FANDOM


テンプレート:継続中の作品星のカービィ! も〜れつプププアワー!』は、月刊コロコロコミック12月号(2006年)から連載開始した、谷口あさみ作の漫画である。ひかわ博一の星のカービィとの繋がりは特に無いが、一部のキャラ設定や登場するアイテム(宝剣ギャラクシア)などアニメ版の影響を若干受けている。 テンプレート:漫画 テンプレート:ネタバレ

概要 編集

同誌で12年間連載されていた『星のカービィ デデデでプププなものがたり』と交代という形で月刊コロコロコミック2006年11月号で予告が掲載された。一足先に別冊コロコロコミック2006年12月号で読み切りとして掲載(このときはタイトルが「星のカービィ 参上!ドロッチェ団」だった)。その後月刊コロコロコミック12月号から連載開始。

カービィとドロッチェ団がいろんな騒動を巻き起こす。この漫画ではプププランドはコンビニすらない「田舎」として扱われているらしく、デデデ大王も住民を「庶民」として見下しているなど、アニメに似ているところがある。冒頭は「(ここは)もーれつに平和なプププランド…」で始まることが多い。

画風はさくま良子のカービィに近い感じである。

登場キャラクター 編集

カービィ
この漫画の主人公。宇宙一の能天気者で、常に「アハハハハハ」と笑っており、恐らく前作以上のボケ役。好奇心旺盛で大の食欲旺盛であり、吸い込んだ者の能力をコピーすることができるが、今作ではキャラを吸い込まずに変身するような形でコピーする。また、何でも食べようとする癖がある。ちなみに予告ではドロッチェ団に入ろうとしたシーンがある。また、ドク曰くプププランド一の危険人物でもある。「〜のだ」が口癖。冬季はフリース製のボディフィット型コートを着ている。
公式設定と異なるものが多い。雪を食べてお腹を壊す、常に歯がある、歌は上手、指があるなど。
団長・ドロッチェ
ドロッチェ団のリーダー。お宝を狙って都会(?)から「田舎」呼ばわりするプププランドにやって来たが、第2話では一転してコンビニ店長をやっていた。盗賊のほんの気まぐれらしい。読み切り版では意外とせこい一面も見せた。いつも悪巧みをしているがカービィの活躍により失敗に終わり、コンビニ破綻後は生活が苦しくなっているらしく、クーラーを買うお金もないため、夏のアジトは地獄だという。第4話以降では再び盗賊をやっていた。メタナイトが大嫌いで、嘔吐するといった拒否反応を起こす。今作の準主人公的存在。ボケもツッコミもこなす。
スピン
ドロッチェ団の一員。サングラスをしており身長が低いのが悩みである(そのため読み切り版では『奇跡の毛』に背を伸ばしてほしいと頼もうしたことがある)。「〜ッチュ」が口癖。基本的にツッコミ担当。ドロッチェを呼び捨てにしている。
ストロン
ドロッチェ団の一員。体が大きく力持ち。かなりの大食いでもある。大食い大会でカービィに勝利したことがある。「もー」が口癖。普段は寝ていることが多く、第5話ではドクのロボットがアジトを破壊しても寝続けていた。どちらかといえばボケ役。
ドク
ドロッチェ団の一員。頭が良く、いつもUFOのような機械に乗っている。基本的には頭脳派。
チューリン(青、黄、緑)
ドロッチェ団の戦闘員。だが、基本的には応援役で出番はあまりない。一応喋ることはできる。
デデデ大王
デデデ城に住む大王。カービィのライバル。予告版では新キャラクター(ドロッチェ団)の登場により出番があるかどうかを心配していたが、連載版でも普通に登場していた。関西弁で喋る。プププランドの住人はカービィやバウ、ドロッチェ達を除いて、彼に対して敬語を使っている。また、カービィがアイテムを盗もうとした時はバックドロップやスライディングを喰らわせて阻止する。怒ると怖い。
「もーれつ美術館」の館長でもある(第6話)。ドロッチェとは仲が悪い。今作では完全なサブキャラとなっており、最近のゲームにおけるデデデ大王の立場に近いと言えるが、本人は密かに目立とうとしている。一人称は「わがはい」。どちらかと言えば常識人である。
ファミレス「デデーズ」を経営しており、食い逃げしようとしたカービィをメイド姿にして働かせた。
カービィとメタナイトとお年玉をかけて勝負したこともある。バウ曰く「意外と強い」
クールスプーク
通称「クール」。カービィの友達兼ツッコミ役のような存在で、前作の初期レギュラーのチービィ(ディジー)の様な存在。バウとは気が合う。主にツッコミ役でメインのキャラクターの一人。予告と違うサングラスをかけている。
バウファイター
通称「バウ」。存在感の薄い格闘犬。ゲームとは違いリアル顔で書かれていて、どんな時でも基本的にはポーカーフェイスである。本人は老師口調で喋る。クールとは気が合う。デデデ大王より年上で、彼に対して厳しいツッコミを入れる。どちらかといえばボケ役で同じくメインのキャラクター。
メタナイト
騎士道精神あふれるクールな戦士だが、言葉が若干英語交じりで、いちいちポーズを決めるなど(デデデ大王曰く「ミュージカル」)原作とは違いかなりのアホキャラとなっている。彼が登場するコマには常にバックに薔薇が一緒に描かれている。宝剣ギャラクシアの持ち主。「オーマイガー!!」「ジーザス!!」が口癖。ドロッチェにかなり嫌われている。ギャラクシアをめぐってカービィと闘うが敗北。しかし結局は取り戻している。
Mr.フロスティ
第1話では大食い大会でおでんを食べた数をカウントしていた。第2話ではデデデ大王同様、コンビニで買った弁当を温めようと頼んだがファイアカービィに燃やされる。第6話では美術館の警備員をやっていた。
第10話では修理屋をやっていたがハワイにバカンスしていたため、カービィにバイトをさせた。
ボンカース
第1話では大食い大会に参加していたが、カービィが巨大おでんの鍋の中でおならをしたため、続行できずリタイヤ。
第6話ではMr.フロスティ同様、美術館の警備員。
エイブン
第1話に登場。大食い大会に参加したが、やはりカービィのおならによりリタイヤ。
ペイントローラー
第1話に登場。彼も大食い大会に参加したが、やっぱりカービィのおならのせいでリタイヤ。「〜だゼ」が口癖。
コックン
プププランドの料理の鉄人。
ポピーブロスJr.
上記のボンカース、ペイントローラー、エイブンがカービィのおならによりリタイヤしたときにたんかで運んだ。
チリー
第2話ではデデデとフロスティ同様、ファイアカービィに燃やされた上、跡形も無く溶かされた。第3話では6人のチリーがいて雑誌やカレンダーに出たりと張りきっていたが、ホイールカービィに吹っ飛ばされた。
ペンギー
第3話では「通りすがりのペンギー」として登場。空腹で動けなくなったカービィを寝ていると勘違いしたことがある。
ウィスピーウッズ
通称「ウィスピー」。第8話で、森の中で行方不明になった。ガオガオが、カービィに捜索依頼を出したが、森の中の生活がいいと決心する。森の中の家は、オール電化。デデデ曰く、ウィスピーのリンゴは1個1万円の価値があるという。
ガオガオ
友達思いで、心優しい性格。第8話で、行方不明のウィスピーウッズを探しているときに近くに居たカービィに捜索依頼を出した。
語尾に「〜です〜。」を用いる。
ドロシア
ビルゲ / チップ
谷口あさみ
デフォルメ化したこの漫画の作者。背景として、1話につき最低1コマは登場している。編笠を被っている。

ドロッチェ団が狙った宝物や開発した物、またその他 編集

奇跡の毛
読み切り版に登場。1つだけ願いがかなう伝説の毛。
プププ丼
第1話に出てきた大食い大会の優勝賞品。プププランドの料理の鉄人コックンがつくった謎の丼。材料はバニラ、イクラ、ウニ、プププ米、メロン、コーンフレーク、チョコレートシロップ。カービィ、ボンカース、エイブン、ペイントローラー、ストロンの5人が大食い大会に参加し、優勝を争った。
ドロッチェイレブン
第2話に登場したドロッチェ団が経営するコンビニ。名前の由来はセブン-イレブンだと思われる。全国チェーン展開して一攫千金を得るために創業した。よく見ると、おでんフェアや「メタナイトのトークショー」などが書いてある。ちなみに時給は「スルメ」(作者の好物らしい)。
スーパー炊飯器
第4話に登場したデデデ城にある炊飯器。いくら食べてもご飯が減らない。カービィとドロッチェ団が盗もうとしていた。
ダガシくん
第5話に登場したドクが開発した巨大ロボット。操縦室が駄菓子屋になっており、100円入れないと動かない。搭載している武器は駄菓子を乱射する「ダガシランチャー」、ラムネを思いっきり振って発射する「ラムネ」、チョコ棒を振り回す「チョコセイバー(十刀流)」、相手をつかんで振り回す「チューインガムバンジー」の4つ。
宝剣ギャラクシア
第6話に登場した宝剣。元々メタナイトの剣だが、なぜかデデデ大王の美術館に展示されていた。なお、メタナイトは2006年の12月にそれを落としてしまったらしく、デデデ大王は2006年の12月に拾ったらしい。充電式である。アニメ版のメタナイトが所有していた剣と、名前や形状がほぼ同一である。
ウィスピーウッズ
第8話に登場。リンゴは1個1万円の価値がある。
ヤドガインくん
第9話に登場したドクが開発した巨大ロボット。カービィのアイスの当たりの棒を力尽くで奪おうとした。
ジャンボデリカットエレキテルメロン
第10話で登場した超高級メロン。空気の澄んだ産地で育てられ、その果肉は甘くてジューシー。30万円という高値で売買されるほどの絶品である。
ファッティホエール
第11話で登場した巨大クジラ。超ポピュラーな釣りスポットである地底海に住んでいる。10万円で売れるという。釣り上げた後、ドロッチェは「売る」、カービィは「食べる」、デデデ大王は「剥製」にしようとしていた。
タイムマシン君
第12話で登場したタイムマシン。カービィとドロッチェたちは、デデデ大王がおやつにとっておいたモンブランを盗んだ犯人を探るため、昨日の夜にタイムスリップする時に使われた。なお、見た目がよく見られるアヒル型のおまるに似ているため、カービィから「おまる君」と言われた。

コミックス 編集

  1. ISBN 4091403549(8月22日発売)


関連項目 編集

テンプレート:月刊コロコロコミック連載中 テンプレート:Kirby


テンプレート:Manga-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は星のカービィ! も〜れつプププアワー!にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki