Fandom

ゲーム情報ウィキア

究極ハリキリスタジアム

1,608このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

究極ハリキリスタジアム』(きゅうきょく - )シリーズは、タイトーから発売されたファミリーコンピュータ野球ゲームである。通称は「ハリスタ」。

IIIでは選手データエディットや130試合リーグ戦も行える。

球団・選手名 編集

球団名
1作目では実在の球団をモデルにした12球団とアイドル女優をモデルにしたと思われる女性選手のみで構成される球団「アイドール」(Iチーム)の13球団が登場する。平成元年版ではお笑いタレントをモデルにしたと思われる選手で構成される「エンターズ」(Eチーム)が加わった。
阪急ブレーブスをモデルにした球団「ブレーメンズ」の略称が実際のプロ野球では近鉄の略称として使用されていた「Bu」で、近鉄バファローズをモデルにした球団「ババロアーズ」の略称は「Ba」である点に注意が必要である。
選手名
当時は野球の選手名を本名で印すことが許されていなかったため、名前をもじって使われている。ヤクルトを例に挙げる。

不備な点 編集

実際の一般的な野球ではありえないことも起こる。

優れた点 編集

  • ランナー二塁からのシングルヒットで、実際の野球と同様、二塁ランナーがきわどいタイミングでホームに突入できる。
  • 設定で「ピッチャー有利」にしてリーグ戦を行うと、バッターの打率が4割から2割と、平均3割ほどで、実際の野球と同じような打率になる。(たいていのゲームは打ちやす過ぎる傾向がある。)

特徴 編集

  • 画面が2バージョンあり、ペナントモードの場合は攻撃時はバッター中心の画面、投球時はピッチャー中心の画面に切り替わる。(IIIを除く)
  • 通常の12球団プラスアイドルチーム、お笑いチームなどが存在する。
  • デッドボールの時に、ABボタンを交互に20回連打すると乱闘が発生する。
  • ズームモードが存在し、取れそうにないボールでもファインプレーで取ることができる。また、クロスプレイもズームされる。
  • ペナントモードでは選手の成長が行える。

作品リスト 編集

ファミリーコンピュータ
  • 究極ハリキリスタジアム(1988年
    • 究極ハリキリスタジアム'88 選手新データバージョン(1988年)
選手データのみを更新した1作目のマイナーチェンジ版。
  • 究極ハリキリスタジアム平成元年度版(1989年
  • 究極ハリキリスタジアムIII(1991年
スーパーファミコン
  • スーパー究極ハリキリスタジアム(1993年
  • スーパー究極ハリキリスタジアム2(1994年

関連項目 編集


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki