはこの部分が夕方になることもある)
  • 基本的には昼になったら勤務のため店に行く(Pia3では朝からの場合も)。ただし週に1日休日が設定されており、その日については朝と同様に自由行動である。
  • バイト中にイベントが発生することがあり、そのイベントによってパラメータが変動する場合もある。
  • 終了後はヒロイン達の中から一人を選んで話しかけることが可能。ここでもイベントの発生やパラメータの変動がある。
  • 週に1度シフト編成の日があり、この日は終了後に一週間のシフト編成を行う。この日は終了後にヒロインに話しかけることができない。なお、イベントなどによりこの日に休んでしまった場合はマネージャーが勝手にシフトを決めてしまう。基本的には1日ごとにシフトを編成するが、以下の例外が存在する。
    • Pia1の1週目はマネージャーによる固定スケジュールとなっている。
    • Pia2では最初3日間は倉庫整理で固定、その後の最初の編成の時は2日単位での編成となる。また、その後も強制的に倉庫整理が割り当てられる日がある。
    • Pia2.2では初日はウェイターで固定。
    • Pia3では初日は午後の倉庫整理で固定となっており、その日の勤務後に最初のシフト編成が行われる。

自由時間にできる行動は以下の通り。

  • Data:ヒロイン達のデータを確認する。時間は消費しない。
  • Rest(Recreation):部屋で休むことにより、体調を回復させる。また、1日の終わりにおける就寝コマンドでもある。Pia3以降Recreationに表記が変更されている(ただし、1日の終わりにおける就寝コマンドではPia3以降も以前の表記が使用されている)。
  • Study:自室で勉強する。学力を上げることが可能。
  • Call:ヒロイン達や店に電話をかける。Pia1ではヒロインのところへ行くイベントもこのコマンドの結果として発生する。
  • Move:駅前や店などに移動する。Pia2以降では寮にいるヒロインの所に行くことも可能。
  • Item:手持ちのアイテムを確認したりする。時間を消費するアイテムもある。
  • Jogging:Pia2から追加されたコマンド。体力が上がる。

Pia3までにおけるシフト編成では以下の中から選択でき、パラメータの成長に影響する。Pia3.3では主人公がどの業務に就いているヒロインのサポートに入るかの選択としてスケジュール編成を行う。

  • ウェイター:フロアに出て接客を行う。主に容姿が上がる。
  • キャッシャー:レジ打ち。容姿と学力が上がる。
  • 調理/料理/仕込み:厨房で料理を作る、もしくはそのための下ごしらえを行う。Pia2まではパラメータの変動率が異なる(パラメータの伸び率・体調の消費量ともに仕込みの方が少ない)2つの項目があり、Pia2.2からは統合されている。パラメータの変動としては根性が若干伸びると共に体調の消費が他の項目に比べて少ない。
  • 皿洗い:食後の食器を洗う作業。根性が上がる。
  • 掃除:店の前の掃除。パラメータの伸び率では優しさの伸び率が高い。
  • 倉庫整理:倉庫に積まれている荷物を整理する。体調の消費が激しい一方、根性と体力の伸びが大きい。なお、Pia2では任意に選択することができない。

パラメータの項目は以下の通り(ただしPia3.3やG.O.では体調以外は存在しない。代わりに存在する項目については記事内で言及する)で、ヒロイン毎にハッピーエンドになる条件が設定されている。このパラメータの条件の他に、イベントによるハッピーエンドの条件があるのは当然のことである。

  • 容姿:身だしなみの良さやファッションセンスなどを表す物。ウェイターやキャッシャーといった表舞台に出るタイプの業務で伸びる傾向にある。
  • 優しさ:心の広さを表す。イベントで上がることが多く、掃除でも若干伸びる。
  • 根性:忍耐力を表す。皿洗いや倉庫整理といった仕事はこのパラメータが伸びやすい。
  • 学力:文字通り。学校の勉強がどれだけできるかを表す。基本的には自室で勉強したときに伸びるが、キャッシャーでも若干伸びる。
  • 体力:Pia2から追加されたパラメータ。体調の減少率が若干緩和される他、食い逃げ犯追跡イベントやプールなどの運動関係のイベントに影響する場合がある。主に自由時間中のジョギングや、倉庫整理で伸びる傾向にある。
  • 会話:Pia1のみのパラメータ。積極的に話をしようという態度等が反映される。
  • 不評:主人公に対する悪い評判。体調0でバイトを休むことになってしまったり、イベントにおける選択肢の選び方によって上がる。他のパラメータが一定以上なのに対し、これだけは一定値未満が条件となる。
  • 体調:主人公自身の疲れ具合。0になってしまうと強制的に休養させられる。

ちなみに、PC版のPia1およびPia2ではこのパラメータの項目名の表示を読み仮名/漢字/英語表記の3種類から選択できる。

Piaキャロットについて編集

ゲームの設定としてのPiaキャロット編集

本シリーズに登場するファミリーレストランPiaキャロットは、2008年現在の最新作であるG.P.においては9店舗からなる。

  • Piaキャロット本店 - Pia1の舞台。Pia3で電話をかけたときの応答によれば高田馬場に存在することになっている。ちなみにF&Cの所在地も高田馬場である。店長は3まではオーナーの木ノ下秦夫、G.O.ではその息子の祐介。
  • Piaキャロット2号店 - Pia2および系列作品、TOYBOXの"Go!Go!木ノ下祐介"の舞台。仲野駅(中野駅をモチーフにしていると言われている)の近くにある"中杉通り"に存在する。2における店長は木ノ下祐介。G.O.では2号店マネージャーだった双葉涼子が店長を務めている(G.O.TOYBOX内で異動した祐介の代わりに店長をしているとのコメントがある)
  • Piaキャロット3号店 - Pia2.2の時期に新規オープンとなった店舗。Pia2.2では2号店店長である木ノ下祐介が店長代理として赴き、後に昔本店マネージャーであった神無月志保が店長に就任する。それ以外についてはゲーム中でも全く話に挙がらない。
  • Piaキャロット4号店 - Pia3および系列作品の舞台。それまでの市街地とはうってかわり、美崎海岸(街のイメージは神奈川県江ノ島近辺(俗にいう湘南海岸)と千葉県鴨川、美崎海岸駅は京急三浦海岸駅がモチーフ)の海岸沿いに存在し、店名も「美崎海岸通り店」となっている。本店に勤務していた羽瀬川朱美&岩倉夏姫が店長代理&マネージャーとして派遣され、後にこの体制が正式な物となる。他の店舗と異なり木造であることや、屋外にテラスがあることなどが特徴。
  • Piaキャロット5号店 - G.O.の舞台となる店舗。4号店同様海岸通りにあり、木ノ下留美が店長となっている。正式名称は「藤ヶ浜海岸通り店」。
  • Piaキャロット6号店、7号店 - G.P.での主人公が爆破する店舗が8号店なので、6号店7号店も存在すると予想されるが、G.P.内で言及はされない。
  • Piaキャロット8号店 - G.P.冒頭に主人公がガス爆発で爆破する店舗。冒頭の爆破以外には作中に出てこない。
  • Piaキャロット学園特区店 - G.P.での舞台となる店舗。9号店ではなく学園特区店と言う。G.P.主人公が店長を務める。水萌学園特区内にあり、何度も爆破されるが何度も復活する不死鳥のような店舗。

なお、本シリーズ以外の作品に「Piaキャロット」が登場する作品には以下のものがある。

また、Pia3のイベント画、及びアニメチップに『With You ~みつめていたい~』のキャラクターが登場している。 このほかにG.O.で『Canvas2 ~茜色のパレット~』の撫子学園の名前が出ているが、この関連より更に『PALETTE』(アニメのCanvas2でPALETTEのヒロイン「菜乃花恵理」が登場)や『Natural2 -DUO-』(Natural2のヒロイン「鳥海空」はPALETTEのヒロイン「萌木玉緒」と親友である)も本作とつながりのある世界観であるという見方も可能ではあるが、アリスソフトの『Rance』シリーズのように公式にここまで関連が述べられているわけではない。

現実世界のPiaキャロット編集

「レストラン『Piaキャロット』が本当にあったらいいな」というユーザーの声を受け、1994年に発足したキャラクターコンテンツ業者ブロッコリー協力の下、1998年8月の東京キャラクターショーで喫茶店形式で実現された。イベントは予想をはるかに上回る反響を呼び、イベント限定でなく固定店舗で行おうという動きになり、1999年7月22日東京秋葉原ゲーマーズスクエア店6Fで「Piaキャロットレストラン」の名でオープンされた。同年9月19日に一旦は終了したが反響多数で1999年12月1日2000年2月1日と、3月17日4月30日の2回復活している。

この流れは『ToHeart』・『Kanon』といった純愛系のゲームの大ヒットが続き、「これらのゲームのコスチュームを着た店員の飲食店もあって欲しい」という要望につながり、これが2000年5月の元祖コスプレ喫茶『カフェ・ド・コスパ』の起こりとなった。程なくしてもう一つの潮流メイドブームと融合して『カフェ・ド・コスパ』跡地に誕生したのが2001年2月に誕生した元祖メイド喫茶『CURE MAID CAFE'(キュアメイドカフェ)』である。つまり1アダルトゲームのヒットが現実の街秋葉原を「オタクタウン」に塗り替える要素の一つになったのである。

現在「メイド喫茶」「コスプレ喫茶」と冠する飲食店の通常営業の制服はメイド服が圧倒的多数で、Piaキャロットのようにシチュエーションによって制服が多彩に変化する店舗は少数派だが、『Cafe Mai:lish(カフェ・メイリッシュ)』が発足メンバーに『カフェ・ド・コスパ』経験者がいた事もあり、衣装が多彩に変化するコスプレ喫茶の流れを今に伝えている。

(詳細はコスプレ系飲食店の項も参照)

関連項目編集

参考文献編集

  • Piaキャロットへようこそ!!ビジュアルファンブック(ISBN 4-7577-0250-7)
  • Piaキャロットへようこそ!!2ビジュアルファンブック(ISBN 4-7577-0102-0)
  • 学研ムック Megami MAGAZINE Sellection "Piaキャロットへようこそ!!2 DX"(ISBN 4-05-602453-7)
  • Piaキャロットへようこそ!!3オフィシャルファンブック(ISBN 4-89601-626-2)
  • Piaキャロットへようこそ!!劇場版~さやかの恋物語~パンフレット
  • ぴあきゃろG.O.TOYBOX 内データーベース

外部リンク編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はPiaキャロットへようこそ!!シリーズにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki