Fandom

ゲーム情報ウィキア

戦国BASARA

1,608このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

戦国BASARA』(せんごくバサラ)はカプコンから発売されているアクションゲーム、およびそのシリーズ名。「BASARA(婆娑羅)」の意は「ばさら」を参照。

概要 編集

日本の戦国時代を舞台とした、三人称視点の一騎当千型3Dアクションゲーム。内容・操作系統などは同ジャンルの先駆けであるコーエーの『無双シリーズ』、とりわけ同じ戦国時代が舞台の『戦国無双』の影響が相当に色濃いが、各種舞台・人物設定等は、史実の拡大解釈や完全オリジナルでより荒唐無稽なものとなっており、無双シリーズとの差別化を図っている。

プロデューサーは小林裕幸、キャラクターデザインは土林誠と、『デビルメイクライ』を手がけたスタッフが製作した作品である。この関連により、一部の武将の武器には、デビルメイクライと同じものが登場している。

小林のインタビューによると、本シリーズはれっきとしたキャラクターゲームとして作られており、中でも主人公である政宗と幸村は、同社のゲーム『ストリートファイターII』における、リュウケンのようなポジションにあるという。また、カプコンのゲームは難易度が高いことで知られているが、本シリーズは初心者でもとっつきやすいように、難易度は控えめとなっている。

豪華声優陣を揃えているため、女性の人気が高いことでも知られている。

シリーズ 編集

以下『1』。2005年7月21日発売。
  • 戦国BASARA2』 PS2
以下『2』。2006年7月27日発売。
  • 『戦国BASARA ダブルパック』 PS2
2007年7月19日発売 上記2本+スペシャル映像DVDのセット
  • 戦国BASARA2英雄外伝 (HEROES)』 PS2
  • 戦国BASARA2英雄外伝 (HEROES) ダブルパックWii
以下『英雄外伝』。2007年11月29日発売。ダブルパックはWii版『2』とのセット。
以下『X』。2008年春稼働予定。

登場人物 編集

以下は主要な人物と、それを演じる声優である。詳細は戦国BASARAの登場人物の項目を参照。

各作品の特徴 編集

共通のシステム 編集

  • PS2版の操作系は□が通常攻撃、×がジャンプ、○がBASARA技(必殺技)と無双シリーズと同じであるが、△が「固有技」という技になっている。(これらはデフォルトの設定。オプションで変更可能)
  • 固有技は無敵時間はないが通常攻撃よりは強力という位置づけである。無双シリーズのチャージ技と違うのは連射が効くのと攻撃以外にスピードを高める、攻撃力・防御力を高めるなどダメージを与える以外の効果が得られるということである。技によってはBASARAゲージを消費することも。武将のレベルを上げていくと使える固有技が増える。ステージ中はインターミッションで装備した二種類の固有技しか使用出来ないが、逆に装備する固有技によって武将の特性に幾つかのバリエーションを持たせられるという利点にもなっている。
  • 敵にダメージを与えたり、プレイヤーがダメージを受けたり、またはステージ中のつづらに入っている神水を取ることでバサラゲージが増える。プレイヤーの体力が減少して瀕死になると、徐々にバサラゲージが回復するようになっている。ゲージが満タンになると、キャラクターごとに固有の「バサラ技」と呼ばれる技が使えるようになり、多数の敵に大ダメージを与えられる。バサラ技の使用中は無敵状態であり、武将によって属性の追加ダメージや一時的な性能上昇等、個性のある攻撃となっている。

『戦国BASARA(1)』 編集

+ class="" style="font-weight: bold; font-size: 120%; "戦国BASARAcolspan="2" style="width: auto; text-align: center; "{{{image}}}- colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header1}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header2}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header3}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header4}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header5}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header6}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header7}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header8}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header9}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header10}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header11}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header12}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header13}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header14}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header15}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header16}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header17}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header18}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header19}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header20}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header21}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header22}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header23}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header24}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header25}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header26}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header27}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header28}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header29}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header30}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header31}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header32}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header33}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header34}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header35}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header36}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header37}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header38}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header39}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header40}}}-


キャラクター

本作に登場するキャラクターは以下の21人である。

  • プレイヤー武将
伊達政宗、真田幸村、織田信長、濃姫、上杉謙信、武田信玄、いつき、ザビー、森蘭丸、明智光秀、かすが、前田利家、まつ、猿飛佐助、島津義弘、本多忠勝
  • 敵武将
徳川家康、長曾我部元親、北条氏政、毛利元就、今川義元
システム
  • 各キャラクターごとに6つの武器が用意され、最強武器は亜羅棲斗流(アラストル:政宗)、凄羽亜陀(スパーダ:幸村)、双銃恵戊新(エボニー:濃姫)などデビルメイクライに登場する武器や、ハリセン(信長)、バナナ(蘭丸)、花束(謙信)、カジキマグロ(利家)といった珍品となっている。
  • オープニングや、天下統一モードで流れるCGムービーは、『アップルシード』などを手掛けた、デジタル・フロンティアが担当している。『2』でも引き続き担当している。
  • 全編にわたって使用されているのは、土林誠のイラストである。
天下統一モード
  • メインモード。各軍ごとに設定された本拠地(伊達:奥州、武田:甲斐など)から他の領土に侵攻していき、すべての領土を制圧すれば天下統一となる(この間、他の武将もそれぞれ領土に侵攻する)。クリアするごとに使用可能キャラクターが増えていき、最終的には16人の武将が使えるようになる。
  • 戦う勢力の組み合わせによってはシーンに入る前にアニメーションムービーが挿入される。史実通り(武田信玄VS上杉謙信)から夢の対決(織田信長VS伊達政宗、島津義弘VS本多忠勝)など様々である。このアニメーションムービーはマングローブが手掛けたもの。これはプロデューサーの小林がマングローブの代表作、『サムライチャンプルー』のファンであり、マングローブが小林の依頼を快諾したことによって実現した。
  • 難易度変更が可能であり、「普通」と「難しい」は最初から自由に設定可能。ゲームを進めれば、「究極」と「おみくじ」も出現する。おみくじは実際の難易度と難易度から得られるアイテムレベルがランダムになるというもので、運がよければ「普通」レベルで最強武器の入手が可能だった。
自由合戦モード
  • 自由合戦では、天下統一で今までにプレイした事のあるステージの中から、自由に選択して遊ぶことができる。条件を満たせば、自分の領土を戦場として選択することも出来、同キャラによる一騎討ちも行える。
ギャラリーモード
  • キャラクター紹介(イラストとボイス)、ムービー、音楽、合戦豆知識がある。天下統一モードや自由合戦を進めることで閲覧可能な項目が増えていく。
海外版
  • タイトルは『Devil Kings』。舞台は日本ではなく架空の世界。主人公は信長に変更されている。また、武将たちの名前も織田信長:Devil King(魔王)、伊達政宗:Azure Dragon(青龍)、真田幸村:Scorpio(サソリ)の様な汎用的なものに変更されている。また、明智光秀 (Reaper)、前田夫妻 (Lark & Bramble)、島津義弘 (Zaan) が敵武将のみでの登場となっている。

『戦国BASARA2』 編集

+ class="" style="font-weight: bold; font-size: 120%; "戦国BASARA2colspan="2" style="width: auto; text-align: center; "{{{image}}}- colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header1}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header2}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header3}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header4}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header5}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header6}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header7}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header8}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header9}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header10}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header11}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header12}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header13}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header14}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header15}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header16}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header17}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header18}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header19}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header20}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header21}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header22}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header23}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header24}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header25}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header26}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header27}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header28}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header29}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header30}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header31}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header32}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header33}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header34}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header35}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header36}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header37}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header38}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header39}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header40}}}-


キャラクター

本作に登場するキャラクターは以下の30人である(斜体は新登場のキャラクター)。

  • プレイヤー武将
長曾我部元親、毛利元就、前田慶次、豊臣秀吉、竹中半兵衛、宮本武蔵、および前作の16人
  • 敵武将
徳川家康、北条氏政、今川義元、片倉小十郎、風魔小太郎、浅井長政、お市、本願寺顕如
システム
  • 際立ったプレイをすると、称号(全54種)を獲得する事がある。この称号にはそれぞれポイントがついており、一定数以上のポイントを得ると宮本武蔵が使用可能になったり、レアアイテムが入手出来たりする。なお、『2』では天下統一モードのみで獲得できる。
  • プレイヤー武将全員に「衣装其の弐」が追加され、ステージ開始前の装備画面で変更すればキャラクターの姿(服装)を変えられるようになる。衣装デザインは志水アキ土林誠が担当した。なお、この衣装其の弐は天下統一モードをクリアすることで入手できる。
  • 敵兵を100人斬りするごとに戦極ドライブゲージに火が灯り、戦極ドライブを発動させることができる。発動中は身体能力が飛躍的に上昇、攻撃力・防御力・スピードが劇的に向上し、スーパーアーマー状態になる。レベルアップと共に壱から参までパワーアップし、各能力が段階に応じて向上する。さらに戦極ドライブ中にバサラ技を発動させると、究極バサラ技に変化する。また、戦極ドライブの発動中は体力がゼロになってもゲームオーバーにならない。
  • ヒット数が100以上になると、敵兵を倒した際に小判を落とす。以後200・300・400HITと共に落とす小判の量が増加し、500HITを超えると『バサラフィーバー』状態となる。この状態は一定時間続き、ヒット数が爆発的に増加したり、敵に攻撃を当てるだけで小判を入手できる。なお、フィーバー終了後以降も500の倍数に達するごとにフィーバー状態となる。(その間は400HIT時点の状態になる)
  • 上記の方法や青いつづらを壊すことで小判が手に入る。『1』では合戦中に玉手箱を入手する事で合戦後にランダムでアイテム・武器が手に入ったが、『2』では小判を溜めてバサラ屋なる商店に売っているアイテム・武器・防具を購入するシステムが追加された。食べ物を買って食事をすることで武将のパラメータ(体力、攻撃力、防御力)をそれぞれ十回まで強化する事も可能。バサラ屋で売っているアイテムはバサラ屋でしか手に入らないため、アイテムや武器を全て集める場合はかなりの量の小判が必要となる。
  • 武器の種類が、全6種から全8種へと増加した。なお『1』の第6武器(珍品武器)は、それぞれ第7武器(別名お楽しみ武器)として再び登場しているが、一部の武将のものは変更されている。また、政宗、幸村、濃姫の3人は、第7ではなく第8武器がデビルメイクライの武器となっている。
  • 装備に防具が追加された。防具を変えるとキャラクターの外見も変化する(『1』では武器・アイテムのみ装備可)
  • キャラクター全員に固有アイテムが用意された(『1』では一部のキャラクターのみに存在した。特定の戦闘で条件を満たさなければ獲得不能)。
  • いつき一揆衆・ザビー教の勢力の人物(農民・信者)の名前は公式サイトで一般公募された。(エンディングで紹介)
  • 一部の固有技使用時のバサラゲージの消費が無くなった。(体力消費技は変わらず)
  • 全編にわたって使用されているのは、CGイラストである。
ストーリーモード
  • 新要素。武将ごとに5章~6章のシナリオが設定されており、合間にCGムービーが挿入される。武蔵のみ用意されていない。
天下統一モード
  • 敵軍を倒すと、その敵の統治国の数に応じて、財宝を手に入れる事が可能になった。財宝は、敵勢力の支配土地数が多いほど価値の高い物が入手できる。(その分敵が強化されていく)
  • エンディングでは、今までの経過を綴った年表が流れるようになった。
  • 天下統一を進めて統治国を増やしていくと、その噂を聞きつけて宮本武蔵が乱入してくる事がある。武蔵には多額の褒賞金が掛けられており、彼を少しでも早く撃退すれば、多くのボーナスを得られる。しかし、時間がかかりすぎてしまうと武蔵に見下され、ボーナスは無くなってしまう。
大武闘会モード
  • 単身で複数の武将を一度に相手取り、100連戦に挑む新モード。このモードで手に入るボーナス経験値は一戦ごとに増加し、一度も中断せずに100連戦を勝ち抜くと、百万石という莫大な経験値を手にする事ができる。また、50勝・100勝のタイミングで最高の防具と武器を獲得できる。10戦ごとにセーブが出来るので、装備品のみを狙う攻略法も。普段は敵対している勢力の人物が協力し、敵として出てくるのも特徴である。その中には史実の小ネタに基づく面白い組み合わせもある。
Wii版での変更点

『英雄外伝』に同梱されているWii版では、以下のような変更点がある。

  • 22武将全員が最初から使用可能になっている。これはセーブデータを共有できる『英雄外伝』にあわせたため。
  • 上記と同じ理由で、難易度『究極』が最初から選択可能になっている。
  • 同じく、『自由合戦』では全てのステージが最初から選択可能になっている。
  • 使用契約期限の問題からか、オープニングテーマが『DIVE into YOURSELF』から、『英雄外伝』と同じ『BLADE CHORD』に差し替えられている(映像は同じ)。なお、エンディングの『Brave』はそのまま。
  • ハードの性能上、ロード時間とセーブ時間がPS2版よりも短縮されている。

『戦国BASARA2英雄外伝』 編集

+ class="" style="font-weight: bold; font-size: 120%; "戦国BASARA2英雄外伝colspan="2" style="width: auto; text-align: center; "{{{image}}}- colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header1}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header2}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header3}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header4}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header5}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header6}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header7}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header8}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header9}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header10}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header11}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header12}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header13}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header14}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header15}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header16}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header17}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header18}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header19}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header20}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header21}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header22}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header23}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header24}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header25}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header26}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header27}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header28}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header29}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header30}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header31}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header32}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header33}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header34}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header35}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header36}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header37}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header38}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header39}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header40}}}-


キャラクター

本作に登場するキャラクターは以下の31人である(斜体は新登場のキャラクター)。

  • プレイヤー武将
片倉小十郎、浅井長政、お市、風魔小太郎、徳川家康、北条氏政、今川義元、本願寺顕如、および前作までの22人
  • 敵武将
松永久秀
システム
  • 全武将に衣装其の壱(染)が用意された。これは、衣装其の壱のカラーリングを変更したものである。もちろん、『英雄外伝』で新たに操作可能になった武将には、別個に『衣装其の弐』も用意されている。
  • 新たにバサラくじが登場した。これは戦利品から取得済のものが出た場合ランダムで出現し(『2』では米俵か小判のみだった)、買い物の際にくじを引くことができる。当たりの場合の商品は賞金か割引。大当たりの場合の商品は好きな商品一つ。はずれの場合は100両。100枚まで所持することができる。
  • 500Hitごとにフィーバードライブ状態が発動するようになった。ドライブ中は10秒間確実にコンボが途切れなくなる。
  • 一部の固有技は刻印ヒット技となった。相手に当てると体力ゲージが黄色になり、その間に刻印ヒット技以外の技を当てると、通常より多くのヒット数を稼げる。そのため、前作まであったヒット数が増加するアイテムは別のアイテムに差し替えられた。
  • シリーズ初の2人プレイが可能になり、8種類のミニゲームがプレイできる『対戦モード』に加え、従来の天下統一、大武闘会モードも2人プレイで挑むことができる。
  • 全編にわたって使用されているのは、アニメ調のイラストである。
PS2版の特徴
  • 初回プレイ時に『2』の一部データ[1]をコンバート(引き継ぎ)することができる。ただし、ゲーム開始後は新たに引き継ぐことはできない。また、逆に『英雄外伝』のデータを『2』に反映させることもできない。
  • なお、コンバートしても『2』のデータは消えない。
Wii版の特徴
  • Wiiリモコン+ヌンチャク、またはクラシックコントローラによる操作。ただし、ヌンチャクスタイルの場合でもWiiリモコンは振らず[2]、すべてボタン操作のみでプレイする。なおヌンチャクスタイルは、ボタンの数の都合上、カメラ操作ができないため、クラシックスタイルの方が操作しやすい。ゲームキューブコントローラには非対応。
  • Wii用ソフトの『2』が同梱されている。PS2版と異なり、両作品間でセーブデータを共有することも可能であるため、『英雄外伝』で育てた武将で『2』をプレイすることなども可能である。
  • ハードの性能上、セーブ時間やロード時間がPS2版に比べて大幅に短縮されており、特にロード時間は、ロード画面(画面右下でタイトルロゴが点滅する画面)が表示されないほど速い。つまり、システム面で実質的に優れているのはWii版の方であるとも言える(ただし操作面では前述のとおりPS2版の方が優れている)。
ストーリーモード
  • 片倉小十郎、浅井長政、お市の3人に用意されている。全5章構成。ただし『2』のストーリーモードは収録されていない。
外伝ストーリーモード
  • 『2』までで描かれなかった側面を明らかにするモード。全3章構成。伊達政宗、真田幸村、前田慶次、風魔小太郎、長曾我部元親の5人に用意されている[3]
天下統一モード
  • 新要素として、松永久秀が途中『2』における宮本武蔵のように乱入してくることがある(もちろん『2』と同じく、武蔵が乱入することもある)。
  • 2人同時プレイが可能になった。
大武闘会モード
  • 所属国を超えたタッグを組め、2人プレイ時は2人の武将で同時に、1人プレイ時では2人のキャラクターを交代させつつ戦うことになる[4]
  • 従来の大武闘会モードに時間制限が加わった極・大武闘会が登場した。クリアすると経験値はもらえないが、莫大な額の賞金を獲得できる。
  • 従来の大武闘会モードには兵への挑戦状が追加された。「3分以内にクリアせよ」「無傷で勝利せよ」などの課題が与えられ、クリアすると賞金を獲得できる。

『戦国BASARA X』 編集

テンプレート:コンピュータゲームの新製品

  • 2D対戦型格闘ゲームで、開発はギルティギアシリーズと同じ、アークシステムワークスが行う。
  • プレイヤーキャラクターは、伊達政宗、真田幸村、前田慶次、長曾我部元親、毛利元就、上杉謙信、お市、織田信長、豊臣秀吉、本多忠勝の10人。
  • 一定時間が経過すると、『援軍』を呼ぶことが可能。政宗なら小十郎、幸村なら佐助と信玄といったように、登場するキャラはプレイヤーキャラに一番関連深い人物。攻撃、防御、カウンターなど、いろいろプレイヤーをサポートしてくれる。
  • ゲージがたまると、ギルティギアシリーズと同じく、一撃で相手を倒すことのできる『一撃BASARA技』を発動させることができる。

テーマ曲 編集

戦国BASARA
戦国BASARA2(PS2)
戦国BASARA2(Wii)
戦国BASARA2英雄外伝
  • メインテーマ:「BLADE CHORD」abingdon boys school
  • 挿入歌:「眠れ緋の華」能登麻美子
戦国BASARA X
  • メインテーマ:「crosswise」T.M.Revolution

備考 編集

ゲーム中には「熱唱びわ」「熱唱こと」「熱唱つづみ」というアイテムが存在する。これらのアイテムを装備すると、戦闘中のBGMが上記の楽曲に変化する。特に『1』の「crosswise」は本シリーズの破天荒な世界観に非常にマッチしており、好評を博した。なお、装備した時に流れる音楽は作品によって異なる。詳しくは下記。


熱唱びわ熱唱こと熱唱つづみ
戦国BASARA crosswise
戦国BASARA2 DIVE into YOURSELF(PS2)
BLADE CHORD(Wii)
Brave 各武将のテーマソング
戦国BASARA2英雄外伝 BLADE CHORD 眠れ緋の華 ギャラリーで最後に再生した曲

関連物 編集

  • 攻略本
    • 戦国BASARA 天下統一指南書 カプコン
    • 戦国BASARA オフィシャルコンプリートガイド カプコン
    • 戦国BASARA 公式ガイドブック エンターブレイン
    • 戦国BASARA2 オフィシャルガイドブック カプコン
    • 戦国BASARA2 公式ガイドブック エンターブレイン
    • 戦国BASARA2 トレーディングカードゲーム オフィシャルファーストガイド カプコン
    • 戦国BASARA2 英雄外伝オフィシャルガイドブック カプコン
    • カプコン完璧攻略シリーズ62 戦国BASARA2 英雄外伝ダブルパック完全攻略指南書 レッカ社
    • 戦国BASARA2 英雄外伝公式ガイドブック エンターブレイン
  • 書籍
    • 戦国BASARA オフィシャルコンプリートワークス (画集)カプコン
    • 戦国BASARA FILM DVD BOOK 7番勝負! (CG&アニメシーンDVD付き絵コンテ集)カプコン
    • 戦国BASARA 台本全集 カプコン
    • 戦国BASARA2 オフィシャルコンプリートワークス (画集)カプコン
    • 戦国BASARA2 VISUL&SOUND BOOK (画集&ドラマCD)メディアワークス
    • 戦国BASARA2 VISUL&SOUND BOOK Vol.2 (画集&ドラマCD)メディアワークス
    • 戦国BASARA2 VISUL&SOUND BOOK Vol.3 (画集&ドラマCD)メディアワークス(07年12月30日発売予定)
    • 戦国BASARA2 名語録~英雄達のセリフコレクション~ カプコン
    • 戦国BASARA2 台本全集 カプコン
    • 戦国BASARA2 Cool&The Gang (小説) 電撃文庫
    • 戦国BASARA2 BASARA STYLE 『戦国BASARA』シリーズファンブック Vol.1 カプコン
    • 戦国BASARA2 BASARA STYLE 『戦国BASARA』シリーズファンブック Vol.2 カプコン
    • 戦国BASARA2 BASARA STYLE 『戦国BASARA』シリーズファンブック Vol.3 カプコン
    • 戦国BASARA2 BASARA STYLE 『戦国BASARA』シリーズファンブック Vol.4 カプコン
    • 戦国BASARA2 BASARA STYLE 『戦国BASARA』シリーズファンブック Vol.5 カプコン
  • CD
    • 戦国BASARA オリジナルサウンドトラック サイトロン・デジタルコンテンツ
    • 戦国BASARA ~宿命!川中島の合戦~ (ドラマCD) サイトロン・デジタルコンテンツ
    • 戦国BASARA2 オリジナルサウンドトラック サイトロン・デジタルコンテンツ
    • 戦国BASARA2 ~百花繚乱!小田原の役~ (ドラマCD) サイトロン・デジタルコンテンツ
    • 戦国BASARA2 ~蒼穹!姉川の戦い~ (ドラマCD) ハピネット
    • 戦国BASARA2 ~紅蓮!三方ヶ原の戦い~ (ドラマCD) ハピネット
    • 戦国BASARA2 ~漆黒!本能寺の変~ (ドラマCD) ハピネット
    • 戦国BASARA2 ~邂逅!瀬戸内の戦い~ (ドラマCD) ハピネット
    • 戦国BASARA2英雄外伝(HEROES) オリジナルサウンドトラック ハピネット
  • コミックス
    • 戦国BASARA 乱・世・乱・舞 1~3巻 霜月かいり メディアファクトリー
    • 戦国BASARA オフィシャルアンソロジーコミック 天覇編 カプコン
    • 戦国BASARA オフィシャルアンソロジーコミック 地裂編 カプコン
    • 戦国BASARA アンソロジーコミック エンターブレイン
    • 戦国BASARA アンソロジーコミック 雷鳴の章 エンターブレイン
    • 戦国BASARA アンソロジーコミック 烈火の章 エンターブレイン
    • 戦国BASARA 4コマアンソロジーコミック エンターブレイン
    • 戦国BASARA2 (1)灰原薬 メディアワークス
    • 戦国BASARA2 コミックアンソロジー メディアワークス
    • 戦国BASARA2 オフィシャルアンソロジーコミック激突 上巻 カプコン
    • 戦国BASARA2 オフィシャルアンソロジーコミック激突 下巻 カプコン
    • 戦国BASARA2 オフィシャルアンソロジーコミック 学園BASARA カプコン
    • 戦国BASARA2 オフィシャル4コマアンソロジーコミック 四季の陣 カプコン
    • 戦国BASARA2 アンソロジーコミック エンターブレイン
    • 戦国BASARA2 アンソロジーコミック+漫華集+ エンターブレイン
    • 戦国BASARA2 4コマアンソロジーコミック エンターブレイン
    • 戦国BASARA2英雄外伝(HEROES)オフィシャルアンソロジーコミック カプコン
  • トレーディングカード
    • 戦国BASARA2 トレーディングカードゲーム スターター風林火山 カプコン
    • 戦国BASARA2 トレーディングカードゲーム スターター天下布武 カプコン
    • 戦国BASARA2 トレーディングカードゲーム ブースター乱世光臨 カプコン
    • 戦国BASARA2 トレーディングカードゲーム ブースター英雄割拠 カプコン
  • フィギュア
    • 戦国BASARA Capcom Figure Collection やまと
    • 戦国BASARA2「戦極像」伊達政宗 コトブキヤ
    • 戦国BASARA2「戦極像」真田幸村 コトブキヤ
    • 戦国BASARA2「戦極像」長曾我部元親 コトブキヤ
    • 戦国BASARA2 ドッツセレクション トミーテック

脚注 編集

  1. プレイヤーレベル、武器、防具、キャラ固有アイテム、成長アイテムの効果、称号。
  2. 制作当初はリモコンを振って操作する実験も行われていたが、ボタン連打だけで進めることを売りにしている本シリーズとはマッチしなかったため、PS2版同様ボタン操作のみとなった。
  3. 風魔は『2』では敵武将であっため、ストーリーモードが用意されていなかったが、小十郎らと異なり、本作で用意されているのはストーリーモードではなく、外伝ストーリーモードである。
  4. 前作とは違いタッグ戦であることやロードする度にデータが消滅する仕様ではなくなった、各武将ごとに状態を保存できるようになったため全体的な難易度は下がっている。

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki