FANDOM


超人ウルトラベースボール』は、1989年10月27日カルチャーブレーンより発売されたファミリーコンピュータ野球ゲームソフトである。通称『ウルトラベースボール』、『ウルベー』。後にシリーズ化された(シリーズを参照)。

アメリカでは、『Baseball Simulator 1000』のタイトルで発売され、1990年に雑誌『ゲームプレイヤーズガイド』,『EMG』から国際賞を受賞した。

概要編集

通常の野球ゲーム(もしくはスポーツゲーム全般)では到底考えられない魔球秘打といった人間離れしたプレイを、ウルトラポイントというポイントを消費することで出せる『超人野球』が売りである。 例として、一定の魔球は時速200キロを越す炎の剛速球や、打者をバラバラに砕く速球。秘打は落下点で爆発する打球を打ったり、大きく蛇行する打球を打つことができる。 また、守備では『アストロ球団』を髣髴とさせるハイジャンプキャッチや大きく横滑りするダイビングキャッチなども可能である。

ファミコン版に登場した「技」編集

打法

  • 影法師打法 :フライを打ち上げたときに打球の影が分身する。
  • スピン打法 :打球が回転し、回転中は捕球できない。使用すると必ず打球がゴロになり、外野フェンスに当たった後は捕球できる。バント(所謂バットをスイング途中で止めた状態)からは効果が無い。
  • ミサイル打法 :打球が低い弾道のまま一直線に飛ぶ。捕球しようとすると野手が打球もろともフェンスまで持って行かれる。独特の弾道から想像し難いが、野手を引き摺りつつスタンドインする事もあるため非常に強力。
  • 爆発打法 :打球の第一バウンド目が爆発する。爆発に巻き込まれた野手はダウンし、この打球の守備機会では操作不能に陥る。
  • 流星打法 :球を打った瞬間にバットが折れる。打球はバットの破片と共に飛んでいき、野手が捕球できない。バウンドすると効果が失われる。モデルは『アストロ球団』に登場するジャコビニ流星打法。
  • フジヤマ打法 :打球が円を描くように動く非常に滞空時間が長いフライになる。『ドカベン』に登場する通天閣打法がモデルと思われる。
  • 大地震打法 :ボールの着地と同時に地震が起こり、守備側の選手が一定時間動けなくなる。打ち損じてフライになってしまった場合、通常通りの捕球が可能なため全く効果が無い。
  • ハイパー打法 :この技を使うと打者が竜巻状に回転し、長打力が大幅に上昇する。
  • イレギュラー打法 :打球が数回ジグザグ状に跳ねる。

投法

  • 消える魔球 :投げたボールが消える。
  • ライトニングボール :200キロを超える超高速ストレート。まさに一瞬でミットに収まるため打者は当てる事さえ難しいが、軌道に多少ばらつきがありコントロールが効かないという難点がある。
  • ニンジャボール :球の周囲の一定範囲で球が分裂する。
  • ファイアーボール :180キロを超える燃えるボールを投げる。バットが折れやすい。
  • 分身魔球 :投球が横一列で数個に分裂する。
  • アクセルボール :投球の加速、減速をコントロールできる。
  • アイアンボール :投げたボールのグラフィックが黒い鉄球風になる。芯でとらえるとボテボテのゴロになる。芯以外で打つとバットが折れ、打球は飛ばず、そのまま空振り扱いとなる。
  • スネークボール :文字通り球が蛇行する。ジャストミートされる事が殆ど無い強力な投法である反面、デッドボールになりやすいという難点がある。
  • ストップボール :打者の所に投球が届くまでの間、一回だけ任意で球をストップさせることが出来る。対戦プレイでは普通の野球ゲームではありえない時間差攻撃が可能なため極めて有効なボールだが、CPUにはフェイントが通用せず比較的簡単に打たれてしまう。

守備

  • スーパーチャージャー :使った野手の移動スピードがかなり速くなる。
  • スーパースライド :野手が長い距離ダイビングする。
  • ハイパースロー :返球の速度が急激に上昇する。
  • ミラクルキャッチ :いくつかの打法によって出る通常は捕球不可能な打球を捕球することが出来る。
  • ロケットジャンプ :地上遙か高くジャンプして捕球ができる。タイミングさえ合えばホームラン性の当たりでもキャッチ可能。

守備の技は全体的に消費ポイントが高め。

シリーズ編集

日本版編集

  • 超人ウルトラベースボール(ファミコン) - 1989年10月27日
  • スーパーウルトラベースボール(スーパーファミコン) - 1991年7月12日
  • ウルトラベースボール実名版(〃) - 1992年8月28日(本作のみ、マイクロアカデミーより発売)
  • スーパーウルトラベースボール2(〃) - 1994年7月28日
  • ウルトラベースボール実名版2(〃) - 1994年12月22日
  • ウルトラベースボール実名版3(〃) - 1995年10月27日
  • 超人ウルトラベースボールGBA (ゲームボーイアドバンス) - 2005年12月9日発売予定だったが、中止になった。

アメリカ版編集

  • Baseball Simulator 1000(NES[1] - 1989年
  • Super Baseball Simulator 1000(Super NES[2] - 1991年

関連項目編集


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki