FANDOM


+ class="" style="font-weight: bold; font-size: 120%; "ロックマン4 新たなる野望</br>Mega Man IVcolspan="2" style="width: auto; text-align: center; "{{{image}}}- colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header1}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header2}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header3}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header4}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header5}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header6}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header7}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header8}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header9}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header10}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header11}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header12}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header13}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header14}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header15}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header16}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header17}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header18}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header19}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header20}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header21}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header22}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header23}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header24}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header25}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header26}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header27}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header28}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header29}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header30}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header31}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header32}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header33}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header34}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header35}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header36}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header37}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header38}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header39}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header40}}}-


ロックマン4 新たなる野望!!』(ロックマンフォー あらたなるやぼう)は、カプコンから1991年12月6日に発売されたファミリーコンピュータ専用のアクションゲームロックマンシリーズ第4作である。後にプレイステーション対応ソフトとして移植される。また、iアプリのゲームとしても配信されている。

概要 編集

ステージは8つの選択ステージとDr.コサックステージ(4ステージ)、ワイリーステージ(4ステージ)の計16ステージから構成される。ストーリー性の強化が顕著になり、システムも改善されている。また他のシリーズ作品に比べて画面スクロールやエネルギーの上昇がかなり遅めになっている。

iアプリ版では、本作からFOMA専用となり、それに伴ってこれまでのシリーズで端折られがちだったステージやデモも完全に再現されるようになった。ゲームクリア後はワイリーステージ含めて好きなステージから遊べる。PS版復刻シリーズはこの作品からBGMが全曲アレンジバージョンを聴く事が出来る。

システムの変更・改良点 編集

  • ロックバスターが威力の高いチャージショット(ニューロックバスター)を撃てるようになった。補足だが、フルチャージでの威力は通常弾の2、3倍になっている。
  • ロックマンの最大残機数がE缶最大保有数と同じく1桁になった。
  • ステージの特定の場所で、アイテムを1つランダムで出してくれるエディーが登場した。
  • 武器名が英単語で記述されるようになった。
  • 一度クリアしたステージに何度でも挑戦できるようになった。1と違い、ボスとの再戦はできない。

テンプレート:ネタバレ

ストーリー 編集

ロックマンが巨大ロボット「ガンマ」を撃破してから一年後。Dr.コサックの作りだしたロボットたちが突如にして世界8大都市を占拠し、世界に宣戦布告をする。ライト博士と並び称される天才科学者、Dr.コサックが何故・・・?新兵器「ニューロックバスター」を装備したロックマンは、都市奪回の戦いへと赴くのだった。

主要キャラクター 編集

  • ロックマン(Rockman)
  • ロール(Roll) - エンディングのみ登場。
  • ブルース(Blues) - イベントのみ登場。Dr.ワイリーの命令でカリンカを誘拐したが、後に解放する。
  • ライト博士(Dr. Right)
  • Dr.ワイリー(Dr. Wily)
  • Dr.コサック(Dr. Cossack)
    本名、ミハイル・セルゲイビッチ・コサック。カリンカの実父。本来は世界征服を企む人物ではないが、Dr.ワイリーにカリンカを人質に取られてロックマンを倒すように脅迫されたため、仕方なく襲い掛かる。
  • カリンカ(Kalinka)
    Dr.コサックの愛娘。だが、Dr.ワイリーに人質にされてしまう。プレイステーション版ではプレイヤーのナビゲーター役も務める。

ボスキャラクター 編集

今作の基本ボスは全てDr.コサックの製作したものであるが、ワイリーの世界征服に使用されたため(クラブ☆カプコンに拠れば、ワイリーの手で大幅な改造がされているとも語られている)、公式ではドクターワイリーナンバーズに数えられている。

基本ボス 編集

DWN.025 ブライトマン(Brightman)
元々は暗い場所を照らすために造られた照明用ロボット。だが、夜のネオンが全くダメ。頭部の電球は1000万ワットの光を発し、ロボットのカメラアイの安全装置を作動させ一時的に行動不能にする強力無比の「フラッシュストッパー」を放つ。ゲームでは体力が特定の数値になるとそれが発動するので、特定の数値にしなければ楽に勝てる。フラッシュストッパーだけでエネルギーの大半を費やしてしまうため、他に強力な武器は装備していないが、接触したときのダメージは非常に大きい。戦いが終わった後は電気屋で働いている。このキャラクターをデザインしたのは、イラストレーター榎本よしたか(当時14歳)である。原案ハガキでの名前は「パールマン」。
DWN.026 トードマン(Toadman)
人工のを発生させて水不足の時に大活躍していた農作業ロボットをDr.ワイリーが改造。ロボットに悪影響を与える強酸性雨「レインフラッシュ」を降らせるようになった。レインフラッシュを使う際の特徴的な腰を振る動きが、コアなファンに異常な人気がある。レインフラッシュは画面全体に効果を及ぼす強力な攻撃だが、腰を振っている間に攻撃すれば簡単に止める事ができる上、他に攻撃手段を持っていない(体当たり除く)ので、シリーズ最弱ボスとも言われている。カエル型ロボットのため、ヘビ型ロボットのスネークマンが苦手。原案ハガキでは「タング砲」という武器を持っていた。
DWN.027 ドリルマン(Drillman)
元々、工事現場等で働いていた穴掘りロボットを戦闘用に改造したもの。頭と両手がドリルになっている。地面の硬さに応じてドリルを換装できる。地中に潜り、足元から奇襲をかける戦いが得意。両腕から特殊武器「ドリルボム」を発射する。仕事熱心な性格。一度、温泉を掘り当てて表彰されたことがある。
DWN.028 ファラオマン(Pharaohman)
ピラミッド探索用のロボットを戦闘用に改造。外見はピラミッドの呪いをさけるために、ツタンカーメンに似せてデザインされている。ピラミッド内部にあるかもしれない罠に備えて耐久性と敏捷性が高い。1000体もの部下、マミーラ達を従えている。太陽エネルギーを溜めて放つこともできる「ファラオショット」が特殊武器。暗いピラミッド内で活動することを前提に作られたため、微弱な光でも周囲が見えるようにカメラアイの感度が良い。ストッパー遮断装置に欠陥があり、接触によるダメージが他のボスの半分程度に設定されている等、ボス級ロボットになりきれなかった所がある。原案ハガキでの名前は「ミイラマン」。
DWN.029 リングマン(Ringman)
ロックマンを倒すことを目的に造られた。無類の自信家で「オレに倒せない敵はいない」と豪語している。飛距離や角度を自由に操れる「リングブーメラン」が特殊武器。子供嫌い(特に悪ガキ)。
DWN.030 ダストマン(Dustman)
元々ゴミを吸い込んで圧縮処理する自動ゴミ収集ロボット。その吸引力にDr.ワイリーが惚れこみ、戦闘用に改造した。きれい好きな性格で、研究所の掃除役としても活躍している。その上、年末大掃除が大好き。ゴミの塊を放つ「ダストクラッシャー」が特殊武器。このキャラクターをデザインしたのは、漫画『アイシールド21』の作者(作画担当)村田雄介(当時13歳)である。
DWN.031 ダイブマン(Diveman)
小型潜水艦AIを内蔵した水中探査ロボット。船乗り酔いしやすい。胸からホーミング魚雷「ダイブミサイル」を発射するように開発されたが、設計ミスで自身がミサイルの様に突っ込んでいく事がある。その破壊力には本人も驚いている。基本的に単細胞な性格であれこれ小難しいことは考えない。戦いが終わった後は、海の治安を守る為にパトロールをしている。その後、ロックマンの親友となる。パイレーツマンを苦手としている。
DWN.032 スカルマン(Skullman)
戦うために造られた、純粋な戦闘ロボット。戦う事以外は何も教えられておらず、知略に長け、残忍な性格の持ち主。特殊武器「スカルバリアー」は、骸骨状のビットに特殊エネルギーを付加してから回転させることで使用者を防護する。ロックマンの動きに合わせて行動するので、戦闘開始直後に限り、ロックマンが何か行動するまでは何も行動を起こさない。

その他のボス 編集

モビー
ダイブマンステージの中ボス。鯨型の潜水艦。口からは誘導ミサイルや吸い込み攻撃を、背中からは降下機雷を発射する。
エスカルー
トードマンステージの中ボス。カタツムリ型ロボット。目を開けている時しかダメージを与えられない。
ワッパー
リングマンステージの中ボス。目玉を無数のリングブーメランが囲んでいる。リングブーメランを発射した瞬間のみダメージを与えられる。
カバトンキュー
リングマンステージの中ボス。台の上に載っている河馬型ロボット。口から誘導ミサイルを発射する。
モスラーヤ
コサックステージ1のボス。元は寒冷地などで砕氷などを行うための作業用ロボット。それ故に口から伸びるドリルの威力は強力。名前や外見は怪獣モスラに似ている。
スクエアーマシン
コサックステージ2のボス。3つの部屋状の巨大パーツがスライドして、中に敵を閉じ込める「侵入者阻止シャッター」。強力なプラズマエネルギー弾によって閉じ込めた侵入者を撃退するが、その発射口が弱点にもなっている。
コックローチツイン
コサックステージ3のボス。元は建造物補修用ロボットで、ワイリーとコサックが戦闘用に改造。2体セットで販売されていたために「ツイン」と名づけられた。ゲーム内でも、それぞれで2体と戦う。
コサックキャッチャー
コサックステージ4のボス。クレーン機を連想させる形をした、大きなマジックハンドが特徴的の大型メカ。そのハンドで敵を掴み、高いところから落とすことでダメージを与える構想となっている。コサックが、自らが得意としているクレーンゲームをヒントに作り上げた。
メットール・ダディ
ワイリーステージ1のボス。単体でメットールを生産できる能力を備えた大型メカ。ジェット噴射による機動性の高い移動が可能。冷却効率が悪く、熱攻撃に弱い。
タコトラッシュ
ワイリーステージ2のボス。大型ゴミ処理用ロボットをワイリーが対ロックマン戦用兵器として改造したもの。頭部から爆弾、口から火炎放射と、高い火力を備えている。
ドリルボムを当てると、何故か本体の当たり判定が無くなる。
ワイリーマシーン4号
ワイリーステージ3のボス。初のワイリーカプセルとの一体型となった、対ロックマン戦用兵器。ドクロ型のフロントカバーに隠した拡散ビーム砲が主力。また、第一形態がやられると強化システムが発動する。
余談だが、第二形態に止めを刺した直後に脱出するワイリーカプセルにレインフラッシュを撃つと、ワイリーカプセルが消えてしまいゲームが進まなくなる。

特殊武器 編集

MAIN
特殊武器名 - 所有するボス
フラッシュストッパー - ブライトマン
全身から1000万ワットの光を放ち、周囲のロボットをカメラアイの安全装置を起動させる事で機能停止させる。発動中はバスター(チャージ不可)が撃てる。なお、ボス級のロボットにはカメラアイの安全装置どころかストッパー系の武器を遮断する機能があるので基本的には通用しない。
レインフラッシュ - トードマン
農業用水撒きカプセル内に強力で特殊な酸を入れて攻撃用に改造したもの。酸性雨を降らし、画面全体の敵に攻撃する。敵の無敵時間を考慮して当たり判定が出るのを遅くしていて、ガードを無視して攻撃できる上に威力も高い。消費エネルギーが他より多いのが唯一の欠点。
ドリルボム - ドリルマン
ドリル状のミサイルを発射、壁などに当たると爆発する。また、遠隔操作で爆発させることも出来る。ただし、効かない敵には弾かれる。特定の壁を破壊可能。弾は効かないが爆風のみ効く敵がいる。
ファラオショット - ファラオマン
少量の太陽エネルギーを増幅させ、膨大なエネルギーに変えて圧縮して放つ熱光弾。斜め上・前・斜め下の3方向に発射可能。チャージ可能。チャージショットは頭の上に浮かぶようになっており、浮かんでいるショットを直接敵に当てても攻撃できる。
リングブーメラン - リングマン
リング状のブーメランを発射する武器。一定距離飛んだ後、どんな敵であろうと貫通しロックマンの元に帰ってくる。ショットが抜けるように、リング型になっている。
ダストクラッシャー - ダストマン
圧縮された廃棄物の塊を発射する武器。敵に当たると分裂し、4方向に飛ぶ。2段ヒットするのでダメージ効率が高い。
ダイブミサイル - ダイブマン
大きな魚を捕まえるための追尾ミサイルを改造した、水陸両用ホーミングミサイル。ただし無効の敵は追わない。
スカルバリヤー - スカルマン
特殊エネルギーを秘めた骸骨型の弾を円運動させて防御する武器。敵の弾などを無効化することも出来るが、1度衝撃を受けると消えてしまう。
SUB
特殊武器名 - 入手方法
ラッシュコイル - 最初から所持
上に乗ると大ジャンプできる。
ラッシュジェット - ドリルマンを撃破
上に乗ると空を飛べる。前作と違い、前方に一定速度で移動し、操作は十字キー上下で高さ調整と後ろで減速ができるようになっている。また、足場の無い場所でも呼び出すことが可能になった。
ラッシュマリン - トードマンを撃破
水中で呼び出し、水中を自在に進むことが出来る。前作と違い、水上には一切出られない。搭乗中はバスターをラッシュの口から発射できる。
バルーン - 特定ステージでアイテムを入手
ロックマンの目の前にホバー状の足場を出す。画面内に3つまで出せる。ロックマンが乗ると重みで上昇スピードが少しだけ落ちる。
ワイヤー - 特定ステージでアイテムを入手
上方に向かってワイヤーを撃ち出す。天井に当たるとワイヤーを縮め、ロックマンを上方へ持ち上げる。ワイヤー自体には当たり判定があり、攻撃も可能。

余談 編集

  • この作品のボスキャラクター公募に当選した人には金色のカセットとバスタオルが送られ、中でも金色のカセットは秋葉原のゲーム店で50万円以上の値がついており、TVチャンピオンゲームセンターCXなどのメディアに取り上げられた。現在この商品には値札は貼られていない。
  • 特殊武器の傾向や一部のBGMなど、ロックマン2と共通する部分も多い。エンディングでは、ロックマン2のオープニングの曲をアレンジしたものが使われている。

外部リンク 編集

テンプレート:Navigation2 テンプレート:先代次代2fi:Mega Man 4

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はロックマン4 新たなる野望!!にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki