FANDOM


ワープスターとは、星のカービィシリーズに登場する架空の乗り物である。黄色く、5角形の星の形をしており、空を飛ぶ能力を持っている。

ゲーム版とアニメ版とでの違い 編集

ゲーム版 編集

ゲームでは、カービィはワープスターの側面に捕まっているような形で乗っている。主に、ステージ移動のときに使う。ただし、カービィのエアライド星のカービィ 鏡の大迷宮の「なみのりスターライド」では、普通に座って乗る。

  • 星のカービィ」など殆どのアクションシリーズでは、乗る事でカービィを違うところに連れて行ってくれる。地面に当たると砕けて消えるがまた別の場所で何事もなかったかのように出てくる。
  • カービィのエアライド」では、エアライドマシンのひとつとして登場する。(F-ZEROマシンに近い)
  • 星のカービィ 鏡の大迷宮」では、携帯通信機で呼ぶと、やってくる(ちなみにそれまでにも一度星のカービィ64のイベントムービーにおいて携帯電話でワープスターを呼んだことがある)。この作品に限っては最後のシューティングゲームで星型弾を出すことも出来る。
  • 大乱闘スマッシュブラザーズDX」では、アイテムの1つとして登場。使うと、画面外へ上昇し、急降下攻撃をする。スティックにより着地地点の多少の移動が可能。命中した相手の蓄積ダメージが高ければ倒すことは充分可能。これで相手を倒すとスペシャルボーナス(得点)がもらえる。
  • 大乱闘スマッシュブラザーズX」では、アイテムの1つとして登場。効果は大乱闘スマッシュブラザーズDXとほとんど同じである。亜空の使者ではカービィが所持しており亜空爆弾が爆発した際に仲間をワープスターに乗せて救出している。

アニメ版 編集

普段はカブーの中に隠されている。アニメでは、言葉がしゃべれないカービィの代わりにフームがワープスターを呼ぶと、カブーの口から出てきて、カービィが乗る。これにより素早い戦闘、3次元の戦いができるようになる。カービィの追跡力はかなりのものでカービィが誤って落ちてもほとんど拾ってくれる。一部が欠けると力が出なくなる。カービィがワープスターを見ると元気になる。最終話では、ナイトメアの見せる悪夢の世界でカービィがこれを吸い込み、「スターロッドカービィ」となって、ナイトメアを倒した。


テンプレート:Kirby

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki