FANDOM


+ class="" style="font-weight: bold; font-size: 120%; "ロマンシング サ・ガ2colspan="2" style="width: auto; text-align: center; "{{{image}}}- colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header1}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header2}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header3}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header4}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header5}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header6}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header7}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header8}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header9}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header10}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header11}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header12}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header13}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header14}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header15}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header16}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header17}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header18}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header19}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header20}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header21}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header22}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header23}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header24}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header25}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header26}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header27}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header28}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header29}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header30}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header31}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header32}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header33}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header34}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header35}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header36}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header37}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header38}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header39}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header40}}}-


ロマンシング サ・ガ2』 (Romancing Sa・Ga2) は1993年12月10日スクウェア(現スクウェア・エニックス)から発売されたSFCコンピュータRPG。「ロマサガ2」、「ロマツー」などの略称がある。

ロマンシング サ・ガに続くシリーズの第2作。サガシリーズとしては5作目にあたる。

概要 編集

ストーリー面、戦闘面両方において自由度の高さを重視している。

フリーシナリオと呼ばれるシナリオ選択システムと、時間軸の設定により、自分なりのストーリー展開を作り出せるところに特徴がある。前作では初めに主人公キャラクターを選択することで大きくストーリーを分岐を設定させていたが、ロマサガ2では皇位継承システム(後述)をとり、核となるキャラクターが任意で(あるいは強制的に)交代していく。年月の経過による様々なイベント変化もあって、歴史群像のような物語性をもったゲームとなっている。

戦闘面では、陣形やキャラクターの選択、技、術法の発展などで、戦略面の自由度が高くプレイヤーの好みを反映することができるようになっている。

自由度の高さゆえ、状況を打開できない「ハマリ」が発生する場合があり、難易度はやや高めとなっているが、全体的な完成度は高い。

ストーリーは、酒場で吟遊詩人がバレンヌ帝国の数百年に渡る歴史を詠うところから始まる。プレイヤーはその一大叙事詩の中で、過去から現代へと続く歴史を創り上げる主役としての役目(すなわち、吟遊詩人が詠う物語を完成させる役目)を担うことになる。

主な制作スタッフ 編集

  • 河津秋敏 - 開発指揮、ゲームデザイン、シナリオ
  • 伊藤賢治 - 音楽
  • 小林智美 - キャラクターデザイン
  • 小泉今日治 - バトルデザイン
  • 篠宮淳一 - メニューデザイン
  • 高井浩 - バトルエフェクト、バトル背景、モンスター、タイトル
  • 穴澤友樹 - チーフプログラマー

システム編集

進行システム編集

フリーシナリオシステム
前作に引き続き、フリーシナリオシステムを採用している。既存の日本のRPGに見られる一本道の展開を排除し、プレイヤーに多くの選択を用意する自由度の高いシステムである。行き先やイベントをいくつかの候補の中から選ぶ事ができ、場合によっては途中で投げ出す事も可能となっている。強力なボスの居る場所へいきなり行く事もできるため、手も足も出ずに全滅といったことが起こりうる。
領土
世界は16の地域に区切られ、それぞれ様々な町やダンジョン、イベントが用意されている。そのうちの特定のイベントをクリアーすると、その地域を制圧し、帝国の領土とすることができる。領土になった地域では、様々な恩恵が受けられる。場合によっては制圧条件となるイベントが存在せず、領土に加えることができない地域もある。
移動
前作と同様に、地図上に記載された地名を選択し、移動する方式となっている。基本的な要素は前作のそれを踏襲している他、地名だけでなくシンボルも表示されるようになった。更に、新たに世界地図を表示することができ、領土となった地域は明るくなり直接選択できるようになり、遠く離れた場所にも直接移動できるようになった。
年月の経過
ゲーム内には時間軸が設定されている。いくつかのイベントをクリアすると大きく年月が流れ、皇帝も代替わりすることがあり、これは「年代ジャンプ」と呼ばれる。時間を経ることによって、イベントが発生、消滅したり、イベントの内容そのものが変化したり、過去のイベントを受けて新たなるイベントが発生することもある。またボスとなる七英雄の一部はイベントの進め方に応じてパワーアップしていく。また、ひらめいた技が技道場に登録されたり、開発した武器・防具が量産されるようになったり、合成術が完成したりする。このためゲーム中の大きな節目となっている。尚、年代ジャンプする時の年数は、戦闘回数などによって変動する。
政策・開発
帝国の主な収入源は税金である。税金の額は、地域を制圧したり、協定を結ぶ事などによって増加する。1回の戦闘ごとに(退却してもよい)、この額が収入として国庫に入る。また、宝箱などから財宝として資金を取得する場合もある。
皇帝として政策に携わる場合に、帝国の資金が大きく影響してくる。武器・防具や合成術の開発には多くの費用がかかるほか、術法研究所や帝国大学などの建設事業には莫大な費用がかかる。そのためどうしても資金不足になりがちだが、税金による収入を得るために無闇に戦闘を繰り返すと、敵のランクが上がり、敵が強くなっていってしまう。このことが、本作の難易度を上げる要因の1つとなっている。
なお、普通に道具を購入する場合では資金が不足することはまずない。領土内の店では「皇帝陛下からお代はいただけません」という理由で、タダで道具を購入できる(例外あり)。
皇位継承システム
物語の主人公となる皇帝は、レオン、ジェラール、最終皇帝を除いて、仲間となっている職業の内から選ぶこととなる。皇帝が死亡するか、年代ジャンプする事によって皇帝の代替わりが行われる。このときランダムで4人の候補者が選抜され、その中から選択する。ただし、皇帝のLPが0になって死亡した場合、残りのパーティーメンバーから選択することになる。
皇帝継承を行うと、前任の皇帝の技能レベルを新任の皇帝が継承し、前任の皇帝より高い技能レベルはそのままとなる。

戦闘システム編集

職業(クラス)
特別な背景を持ったキャラクターは一部を除いて存在しておらず、それぞれ異なる特徴を持った職能集団、種族として扱われている。例えば重装歩兵ならば、防御力に優れ、剣を得意とし、シティシーフならば素早さに優れ、小剣を得意とするといったところである。これらの職業から自分の戦略・趣味に合ったキャラクターを選び、最大5人のパーティーメンバーを決定する。また、同職業においては8人名前の異なるキャラクターが存在し、職業ごとの大まかな特徴は変わらないが、それぞれパラメーターに細かな差異があり、武器の得意分野そのものが違う者までいる。同時代にはそれぞれの職業につき1名しかいないが、時代の経過や、前任者の死亡により、同職業の別のキャラクターが登場するようになっている。
キャラクター毎に戦闘時の体力HPとは別に、生命力ともいうべきLP値が設定されていて、HPが0になり戦闘不能になると1ずつ減少する。また、戦闘不能状態で攻撃を受けた場合も同じように減少する。LP値が0になるとキャラクターは死亡し消滅する。
エンカウント
前作に引き続き、シンボルエンカウントと戦闘回数による敵ランクの上昇が採用されている。シンボルエンカウントとは、MAP画面にプレイヤーと同じく敵がシンボル表示されており、このシンボルと接触することで戦闘が開始する、というものである。敵のシンボルとの接触を避けることで、戦闘そのものを回避することも可能となっているが、自分のキャラクターがダッシュ中に接触すると、不利な陣形での戦闘を強いられる場合がある。
前作からの変更点として、接近時に迫ってくる事はあるものの、敵シンボルの動きはランダムであり、ダンジョン突入時から主人公目がけて追いかけてくる事はなく、戦闘の回避は比較的容易になった。
敵のシンボルは、種族ごとによって違うため、シンボルから敵の内容をある程度判断することができるようになっている。
フリーシナリオシステムを採用している都合上、エンカウント時に出現する敵の強さは、戦闘回数に応じて上昇していくランクによって決定される。戦闘回数は戦闘から退却してもカウントされる為に、敵から退却を繰り返した場合、プレイヤーの能力は全く上がらないまま、敵は最強となってしまうこともある。
陣形
前作とは陣形システムの内容が変更されている。今作では、それぞれに特徴を持った陣形の中からあらかじめ選択しておくシステムとなっている。陣形には様々な特徴があり、絶対に先手が取れる陣形、1人に敵からの攻撃を集中させる陣形、術法効果を最大限に高める陣形等、多々存在する。なお、新しい陣形を取得するにはその陣形に対応した職業のキャラを皇帝にする必要がある為、皇帝にして陣形を入手してはワザと殺すといった作業プレイが行われる場合がある。
成長
前作に引き続き、主人公の成長はレベル制ではなく、戦闘終了後にHP等の各種パラメーターが個々に上昇するシステムになっている。ただし、力・素早さ・魔力等のステータスは各キャラ固定となっていて、装備品に因る一時的な増強以外では上昇はしない。その代わりとして、剣・槍・斧等の各種武器、術法の系統毎に技術レベルが設定され、使い込むことにより戦闘終了後に得られる「技術点」がそれぞれの系統に割り振られ、技術レベルが上昇していく。
ひらめき
戦闘中に突然技を覚えるひらめきシステムが新たに登場する。戦闘中において、攻撃の際にキャラクターの頭の上で豆電球が光る演出とともに「技」を閃くことがある。武器系統毎に様々な技があるだけでなく、ある技からの派生技や武器固有の技も存在する。習得するタイミングはランダムだが、技の難度に見合った強さの敵と戦うことで、閃く確率を上昇させられる。ただし各キャラクター毎(職業ではない)に各技への適性が設定されており、適性のない技は絶対に閃かない。
防御面では「見切り」がある。敵の攻撃を受けた際に閃き、その攻撃を100%回避できるようになる。特定の見切りを必要とするボスも存在する。
技・見切りは共に共通の装備欄があり、同時に装備できるのは8つまでとなる。装備欄がすべて埋まっている場合、新たな閃きは発生しなくなる。不要な技を封印することで装備欄を空けることができる。
習得した「技」と「見切り」は年代ジャンプが行われることで技道場に登録され、どのキャラクターでも習得できるようになる。ただし、例外的にバグによって技道場に登録されない技がある。
術法
他のRPGにおける魔法に相当する。術法も武器と同様に系統分けされているが、術には相反する系統が設定されており、同じキャラクターが相反する系統の術を同時に習得することはできない。術法の種類は全6種類、「火」⇔「水」、「地」⇔「風」、「天」⇔「冥」となっている。さらに、相反しない2つの系統を掛け合わせる「合成術」が存在する。
習得するには術法研究所を建設し、その系統の技術レベルを上げることが必要となる。最初から術を覚えているクラスも存在する。攻撃、回復、防御面で強力なためゲーム全般で重要な要素となっている。ストーリー上、冥の術法の入手とサラマンダー族のパーティー要員加入は二者択一となる。
また、ある術法が本来の効果に加えある条件下で相手の行動を封じる効果を持つ為(意図的かどうかは不明)、それを使い続けることでラスボスでも簡単に倒すことが可能であり、戦闘面での救済策となっている。
属性
それぞれの攻撃には以下のような属性が存在し、その属性への耐性が弱いと受けるダメージが大きくなり、強いと小さくなる。表記される防御力は、この中の斬撃防御力を表した物である。
物理攻撃属性。「斬る」攻撃。剣技、大剣技、斧技などに付随する。
物理攻撃属性。「叩く」攻撃。体術、斧技、棍棒技などに付随する。
物理攻撃属性。「突く」攻撃。槍技、小剣技などに付随する。
物理攻撃属性。「撃つ」攻撃。弓技などに付随する。
魔法攻撃属性。「熱い」性質を持つ。主に術などに付随する。
魔法攻撃属性。「冷たい」性質を持つ。主に術などに付随する。
魔法攻撃属性。「電気」の性質を持つ。主に術などに付随する。
魔法攻撃属性。「その他」の性質を持ち、ステータス異常の発生率にも影響する。

テンプレート:ネタバレ

ストーリー編集

かつて世界には、現代人よりも遥かに寿命の長く、寿命の時が迫っても新たな若い肉体を得る技術「同化の法」を持つ古代人が繁栄していた。古代人は長命であるが故に死を恐れ、彼らにとって自らの命を脅かすモンスターの存在は最大の脅威であった。

そんな中、「同化の法」を強化する研究をしていた古代人・ワグナスとノエルが強化された同化の法の技術を会得し、それぞれ、親交のある5人の古代人(クジンシー・スービエ・ダンターグ・ボクオーン・ロックブーケ)にその知識を分け与えた。新たな同化の法を得た7人は、死を恐れずに強力なモンスター達に立ち向かった。古代人達はそんな彼らをいつしか「七英雄」と称えるようになった。

しかし、モンスター達との戦いが終わりを告げると、古代人達は次第に七英雄を恐れるようになった。また、この時、同時に世界では大規模な天変地異が起ころうとしていた。天変地異から逃れるため、古代人達はその卓越した技術力によって次元移動装置を開発し、異次元への移住を決めたのであった。そして次元移動のその日、古代人達は次元移動装置による事故を装い、七英雄を異次元へと追放してしまう。同胞に裏切られた七英雄は、古代人達への復讐心を秘め、異次元からの帰還を誓うのだった。

一方、かつて古代人から短命種と呼ばれ奴隷にされていた人類は天変地異を生き延び、世界には“いつの日か彼ら七英雄は戻ってきて、再び世界を救う”という伝説だけが残った。

時は流れ、古代人がいなくなった世界では、現代人が繁栄していた。バレンヌ帝国レオン皇帝の時代、世界は活発化したモンスターの脅威に晒され、人々は伝説の七英雄にすがるようになった。

そんな折、突如として七英雄が現れた。しかし、かつて英雄と呼ばれていたころの面影はなく、ただの凶悪な7匹のモンスターへと変貌していた。かつて自分達を裏切った古代人の多くが異世界へと逃れたことに気づいた七英雄は、古代人に復讐するために古代人が使用した転送装置の捜索を開始し、モンスターを従えて世界各地を荒らし始めた。

バレンヌ帝国には七英雄の一人クジンシーが現れ、バレンヌの首都アバロンを守るために戦った第一皇子ヴィクトールはクジンシーとの戦いで命を落とす。レオンはクジンシーを倒すために、オアイーブと名乗る謎の魔道士から「伝承法」と呼ばれる能力を授かる。自らが認めた跡継ぎに、その能力を受け継がせる伝承法。クジンシーの奥義をレオンは命を賭して見切り、第二皇子ジェラールがその力を受け継ぐ。世界を七英雄の脅威から救うため、伝承法を用いた歴代皇帝と七英雄との時代を越えた戦いが始まる。

この「伝承法」により、歴代皇帝は徐々にその力を強めながら、七英雄との戦いを続けていく。伝承の回数には限りがあり、プレイヤーがゲーム開始時に決定するキャラクター名と性別は、伝承法の最後に位置する「最終皇帝」のものである。

6人(最終皇帝の時代にはクジンシーが復活しているので、最初のクジンシーを含めると延べ7人)の七英雄を倒した時点で、最後の七英雄は本体を守ると共に大量のモンスターを呼び集め、最終皇帝は大氷原での最終決戦に臨むことになる。

登場人物編集

主なプレイヤー側の人物編集

レオン
物語開始時のバレンヌ帝国皇帝。ヴィクトールとジェラールの父である。皇帝でありながら、日々自ら先頭に立ってモンスターとの戦いに臨み、帝国を護ってきた。ジェラールにとっては厳しくも優しい父であり、経験のために彼を連れてモンスターの退治に当たることもあった。命を賭してクジンシーの必殺技「ソウルスティール」の見切りを会得し、ジェラールに伝承法と共に帝国の未来を託して死亡した。
ジェラール
物語開始時のバレンヌ帝国第二皇子。武勇を誇るヴィクトールとは違い、争いを好まない大人しい性格であった。それが災いしてか、一部の臣下からは頼りなく思われていた。クジンシーとの戦いでヴィクトールとレオンを立て続けに失うが、伝承法によってレオンの能力を受け継ぐ。ここより、歴代皇帝と七英雄の長きに渡る戦いが幕を開ける事となる。
ヴィクトール
物語開始時のバレンヌ帝国第一皇子。ジェラールの兄。大剣を扱い、得意技は流し斬り。レオンの不在時にアバロンを襲撃してきたクジンシーに立ち向かうが、クジンシーの「ソウルスティール」によって絶命する。ジェラールにとっては、弟思いの良き兄であった。
最終皇帝(男/女)
歴代皇帝の能力を最後に受け継いだ皇帝。七英雄を完全に倒せるかどうかは、この人物の両肩に掛かっている。ゲーム開始時に名前と性別を決定することができる。性別によって初期装備が異なる。全てのステータスが他キャラの最高ランクに近いほど高く、更に男なら物理、女なら魔法に極めて高い能力を示す最強のキャラクター。

七英雄編集

本作の最初の目標にして最終目標。自分たちを罠にはめた古代人に対して復讐に燃える者、自らの欲望のままに動く者、様々であるが、どの敵も通常のモンスターとは比較にならないほどの強敵である。

彼らの編み出した「同化の法」の改良型であるモンスターを同化していく秘法を用いて、七英雄は強力な戦闘力を得るとともに、異形の姿へと変貌することになる。

たとえ倒されたとしても、永い眠りを経て復活することが出来る。この永遠の鎖を断ち切るためには、世界の南端、極寒のナゼール海峡を渡った奥深くに潜む七英雄の本体を倒さなければならない。また、七英雄には「自分以外の七英雄が全滅した時には、残った一人が本体を守る」という血の誓いがある。

なお、七英雄の名前は、JR山手線の駅名に由来している。上から順に、品川上野池袋恵比寿五反田新大久保新宿をひっくり返してもじったもの。

また、それぞれの七英雄には第1形態と第2形態が存在し(ダンターグだけは第4形態まで存在する)、皇帝の強さやイベントの進め方などに応じて、形態が1から2へと変化する。高次の形態になるほど強力な能力を持つ。

ワグナス
七英雄のリーダー。親友のノエルと共に同化の法を改良した。空を飛ぶ要塞「浮遊城」を所有。男性であるが、同化の法により性別を超越したのか女性的な姿をしている(ただし、第2形態になると外見も男性らしくなる)。この世界に残った古代人が居ると知って、探し出すためにヤウダを支配しようとする。得意技はサイコバインドと、火と風と天の術法。
ノエル
ワグナスの親友で、ワグナスと共に同化の法を改良した。常に敬語で冷静沈着、そして紳士的。「通常は」話し合いで戦闘を回避してくれる為、七英雄の中で唯一話の通じる人物と言える。妹であるロックブーケを大切に思っている。色黒で、非常に引き締まった筋肉の鎧を持ち、体術と剣技に非常に秀でている。第2形態では武士のような鎧をまとい、抜き身の剣で襲い掛かってくる。得意技は赤竜破(第1形態)、月影(第2形態)。
ロックブーケ
ノエルの妹。七英雄の紅一点。男を手玉に取る術を知り尽くした魔性の女。他人の力を利用して敵を倒す能力に長けている。異次元への転移装置があった塔を探すために神殿を調査している。見切らない限り男性を100パーセント魅了するテンプテーションが得意技。
スービエ
ワグナスの従兄弟。「海の主」の娘との融合を目論む。また、手先のギャロンを使い、武装商船団に介入しようとする。得意技はメイルシュトローム。彼と戦闘するために必要なフラグが多いため、彼との戦闘はゲーム後半になることが多い。沈没船で遭遇した場合、七英雄の目的に関する重要な台詞を話す。
ダンターグ
古代の時代から暴れ者として知られていた。復讐にはさして興味がないようで、ナゼール地方で1000年以上に渡って強力なモンスターを吸収し続けるなど、強さに対して異常な執着を持つ猛者である。ぶちかましなど、肉弾戦を得意とする。彼のみ4段階の形態を持ち、初期は上半身が裸に近いケンタウロスのような姿で、強化されるごとに物々しい武装を整えていく。
ボクオーン
人間を操り人形のように操作するマリオネットが得意技。地上戦艦を所有する。非常に狡猾な人物で復讐よりも金儲けを目的とする。古代ではズル賢いことで知られていた。本人は七英雄の中で最も小さいが、第2形態ではジャグリングをする巨大な人形を操り襲い掛かってくる。
クジンシー
ソーモンの町を占拠して、ヴィクトールとレオンの命を奪った張本人。生命力を吸収するソウルスティールが得意技。これを受けた者は必ず絶命する為に戦う時はソウルスティールの見切りがほぼ必須となるが、通常ならば食らった時点で絶命するため見切ることは絶対に不可能な筈であった。しかし「伝承法」によりレオンからジェラールに見切りが受け継がれ、それにより倒される事となる(そもそもレオンが「伝承法」を使う理由そのものがソウルスティールの見切りを習得する為であった)。復讐よりも世界征服を目的とする。古代では卑怯者として知られていた。なお、クジンシーのみ第1形態の時と第2形態の時、2度戦う事になる。

その他の登場人物編集

オアイーブ
異世界に行かずに残った古代人のひとり。レオンに伝承法を伝える。
ベア
帝国重装歩兵の団長。初期パーティのひとり。レオン率いるパーティーの盾的存在。
ジェイムズ
帝国軽装歩兵(男)。初期パーティのひとり。
テレーズ
帝国猟兵(女)。初期パーティのひとり。
へクター
傭兵団のリーダー。ジェラールをよく思っていなかったが、ジェラールがゴブリンの群れを撃退したことで考えを改める。大剣を得意とする。
エメラルド
宮廷魔術師(女)。ジェラールに「ファイアーボール」を教える。
キャット
シティシーフ(女)。運河要塞の案内を引き受けてくれる。
カール
南バレンヌの格闘集団「龍の穴」のリーダー。住民を守るため、モンスター退治に励む。無機質系のモンスターは苦手とする。「龍の穴」のメンツを潰すと名誉挽回の為に皇帝に挑んでくる。
エンリケ
武装商船団団長。海賊と呼ばれることを嫌う。
シャールカーン
デザートガード。ノエルの手下がテレルテバを占拠した為にノエルと対立している。
ヒラガ○○世
発明家。人力風起こし(浮遊城の潜入のために必要)や、自動人形のコッペリアを発明。名前の由来は平賀源内
コッペリア
人形。仲間にすることができるが行動選択できない。LPは全キャラ中最大の99。仲間にしたあとに年代ジャンプすると皇位継承の候補になる。皇帝になると命と自我を持つようになり、行動選択できるようになる。退位後は壊れて倉庫に置かれる。名前の由来はバレエ作品「コッペリア」に登場するオートマタからと思われる。
ギャロン
海賊のリーダー。武装商船団を乗っ取る。バックにはスービエがいる。皇帝によって野望を砕かれた後、乗っていた船を海の主に沈められ、亡霊と化す。
ハロルド王
カンバーランドの国王。継承者を誰にするかで悩む。末っ子のトーマがお気に入り。サイフリートの陰謀によって死亡する。
ゲオルグ
ハロルド王の長男。武術に長けている。ネラック城の守備を任されている。ホーリーオーダー(男)。
ソフィア
ハロルド王の長女。美しい容姿で、知性にあふれている。港町フォーファーの守備を任されている。ストーリーの展開によっては、ホーリーオーダーの歴代のリーダーが代々名乗る名前となる。ホーリーオーダー(女)。
トーマ
ハロルド王の息子で、末っ子。父ハロルドがサイフリートによって暗殺され、ストーリーの展開次第では幽閉される。その場合、バレンヌ皇帝によって救出された後は帝国にカンバーランド王国領全土を差し出し、初代カンバーランド太守となる。子供ながらなかなか聡明である。
サイフリート
カンバーランドの宰相。カンバーランドを陥れ七英雄に取り入ろうと目論む。
タームのクイーン
古代において七英雄でさえ恐れたターム族(シロアリのようなモンスター)の女王。一度皇帝にサバンナで倒されるものの、皇帝に卵を寄生させ、後の最終皇帝の時代にアバロンの地下墓地でリアルクイーンとして復活する。討伐が遅れると、下水道に近い所にいる人から徐々にタームに寄生されていき、最終的にはアバロン中の人々がタームに寄生されてしまう。
アト王
ヤウダ地方を治める王だが、無能。七英雄の一人ワグナスと手を結ぼうとする。劉禅の幼名に由来。
セキシュウサイ
アト王の側近。どんな武器攻撃をも無効にする「無刀取り」という技を持つ。柳生宗厳に由来。
ジュウベイ
セキシュウサイの孫。祖父の遺言に従い主人公に協力する。イーストガード。
コムルーン島の魔道士
今は失われた、伝説の『冥の術』を手に入れようと目論む。
サグザー
移動湖に居る古代人。ノエルの旧友。名前は浅草をひっくり返したものに由来。
海の主
イッカクのような巨大な白い海獣。スービエに対抗できる程の力を持っているが、娘はまだそれ程の力を持っていない。娘をスービエから守るために、やむなくミラマーのレオンブリッジを破壊してしまう。「海風貝」があれば話をつけることが可能。
人魚
人間の姿に化け、マーメイドの酒場で謎の踊り子として人気を博していたが、皇帝に正体を見られてからは姿を消す。皇帝が男性であれば、人魚薬の力を借りて彼女に会いに行くことができる。場合によってはそのまま駆け落ちしてしまうこともできる。ネレイドとは別の種族。人魚の男性は魚人。
魔女
マーメイドの近くにあるほこらに住んでいる魔女。人魚イベントおよび沈没船イベントに必要な「人魚薬」を作ってくれる。ただし、人魚薬の材料となるアイテムを集める必要がある。

職業・種族編集

同じ職業でも男女や人物によって性能が異なる。詳しく上述の戦闘システム・職業の項を参照。

帝国重装歩兵(男)
名前の由来:大型の動物・硬い外殻を持つ動物など
初期から仲間にでき、体力に優れる。
帝国軽装歩兵(男/女)
名前の由来:歴代アメリカ合衆国大統領/著名な女優
初期から仲間にでき、あらゆる系統の武器の扱いに長けている。
帝国猟兵(男/女)
名前の由来:ヨーロッパの歴史上の王/同女王
初期から仲間にでき、弓を得意とする。
宮廷魔術師(男/女)
名前の由来:星座/宝石
初期から仲間にでき、男は水・風、女は火・風の術法を得意とする。
フリーファイター(男/女)
名前の由来:ギリシャ神話の英雄/その妻
初期から仲間にいるが、実際にパーティーメンバーに加えられるのはゴブリン撃退後から。男女共に攻撃力に優れる。
フリーメイジ(男/女)
名前の由来:恒星/
フリーで術法を研究している老練の術法使い。男性は水、女性は土の術法を得意とする。
シティシーフ(男/女)
名前の由来:/小動物
アバロンで闇稼業を営む盗賊。素早さに優れる。
軍師(男)
名前の由来:三国志に登場した軍師の字(あざな)※一部例外あり
帝国大学の学生。知性に優れているが怠け者。初期から3種類の術法が使用できる。
インペリアルガード(男/女)
名前の由来:歴史上の名将/ローマ神話の女神
帝国防衛のために新設された屈強の兵士。槍を得意とする。
格闘家(男)
名前の由来:実在のプロレスラー
龍の穴の総帥。鍛え上げられた肉体を誇り、体術を得意とする。スライム系のモンスターなど、体術が効かない敵は苦手。
サイゴ族(男)
名前の由来:北欧のサガの登場人物
ナゼール地方と氷海地方を行き来する遊牧民族。棍棒を得意とする。
武装商船団(男)
名前の由来:航海士や海将
海賊やモンスターに対抗するために武装された船団の頭。斧を得意とする。コムルーン海峡航路を開拓するには、この職業のキャラクターを皇帝にする必要がある。
ホーリーオーダー(男/女)
名前の由来:キリスト教聖人/聖女
カンバーランドで結成された聖騎士団。男性は剣に、女性は術法に優れる。男女共に固定装備として「聖騎士の盾」を持つ。
ノーマッド(男/女)
名前の由来:遊牧民族の長/千夜一夜物語の登場人物
ステップを行き来する遊牧民族。斧・弓を得意とする。
デザートガード(男)
名前の由来:千夜一夜物語の登場人物
テレルテバを守る砂漠の剣士。大剣を得意とする。
イーストガード(男)
名前の由来:日本剣豪
ヤウダ地方を守る侍。大剣を得意とする。8人目に登場するソウジ(沖田総司がモデル)は最強の戦闘能力を持つがLPが1というとんでもない性能。
アマゾネス(女)
名前の由来:歴史上の女傑
サラマットで生活する女戦士。村の男たちがロックブーケの虜になっているのに嫌気がさし村を出て行っていた。槍を得意とする。
ハンター(男)
名前の由来:先住民族
サバンナの猟師。弓を得意とする。動物についても詳しい。
海女(女)
名前の由来:欧米の女性歌手
トバの住民たちの生活を支える漁師。槍および天・風の術法を得意とする。
サラマンダー
名前の由来:インドネシア活火山
コムルーン島に生息するトカゲのような風貌の種族。斧・体術と火の術法が得意で、熱属性に対して無敵。
モール
名前の由来:土壌の名称
モグラのような姿をした種族。手先が器用。小剣と地の術法が得意で、精神攻撃に耐性がある。タームによって絶滅寸前にまで追いやられていた。
ネレイド
名前の由来:ネレイデスの名前
ルドン高原のアクア湖に生息する淡水性の人魚。潔癖症。一見、女性のように見えるが性別不明。(作中には彼女らとは別に人魚が登場する。)水の術法が得意で、冷属性に対して無敵。
イーリス
名前の由来:風や空気に関する言葉
蝶のような羽を持った妖精。人間と古代人の架け橋となる存在。弓と風の術法が得意で、冷属性に対して無敵。

地域編集

北バレンヌ地方
バレンヌ帝国の首都であるアバロンがあり、その他封印の地、ウォッチマンの巣、ゴブリンの穴、ソーモンがある。クジンシーを倒すことによって制圧できる。
南バレンヌ地方
格闘家達の修行場である龍の穴の他、ニーベル、モンスターの巣がある。オレオン海とロンギット海を結ぶヴィクトール運河があり交通の要衝となっていたが、何者かが運河要塞を築いたため、自由な通行ができなくなっている。運河要塞を攻略することによって制圧でき、跡地はミラマーという街になる。
ルドン地方
宝石鉱山とかつて鉱山によって栄えていた町ティファールのほか、ルドン高原がある。また、ハリア半島経由でのヌオノへの侵入路の起点がある。宝石鉱山の安全を取り戻すことによって制圧できる。
カンバーランド
王と3人の子が治める国。ダグラス、フォーファー、ネラック城とサイフリートの砦がある。また、ステップとの境界には、モンスターの侵入を防ぐため長城が築かれている。サイフリートを倒し内乱を鎮圧すれば制圧できる。
ステップ
乾燥した草原が広がり、遊牧民族のノーマッドが移住生活を営んでいる。オレオン海沿岸にはマイルズがある。メルー砂漠との境界にはワイリンガ湖が広がる。ボクオーンを撃破すれば制圧できる。
サバンナ
草原で、西と東と南に集落がある。北西でステップ、南東でサラマットに接している。タームの脅威にさらされており、既に一部の集落はタームによって壊滅している。タームのクイーンを倒すことによって制圧できる。
メルー地方
メルー砂漠が広がる地方。北のワイリンガ湖湖畔にビハラ、東のイロリナ川沿岸にテレルテバがあるほか、砂漠をさまよう移動湖がある。砂漠では、厳しい暑さのためかパーティーメンバーのHPが半分になってしまう。テレルテバを解放すれば制圧できる。
サラマット地方
サラマットと呼ばれる熱帯雨林が広がる地方。ムリエ、エイルネップ、アマゾネスの村、そしてサラマットの奥に沈んだ塔がある。ロックブーケを倒せば制圧できる。
コムルーン島
サラマットの北に位置する火山島。中央部にコムルーン火山がそびえる。町はツキジマとゼミオ、他に魔術師の砦がある。サラマットのムリエからツキジマへの船が出ている。また、コムルーン海峡経由の航路を開拓すればフォーファーからも渡航可能になる。火口の溶岩をアイスシードで固めれば制圧完了。
北ロンギット地方
武装商船団が幅を利かせている地方。モーベルム、メッシナ鉱山がある。ロンギット海に伸びるハリア半島の先端は水路・陸路ともに侵入困難な天然の要害となっており、武装商船団はここに本拠地ヌオノを構えている。武装商船団と話をつけ通行権を得れば制圧できる。
南ロンギット地方
海女の住む村トバと人魚伝説の村マーメイド、魔女のほこらがある。沈没船イベントをクリアし、ロンギット海の嵐を鎮めれば制圧できる。
ナゼール地方
荒地と雪原の広がる地方。この地方に住むサイゴ族の村やムーの越冬地、東のダンジョン、南のダンジョン、子供と子ムー、詩人のどうくつがある。南の洞窟を攻略してムーの移動を手伝えば制圧できる。
ヤウダ地方
和風の国。ユウヤン、リャンシャン、チョントウ城、ハクロ城がある。後にワグナスによってハクロ城の一部が浮遊城となり、上空から町を襲撃するようになる。ワグナスを倒さないと制圧できない。イーリスの住むチカパ山もある。
アウストラス
メルー砂漠の南に広がる極寒地方。雪の遺跡、砂の遺跡がある。制圧はできない。
トーレンス
ヤウダ地方の東、チカパ山を越えた所にある地方。ヤウダ地方を制圧する事で行く事が出来る。オアイーブなどの異世界に行かずに残った古代人が隠れ住む「忘れられた町」がある。制圧はできない。
氷海地方
ナゼール海峡の南に広がる極寒地方。ムーの住みかと氷の遺跡、そして最終決戦の地である大氷原がある。制圧はできない。

評価編集

本作はユーザー間で賛否を分ける事が多いサガシリーズの中でも取り分け評価が極端に分かれている作品であり、また同じサガシリーズのファンの間でも意見が対立しがちな問題作である。下記にその主な理由や論争点を記す。

システムの追加とバランス調整によって前作に比べ格段にパワーアップした戦闘シーンにおける戦略性の高さは、後のロマンシング サ・ガ3にも引き継がれている事から分かる様に高い評価を受けている。しかし、高度な戦略を要求される戦闘の難易度・退却しても敵が強くなるシステム・ハマリに近い状況に追い込まれるイベントの存在・最終ボスのあまりの強さなどの要素が、本作の難易度を同時代のRPGと比べても格段に難しい物にしており、「難し過ぎてクリアできない」と嘆くプレイヤーが居たこともまた事実であり、こうした事情からバランス面で問題があるのではないかと捉える意見が散見される。

また本作の宿敵である七英雄はその強さに加え、現在でも名曲として評価が高い戦闘時の専用BGMなどの要素から、印象に残る敵キャラクターと評される事が多い反面、「七英雄は過去に起きた事件から人間を憎んでいる」という背景設定が存在し、その真相を知るためには特定のイベントを体験しなければならない。この点はフリーシナリオならではの面白さである一方、ゲームの進め方によってはそうしたイベントが発生せず、七英雄が単なる暴れ者としかプレイヤーに認識されずシナリオの深みが理解できないままに終わってしまう危険性を孕んでいる。実際、本作のシナリオ面を過小評価する意見には上記のケースに遭遇したと思われる物が少なからず存在する。

他に前作ロマンシング サ・ガが良くも悪くもフリーシナリオの極地に達していたのに対して、本作はある程度のシナリオの骨子を用意した上でのフリーシナリオを志向している為、前作を贔屓するファンからは「自由度が下がった」という批判が寄せられる事もある。

とは言え、全体的な完成度の高さという点では概ね評価は一致しており、未完成であった初作、粗が多くあった次作に比べて本作を「ロマサガシリーズ最高傑作」と評価するプレイヤーは多い。

漫画版について 編集

徳間書店インターメディアより本作の漫画版が発売。同社発行のファミリーコンピュータMagazineに連載されていた。全3巻で1巻の原作者は森本洋、2,3巻の原作者は葉月まゆみ。作画は面堂かずき。巻数の都合上省略されている部分は多いが、描かれたイベントは原作のゲームに割と忠実。ゲームでプレイヤーが自由に皇帝を選べる時期の物語については、フリーファイターの1人・オライオン(漫画内ではヘクターの息子)と、アマゾネスのクリームヒルトが(一時的に)皇帝になっている。最終皇帝はジェラールの孫で瓜二つのジェラール2世で、またクリームヒルトが皇帝ではなくなった後に最終皇帝(女)の衣装に着替え、男女の最終皇帝が同時に存在するというアレンジも。

外部リンク編集

テンプレート:Navbox generic

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はロマンシング サ・ガ2にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki