Fandom

ゲーム情報ウィキア

蒼き狼と白き牝鹿シリーズ

1,608このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

テンプレート:Redirect 蒼き狼と白き牝鹿シリーズ(あおきおおかみとしろきめじか-)は、1985年に光栄(現・コーエー)より第1作が発売された歴史シミュレーションゲームのシリーズである。

概要 編集

チンギス・ハーンモンゴル帝国をメインに12世紀から15世紀ユーラシア大陸を舞台とし、統一を目指すゲームである。これまで4作が発売されている。

タイトルは「元朝秘史」の冒頭部分「上天より命ありて生まれたる蒼き狼ありき。その妻なる惨白き牝鹿ありき。」より採られている。

1985年、コーエーの歴史シミュレーションゲームとしては比較的早い時期に第1作「蒼き狼と白き牝鹿」が発売され、同じくコーエーが発売していた「信長の野望シリーズ」と「三國志シリーズ」とともに「歴史三部作」のうちの一つと位置付けられた。厳密には「三國志(初代)」・「信長の野望・全国版」・「蒼き狼と白き牝鹿ジンギスカン」の発売をもって歴史三部作完成とされる。「歴史三部作」の呼称は「信長の野望」や「三國志」よりも「蒼き狼と白き牝鹿」シリーズの発売時に特によく用いられたようであるが、本シリーズは信長の野望や三國志よりセールス的に一歩遅れていたためと思われる。「信長の野望」が日本、「三國志」が中国を舞台とするのに比べ、本シリーズはユーラシア大陸全域(=世界)を舞台とするスケールの大きさがセールスポイントであった。

しかし「信長の野望」シリーズは2005年に12作目・「三国志」シリーズは2006年に11作目が発売されたのに比べ、本シリーズの続編は1998年発売の4作目までにとどまっており、「歴史三部作」の呼称も本シリーズ4作目の「歴史三部作至高の到達点」というコピーを最後に使われなくなっている。

本シリーズが生んだ誤解 編集

テンプレート:独自研究 テンプレート:出典の明記蒼き狼と白き牝鹿・ジンギスカン」以降、本シリーズで導入された「オルド」コマンドは子供をつくるためのコマンドであったため、オルドと後宮ハーレムなどとを混同する見方が少なからず生じた(オルドは実際には「宮殿」程度の意味)。そのためか「チンギスハーン・蒼き狼と白き牝鹿IV」では従来の「オルド」コマンドは「」へとコマンド名が変更された。また、「蒼き狼と白き牝鹿・元朝秘史」の海外版では「オルド」コマンドは子供をつくるためのコマンドには違いないが「家族と共に過ごす」コマンドと言い換えられている。

テンプレート:蒼き狼と白き牝鹿

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki