FANDOM


+ class="" style="font-weight: bold; font-size: 120%; "悪魔城伝説
Castlevania III: Dracula's Cursecolspan="2" style="width: auto; text-align: center; "{{{image}}}-
colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header1}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header2}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header3}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header4}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header5}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header6}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header7}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header8}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header9}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header10}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header11}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header12}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header13}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header14}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header15}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header16}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header17}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header18}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header19}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header20}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header21}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header22}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header23}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header24}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header25}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header26}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header27}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header28}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header29}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header30}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header31}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header32}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header33}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header34}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header35}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header36}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header37}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header38}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header39}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header40}}}-


悪魔城伝説』(あくまじょうでんせつ 英題:Castlevania III: Dracula's Curse)は、コナミから1989年12月22日に発売されたファミリーコンピュータ(ファミコン)用ゲームソフト。ジャンルはアクションゲーム。ファミコン版悪魔城ドラキュラシリーズの3作目にあたり、正式タイトル決定前は「ドラキュラIII(仮題)」と呼ばれていた。









概要 編集

ファイル:Scc03.jpg

2作目の『ドラキュラII 呪いの封印』はアクションRPGとなっていたが、本作は再び第1作目と同様のアクションゲームに戻った。第1作『悪魔城ドラキュラ』よりも前の時代の話で、主人公はシモン・ベルモンドの先祖であるラルフ。また、仲間キャラクターが登場し、連れている仲間にキャラクターチェンジをしてプレイすることも可能となっている。

また、本作の特徴として特筆すべきは、迫力あるサウンドである。ロムカセット内部に「VRC VI」と呼ばれるLSIを内蔵している。このVRC VIには、中期以降のファミコンソフトに搭載されている拡張チップ同様の大容量ROMの管理や、グラフィック機能を実現するだけでなく、音源機能を搭載している。これによりファミコンのサウンドとは思えないほどの良質なサウンドが実現されている。タイトル画面で隠しコマンドを入力すると、それらのBGMをタイトル画面でひととおり聞くこともできる(この技はゲームソフトの説明書に方法が書かれている)。

なお、北米版および欧州版については、NES本体にカートリッジ音声入出力端子が無いことと、「VRC VI」ではなく「MMC5」と呼ばれる特殊チップを搭載している関係で、日本版と同等のサウンドではない。詳細についてはen:Multi-Memory_Controllerを参照されたい。

2006年8月1日には、コナミデジタルエンタテインメントが提供する携帯電話向けサイト「コナミネットDX」にて、『コナミ名作シリーズ』の第5弾としてiアプリへ移植された(FOMA90xシリーズ専用)。

システム 編集

悪魔城ドラキュラの項のシステム説明もあわせて参照されたい。

ステージはまずトランシルバニアにある教会からスタートし、前半はドラキュラ城に入るまでの道のり、後半はドラキュラ城内が舞台となる。本作では分岐点が何か所かに用意されており、進むルートを自分で選択することができる。最終面にいるドラキュラを倒せばエンディングとなる。

アクション面でのシステムは第1作『悪魔城ドラキュラ』とほぼ同じだが、本作では1ブロックに含まれるエリアが3エリアと決まっていなかったり、ボスが登場しないブロックもあったりする。

特定のステージをクリアすると、仲間キャラクター(後述)をプレイヤーの判断により自分のパートナーとすることができる。パートナーが仲間にいれば、プレイ中にSELECTボタンを押すことでラルフと仲間キャラクターとのキャラクターチェンジが可能になる。ライフポイントはラルフ・仲間キャラクターで共有。ただし、3人以上でゲームを進めることはできず、新しい仲間をパートナーにするとそれまでのパートナーとは別れることになる。敢えてパートナーを加えず、ラルフ一人で攻略することも可能である。

バッテリーバックアップは搭載されていないが、ゲームオーバー時にパスワードをメモし、再開するときにプレイヤー名とパスワードを入力すれば前回の続きからプレイすることができる。パスワードは文字列ではなく、4行×4列のマスの中にムチやハートなどの記号を入力する方式となっている。

キャラクター 編集

ラルフ・C・ベルモンド
ヴァンパイア・ハンターであり、第1作目の主人公「シモン・ベルモンド」の先祖。メインウェポンはムチで3段階のパワーアップが可能。短剣、オノ、聖水、十字架、懐中時計の5種類のサブウェポンを使うことが出来、連射アイテムの取得により3連射も可能と、1作目のシモンの性能に近い。
サイファ・ヴェルナンデス
教会で修行を積んだ僧侶。メインウェポンは杖。サブウェポンとして、冷気、光弾の魔法を使うことができる。防御力が低く、大ダメージを受けやすい。実は女性であり、(設定上は)この戦いの後、ラルフと結婚し、ベルモンド家のを後に伝えた事になっている。
グラント・ダナスティ
身軽な男。壁や天井にへばりついて進むことができ、他のキャラクターでは実行できないショートカットも可能。メインウェポンである短剣はハートを消費せず投げることが出来る。サブウェポンとして斧を投げることが出来る。防御力は低い。
アルカード(アドリアン・ファーレンハイツ・ツェペシュ)
ドラキュラの息子。父の悪事に耐えかね、ラルフに協力しようとする。メインウェポンは3段階にパワーアップが可能なショット弾。「攻撃力が低く、階段の上では攻撃不可」など問題点が多く、上級者向け。コウモリとなって空を飛ぶことができる(飛行中はハートを消費)。サブウェポンは懐中時計。

敵キャラクター 編集

グールラビット
高いジャンプ力を持ち襲い掛かってくるモンスター。
スカルナイト
剣と盾を持った巨大なスケルトン。
フェンシングゾンビ
レイピアを使い、すばやい動きで突いてくるモンスター。
死門
武器としてムチを使うスケルトン。
サイクロプス
一つ目の怪物。ハンマーを持ち襲い掛かってくる。
レッサーデーモン
翼の生えた悪魔。
ドッペルゲンガー
相手の容姿、能力を真似るモンスター。

外部リンク 編集

悪魔城ドラキュラシリーズ
シリーズ作品
悪魔城ドラキュラ(FC) 悪魔城ドラキュラ(MSX2) ドラキュラII 悪魔城ドラキュラ(AC) ドラキュラ伝説
悪魔城伝説 ぼくドラキュラくん ドラキュラ伝説II 悪魔城ドラキュラ(SFC) 悪魔城ドラキュラ(X68K)
血の輪廻 バンパイアキラー XX 月下の夜想曲 漆黒たる前奏曲
黙示録 黙示録外伝 サークルオブザムーン 悪魔城年代記 白夜の協奏曲
暁月の円舞曲 キャッスルヴァニア(PS2) 蒼月の十字架 闇の呪印 ギャラリーオブラビリンス
Xクロニクル
関連項目
登場人物
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は悪魔城伝説にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki