FANDOM


族車キングシリーズ(ぞくしゃ-)は、タムソフトが開発し、D3パブリッシャーから発売されているプレイステーション2レースゲームのシリーズである。

概要編集

従来のレースゲームとは違い、暴走族の改造車によるレースがテーマである。その筋の車両改造マニア向けの雑誌チャンプロードと契約し、ツッパリデッパや、竹やりマフラーなどのヤンキーパーツが満載のユニークなゲームである。そのインパクトある内容と税抜2000円の低価格ソフトSIMPLEシリーズとして出たこともあり、第1作はじわじわと長く売れ続けるロングセラーとなりシリーズ化もされた。しかし、かなり好評なのにもかかわらず、ロジクールのGT-FORCE、GT-FORCE Proのどちらにも対応してない。

また、クルマも実名(?)や愛称で登場しているが、族文字で表記されている(例:世留死雄=トヨタ・セルシオ)。クルマは、70年代の旧車 (ハコスカなど)から、80年代ネオクラシック(蘇阿羅=トヨタ・ソアラ)、90年代の最新モデル(アリストなど)が登場する。しかし、おそらく首都高バトル0同様、メーカーとの契約はしていない。

タイトルリスト 編集

SIMPLE2000シリーズUltimate編集

  • Vol.3 最速!族車キング ~仏恥義理伝説~
2002年9月26日発売。
  • Vol.13 狂走!単車キング 喝斗美!罵離罵離伝説
2003年10月23日発売。族車キングの単車版。
  • Vol.25超最速!族車キングBUのBU(ぼああっぷのぼああっぷ)~仏恥義理伝説2改~
2005年5月26日発売。仏恥義理伝説2に新車種と新コースを追加した廉価版。
  • Vol.30降臨!族車ゴッド ~仏恥義理 愛羅武勇~
2006年2月2日発売。新たに、仏恥義理ブーストというシステムが登場、クルマも31台に増えた。

SIMPLEアウトローズDX(デラックス)外伝編集

  • 超最速!族車キングBU(ぼああっぷ)~仏恥義理伝説2~
2003年4月29日発売。前作の好評を受け、税抜4800円と、SIMPLEシリーズの倍以上の値段で登場。

コース紹介編集

  • 湾岸
海沿いのコース。ゆるいコーナーが多い。近道も存在するが、普通に走ったほうがタイムを狙えると思われる。
  • 市街地
高速道路を抜けビル街を駆け抜けていくコース。スタート直後に右に曲がると近道がある。大幅にコースをショートカットできるので、タイムを狙いたい人や、楽に勝ちたい人はぜひ使うべきだ。「超最速!族車キングBU~仏恥義理伝説2~(以下、BU)」からは、関西にあるという設定になっている。
  • 林道
林に覆われたダート路面を駆け抜けていくコース。BUからは、北海道にあるという設定になっている。
  • サーキット場
アップダウンが激しいレース用のコース。BUからはピットが閉鎖されてたり、標識が取れかかったりしているなど、族車らしく朽ち果てている。
  • 東京
高速道路のコース。モデルは首都高の環状線だと思われる(現に「降臨!族車ゴッド~仏恥義理 愛羅武勇~(以下、ゴッド)」のストーリーモードのイベントモードで首都高と表記されている)。BUから登場。
  • 九州
ショートコースとロングコースがある。九州は現実世界でもドリフトのメッカであるということもあるせいか、アップダウンの激しい峠コースという設定になっている。BUから登場。
  • 浅草
浅草の町を駆け抜けるロングコースとショートコースがあるコース。雷門がある。ゴッドから登場。
  • ラベンダー畑
北海道にあって、コースが北海道の形をしているコース。ラリージャパンの影響もあるせいか、これもまたアップダウンの激しいダートコースという設定なっている。ゴッドから登場。

「ツレ」について編集

このゲームは普通のレースゲームと違い、助手席にツレ(ラリーで言うコ・ドライバーを乗せることが出来る。以下は、助手席に乗せることが出来るキャラクターの一覧である。

関連項目編集

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki