FANDOM


+ class="" style="font-weight: bold; font-size: 120%; "ロックマン3 Dr.ワイリーの最期!?</br>Mega Man IIIcolspan="2" style="width: auto; text-align: center; "{{{image}}}- colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header1}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header2}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header3}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header4}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header5}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header6}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header7}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header8}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header9}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header10}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header11}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header12}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header13}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header14}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header15}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header16}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header17}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header18}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header19}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header20}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header21}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header22}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header23}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header24}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header25}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header26}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header27}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header28}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header29}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header30}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header31}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header32}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header33}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header34}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header35}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header36}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header37}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header38}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header39}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header40}}}-


ロックマン3 Dr.ワイリーの最期!?』(ロックマンスリー ドクターワイリーのさいご)は、カプコンから1990年9月28日に発売されたファミリーコンピュータ専用のアクションゲームロックマンシリーズ第3作である。後にプレイステーション対応ソフトとして移植される。また、iアプリのゲームとしても配信されている。

テンプレート:ネタバレ

概要 編集

ステージは8つの選択ステージ、選択式の?ステージ(4ステージ)、ワイリーステージ(6ステージ)の計18のステージから構成される。

ステージ数やボス戦数の多さなどはシリーズ中でも指折りである。今作からキャラクターの詳細な設定が多く発表されており、以降の重要キャラクターであるブルースが初登場したことも加え、イベントなどの演出面がよりストーリー性を帯びるようになった。また今作のみ、ハイジャンプ、無敵、スローモーションといったダイナミックな裏技が存在する。

iアプリ版では、携帯端末の性能に合わせて、1ステージが簡略化され、ドクロボットのステージは存在せず、ワイリーステージはボスラッシュのみとなっている。また、操作性を考慮し、地上で下ボタンを押すとスライディングをすることが出来る。

システムの変更・改善点 編集

新システム
  • 新アクションとして「スライディング」が登場。
  • パーツを付け替えることで、サブマリンやジェットに変形できるアイテムカスタマイザー(ラッシュ)が導入された。
  • 攻撃すると中からランダムでアイテムが出る「?缶」が登場。このアイデアはのエディーに受け継がれる。
新世代ユーザーへの対応
  • 武器選択画面で武器名がアルファベット2文字表記になった。また、選択時に武器のイメージマークが現れるようになり、武器を選びやすくなった。
  • E缶が最大9個まで保有可能、保有数も数字で表されるようになった。また、ゲームオーバーをしてもストックがリセットされることがなくなった。
  • こちらと敵、双方の被ダメージ量が抑えられている。
ハードの進化
  • 各効果音が若干変更された。
  • はしごの上り下りのスピードが増した。
  • 落下時に徐々に落下速度が増すことが無くなった。
  • 操作レスポンスが若干変更された。

ストーリー 編集

2回にわたるワイリーの野望も失敗に終わり、Drライトと改心したDrワイリーは協力して平和のためのロボットの開発を進めていた。ところが、突如未知の惑星で作業を行っていたロボットたちが反乱を起こす。

主要キャラクター 編集

  • ロックマン(Rockman)
  • ロール(Roll)
  • ブルース(Blues)
    ロックマンの兄的存在ロボット。PS版ではナビゲーターも勤める。
  • ライト博士(Dr. Right)
  • ラッシュ(Rush)
  • Dr.ワイリー(Dr. Wily)
  • ロックマン』の基本ボス
    説明書とエンディングでDr.ライトナンバーズロボットデータファイルで紹介されている。ライト博士のデータが公式設定されたために記載された。

ボスキャラクター 編集

基本ボス編集

設定上ではDr.ライトとDr.ワイリーの共同製作である。また、そのボス自身の特殊武器に弱いため、最終ステージでの再戦時には本来の弱点武器より有利に戦える場合もある。

DWN.017 ニードルマン(Needleman)
鉱山などで働いていた削岩用ロボットに、「ロックマン2」に登場したエアーマンとメタルマンの長所を移植、改造した。非常に攻撃的な性格の持ち主である。ずっしりとした外見からは想像できないほど身軽であり、すばやい動きで翻弄しつつ特殊武器の「ニードルキャノン」を連射して攻撃する。ニードルキャノンは厚さ30センチのコンクリートをもぶち破る。頭部にはチェーンで繋がれた「ニードルハンマー」が仕込まれており、接近した後ハンマーを飛ばして攻撃する。ニードルキャノン、ニードルハンマーどちらも強力な威力を持つ。裁縫が好き。嫌いなものは注射
DWN.018 マグネットマン(Magnetman)
名の通り磁力を自在に操る戦闘ロボット。強力な磁力を発生させ、ロックマンを引き寄せる。また自身が天井に張り付き、特殊武器である磁石型の巨大なホーミング弾「マグネットミサイル」を発射して攻撃する。元々は屑鉄処理用のロボットであり、その強力な磁力でを吸い寄せ、マグネットミサイルで一気に粉々にしていた。そのせいか、マグネットマン本人はかなり大雑把な性格らしい。時々寝ぼけて頭の磁石で天井に張り付く。ロボットなのに健康に気を使っており、指圧マッサージが大好き。
DWN.019 ジェミニマン(Geminiman)
元々は硬質物破砕用のロボットを戦闘用に改造した。しかし、が嫌いなため、その生き物が弱点となってしまっている。壁などで反射する強力なビーム兵器「ジェミニレーザー」を装備している。これはライト博士が偶然発見した反応素子を加速化させたもので、思考を持たないもの、例えば壁や天井などはポテンシャルエネルギー無限大と見なし反射する。逆に思考を持つもの、この場合プログラムも思考の一種と見なしロボットなどにはダメージを与える。さらに、ホログラフ映写装置を搭載され分身を作ることができる。冷静だが、派手好きのナルシスト。「分身するのは自分の姿をよく見たいため」との噂も。
DWN.020 ハードマン(Hardman)
セラミカルチタンを使用した超硬化ボディを自慢にしている整地作業用ロボット。3tもの体重がある身体を小型ロケットでジャンプさせ、急降下ボディプレスで攻撃する戦いを得意とする。だが機動力はなく、面倒くさがり屋。両腕からはロケットパンチ「ハードナックル」を放つ。正々堂々の勝負を好む豪傑ロボット。大相撲を好むが、水の中ではあっさりと沈んでしまう。余談だがボディプレスが地面に激突した直後に倒すと画面がフリーズする。
DWN.021 タップマン(Topman)
オートバランサーが装備されており、体を高速で回転させて敵の攻撃をはね返す擬似シールド「タップスピン」が特殊武器。しかし目が回ってしまうのと高速で回転し続けると内部メカに負担がかかるのであまり長時間回転できないらしい。頭からコマを飛ばすことができるので正月には人気者。
DWN.022 スネークマン(Snakeman)
地形調査用のロボットをDr.ワイリーが戦闘用に改造。身が軽く行動範囲を選ばない。蛇型特殊弾頭「サーチスネーク」が特殊武器。慎重に策を練り、しつこくじわじわと相手を追い詰める地道な戦いが得意。正統派を好むハードマンとは仲が悪い。ロックマン4に登場するトードマンが好み。
DWN.023 スパークマン(Sparkman)
充電用の作業用ロボットを戦闘用に改造したもの。とても大きな発電力を持ち、実にエレキマンの二倍だが、充電用のシステムを開放しているだけなので、エレキマンほどの攻撃力は無い。改造後は「スパークショック」等の放電攻撃まで出来るようになっているが、常に電気を垂れ流していないとショートしてしまう構造。思考回路にムラがあるらしく、戦闘以外はボーっとしている。普段はおとぼけ屋としてみんなを笑わせている。仲間のロボットのエネルギーの補給も行っている。
DWN.024 シャドーマン(Shadowman)
いつの間にか作業現場にいたロボットで、ほとんどデータが存在しない謎のロボット。そのため地球外文明によって造られたロボットにDr.ワイリーが手を加えたという噂もある。戦闘能力が高いためワイリーナンバーズに登録された。忍者の外見をしており、動きがとても早い。また、人を驚かすのは趣味。軽いステップからスライディング又は特殊武器の「シャドーブレード」で攻撃してくる。単純な動きであるが前の動作でスライディングかシャドーブレードかを判断することが難しく、そのすばやいスピードも加わってかわすことは非常に困難である。シャドーブレードは巨大な手裏剣状のブレードである。地球外金属製で出来ておりメカの機能を狂わせる液体が塗ってある。考えが浅いのが欠点。

その他のボス編集

タマ
タップマンステージの中ボス。巨大なネコ型ロボット。口からは地面をはねる鞠を、背中からはノミを発射する。
ビッグスネーキー
スネークマンステージの中ボス。巨大なヘビの頭。まばたきした後、大きめの弾を複数吐き出す。
ペンペンメーカー
ジェミニマンステージの中ボス。腹から次々とペンペンを発射する、巨大なペンギン型ロボット。弱点は頭についているかき氷機のハンドルのような部分。
ドクロボットK-176
内部のプログラムデータを入れ替えることでどんなロボットの性能もコピーできるという、脅威の汎用性を持つロボット。ゲーム内では8大ボスを全て倒したあとに出現し、『ロックマン2』に登場した8大ボスのデータをコピーし、外見こそ変化しないが、それぞれのコピーした8大ボスの攻撃パターンや特殊武器を使用して戦う。通常のボスより身体が一回りほど大きく、行動パターンの微妙な変化(攻撃間隔のズレなど)や戦う場所の地形の違いで、オリジナルより手強くなっていたり、逆に弱体化していたりする。
ジャイアントメットール
ドクロボット(ニードルマン)ステージの中ボス。名前の通り巨大なメットール。口からメットールDXや巨大な3方向弾を発射する。
ブレイクマン
8体のドクロボットを倒すと現れるボス。口をマスクで覆い隠しているが、その姿はブルースに酷似しており、登場時に口笛を吹く演出やその戦闘パターン、戦闘時にエネルギーゲージが表示されないという点もブルースと同じである。
ブルースと同一説、別人説など諸説が推測された本ボスの正体であるが、本作のROMのデータ内にブルースがブレイクマンに変身するという、ブレイクマン=ブルースであることを示唆するドットパターンが残存している。
カメゴロー&カメゴローメーカー
ワイリーステージ1のボス。亀型の水質調査用小型メカであるカメゴローと、それを単体で生産する能力を持つメーカーの組み合わせ。メーカーによって作られたカメゴローは次々とロックマンに襲い掛かる。メーカー自体は無敵だが、カメゴローが全機破壊されると自爆する。
イエローデビルMk-II
ワイリーステージ2のボス。ロックマンに登場したイエローデビルの後継機。分裂、合体のパターンを増しているが、合体時に移動できない点はそのままである。また、合体が完了するまで本体にダメージ判定は無い。弱点である目は瞬きをして隠すこともあるが、出現位置は一定である。
ホログラフロックマンズ
ワイリーステージ3のボス。ロックマンに登場したコピーロボットとホログラフ2体のチーム。数が3体に増え、定期的に入れ替わりつつ多方向からロックマンを攻撃する。ホログラフには攻撃が効かないため、本物を探しながら攻撃することになる。こちらの装備にあわせて色は変化するが、特殊武器はコピーしない。
ワイリーマシーン3号
ワイリーステージ5のボス。ボディの両側に備えられた巨大なクイを突き立てて移動するという奇抜な歩行システムが採用された、対ロックマン用兵器。通常時は下部にある砲台から回転する光弾で攻撃してくるが、その砲台が同時に弱点でもある。砲台を破壊されるとコクピットが露出し、プレス攻撃を仕掛けてくるようになる。ロックマンの攻撃範囲を想定し、攻撃の届かない高い場所にコクピットを作ったが、ラッシュジェットの存在は想定していなかった。
ガンマ
最終ステージのボス。Dr.ライトとDr.ワイリーが平和のために共同開発した巨大ロボットであり、それをワイリーが奪って対ロックマン用兵器として改造した。しかし最終決戦の時点で左腕しか動かない未完成の状態である。8つの未知の惑星に散らばるエネルギー元素を合成して与えれば動き出す。最初は小さな頭のガンマ1号が現れ、それを倒すと本当の姿であるガンマ2号の頭が合体して襲ってくる。形態変化のあるボスとしては珍しくライフを共有しており、半分までダメージを与えた時点で2号に変化する。2号の左腕の攻撃は絶大な威力であり、ロックマンを一撃で粉砕する。ロックバスターも効かず、効果のある特殊武器も2種類しかない。

特殊武器 編集

MAIN
特殊武器名 - 所有するボス
ニードルキャノン(NE) - ニードルマン
連射性の高い針状の弾を撃ち出す武器。ボタンを押している間は撃ちつづける。燃費は良い。
マグネットミサイル(MA) - マグネットマン
U字型磁石の形をした、磁力探知式サーチ型ミサイルを前方に発射。2連射まで可能。ミサイルと同じY座標上に敵がいると、その方向に1回だけ飛行方向が変わる。敵が完全に無敵の状態の場合、体の一部にしかダメージを与えられない場合などはサーチできない。燃費は悪い。
ジェミニレーザー(GE) - ジェミニマン
壁に当たると斜め上45°に反射し、その後は地形に当たるたびに90°反射するレーザー。一定回数反射すると地形を突き抜けてどこかに行ってしまう。攻撃力は高いが画面上に1発しか撃てない上に、レーザーが消えるまでメニュー画面を開く事ができないため、外すとしばらく一切の攻撃が出来なくなってしまう場合がある。
ハードナックル(HA) - ハードマン
ロックマンの片腕にエネルギーを込めて、そのまま撃ち出す武器。撃ち出した後は十字キーの上下でわずかに軌道修正ができる。出始めに隙があり連射も出来ないが攻撃力は非常に高い。また、特定のブロックを破壊できる。
タップスピン(TO) - タップマン
シールドシステムを利用した武器で、ジャンプ中に使用することで、ロックマン自身が回転し体当たりして攻撃する。一撃で倒せない敵には相打ちとなってロックマン自身もダメージを受ける。タップマンのそれとは異なり、敵の弾を防ぐことはできない。エネルギーは回転中に敵と接触して初めて消費し、消費量は1ゲージ分だが、敵かロックマンが被ダメージ後の無敵時間の最中に使用した場合、当たり判定が連続で発生するために、エネルギーを大量に消費してしまう。
サーチスネーク(SN) - スネークマン
地形(天井は除く)に沿って移動するヘビ型ミサイルを撃ち出す。最大で3連射まで可能。
スパークショック(SP) - スパークマン
ロボットの回路をショートさせ、動きを一定時間止める電気弾を放つ。絶縁された敵には効果が無い。動きを止めた敵に別の敵がぶつかると、動きの止まっている敵が入れ替わるという性質もある。この武器を弱点とするボス以外、基本的にダメージは与えられない。また、動きを止めた敵が画面内にいるうちは、武器の交換もできない。
シャドーブレード(SH) - シャドーマン
真横・斜め上・真上の3方向に撃ち分けが可能な手裏剣状のブーメランを投げつける。連射性能や射程は勝手が悪いが、威力が高く弱点とする敵が多い。
SUB
ラッシュ出現中はロックバスターを発射できる。ただし連射数は2発までになる。
特殊武器名
ラッシュコイル(RC)
上に乗ると大ジャンプできる。唯一最初から所持している。
ラッシュジェット(RJ)
上に乗ると自在に空を飛ぶことが出来る。操作は十字キーにて行う。本来は広大な穴やトゲ地帯を越えるための乗り物だが、狭い足場を渡る際の落下防止になる、ボス等の高い場所にある弱点を楽に攻撃できる、座標を調整して命中率を高めるなど、様々な応用が可能。また一度乗ると、降りてもロックマンとX座標(縦位置)を合わせる特性があるので、ジャンプしながら操縦することでエネルギー消費を大幅に抑えられる。
ラッシュマリン(RM)
小型の潜水艇に変化し、乗り込むことで水中を自在に移動することができる。水上では呼べないが、水中で乗り込んだ上でジャンプのみならば水上に出ることも可能。乗り込んでいる間はダメージを受けてもノックバックがない。

外部リンク 編集

テンプレート:Navigation2

テンプレート:先代次代2fi:Mega Man 3th:ร็อคแมน 3

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はロックマン3 Dr.ワイリーの最期!?にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki