Fandom

ゲーム情報ウィキア

東京バス案内

1,608このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

東京バス案内(とうきょうばすがいど)は、東京都内の都営バスを運転するドライビングシミュレーションゲームである。 SEGAドリームキャストで発売された後、アーケードに逆移植され、その後SCEプレイステーション2へ移植された。

発売元、開発元はフォーティーファイブで、シナリオライターとしてコラムニスト泉麻人が参加し(泉本人をモデルにしたキャラクターもゲーム中に登場する)東京都交通局の全面協力のもとで開発された。

全体の特徴 編集

身近でよく見かけるものながら、一般の人間には運転する機会がまずないバスの運転を楽しめるというコンセプトで作られたゲームである。運転だけでなく、停留所や時間帯によって乗客の客層が変わったり、東京の色々な地域の風景を楽しむことができる。ルールもほぼ日本の道路交通法に準じるものになっており、誰でもすぐにルールが理解できるような作りになっている。

プレイヤーはバスの運転手として、交通ルールを守り、安全且つ快適に乗客を輸送する必要があり、急発進をする、急ブレーキを使用する、速度制限を違反する、ダイヤから遅れる、ウインカーを出し忘れる、接触事故人身事故を起こす(このペナルティはもっとも大きく、殆どの場合一発でリタイアになる)などの行為があると、最初に100点あった持ち点数が徐々に減少し、それが0になるとリタイアになってしまう。また、自動車の運転免許を取得していない人や、マニュアル車の運転技能がない人へ、プレイ層を広げる為に実車と違いマニュアルトランスミッションクラッチペダルによるシフトチェンジが無く(前進と後退のみ)、変速の自由度はオートマチック車未満の状態になっている。

単に交通ルールを遵守するだけではなく、時々交通ルールを無視して突っ込んでくる他車や、突然急ブレーキをかける他車、突如目の前に飛び出して来る歩行者などといったハプニングが多数存在し、これらの事前回避も重要となってくる。しかしながら、完全に交通ルールを遵守しているだけではかなりの率でダイヤから遅れてしまうルート(ゲーム中では1秒でも到着が遅れるとペナルティとなる)なども存在し、「公共車両の安全運転」をある程度無視しないと「ゲームとしての難易度」を達成できないという矛盾も生じている。

ドリームキャスト版 編集

東京バス案内(ガイド) 編集

1999年12月23日発売。ドリームキャスト用ホイールコントローラーに対応している。日中・夕方・夜の3モードで虹01:国際展示場駅浜松町駅前行( 実際は本数少。ゲームの発売後に新設された停留所や名前が変更された停留所がある)、田70:中ノ橋→新宿駅西口行き(現在は廃線になっている)、梅76:東青梅駅→上成木行き(実際は本数少。こちらもゲームの発売後に新設された停留所がある)が運転できる。使用車種はいすゞ・キュービックで、「低公害バス」の行灯と側面表記があることから、田70では都営バス新宿分駐所(当時新宿営業所)のハイブリッド車(LV280L/CHASSE) 、虹01では都営バス深川営業所CNG車(LV288L)を想定したものと思われる。 なお、ビジュアルメモリに「交通標識クイズ」をダウンロードして遊ぶことが出来る。

東京バス案内(ガイド)~美人バスガイド添乗パック~ 編集

2000年12月21日発売。前述の物に、バスガイドによる解説がついた、模範運転のおまけディスクが添付されている。

アーケード版 編集

東京バス案内(ガイド) 編集

ドリームキャスト版とほぼ同一の内容だが、画面中のいすゞキュービックの後部に『ドリームキャスト』のロゴマークが付いていたり、梅76:上成木行きは削除されており、ストーリーモードと夜間コースも削除されている。 その代わり、バスらしいリアルな二人乗り大型筐体が採用されており、親子やカップルなどでプレイする人も時々見かける。 この大型筐体は、セガ18WHEELERに使われているものと同じ物を使用しており、大型のステアリングホイールには、方向指示器(ウインカー)の操作レバーやクラクションも装備されている。 なお、アーケードのゲームバランスに合わせるため、制限時間などが家庭用版に比べ、かなり厳しくなっている。(反面、速度制限オーバーに対するペナルティが緩かったり、信号無視等の明らかな違反行為に対するポイント減点が低く設定されている。)

プレイステーション2版 編集

東京バス案内(ガイド)~今日からキミも運転手 編集

2001年5月10日発売。 基本はドリームキャスト版の移植だが、いくつか追加になった要素がある。 代表となる大きな追加要素は「チャレンジモード」である。 教習所コースをバスで制限時間内に周回するというものであり、このコースでのみ都営バスの他に、小型ボンネットバス、二階建バスも使用出来る。 また、ドリームキャスト版のビジュアルメモリの代わりに、ポケットステーションに「交通標識クイズ」をダウンロードして遊ぶことが出来る。PS2に移植される際、なぜか『梅76』夕方コースBGMが、同夜コースのBGMと入れ替わっている。

サクセスが移植している。

なお、この作品は2003年8月7日に、SuperLite 2000として廉価で再販されている。

東京バス案内(ガイド)2 編集

2005年9月8日にプレイステーション2用にサクセスから発売された続編で、上23:平井駅 - 上野松坂屋前間(青戸支所)、早81:早大正門 - 渋谷駅東口間(小滝橋営業所)、反96:五反田駅 - 赤羽橋駅前間(品川営業所)の3つの路線を運転することが出来る。2006年9月14日にはSuperLite 2000として廉価版が発売されている。

  • 前作からの主な変更・向上点
    • ロジクール発売のステアリングコントローラ、GT ForceGT Force Proに完全対応しており、前作に比べ、より一層リアルな運転感覚を楽しむことが出来る(GT Force Proでは900度モードで動作する)。
    • 往路のみではなく、復路の運転も出来る。
    • グラフィックが格段に向上した。
    • リタイアになっても、コンティニューをして一つ前のバス停からやり直すことが出来る。
    • 車両がいすゞ・キュービックから日野・ブルーリボン(A457・U-HT2MLA改)または日野・ブルーリボン ノンステップ(****・HU2PMまたはKC-HU2PMCE) に変更される。
    • 大型車特有のエアブレーキシミュレーションが向上している。
    • 前作のドアを閉める操作だけではなく、開ける操作もプレイヤーがする必要がある。
    • 運転をしていると乗客が雑談を始める。また運転ミスをしたり、事故を起こしたりすると、悲鳴を上げる。
    • 好きな時にミラーを確認したり、目視をしたりすることが可能になっている。
    • 道路の勾配が、自車の挙動に影響するようになった。上り勾配では加速力が低下し、下り勾配ではスピードが上がりやすくなる。坂道で停車する場合、ブレーキを踏んでいないと転動する。
    • いっしょモード(二人プレイ)ができる。二人で運転操作を分担したり、一人がお客さんとして応援したり、文句を言ったり、ブザーを鳴らしたりすることが可能。

備考編集

  • 1,2共にコース数は3つのみ。(2は復路もあり)
  • 扱っている車種が限定されており、実際の運行車両を完全網羅しているわけではない。また、実際にはその営業所ないし支所に存在しないバスを運転する場合がある。(1では青梅支所にいすゞキュービックがない、2では日野ブルーリボンの配置は品川営業所・渋谷営業所・江戸川営業所・深川営業所・杉並支所・青梅支所・港南支所のみ)
  • 現実的に起こり難い状況で、わざわざ事故を誘発する様な危険な動きをする他車、歩行者などが存在する。特に2では、一時停止違反や、右折違反をする一般車もあり、それによって起きた事故も減点対象(接触事故のためほとんどの場合でゲームオーバー)となってしまう等の困難な状況が発生する。

参考文献及び、参考にしたWebページ 編集

  • サクセス オフィシャルサイト(後述)
  • 東京バス案内(ガイド)及び2のプレイステーション2版取扱い説明書
  • CCBのゲームレビュー

関連項目 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki