FANDOM


ロックマンDASHシリーズ(-ダッシュ)は、ロックマン発売10周年を記念して、カプコンより発売されたプレイステーション向けのアクションゲームロックマンDASH』を第一作目とするテレビゲームシリーズ作品である。

なお、タイトルの「DASH」とは「DIGOUTER'S ADVENTURE STORY in HALCYON DAYS」の略で、訳すと「古き良き時代の大冒険活劇」となる。

海外でのタイトルは『Mega Man Legends(メガマン レジェンズ)』。

テンプレート:ネタバレ

シリーズ作品編集

※ストーリーは「トロンにコブン」→「DASH」→「DASH2 EP1」→「DASH2 EP2」の順で展開している。

 iアプリ「ロックマンDASH 5つの島の大冒険!」 i-mode ケータイカプコンより2008年2月1日よりダウンロード可能。月額315円。

概要編集

ロックマンシリーズでは初の完全3Dゲーム作品である。世界観やキャラクターなどは他のロックマンシリーズと殆ど関連のないオリジナルとなっている。

人と自然の調和した親しみやすい雰囲気、明るさを損なわないキャラクター達、その裏に広がる深い設定など、他のロックマンシリーズとは一線を画した特徴的な世界観で構成されており、今でもロックマンファンの枠を超えて根強い人気がある。ゲーム面においても、世界観を準拠したシステム、やりこみようの多い自由度、闇から敵が襲ってくる恐怖感を表現するなど、その完成度は高く評価されている。しかしながら、DASH2にてやや性急気味に展開されたストーリー、それによる消化不良な印象は、続編で解決して欲しい=続編を出して欲しいという意味合いも込めて、不満の声がある。

続編については、2003年に行われたCAPCOMが主催するイベントにて開発の予定はないと宣言されている。その後、2007年1UP.comによる「次世代機でロックマン関連作品を作るとしたら何を作りますか?」というインタビュアーの問いに対して、ロックマンシリーズのプロデューサーを務めている稲船敬二は「もしコスト面を無視するならば、それはロックマンDASH3であり、携わったスタッフの多くもそれを望んでいる」と答えている[1]。しかし、2008年1月の時点では、続編製作についての具体的な情報はない。

ストーリー 編集

はるか未来。大海原の中の島で人々は平和に暮らしていた。その中で古代遺跡を探索して、エネルギー物資「ディフレクター」や遺物を発掘(ディグアウト)するディグアウターと呼ばれる人々が数多くいる。主人公ロック・ヴォルナットもその一人である。ディグアウターは伝説の大いなる遺産を夢見て日々古代遺跡の発掘に励んでいる。ロックはディグアウターとして旅する中で数多くの人と出会い、冒険し、そして自分の過去を追うのであった。

世界観編集

当初、このシリーズの舞台はロックマンゼロ(発売時はX)の時代の数千年後の世界とされていたものの、世界観や雰囲気が殆ど継承されておらず、過去の歴史を語る場面も無い[2]。そのため、当時はロックマン第一作目から続く時系列とは関係ない別世界の話だと解釈されていた。

しかし、2006年8月に発売された公式設定資料集「ロックマンゼロオフィシャルコンプリートワークス」にて、ロックマンZXロックマンシリーズの結論としてDASHシリーズが位置しているという解釈の元に作られている、という旨の内容が明らかとなり、これによって設定上では本家→X→ZERO→ZX→DASHの時系列が成り立つことになった。しかし、ロックマンX5の特定エンディング(X6及びゼロシリーズには続かない)にてエックスがヘブン建設を思い立っているのに対し、ゼロ3にてエックス(オリジナルエックス)は消滅してしまったためパラレルという説も多い。

テンプレート:SpoilerH 設定では、当時滅亡の危機に瀕していた人類は遺伝データから人類を復活させるためのシステムを作り出し、地上には人が暮らしやすい環境を保つための人型の人工生命体「デコイ」を配し、地上と衛星軌道上にいくらかの管理者を創造して、人類復活のための準備を進めていた。しかし、いざデコイを排して人類を復活させる時になると、人類最後の生き残りであるマスターは自ら作ったデコイもまた命ある世界の住人と考えるようになり、粛清のために作ったロックマン・トリッガーに命じて、人類再生のためのシステムを強制的に停止させて計画を中止させた。そうして時は流れ、地上に暮らす人々は全て人間ではなくデコイとなり、事実上人類は滅亡した。ちなみに、それ以外の生物に関しては人工生命体ではなく普通の生命体である。 テンプレート:SpoilerF

主要キャラクター編集

ロック・ヴォルナット(Rock Volnutt、英語版:Megaman Volnutt) - 声優:田中真弓
本作の主人公。14歳。14年前に赤ん坊だったロックをバレルが発見し、キャスケット家の一員として生活している。遺跡を発掘しお宝を手に入れて生活するディグアウターとして旅しており、ロールのサポートと様々な武装をもって各地の遺跡を探索している。また、学んだりした覚えがないのに古代の文字が読める。テンプレート:SpoilerH正体はマスターによって作られた一等粛清官(イレギュラーハンター)「ロックマン・トリッガー」。本来イレギュラーを抹殺する側だったが、マスターの想いを汲み、システムを破壊しようとした。そのため「システム史上最大のイレギュラー」と言われるようになる。地上でセラと相打ちとなり瀕死の状態となったため、メモリーを外部記憶装置(データ)に移しボディを初期化。その後赤ん坊の状態でバレルに発見され、「ロック・ヴォルナット」として現在に至っている。テンプレート:SpoilerF
ロール・キャスケット(Roll Casket) - 声優:よこざわけい子
ロックのガールフレンドでもある、ディグアウトのナビゲーター。14歳。母親からは愛らしい容姿と不屈のディグアウター魂を、父親からは天才的なメカニックの才能と形見の帽子を受け継いでいる。彼女が幼い頃、その両親が「大いなる遺産」のディグアウトを行うために「禁断の地」へ向かったきり行方不明になってしまい、二人の足跡を探すためにディグアウターとしての道を歩む。前述の通り、メカニックとしての腕はかなりのもので、フラッター号の整備・操縦はもちろん、ロックの武器を開発したりすることもできる。
開発には安さよりも性能を重視し、フラッター号改造のため、ロックの断りも得ずに手に入れていた特殊武器やアイテムを売り払っていたり、特殊武器の改造費が異常に高い(トロンは「特殊武器の費用をピンはねしてる」と読んでいる)など、メカに関しては極端に妥協を許さない一面がある。
バレル・キャスケット(Barrel Casket) - 声優:緒方賢一
ロールの祖父。昔は一流のディグアウターとして活躍しており、「不死身のバレル」の異名をもつ。現在は年齢を重ねたため引退、ロックにその役を譲っている。また、数々の著書も発行している。
データ(Data) - 声優:大谷育江
キャスケット家の一員である、言葉を話すことができる謎のサル。14年前にロックと一緒だった時にバレルに共に引き取られた。よくロックのそばにいて、常に独特な踊りを踊っている。これからの行動に関する助言やライフ・武器エネルギーの回復を(1ではライフシールドの修復も)したりと、ロールとは別の意味でロックの冒険をサポートする。テンプレート:SpoilerH正体は、トリッガーがメモリー保存のために作り出しプロテクトを施した外部記憶装置。テンプレート:SpoilerF
トロン・ボーン(Tron Bonne) - 声優:飯塚雅弓
空賊ボーン一家の長女。14歳。メカニックの天才でもあり、その腕前はロールと互角。役の担い手としてはボーン一家の中心的存在である。また、自身の作ったコブンに対しては厳しさと優しさを併せ持って接しており、母性を垣間見せてくれる。とある出会いをきっかけにひそかにロックにをしているが、いわゆるツンデレであり素直になれない。ちなみにロックはその想いに気付いていない。
シリーズを重ねるごとにボーン一家の負債が増していくためか、ロールとは対照的にメカ開発には性能よりとにかく値段を重視するようになる。
ティーゼル・ボーン(Tiesel Bonne) - 声優:玄田哲章
空賊ボーン一家の長男。29歳。職業のわりに根は悪い人間ではなく、一家の皆には人望が厚く頼りにされている。しかしおっちょこちょいなのが玉にキズであり、そのことで一家に迷惑をかけてしまうこともある。ロックに対して、最初は単なる邪魔者という扱いしかしなかったが、何度となく戦いを繰り返すうち、ライバルとして認知するようになる。熱心なアニメファンでもあり、特に「鋼鉄王子」シリーズが好きらしい。
ボン・ボーン(Bon Bonne) - 声優:大谷育江
空賊ボーン一家の末男。見てくれは大型だがまだ赤ん坊であり、「バブー」としか口にできない。しかし、ボーン一家にはその言葉の意が通じているようである。その本体は頭の部分であるが、内部などの詳細は不明。手足などは追加パーツであり、状況に合わせて換装が可能。主に戦闘などでその能力を発揮する。運ばれるときは、飛行船の下に付いている磁石によって吸着される。
コブン - 声優:横山智佐
空賊ボーン一家の手下。トロンが作ったメカで、ボーン一家に忠実。それぞれに性格の差があるが、おっちょこちょいなのとカレーが好きなのは全員共通である。主にパイロットや技師として活動するが、他に調理師やアイテム開発など、その能力の幅は広い。トロンが作ったのは40号までの40体であるが、それとは別に妙な目つきの「41号」が存在している。

用語編集

デコイ

テンプレート:SpoilerH

この世界における「一般的な」人間たちに対して古代人(オリジナルの人間)が用いる呼称。遥か昔、自分たちのとしての限界を感じた古代人たちが自分たちの「遺伝子コード」を遠い未来まで保存し、いつか理想の世界が創造された時にそれを使って復活しようとする計画を立てた。その時が来るまで地球を管理するために作られた存在がデコイである。オリジナルの人間と同じく、負傷すれば出血し、寿命を持ち、繁殖を行い、死を迎える(あまつさえ化けて出たりもする)が、体の一部を機械化することが可能であり(例として、ディグアウターらは腕部を武器に置換していることが多い)、中には人間の形をしていないものもいる。テンプレート:SpoilerF
ディグアウター(Digouters)
世界各地に残された古代遺跡内部を調査・探索し、残された遺産やテクノロジーを持ち帰ることで生計を立てている人々。遺跡内部は複雑なダンジョンになっていることが多く、多くのトラップやリーバードによる襲撃があるため、卓越した運動能力や古代遺跡に対する深い専門知識が必要とされる。そのため、何人かでパーティーを組んだり、ナビゲーターによる外部からのサポートを受けて行動するのが、一般的なディグアウトのスタイルである。人々の生活を支える重要な職業である一方、粗野で乱暴な性格のものも少なくないため、一般人による彼らへの評価もまちまちである。また、ディグアウター間での交流や情報交換を行うための「ギルド」と呼ばれる組織も存在している。そこではディグアウターのランク認定試験も行われており、ランクの高いディグアウターは人々の尊敬の的となる。
ディフレクター(Deflector)
内部に大きなエネルギーを秘めた柱状の結晶体。この時代の主要なエネルギー源として利用されていると同時に、通貨としても流通している。いろいろな色や大きさのものが存在し、大きいものほど内部のエネルギー量も大きく、貨幣としての価値も高い。リーバードを破壊することで得られることが多いが、遺跡の深部には人間大のものも眠っている。
リーバード(Reaverd)[3]
街の外やダンジョン内部などに生息している機械生命体の総称。大きさから形状、行動様式までその生態は様々であるが、中でも動物の姿を模したものが多い。本能的に人を襲う性質を持っているらしく、特にダンジョン内には無数に出現し侵入者に攻撃を仕掛けてくるため、「遺跡の番人」「ディグアウターの天敵」と呼ばれている。しかし、中にはディグアウターに反応せずディフレクターを集めるだけのものや、逆にディフレクターをくれるものもいるため、全てのリーバードが凶暴というわけではないらしく、人間と変わらない、もしくはそれ以上に高い知性を持つものもごく少数ながら存在する。ちなみに、この世界においても純粋な野生生物が生息していることから、彼らを襲うことはあまりないらしく共存関係が成立していると思われる。
遺跡
遥か昔に古代人たちが残した遺産やテクノロジーが眠る場所。遺跡内部は不思議な紋様が入った無機質なブロックで形成されており、規模の大きなものでは保存されていたデータをダウンロードすることが可能であるが、ほとんどの遺跡は老朽化のために破損しており、また周辺環境の影響によって植物が繁っていたり氷に覆われていたりと自然に侵食されているケースも多いため、完全な状態のまま遺跡全体が保存されているのは極めて稀であると思われる。さらに上述の通り、内部にはトラップやリーバードが無数に存在しているため、一般人が不用意に中に入るのは自殺行為である。なお、一連の防御設備の動力源となっているのが遺跡の最深部に保存された巨大なディフレクターであり、これを失うとこれらの機能は停止する(ディグアウターの間では、これを『遺跡が死ぬ』と表現する)。また、一部のダンジョンは「ギルド」によってその内部構造や危険性が調査されており、特定以上のディグアウターランクを持っていないと入れないものも存在する。
大いなる遺産
遠い過去からその存在だけが言い伝えられてきた、この世界で最も有名な伝説。それがどこにあり、何を指しているのかは一切、謎である。将来的に枯渇するであろうディフレクターに代わる未知のエネルギーであるとも推測されているが、その真偽も不明であり、この謎を解き明かすことが全ディグアウターの究極の夢である。一説によれば、常に猛吹雪に閉ざされた「禁断の地」と呼ばれる極地地帯にそれが存在しているとされており、これまでに多くのディグアウターらが挑んだが、生きて帰って来たのが確認されたのは、わずかに二人である。そのため、その正体については、いまだに明らかになっていない。

テーマソング 編集

  • 『another sun』(歌:森下玲可/ロックマンDASH 鋼の冒険心・挿入曲)
  • 『あなたの風が吹くから』(歌:森下玲可/ロックマンDASH 鋼の冒険心・エンディング曲)
  • 『願いがかなう場所』(歌:原史奈/ロックマンDASH2 エピソード2~大いなる遺産~・CM曲)
  • 『泣いていいよ』(歌:原史奈/ロックマンDASH2 エピソード2~大いなる遺産~・エンディング曲)
  • 『Magic!』(歌:飯塚雅弓/トロンにコブン・CM曲)
  • 『love letter』(歌:飯塚雅弓/トロンにコブン・エンディング曲)

脚注 編集

  1. 外部リンク
  2. 一応、ゲーム内に存在する仮想アニメである『ロックマンゼロ』、特殊武器である『ゼットセイバー』という形でゼロに関わる名前こそ現れるが、これは時期やシルエットから察するにロックマンXシリーズに登場するゼロを意識したスタッフの遊び心と思われる
  3. 英語版では「ReaverBots」

関連項目編集

外部リンク 編集

テンプレート:Navigation2

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はロックマンDASHシリーズにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki