Fandom

ゲーム情報ウィキア

信長の野望シリーズ

1,608このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

テンプレート:Redirect 信長の野望シリーズのぶながのやぼうしりーず)は1983年に株式会社光栄マイコンシステム(後に「光栄」→「コーエー」)が発売した「信長の野望」を第1作とする日本の戦国時代をテーマとした歴史シミュレーションゲームのシリーズである。日本のゲーム市場において「歴史シミュレーション」というゲームジャンルを確立した。

デザイナーはシブサワ・コウ(創業者・取締役最高顧問の襟川陽一)。シブサワ・コウに関しての詳細は同項目を参照。

概要編集

大名家の当主となり、内政で自国を富ませて軍事力を蓄え、他の勢力を合戦で討ち滅ぼすことで全国統一を果たして戦国の世を終わらせるのが最終的な目的となる。後のシリーズでは、合戦だけではなく外交によって支配下に置くことでも統一できるようになった。

このシリーズの特徴は、作品名に2,3,4…などの数字がつかないという点が挙げられる(同社が発売している「三國志シリーズ」では数字が付く)。2作毎に大きなシステム変更があるのも一つの特徴で、奇数作(1,3,5…作目)で新機軸が打ち出され、偶数作(2,4,6…作目)で奇数作の特徴を生かしつつ、規模を拡大したり、多少の調整を行っている[1]。ただし、第10作「蒼天録」では、第9作「嵐世記」の新要素である「諸勢力」こそ引き継がれたものの、ほとんど別の作品となっているなど、必ずしもこの原則が当てはまらなくなりつつある。

時代考証については、本作は「プレイヤーが自分なりの戦国時代を創る」にあるため、史実よりユーザーの持つイメージを大事にするとしている。以前、小田原城に当時天守閣はなかったので史実通りに天守閣を外したことがあったが、ユーザーから残念がる声が多かったという。[2]

ゲームの特徴 編集

このゲームは、ウォー・シミュレーションゲームのジャンルに分類されるが、実際には戦術より政略・戦略的志向が強いゲームである。他国との戦争の勝敗は、戦いに至るまでの内政・外交でほぼ決まっており、戦闘の巧拙で逆転することは比較的少ない。そのため戦場ではプレイヤーが有利な場合にはいかに大きな戦果を得るか、不利な場合にはいかに損害を少なく戦場を離脱することかが、戦術の要となる(ただし運次第では、不利な側が逆転勝利を得ることもある)。このように実際の戦国時代の合戦に近いゲーム設計がなされており、このことが長期的人気を得ることになったといわれる。

ただし後期の作品ではこのようなシビアなゲーム設計は控えられ、むしろゲーム性やビジュアル性が重視されている。後期作品では、史実に沿ったゲーム展開を行うと現れる「歴史イベント」が多数用意されており、これらをいかに出現されるかを楽しむプレイヤーが多くなっている。もちろん、大名家の選択によっては、シビアな戦いを楽しむこともできる。

「信長」というタイトルではあるが、第2作の「全国版」以降は織田信長だけでなく登場する大名全てをプレイヤーキャラクターとして選択可能(第1作では、2人プレイのときのみ武田信玄が選択可能)になり、また第3作の戦国群雄伝以降では配下武将も登場し、プレイヤーの手腕によって実際の歴史を覆すことが可能となっている。

武将の能力値・顔グラフィック 編集

武将を個性付ける能力値は「戦国群雄伝」では「政治」「戦闘」など4種類と非常にシンプルであったが、シリーズを重ねるごとに「智謀(知略)」が別個に設けられたり、兵科適性や特技により個性付けられるようになった。作品によっては武将本人の武勇と兵の統率力を別個に評価したり、それ以外の能力値で武将の特徴付けをしているものもある。また各武将への評価にも能力値を通じて時代の変遷を見て取ることができ、大河ドラマや小説、漫画で主人公、あるいはそのライバルとして取り上げられた武将の能力値が上がったり[2]今川氏真のように再評価されたりした武将もいる。

また武将の顔グラフィックについては初期の作品ではドット数・使用色数も少なく、また専用のものが用意されているのは大名と有名武将のみで、比較的無名な武将についてはモンタージュのようにいくつかのパターンにを足したり目つきを変えたりして違いを付けていた。シリーズを重ねるごとに各武将ごとに精密な顔(及びバストアップの)グラフィックが用意されるようになった。能力値同様ドラマや小説、漫画の影響を受けてグラフィックの傾向が変わった武将もいる。KOEI側は「大河ドラマの役者に、ゲームのビジュアルが影響されることなどはあるか」という問いに対し、「ユーザーのイメージが変わらない限りはほとんどない」としている。[2]

作品一覧 編集

パソコン、据え置き型ゲーム機編集

携帯型ゲーム機編集

ゲームボーイ
ワンダースワン
ゲームボーイカラー
ゲームボーイアドバンス
ニンテンドーDS
プレイステーションポータブル

これらとは別にオンラインゲームとして、通信対戦型シミュレーションゲームの「信長の野望Internet」とMMORPGの「信長の野望Online」がある。また携帯電話向け対戦型オンラインゲームもある。初代と同じくサブタイトルは付いていないが、ゲーム内容は全く異なる。

解説 編集

覇王伝以降、主にパソコン版において拡張パックである「パワーアップキット」が発売され、同じ作品をより奥深く遊ぶことができるようになっている。ただし、パワーアップキットの販売を見越した初期設定の甘さ、有料で配布されるシナリオ・追加武将など、販売方針は賛否両論となっている。

本シリーズは常にパソコン版が先行してそれを移植してコンシューマーゲーム版が作成されてきたが、初期の移植では、ハードの性能の問題もあり同じタイトルであっても、一部武将や城が削減されていることが多かった。しかし、プレイステーション2以降は、削減はほとんど見られず、むしろ独自要素を追加してパソコン版より改良された内容となっている事が多い。また、近年では携帯電話アプリへの移植も行われるようになった。

関連項目 編集

歴史三部作 編集

関連スタッフ 編集

関連作品その他 編集

脚注 編集

  1. http://akiba.ascii24.com/db/review/game/sim/2001/02/10/622972-000.html
  2. 2.0 2.1 2.2 月刊誌『サイゾー』2月号 P121でのインタビューでの、KOEI社員のコメントより。

外部リンク 編集

テンプレート:信長の野望ko:노부나가의 야망 시리즈 zh:信長之野望系列

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は信長の野望シリーズにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki