Fandom

ゲーム情報ウィキア

白銀のカル Cal&Toara

1,608このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

テンプレート:文学 白銀のカル Cal&Toara(しろがねのカル カル・アンド・トアラ)は、竹内なおゆき:作・駒都えーじ:画の小説作品。『コンプティーク』(角川書店2007年1月号から8月号まで連載された。

工画堂スタジオくまさんちーむコンピュータゲーム蒼い海のトリスティア」「蒼い空のネオスフィア」と共通の世界観を有するDeep-Blueシリーズの一作品。 テンプレート:ネタバレ

ストーリー 編集

大陸統一戦争が古代パシアテ文明の超科学技術・Eテクノロジーの再興に成功したフルクラム帝国の覇権確立により終結してから15年、皇帝の即位から20年を記念する式典が帝都で開かれることになり、世界各国から来賓が帝国の用意した豪華客船に迎えられて集結しようとしていた。

そのうちの一隻・クイーンズマター号に乗る辺境の小国・ラボアキン王国の王弟・トアラは式典への出席と帝国ジュニアアカデミーへの入学と言う使命に燃えていたが、港への停泊を目前に船は反帝国を標榜する武装勢力に乗っ取られてしまう。乗客たちが騒然とする中、白銀の髪の少女──古代パシアテ文明保存管理局・通称「ライブラリ」の代行者を名乗るカル・ルスランが現れた。ゴーレムを操る武装勢力の攻撃にカルは全く動じること無く、白銀の装甲に身を包んだゴーレムを呼び出して武装勢力を鎮圧する。

数日後、トアラは入学手続きのために帝国ジュニアアカデミーを訪れるが、そこにはアカデミーの制服を着たカルの姿があった。

登場キャラクター 編集

カル・ルスラン
古代パシアテ文明保存管理局・通称「ライブラリ」の代行者。帝国ジュニアアカデミーの生徒だが、成績は芳しくなく常に退学の危機に晒されているらしい。
トアラ・ラボアキン
大陸の辺境に存在する小国・ラボアキン王国の王弟。帝都で開催される式典に兄の名代として出席すると共に、帝国ジュニアアカデミーへ入学しEテクノロジーを習得して自国の近代化を達成する使命に燃えている。
リエ・メインステイ
トアラの留学に際して下宿を用意した帝都の豪商・メインステイ商会の一人娘。モノクル(片眼鏡)がトレードマーク。
ファルツ
ルスラン家の老執事。カルの成績が上がらないことと気まぐれな行動にいつも苛立っている。

書誌情報 編集

2008年3月29日エンターブレインファミ通文庫より発売予定。

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:Navbox generic

テンプレート:Lit-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は白銀のカル Cal&Toaraにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki