FANDOM


+ class="" style="font-weight: bold; font-size: 120%; "ロマンシング サガ -ミンストレルソング-colspan="2" style="width: auto; text-align: center; "{{{image}}}- colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header1}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header2}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header3}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header4}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header5}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header6}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header7}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header8}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header9}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header10}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header11}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header12}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header13}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header14}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header15}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header16}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header17}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header18}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header19}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header20}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header21}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header22}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header23}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header24}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header25}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header26}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header27}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header28}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header29}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header30}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header31}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header32}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header33}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header34}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header35}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header36}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header37}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header38}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header39}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header40}}}-


ロマンシング サガ -ミンストレルソング-』は、スクウェア・エニックスから発売されたプレイステーション2コンピュータRPG。日本国内では2005年4月21日に発売。 テンプレート:ネタバレ

概要 編集

1992年に発売されたロマンシング サ・ガのリメイクアレンジで、基本ストーリーや世界観、8人のキャラクターのうちから主人公を選ぶフリーシナリオシステム、イベントランクなどは共通するが、システム面においては過去のシリーズからの要素が集約されており、ストーリー以外はほぼ完全な新作となっており、サガシリーズ10作目とも言える。リメイク元の旧作と区別するため、ファンの間では「ミンサガ」「ミンスト」などと呼ばれている。

プロデューサーの河津秋敏によれば、1999年発売のサガ・フロンティア2の頃からリメイクを構想していたという。企画の段階から、旧作の世界観やストーリーは維持しつつも、キャラクターや背景などは一新する方向性で開発は進められ、キャラクターデザイン・デフォルメ等身・フルボイス・クラスシステム・マップアビリティなどの新要素が話題を呼んだ。

リメイクへの賛否 編集

テンプレート:独自研究 旧作から大幅な変更が加えられたことについては、大きく評価が分かれている。特にキャラクターデザイン及びポリゴンモデルに関しては賛否両論で、掲示板などではテンプレート:要出典「もう直良をサガに関わらせるな」など、しばしば本作新キャラクターデザイン担当(後にアートディレクターと修正)直良有祐が槍玉にあげられる。『アルティマニア』などの記述を信じるなら実際のデザインはチームで行い、直良はそれを清書したものと考えられる。

主なスタッフ 編集

旧作からの主な変更点 編集

シナリオ面 編集

旧作からマルディアスを舞台にした設定は引き継いでいるものの、細部で設定が変更あるいは追加されている部分もある。容姿や年齢は旧作とは大きく異なるキャラクターもいる。以下に主なものを記す。

  • キャラクターにボイスがつき、要所にムービーが挿入されて、イベントの演出がより大きくなっている。
  • キャラクター、イベントがいくつか新規で追加されている。
  • 既存のイベントにも、展開や結末に変更が加えられたものが一部に存在する。新たな選択肢が加えられたイベントもある。
  • 一部のキャラクター名、地名が変更されている。これはSFC版で容量のためにやむなく変更したものを元の設定に戻したものである。
  • ディステニィストーン(旧作ではデステニィストーンの表記)が全て入手できるようになった。
  • クリアデータを引き継いで2周目以降のプレイを開始することが出来るようになっている。2周目以降でしか発生しないイベントや、周をまたいで状況が受け継がれるイベントもあり、全てのイベントを発生・終了させるには3周以上の周回を要し、エンディング後に行われるキャラクター達のフリートークを見るためには全キャラクターをクリア(最低でも8週)させる必要がある。

システム面 編集

旧作からの最も大きな変更点は「ジュエル(宝石)」の扱いで、旧作にあたるロマンシング サ・ガでは単なる通貨の単位であったが、今作ではダンジョン・フィールド・バトルなど様々な面で欠かせない「スキル」を覚えるために必要な通貨的な役割を担う。「ジュエル」はイベントのクリアやモンスターとの戦闘に勝利することで得ることが出来る。

武器・防具・アイテムなどの購入には「金」を使用し、「金」も「ジュエル」と同じくイベントによる報酬やモンスターとの戦闘に勝利することで得ることができる。しかし「ジュエル」とはまったく関わらない別の通貨である。 ちなみに、旧作にあたるロマンシング サ・ガでは「10000金=1ジュエル」というレートの共通通貨になっていたため、今作における「ジュエル」とは前述のとおり全く異なるものになっている。

バトルシステムでは、ロマンシング サ・ガシリーズからの「閃き」や、サガ フロンティアシリーズからの「連携」などが盛り込まれている。

登場人物編集

8人の主人公たち編集

アルベルト(17歳)
声:浦田優
ローザリア王国の国境にある、イスマス城城主ルドルフ侯爵の息子。正義感溢れる実直な性格だが、温室育ちのため世間知らずな面もある。弟思いの姉ディアナをもつ。モンスターの襲撃に遭って両親・姉(死んでいない)を失い、自分の生きる意味を探し始める。
アイシャ(15歳)
声:小林由美子
広大な草原ガレサステップに遊牧民として暮らす、タラール族の族長ニザムの孫娘。性格は明るく天真爛漫で、持ち前の抑えきれない好奇心から各地を旅する事になる。タラール族特有の赤毛と緑の瞳が印象的なおてんば娘。イベントではタラール語を話す場面がある。
ジャミル(22歳)
声:吉野裕行
マルディアス最大の都市・エスタミルを拠点に、相棒のダウドと共に盗賊業に励む盗賊。楽天的な性格だが、群れることを嫌う。幼なじみのファラが攫われた事件を機に、昔からの夢であったディステニィストーンを求める旅に出る。片目を覆う前髪、エルフのような耳など特徴的かつ旧作とは大幅に異なる容姿。但し、服装はあまり変化していない。
クローディア(22歳)
声:皆口裕子
斜陽の大国・バファル帝国の皇女。バファルでの政変から逃れるため、赤子の頃に迷いの森の魔女オウルに預けられ育てられる。本人は自分の出生の秘密を知らず、森の番人として生きていたが、バファル帝国親衛隊のジャンとの出会いによって再びバファルでの政治争いに巻き込まれていく。
ホーク(36歳)
声:石塚運昇
サンゴ海にある海賊たちの根城「パイレーツコースト」を拠点とする海賊。ゲッコ族のゲラ=ハを相棒に、海を通りがかる商船を襲っている。略奪行為はするものの、無益な殺生はしないことを信条とする。海賊のあり方を巡って同業のブッチャーと対立する。
シフ(32歳)
声:土井美加
一面を雪で覆われた地、バルハラント。その辺境にあるガトの村に暮らすバルハル族の女戦士。突然現れたモンスターの大群の発生原因を突き止めるために旅に出る。バルハラントを出る際、族長のガトから彼女の父親の形見である「竜の目」と呼ばれる宝玉を託される。
グレイ(26歳)
声:千葉一伸
マルディアスに眠る財宝を求め、各地を旅する冒険者。性格は冷徹に見えるが、実は心の中に強い信念を持っており、自分の信じた道は絶対に揺らぐことはない。ふとしたことで手に入れた古刀に込められた念に導かれ、その刀を鍛えていく。旧作では素性が不明だったが、今作では少しだけ素性が明らかになった。
バーバラ(30歳)
声:篠原恵美
大陸を繋ぐ道「ニューロード」を旅する旅芸人の踊り子。ふとした出来事から「ディステニィストーン」を得、その運命に巻き込まれることになる。彼女専用のストーリー展開は少ない。旧作から容姿が一変しショートヘアに。また、踊りがタンゴからフラメンコに変化している。

他の登場人物編集

ガラハド
声:松本大
ミルザに剣とその身を捧げた大柄な戦士。正義感にあふれるあまり話がくどい。伝説の武器「アイスソード」を一目見た時から欲しがっていた。
旧作とは容姿が全く異なり、ハゲになってしまっている。それゆえ彼のことを「ガラハゲ」とからかうファンも多い。
ナイトハルト
声:加藤雅也
ローザリア王国皇太子。『カヤキス・レビタ(黒い悪魔)』の別名を持つ。優しい面も、権力者としての横暴な面も持っている。病床の国王に代わってローザリア王国を司っている。今作では一時的ではないパーティメンバーとして仲間にできるようになった。
ディアナ
声:雪野五月
ローザリア王国イスマス城主ルドルフの娘。男勝りの性格。ナイトハルトと婚約するも、直後にイスマス城が襲撃され、行方不明になる。離れ離れになったアルベルトを探して旅をしているようだが…
ローバーン公
声:加藤雅也
バファル帝国皇帝の義弟。ローバーン領主。バファル帝国皇位継承に絡んでよからぬ噂が絶えない。
パトリック
声:岡野浩介
バファル帝国財務大臣。その割には大雑把な性格。国庫の金塊を盗んだ疑いをかけられ、謹慎処分を受ける。今作では仲間にできるようになった。
ジャン
声:佐々木健
バファル帝国親衛隊に所属する騎士。クローディアを調査するため迷いの森に赴いたり、ローバーン公の身辺調査を行ったりと諜報活動を主にしている。彼の行動によってクローディアが危険な目に合ったり、自身が敵の罠にはまったり、クローディアの出生の秘密を主人公にばらしそうになったりと、危なっかしい面を多く持つ。グレイとは旧友の仲だが、本人には否定されている。
ネビル
バファル帝国の近衛隊長。皇帝に固く忠誠を誓っている。ローバーン公を疑っていて、ジャンに調査を命令する。
モニカ
声:後藤邑子
バファル帝国の騎士。ジャンとは腐れ縁。不誠実をとても嫌う。
オウル
声:津田匠子
メルビルの南に広がる広大な森「迷いの森」に住むと言われている魔女。人々は、彼女が迷いの森に迷い込んだ人々を惑わせて二度と出られなくしていると考えている。クローディアの育ての親。
フラーマ
声:幸田夏穂
騎士団領バイゼルハイムに住む女魔術師。100年前エロールに姉妹で誓いを立て、ディステニィストーン「火のルビー」を守っている。騎士ではないが、騎士から一目を置かれている存在(名誉騎士)。
テオドール
声:山本満太
騎士団領ミルザブール城主であり、騎士団の中心的存在。
ラファエル
声:保志総一朗
騎士団領オイゲンシュタット城主ハインリヒの従者。騎士見習い。若い娘の憧れの存在だが、コンスタンツと恋に落ちている。
コンスタンツ
声:皆川純子
騎士団領ミルザブール城主テオドールの娘。ラファエルの恋人。
ブッチャー
声:吉野貴宏
サンゴ海を仕切る海賊の親玉。襲った船は必ず皆殺しにする主義で、サンゴ海海域を通過する船から恐れられている。ホークと何かにつけ対立し、険悪な関係にある。
ダウド
声:飯田利信
ジャミルの幼馴染であり、エスタミルを根城にする盗賊仲間。自身の力不足を気にしている。ジャミルが主人公の時のみ仲間にできる。
ファラ
声:雪野五月
ジャミルの幼馴染であり、彼の仕事の分け前を貰って母親と生活している。借金のカタに身売りされたり、母親が突如発狂したりとかなりの苦労人。今作ではジャミル以外の主人公で仲間にできるようになった。
ウハンジ
クジャラートの最高権力者。エスタミルを支配しており風見鶏と呼べるほど情勢を読み政策を調整することに長けているが、国内外の関係も評判もあまりよくない。女癖が悪く、そのことで度々主人公たちに足元をすくわれる。SFC版のアフマド、WSC版のドマファに相当するキャラクター。
ダーク
声:藤原啓治
新キャラクター。記憶を失って世界をさまよっている怪しい身なりの男。記憶を取り戻すと性格が変わり、口数も多くなる。
シェリル
声:皆川純子
世界各地の酒場をさまよっている美女。関わると不幸になると人を避けている。右手にはダイヤモンドの指輪をはめている。
四天王
1000年前のサルーインとの戦いにおいて、サルーインが生み出したモンスターだが、サルーインのしもべとして戦わずエロール側に寝返っており、現在もサルーインとは独立した存在。水竜(声:江川央生)・タイニィフェザー(声:あおい洋一郎)・アディリス(声:津田匠子)・フレイムタイラント(声:黒田崇矢)の総称。それぞれが神にも匹敵する力を持つ。
ミニオン
声:泉尚摯
サルーインが生み出した邪悪なしもべ。ワイル(策謀)、ヘイト(憎悪)、ストライフ(闘争)の三人。各地に破壊と混乱を招く悪の手先。
詩人
声:仮屋昌伸
世界各地を旅している吟遊詩人。各地に伝わる伝説を語り継いでいる。今作ではパブで一曲聞かせてもらった後、仲間になることもある。
シルベン
迷いの森に住む狼。その正体は…
ブラウ
迷いの森に住む熊。
フリーレ
声:幸田夏穂
バイゼルハイムのフラーマの姉で、ディステニィストーン「邪のオブシダン」の守護者。今作で初登場。状況によっては仲間にすることも可能。
海賊シルバー
声:高橋美佳子
かつてバファル皇帝より、風のオパールを奪った伝説の海賊。旧作までは伝承の中の人物扱いだったが、今作で仲間にできるようになった。可憐な少女というその姿は、旧作までのファンを驚かせた。
ミリアム
声:後藤邑子
グレイの冒険仲間である魔術師。
ゲラ=ハ
声:岡野浩介
二足歩行できるようになったトカゲである、ゲッコ族の戦士。ホークの手下。見た目に寄らず礼儀正しく、人間と共生したいという考えの下、人間の仲間を探している。
エルマン
声:阪口大助
バーバラの旅芸人一座のマネージャー。戦闘はあまり得意ではない。旧作では眼鏡を掛けていたが、今作では眼鏡が無くなり、特徴的な帽子を被っている。
ウェイ=クビン
声:内田文吾
不老不死の研究を続ける邪悪な魔道士。ディステニィストーン「魔のエメラルド」を所持している。
ガト
声:篠原大作
バルハル族の村の長。シフに雪原に出現したモンスターの掃討を命じる。
ニザム
声:篠原大作
ガレサステップの遊牧民タラール族の族長で、アイシャの祖父。ナイトハルトの圧力に負けローザリアの保護下に入ることを了承するが、世界の危機が迫っていることを察知して一族を伝説の地底湖の町へ移動させた。
ニーサ
声:ふじたれいこ
大地の女神でエロールの妻。エロールと共に、荒廃した世界を復興させた。ディステニィストーン「地のトパーズ」を取ろうとする際に、神託を下す。
マリーン
声:西原久美子
新キャラクター。海神ウコムのしもべ。ウコムがらみの事件で、主人公に助けを求める。
アルドラ
1000年前ミルザの仲間であった女魔術師。サルーイン討伐に赴くミルザの追っ手を防ぐ役割を担って戦死した、という伝承が伝わるが…?
名の由来はおおいぬ座η星アルドラ
トゥマン
声:黒田崇矢
クジャラート第二の都市タルミッタの太守。政敵ウハンジを陥れることと、クジャラートの国威発揚を狙って、水竜への生贄の儀式を復活させようとする。SFC版のハルーン、WSC版のルーハンに相当するキャラである。何故かクジャラート関係の人物だけ、名前の変転が激しい。
デス
声:酒井敬幸
三邪神の長兄。死者の国冥府の主。どのような悪人であっても命などかけがえのないものを差し出せば取引に応じるが、死や魂を冒涜するものには何者にも容赦しない。
サルーイン
声:堀川仁
三邪神の一柱でデスの弟、シェラハの兄。破壊を司る神であり1000年前人間の騎士ミルザに封じられたことを怨んでいる。
ナレーション
声:仮屋昌伸

その他のキャスト編集

マルディアスの神々編集

詳しくはマルディアスの神々を参照。

ディステニィストーン 編集

ディステニィストーンはかつてサルーインを封じるために使われた10種の宝石の総称であり、本作で登場する術の系統のそれぞれに存在する。反属性に対する耐性を持ったアクセサリ的防具であるものが多い。SFC版、WSC版を経てミンストレルソングで遂に全種類のディステニィストーンが入手可能になった。 本作品ではいくつかのディステニィストーンは入手しなかった場合サルーインに奉げられたことになり、サルーインの能力が上昇する。2周目以降は自ら捧げることもできる。

火のルビー
バイゼルハイムの魔術師フラーマが所有している。
水のアクアマリン
クリスタルレイクの洞窟にあると言われている。
風のオパール
伝説の海賊キャプテン=シルバーがワロン島に隠したと言われている。
土のトパーズ
カクラム砂漠の地下にあるニーサの祭壇に供えられている。
魔のエメラルド
イナーシーに浮かぶ魔の島に住む魔術師ウェイ=クビンが持つと言われている。
幻のアメジスト
ゲームの序盤で旅の吟遊詩人からバーバラの手に渡る。
気のムーンストーン
ジャングルの奥地に建っている二つ月の神殿(ピラミッド)の奥に隠されている。
邪のオブシダン
バルハラントにある氷の城の地下に眠っていると言われている。
光のダイアモンド
世界を放浪しているシェリルという女性が指にはめている。
闇のブラックダイア
海神ウコムの海底神殿の最深部に安置されている。

音楽 編集

メインの作曲に伊藤賢治が復帰し、旧作のアレンジ版と新規作曲の両方を担当している。

テーマソングには山崎まさよしの『メヌエット』が起用された。

ロマンシングサガ -ミンストレルソング- オリジナルサウンドトラック

  • DISC1
    1. メヌエット (Minstrel Song Edit)
    2. オーバーチュア
    3. オープニングタイトル
    4. 正義の希望 -Albert-
    5. 風を感じて -Aisha-
    6. お宝はすべてイタダキさ! -Jamil-
    7. 無垢なる守り人 -Claudia-
    8. 我が戦友(とも)、レイディラック -Hawk-
    9. 果敢なる勇 -Sif-
    10. 絶対自由 -Gray-
    11. 情熱の瞳、魅惑の舞 -Barbara-
    12. ナイトハルトのテーマ
    13. 幻想迷宮
    14. 戦いの序曲
    15. 勝利!
    16. イスマス城襲撃
    17. 閉じられた心
    18. 宮殿のテーマ
    19. The Soul of Fire
    20. 騎士の誇り
    21. 称号獲得
    22. クリスタルシティ
    23. Jazzyな気分で
  • DISC2
    1. Minstrel Song
    2. おやすみなさい
    3. 闇への誘い
    4. 熱情の律動
    5. 迷いの森
    6. 船旅
    7. おまえらカンベンしてください!
    8. 俺たちゃ海賊
    9. 下水道
    10. 魔の島
    11. Chaos Labyrinth
    12. 脱出!
    13. 不可侵領域 -四天王ダンジョン-
    14. 神々への挑戦 -四天王バトル-
    15. レクイエム
    16. 傷心のアイシャ
    17. 孤独のテーマ
    18. 消せない痛み
    19. A Piece of Courage
    20. Happiness Tears
    21. 巨人の里
    22. 邪聖の旋律
    23. 涙を拭いて
    24. おれたちゃ海賊
  • DISC3
    1. 最終試練
    2. Believing My Justice
    3. Mysterious Glitter
    4. 呼び醒まされた記憶 -The Battle with Sherah-
    5. 冥府
    6. 死への招待状 -The Battle With Death-
    7. ラストダンジョン
    8. 邪神復活
    9. 復活の舞台へ
    10. 決戦!サルーイン -The Battle with Saruin-
    11. たったひとつの願い
    12. 永久(とわ)なる想い
    13. エンドタイトル
    14. メヌエット(Ending Edit)
  • DISC4
    1. ローザリアの窓辺から
    2. 騎士団領の窓辺から
    3. フロンティアの窓辺から
    4. ワロン島の窓辺から
    5. リガウ島の窓辺から
    6. ガレサステップの窓辺から
    7. バルハラントの窓辺から
    8. クジャラートの窓辺から
    9. 鉱山の窓辺から
    10. 海の見える窓辺から
    11. バファル帝国の窓辺から
    12. オアシスの窓辺から
    13. 漁村の窓辺から
    14. 不安
    15. 衝撃
    16. 悲愴
    17. 無問題
    18. いきなりチャールストン!?
    19. 予兆
    20. プレッシャー
    21. 疾走
    22. 不可視
    23. それなりにロマンシング
    24. 退屈な日々
    25. 生けるものの性(さが)
    26. 終焉
    27. ジングルA
    28. ジングルB
    29. 深遠
    30. 悪寒
    31. 期待
    32. おかしな二人
    33. 困惑
    34. 危機
    35. 進撃
    36. 決意
    37. 永遠の別れ
    38. 運命の出会い
    39. 抜足!差足!忍び足!!!
    40. フラメンコに誘われて
    41. 大海原を駆けろ!
    42. 永久なる想い(Piano Solo Version)

ロマンシングサガ -ミンストレルソング- 特典CD バトルミュージック・コレクション

  1. 必殺の一撃
  2. バトル1
  3. バトル2
  4. 七英雄バトル
  5. ラストバトル
  6. 四魔貴族バトル1
  7. 四魔貴族バトル2
  8. ラストバトル
  9. Battle#4
  10. Battle#5
  11. 神々への挑戦
  12. 呼び醒まされた記憶
  13. オーバーチュア 〜オープニングタイトル〜
  14. ポドールイ

外部リンク編集

テンプレート:Navbox generic

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki