FANDOM


難波 圭一(なんば けいいち、1957年8月26日 - )は、日本男性俳優声優ナレーター青二プロダクション所属、有限会社ケッケコーポレーション代表。山口県岩国市出身、広島修道高等学校卒。

血液型AB型星座おとめ座

概要 編集

経歴 編集

  • 1976年に高校卒業後、役者になりたいという旨を両親に伝えると「お金になるかどうか分からないような事はやめて、家業を手伝え!」と反対された。しかし、どうしても役者になりたかった難波は尚も食い下がり「生涯通してやるものを見つけた」と言ったら勘当されたという。
  • 親から勘当された事で帰る場所を失った難波は、その後上京し入る劇団を探していた頃、声優の野沢那智が主宰する劇団薔薇座の舞台上でレオタード姿で汗を流す先輩の戸田恵子の姿に魅入られ薔薇座に入団。それからは、芝居がうまくなりたい一心で朝から朝まで稽古場にいたという劇団に縋り付くような日々を送った。
  • ちょうどその頃、薔薇座がミュージカル路線に変更した時期で、薔薇座にいた多くの先輩劇団員が退団したため人手不足であった事と、難波はかつてロックミュージシャンを目指していた事もあってある程度歌唱力があったため、入団早々にいきなり戸田の相手役に抜擢され、以後様々な舞台に立ち続けた。

特色 編集

  • 1984年に映画『超人ロック』でデビュー。二枚目キャラから三枚目まで、シリアスからギャグまで多数のキャラクターをこなしている。また、トランスフォーマーシリーズにおいて数多くのキャラクターの声を担当し、第1作からVまでの5作品に連続して出演していた。
  • 近年では『嗚呼!バラ色の珍生!!』、『伊東家の食卓』など、バラエティ番組等におけるナレーション業が主体である。また、インターネット放送等で声優関連企画の講師として顔出しの仕事もこなしている。ちなみにビデオオプションではケロシン難波で通っている。

人物・エピソード 編集

『タッチ』 編集

  • タッチ』の上杉和也は、放映当時かなり気合を入れて臨んだが、和也が第1部で事故死するというストーリー上、第2部以降はほとんど登場しないため、悲しい思いをしたという。
  • 和也をやっていた頃、共演していた先輩声優によく「難波くん、絵と全然違う芝居やるよね」と言われていた。本人も近年再放送されている『タッチ』を見て、「ずいぶん下手だったなぁ」と感じているという。本人曰く舞台に立っている感覚でやってしまっていたためアニメーションの感覚をいまいち掴めず苦労したと述懐している。
  • 和也が死亡した後は、回想シーンで多少の出番を期待していたようだが、実際には達也や南は写真の前で語ることが多く、和也の台詞が登場する機会はほとんどなかった。浅倉南役の日高のり子は、2部以降難波に「番組まだ続いているんだね。たまに見てるよ」と沈んだ調子でよく声をかけられたとエピソードを語っている。
  • これらもあって、後の劇場版製作にあたってパンフレット上に彼の復活にとてもうれしそうなコメントをしている。
  • 上杉達也役の三ツ矢雄二によれば、オーディション時には難波も達也役でオーディションを受けていたという。

出演作品 編集

テレビアニメ 編集

1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
  • 名探偵コナン(加納照也)
2003年
2004年
2005年
  • ケロロ軍曹(土下座衛門)
  • ブラック・ジャック(鈴田小太郎)
2006年
2007年
  • 名探偵コナン(片品陸人)
2009年
2010年

OVA 編集

劇場版アニメ 編集

ゲーム 編集

吹き替え(実写) 編集

吹き替え(アニメ)編集

CD 編集

特撮 編集

人形劇 編集

ナレーション 編集

その他 編集

ラジオ 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。