FANDOM


式神の城』(しきがみのしろ)はアルファ・システムが製作した強制縦スクロール方式のシューティングゲームのシリーズ、またはその第1作目のタイトル、ならびにこれを原作とした漫画作品である。2008年現在、最新作『式神の城III』が2006年2月下旬にリリース・稼動している。なお、アルファ・システム製作の他作品(高機動幻想ガンパレード・マーチなど)と世界観においてリンクしている(並行世界。芝村裕吏参照)。本作品の世界は第六世界。

システム編集

操作方法編集

8方向レバー、2ボタン(ショット、ボム)でプレイヤーを操作する。

キャラクター選択編集

プレイヤーは通常攻撃、式神攻撃、特殊攻撃、移動スピードが異なるキャラクターを選択する。また、II以降はキャラクターごとに性能が異なる壱式・弐式の選択も追加された。自機は選択したキャラクターであり、ステージごとにキャラクター別のエピソードなどが入る。

基本的なシステム編集

点数稼ぎは敵を破壊する際に出るコインを回収することでおこなわれる。コインは取得し続けることで10×獲得した枚数分のスコアを入手できる(最大10000点)。また、ダメージを受けるとリセットされる。

初期段階では自機のライフ3個、特殊攻撃の弾が3個ある。ダメージを受けるとライフが減少し、特殊攻撃の弾が1つ増加する。ライフは一定のスコアを獲得する度に1つ増加し、このとき特殊攻撃も1つ増加する。なお、ライフは3個、特殊攻撃は5個までしか保有できない。

自機の当たり判定はキャラクターの中心にあるため、自機のグラフィックと敵や敵弾が重なった場合でも、中心部に当たらない限りミスとはならない。

ザコ敵は耐久力に多少の差があり、必ず1発で倒せるわけではない。ボス戦時にはボス用のライフゲージが出現し、ゲージをすべてなくすことでボスを撃破することができる。

制限時間が存在し、0になると画面上に赤い鬼が多数出現する。この赤い鬼はあらゆる攻撃が効かない存在で、触れるとミスとなる。

制限時間はボスを撃破することで一定量回復するので、鬼を出現させないようにするにはボスを撃破するしかない。

各種攻撃編集

攻撃は通常攻撃、式神攻撃、特殊攻撃の3種類がある。キャラクターごとに攻撃範囲、威力などが異なる。

通常攻撃(ショット)
速射性が高い攻撃。比較的広範囲に攻撃できるため、これを中心に戦うことで自身の安全を確保することができる。
また、テンション・ボーナス・システムの最大時にはハイテンション攻撃となり、発射速度と威力が上昇する。
式神攻撃
攻撃中の移動スピードが下がる代わりに、出現したコインを自動回収してくれる攻撃。
特殊攻撃
いわゆるボム。持っている弾数だけ使用でき、使用中は自機が無敵化する。

テンション・ボーナス・システム編集

テンション・ボーナス・システムは式神の城特有のシステムで、通称T.B.S

自機の中心部分(当たり判定)に敵や敵弾が近いときに敵を撃破するとボーナスを得ることができる。当たり判定と敵弾などとの距離が近ければ近いほどよりボーナスを得ることができ、最大8倍まで増加する。通常攻撃では入手得点が増加し、式神攻撃時ではさらに出現コイン数が増加する。

式神の城編集

+ class="" style="font-weight: bold; font-size: 120%; "式神の城/EVOLUTION/EXcolspan="2" style="width: auto; text-align: center; "{{{image}}}- colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header1}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header2}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header3}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header4}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header5}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header6}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header7}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header8}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header9}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header10}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header11}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header12}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header13}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header14}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header15}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header16}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header17}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header18}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header19}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header20}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header21}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header22}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header23}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header24}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header25}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header26}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header27}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header28}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header29}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header30}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header31}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header32}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header33}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header34}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header35}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header36}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header37}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header38}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header39}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header40}}}-


式神の城2001年にアーケードに登場した。アルファ・システム初のアーケード作品でもある。

2002年にはタイトーからプレイステーション2版が、メディアクエストからXbox版がそれぞれ発売された。

舞台設定編集

2005年7月、東京にて連続猟奇殺人事件が発生した。その事件は女性の体の一部を刃物で抉り殺害するというものだった。検視により、20時間前後をかけて生きながら殺されたことが判明。この事件は特定犯罪第568号(通称・式神の城事件)に認定される。

プレイヤーは、32番目の事件現場から始めることとなる。

主要登場人物編集

玖珂光太郎(くが こうたろう 声優松本芳和
この物語の主人公、高校生探偵の少年である。学ランを着込み、その内側には呪符を忍ばせている。式神は美人食人鬼であるザサエさん。
  • 通常攻撃
正面のみを攻撃する。
  • 式神攻撃“食人鬼ザサエさん”
最も近くの敵一体に取り憑き、連続攻撃を加える。威力が低く敵の多い場面に弱いが、避けに専念できる。敵がいない場合、ザサエさんは光太郎の位置に戻る。
  • 特殊攻撃“御札トラップボム”
円形に爆風を拡げる、スタンダードなボンバー
結城小夜(ゆうき さよ 声優:井芹誉子
四羽女体神社の巫女。自我を捨て魔道兵器としての研鑽を積み「あしきゆめ」を倒し、殲滅した後は自害することだけが存在意義。山奥で世俗から隔離された生活を送っているため常識に疎い。式神はカラスのような姿をした怪鳥ヤタ。
  • 通常攻撃
正面を扇状にカバーする多方向弾。ハイテンション時には貫通力を持つ。
  • 式神攻撃“怪鳥ヤタ”
小夜の周囲を回転する。小さい敵弾を消すことができ、威力も高い。テンションボーナスシステムと相性がよく、高得点を狙いやすい。
  • 特殊攻撃“光鴉陣”
画面全体をワイプするように攻撃する。
日向玄乃丈(ひゅうが げんのじょう 声優:宮崎裕也
警察にも裏家業にも顔が利く、サングラスをかけた黒スーツに黒いソフト帽のニヒルでダンディーな探偵獣人の血を引いており、感情が高ぶるとへと変身する。被害者の少女の霊の依頼で、暗躍する組織の儀式魔術を阻止するべく動く。
  • 通常攻撃
波状に交差しながら飛ぶ弾。画面端や障害物の近くでは弾が消えてしまうという欠点がある。
  • 式神攻撃“大神雷球”
前方に雷球を3つ配置する。雷球は触れた敵を破壊するまでロックし続ける。
  • 特殊攻撃“大神変化”
無敵状態での連続体当たり。速度がやや遅いため、素早い敵を捕らえられないことがある。
ふみこ・オゼット・ヴァンシュタイン(声優:水田のり子
丸眼鏡をかけたドイツ出身、ナチスドイツ時代からの命令を遵守する軍人である魔女。万能執事のミュンヒハウゼン44世を連れて重火器と衛星レーザーを操る。
  • 通常攻撃
レバーを左右に入れると、その方向に射角が傾く高速連射弾。
  • 式神攻撃“サテライトレーザー”
ボタンを押し続ける間照準が出現し、放した時点でその位置に高威力のレーザーを降らせる。照準が出ている間は、レバーで照準を動かし、ふみこ自身は移動できない
  • 特殊攻撃“地獄の炎”
画面全体を覆う炎の列。
金大正(キム デジョン 声優:宇都大作
在日韓国人儒教の道士。表向きはテコンドーの師範だったが、弟子の一人が事件に巻き込まれて殺され復讐を決意する。特殊なギターケースに仁王剣と呼ばれる剣と多数の重火器を入れて持ち歩いている。なお、重火器はヤクザを脅して手に入れたので警察に追われている犯罪者でもある。
  • 通常攻撃
前方ショットとホーミング弾の組み合わせ。
  • 式神攻撃“仁王剣”
金の周囲に最大3本の剣が出現し、レバーで回転する。非常に威力が高い。
  • 特殊攻撃“一斉射撃”
前方にマシンガンを連射し、誘導ミサイルを発射する。
????
隠しキャラクター。公開されるまではタイトル画面でコマンドを入力しなければ使えない。
生き別れになった夫を探し、別世界から「この世界」にやってきた女性で"聖銃使い"と呼ばれている。ゲーム中でセリフは一切無い。
このキャラクターに限って特殊攻撃の弾が1発のみで、1プレイ中には弾が増加しない。そのかわり、ほぼ全ての敵を一撃で倒すことができる。また、レバーを8方向いずれかに素早く2回入力すると、特殊な動作で素早く移動する。
その正体は、S.Tagamiという同社の別のゲームのキャラクター説が有力である。
  • 通常攻撃
ホーミング弾。
  • 式神攻撃
ふみこの式神攻撃と同様だが、威力はやや低い。
  • 特殊攻撃
前方に超高威力のレーザーを発射する。1プレイ中1回しか使用できず、1プレイ中には弾が増加しない。そのかわり、ほぼ全ての敵を一撃で倒すことができる。

敵キャラクター

悪美代子(STAGE1ボス)
生前の名は遠藤美代子。アイドル歌手で、芸名は工藤美代子。子役としてデビューして以来人気アイドルとなっていたが、マネージャーの男性との婚約発表直前に所属事務所の手により男性は事故死。その後に自殺し、鬼となる。
醜藤島(STAGE2ボス)
生前の名は藤島貴之。陸上自衛隊第11連隊指揮官。700名の部下と共に富士山麓演習場で姿を消し、腐敗した現状を変えるべく東京に出現する。
護国の鬼として、神の復活を図る。
悪浩志(STAGE3ボス)
生前の名は長谷川浩志。平凡なサラリーマンだったが、妻と10歳の娘を楽しみながら殺害した犯人が懲役7年(明らかに精神異常があったためか刑法39条及び41条責任能力が適用されたと思われる)という軽さに怒り、犯人を殺害し、逃亡。鬼となる。百鬼夜行を従える。
悪バウマン(STAGE4ボス)
生前の名はリン・バウマン。年老いた俳優で、代表作は映画「正義のサムライ」。日本人の妻を亡くして空虚な時を過ごしていたが、もう一度若い体で演技をしないかと持ちかけられ、鬼となる。式神の城II以降に登場するロジャー・サスケことロイ・バウマンの祖父である。
少女(STAGE5ボス)
生前の名は日和子。日向玄乃丈の恋人だった。悪神であり、儀式魔術の完成のため今回の猟奇殺人を計画。精神寄生体(上記で鬼と称された人物)を操り、犯行を指示。
少女の姿は仮のもので、その正体は大蜘蛛(外見から雌のオニグモだと思われる)である。彼女もまた、精神寄生体によって黒幕・セプテントリオンによって操られていた。

本作のみの固有システム編集

コインを収集する事により、キャラクターの攻撃が4段階にパワーアップする。
ダメージを受けた際には攻撃が一段階下がるため、ミス後の立て直しがやや難しい。
各ステージの道中にも制限時間が適用される
道中は決まった数の敵が出現し終わるとボスが出現する上、画面内に敵がいなくなると矢継ぎ早に次の敵が登場する(いわゆる早回し)ため、ステージの長さは一定ではない
ステージ終了時に残り時間が加算されるため、早く敵を倒す事で大量の時間を後半のステージに持ち越す事が可能である。これを利用して、スコアを多く稼げるボス戦を、持ち越した時間で粘るという独特のプレイスタイルがあった。

式神の城II編集

+ class="" style="font-weight: bold; font-size: 120%; "式神の城IIcolspan="2" style="width: auto; text-align: center; "{{{image}}}- colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header1}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header2}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header3}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header4}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header5}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header6}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header7}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header8}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header9}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header10}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header11}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header12}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header13}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header14}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header15}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header16}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header17}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header18}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header19}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header20}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header21}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header22}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header23}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header24}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header25}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header26}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header27}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header28}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header29}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header30}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header31}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header32}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header33}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header34}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header35}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header36}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header37}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header38}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header39}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header40}}}-


式神の城II2003年にアーケードに登場した。また、同年にキッズステーションからニンテンドーゲームキューブ版が発売され、2004年にはタイトーからプレイステーション2版、キッズステーションからXbox版、アルファ・システムからドリームキャスト版がそれぞれ発売された。

主要登場人物編集

前作から続けて登場するキャラクター

性能については、主な変更点のみを記述する。

玖珂光太郎(声優:岸尾大輔
前作の設定を引き継ぎ、自分のことは全く無関心で熱血単純バカの少年探偵。日向の弟子でもある。
  • 式神攻撃
“弐式”は、敵がいない場合に光太郎のいる位置ではなく、出現した位置に戻るようになった。
結城小夜(声優:堀江由衣
光太郎の影響で自我に目覚め、光太郎を意識した不器用な言動でいわゆる「ツンデレ」に変化した。
  • 式神攻撃
“弐式”は、ヤタのサイズと回転半径が小さい代わりに、威力と回転速度が高い。
  • 特殊攻撃
小夜の周囲に光球が発生する演出に変わった。画面全体にダメージを与える点は同じ。
日向玄乃丈(声優:家中宏
前作を区切りに裏の世界からは手を引き、前向きに生き始めた青年探偵。
  • 式神攻撃
“弐式”は、雷球が後方を含めた玄乃丈の周囲5箇所に配置されるようになる。但し、威力は少し低い。
ふみこ・オゼット・ヴァンシュタイン(声優:百々麻子
前作で関わった男達の中でも光太郎は特にお気に入り。意図的に小夜を挑発している。
  • 式神攻撃
“弐式”は、照準の後方にさらに4つの照準が追尾するようになる。サテライトレーザーの威力はやや低く、爆風も早く消える。
  • 特殊攻撃
爆炎が小型のブラックホールに変化した。性能は変わらない。
金大正(声優:樫井笙人
警察から逃げながら「マイト」という人物の指示で光太郎を守るために戦う。ふみこに恋心を抱いている。本作の通常攻撃は、ゲームバランスを全く無視した破壊力とまで言われる。
  • 式神攻撃
“弐式”は、前方に2本の剣が出現し、レバーで前後に向きを変えることが出来る。“壱式”に比べてリーチがあり、集中攻撃が出来るため威力が高い。

追加されたキャラクター

前作の5人のキャラクターに加えて3人のキャラクターが追加された。

ニーギ・ゴージャスブルー(声優:矢島晶子
一人の男を探して「この世界」に来た少女。正体は高機動幻想ガンパレード・マーチに登場した新井木勇美その人であり、「ニーギ」とは新井木の本来の読み。覚醒した速水厚志(青の厚志)の部下で、ふみこに通ずる能力を持つ。彼女が探す男とは『GPM』の来須銀河、『絢爛舞踏祭』のクリサリス・ミルヒのこと。セプテントリオンに襲撃された日向を救った縁で、日向に気に入られている。単独EDでは来須と再会して、一緒に他の世界へ去っていく。
  • 通常攻撃
ニーギ本体と周囲のオプションから正面を攻撃する。オプションの位置はレバー入力で回転する。
  • 式神攻撃“グレーター招き猫”
バリアで敵弾を吸収し、近くの敵を正確に狙った反撃を連射する。
“壱式”はバリアを前方に展開する。バリアは一定時間で消え、反撃は吸収した直後に発射される。“弐式”はレバーを入力した方向にバリアを展開する。バリアは一定弾数を吸収すると消え、反撃はボタンを放すと一斉に発射される。
  • 特殊攻撃“シャーペン乱れ撃ち”
レバーを入れた方向にシャーペンを連射する。この間ニーギは動けない。
ロジャー・サスケ(声優:上田祐司
本名ロイ・バウマン。玖珂光太郎のライバルを名乗る(実際は玖珂家に居候する幼馴染)忍者オタクのアメリカ人。正体は各世界を自分たちの都合のいいように改変しようとする組織、セプテントリオンの一員。
前作ではベテラン刑事の「山さん」というふれ込みで正体を隠し、携帯電話で光太郎と日向と金に情報提供をして指示を出していた。ふみこ&ニーギとは組織ぐるみで敵対関係だが、今回は目的が一致したため一時休戦して共闘する。
  • 通常攻撃
正面のみを攻撃する手裏剣。ハイテンション時は貫通能力がある。
  • 式神攻撃“暗黒舞踏ワガメちゃん”
ボタンを押している間機雷を生成し、放すと放出する。非常に威力が高い。
“壱式”は機雷をレバー方向にばら撒く。“弐式”は機雷がその場に漂う。
  • 特殊攻撃“時空斬”
ロジャーが刀を構えて回転する。攻撃範囲は非常に狭いが、自由に移動できる。また、敵の動きが遅くなる。
ちびふみこ(声優:こやまきみこ
隠しキャラクター。若返りの薬(魔法のキャンディ)を使って10歳ぐらいの姿になったふみこ。しかし正体は隠しており、味方サイドで最初からそれを知っているのは小夜と日向だけである。金には「ふみこの妹」とごまかして行動していたが、晋太郎に正体を暴露される。
ショットと特殊攻撃は弱くなった反面、式神攻撃は強烈な破壊力を持つ。

敵キャラクター

アララ・クラン(声優:田村ゆかり
ステージ1のボス。第一世界からこの世界に召喚された。武器は大鎌で、ゴシック・ロリータを想起させるピンクを基調としたフリルの服と、長いツインテールが印象的な女性。ふみことは古い知り合い(宿敵とも)らしく、オゼットと呼ぶ。過去に好みの男の取り合いでふみこに殺され、その魂は「ねじれた城」の番人として囚われている。
光太郎および、金大正プレイ時のセリフ「お姉さんの服の下がどうなっているか、知りたい?」は多くの男性ファンを惹きつけた。
七夜月幻想曲にも登場している。
アノレゴス・ダンデオン(声優:増谷康紀
ステージ2のボス。第四世界の紫の帝国の戦士だった誇り高い青年。光太郎&ロジャーでプレイすると、ボスなのにこの2人にデモで一切相手にしてもらえない。武器は無数の盾、褐色の肌と銀髪の美形。
エイジャ兄弟(声優 セイ:土屋利秀 ファイ:長嶝高士
ステージ3のボス。第三世界出身のヒゲの巨漢兄弟で兄がセイ、弟がファイ。炎と氷を操る「双頭の心臓」をもつが、互いに触れ合うことが出来ない。武器は共にそれぞれの属性を持った長剣。性格は二人ともかなりの熱血漢で直情型。それゆえ、戦闘前後の掛け合いがおかしな方向に向かうことも。特にふみこプレイ時にはよくいじられる。
堀口ゆかり(声優:甲斐田ゆき
ステージ4のボス。第七世界から精神体のまま召喚された女性。カード使いで、カードを具現化する力を持つ。実体はまだ女子高生であり、ニーギとの掛け合いからはその若さゆえの未熟さをのぞかせる。童話のお姫様のような長い金髪に豪奢な青いロングドレス姿と戦闘スタイルから、ファンの人気は高い。
玖珂晋太郎(声優:矢薙直樹
ステージ5のボス。急速に変化していく時を善しとしない世界が光太郎の実兄と同化した。ワールドオーダー(世界の秩序)と呼ばれる存在で、ふみこ曰く「もっとも新しい神様」。

追加・変更されたシステム編集

式神攻撃に“壱式”と“弐式”が選択できるようになった
これはキャラクターごとに性格の違う2つの式神攻撃が用意されたもので、プレイヤーのプレイスタイルに合わせて式神攻撃を選択できるようになった。キャラクター選択後にどちらかを選ぶことができる。
前作から引き続き登場しているキャラクターは、“壱式”が前作に準じた性能となっている。
パワーアップシステムの廃止
攻撃力は一定になりコイン回収によるパワーアップ、ダメージによるパワーダウンがなくなった。
ステージ道中の長さが一定になったことに伴う、制限時間の変更
制限時間があるのはボス戦だけとなり、時間の持越しもなくなった。
ステージ道中での早回しは残っている。
ボスアタックモード
家庭用に追加されたモード。一連の中ボス&敵ボスを全て通していくモード。コンティニューは出来ないが、ノーコンティニューで最後までクリアしないと一切合計スコアが記録されない。ドリームキャスト版には無い。
ストーリーリコレクト
家庭用に追加されたモード。一度見たことのあるデモシーンをまとめて見ることが出来る。

式神の城 七夜月幻想曲編集

式神の城 七夜月幻想曲(ななよづきげんそうきょく)2005年8月18日に発売されたプレイステーション2用ソフトで、シリーズ初のアドベンチャーゲームである。『式神の城II』での戦いから半年たった東京が舞台となる。普通のアドベンチャーゲームとは違い、シナリオパートと戦闘モードがあり、戦闘アクションはシューティングという点は変わらない。『III』のボスであるカガチと城島月子がゲームではこの作品で初登場する。この作品で小夜の声が川澄綾子、ふみこの声が田中敦子、堀口ゆかりの声が新谷良子に変更された。 テンプレート:節stub

式神の城III編集

+ class="" style="font-weight: bold; font-size: 120%; "式神の城IIIcolspan="2" style="width: auto; text-align: center; "{{{image}}}- colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header1}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header2}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header3}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header4}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header5}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header6}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header7}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header8}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header9}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header10}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header11}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header12}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header13}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header14}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header15}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header16}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header17}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header18}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header19}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header20}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header21}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header22}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header23}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header24}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header25}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header26}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header27}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header28}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header29}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header30}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header31}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header32}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header33}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header34}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header35}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header36}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header37}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header38}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header39}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header40}}}-


式神の城III2006年にアーケードに登場した。この作品の開発は韓国の会社スコーネックとアルファシステムが共同で行っている[1][2])。キャラクターデザインについては変更が加えられている。 前作と同様にサイバーフロントからPC版が発売され、2007年12月13日アークシステムワークスからWiiXbox360の家庭用ゲーム機で発売された(当初はPS2での販売も予定していた[2])。

主要登場人物編集

前作(II)から続けて登場するキャラクター

  • 玖珂光太郎・結城小夜(声優:岸尾大輔川澄綾子) - 小夜が『II』の晋太郎との戦いの際に光太郎の式神ザサエさんと融合したため(ファミ通文庫版及び漫画版参照)、今回は2人で1キャラクターとして登場。
  • 日向玄乃丈(声優:家中宏
  • ふみこ・オゼット・ヴァンシュタイン(声優:田中敦子
  • ロジャー・サスケ(声優:うえだゆうじ) - 使役する式神が歌の月奏に変更。

追加されたキャラクター

エミリオ・スタンベルク(声優:南央美
アルカランドの貴族である10歳の少年。”食らうもの”という様々な形に変形する悪魔(=式神)を使う。
バトゥ・ハライ(声優:小杉十郎太
家族を亡くしたエクソシスト。エミリオに雇われている。伸びる十字槍を持つ傭兵
金美姫(キム ミーヒ 声優:朴璐美
韓国人の女医で、金大正の従妹。触れると絶対死ぬと言われる小刻みに震える毒を仕込んだ左手を持つ。
霧島零香(きりしま れいか 声優:豊口めぐみ
17歳の警察官。タイムジャンプ能力を持つ。行動範囲は1888年から2145年まで。勘違いから“世界の謎”を解いた。
元ネタは『タイムギャル』(作中にそれを示唆する台詞がある)。
伊勢薙乃(いせ なぎの 声優:釘宮理恵
言霊使いである9歳の少女。式神はザ・ストライダー兎神。バブルン(ゲーム『バブルボブル』・『パズルボブル』のキャラクター)のリュックをしょっている。
本名を芝村未来といい、青の未来。炎の王女。魔王と電子の巫女王(高機動幻想ガンパレード・マーチの速水厚志と芝村舞)の間に生まれた呪われた嬰児。父を殺したいと思っている。パートナーの選択によって口調と性格が変わる。
ミュンヒハウゼン45世(声優:清川元夢
隠しキャラクター。ふみこの執事。『式神の城』で登場した、ミュンヒハウゼン44世の息子(見分けるには髪の巻き具合が甘いなど)であり、見た目より若い。そのせいか、感情が高ぶると暴言を吐く。
また、密かに女装(?)趣味がある。ふみこの執事になる前は、サンダーバードと呼ばれる悪魔(=式神)だったらしい。

敵キャラクター

堀口ゆかりVer.2(声優:新谷良子
ステージ1のボス。前作にも登場した堀口ゆかりの別の姿(この世界のゆかり)。花使いとして登場する。
壬生谷志功(声優:菅原正志
ステージ2のボス。40歳。壬生谷一族の1人で、小夜を育てた人物。小夜にとっては父親のような存在。
自由なる風の人(声優:榊原良子
ステージ3のボス。『式神1』の隠しキャラクター???によく似た外見を持つ女性(別人)。彼女もまた聖銃を有す。ふみこの育ての母。
カガチ(声優:立木文彦
ステージ4のボス。日向の同類で、普段は狼の姿をしていて月子に従う。密かに女装(?)趣味があるらしく、ロジャー&ミュンヒハウゼンのデモ時には、ノリノリで女装に加わってくれた。
城島月子(声優:能登麻美子
ステージ5(最終ステージ)のボス(ラスボス)。光太郎の幼なじみ兼許婚で、ある理由から病弱な少女…であるが、今作に登場する月子は本物ではなく今回の事件の親玉が生み出した悪夢の一部。

追加・変更されたシステム編集

ハイテンションMAX
特殊攻撃を一つ消費して発動するシステムで、一定時間「T.B.Sの判定が常に8倍」「コインの出現量が1.5倍」となる。

家庭用ゲーム機向けに加わった要素編集

ドラマティックチェンジモード
2人のキャラクターをプレイヤーキャラとして選択、チェンジボタンで任意に切り替えることのできるモード。これによりアーケード版やPC版と違い、2人同時プレイでのストーリーや会話を1人プレイでも楽しめるようになった。
ギャラリーモード
様々なイラストを閲覧できるモード。
ミュンヒハウゼン関連
アーケード版では隠しキャラだったミュンヒハウゼンが最初から使用可能になり、またアーケード版では不可能だった、ふみことミュンヒハウゼンの協力プレイが可能になり、それに伴い2人の協力プレイのストーリーも追加された。ふみことミュンヒハウゼンが協力プレイを行い、ミュンヒハウゼンの式神タイプが壱式の場合、本来なら式神攻撃使用中に表示されるふみこの顔グラフィックが、ふみこのコスプレをした猫型の動物に変更されている。
スコアランキング
Xbox360版のみの要素。Xbox Liveを利用してのスコアランキング。ただしランキングに登録されるためには難易度ノーマルでノーコンティニューでクリアしなければならない。なお、ランキングの登録や閲覧は無料のシルバーメンバーシップでも可能。
実績
Xbox360版のみの要素。ゲームの進行具合によって様々な「実績」とゲーマーズスコアを獲得出来る。本作の実績は全部で29個存在し、全て集めた際に獲得出来るゲーマーズスコアの合計は1000となっている。ただしあくまでも実績なので、獲得したからといってゲームの進行が有利になったりはしないので注意。ちなみにオンラインランキングと違い、実績の解除にオプションの設定の制約は受けない。

小説版編集

  • 式神の城 O.V.E.R.S. ver 0.81(ファミ通文庫海法紀光
  • 式神の城 Gunsmoke Witch(ファミ通文庫・海法紀光)
  • 式神の城II 玖珂家の秘密(電撃ゲーム文庫・芝村庸吏)
  • 式神の城II 陽の巻(ファミ通文庫・海法紀光)
  • 式神の城II 陰の巻(ファミ通文庫・海法紀光)
  • 式神の城II Paradise Typhoon(ファミ通文庫・海法紀光)
  • 式神の城III 石神迷路の解(電撃ゲーム文庫・明神真琴)
  • 式神の城III ワールドタイム・トラベラーズ(ファミ通文庫・海法紀光)

漫画版編集

講談社の「月刊マガジンZ」に連載(脚本:是空とおる 作画:たかなぎ優名)。2部構成で全11巻となる。

式神の城
ゲーム第1作目『式神の城』のコミカライズ。全3巻。
第1巻 ISBN 406349165X
第2巻 ISBN 406349182X
第3巻 ISBN 4063491943
式神の城 ねじれた城編
ゲーム第2作目『式神の城II』のコミカライズ。現在第7巻まで刊行。最終8巻が2008年2月発売予定。
ゲームには無かったシナリオ等が追加・変更されているため、後の作品に初登場する人物や設定が一部先行して登場している。
また一部のキャラクターが、途中で『式神の城III』の服装や、このためにデザインされた服装に変わったりする。
第1巻 ISBN 4063492044
第2巻 ISBN 4063492230
第3巻 ISBN 4063492354
第4巻 ISBN 4063492494
第5巻 ISBN 4063492788
第6巻 ISBN 4063493024

各巻巻末にはあとがきと単語辞典、アルファ・システムからのコメントや応援イラストなどが収録されている。

関連項目編集

脚注 編集

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki