FANDOM


+ class="" style="font-weight: bold; font-size: 120%; "ロックマンワールドcolspan="2" style="width: auto; text-align: center; "{{{image}}}- colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header1}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header2}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header3}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header4}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header5}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header6}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header7}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header8}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header9}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header10}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header11}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header12}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header13}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header14}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header15}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header16}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header17}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header18}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header19}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header20}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header21}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header22}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header23}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header24}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header25}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header26}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header27}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header28}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header29}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header30}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header31}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header32}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header33}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header34}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header35}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header36}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header37}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header38}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header39}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header40}}}-


ロックマンワールド5(ROCKMAN WORLD5)は、ファミコンロックマンシリーズをベースに開発され、1994年7月22日にゲームボーイでリリースされた。


概要編集

前半4ステージのボスを全滅させ、ガーディアンを撃破し後半4ステージのボスを全滅させ、スペースルーラーズのリーダーを倒し最難関(!?)の真ロックマンキラーとの対決に向かう。各スペースルーラーズに対して有効な武器についてだが、前回までのように前半・後半と独立していることがなくなったので、弱点をつけない場合がある。リーダーにも苦手な武器が存在する。

新たなシステム編集

パワーアップパーツが購入可能
前回から登場したショッピングシステムが、購入できるものが消費アイテムのみならず、基本武器(P)をパワーアップさせるアイテムまで販売するようになった。1個ずつしか売られていないが、特殊武器の性能であろうものが稼ぎで購入できるのである。
自動攻撃システムの弱体化
前回から登用した自動攻撃システムのビートがタンゴになってしまったが、最初から使用できるようになっている。

基本武器編集

ノーマル編集

ロックバスター(P)
少々連射が可能なエネルギー弾。

チャージ編集

パーツ無し編集

ロックンアーム(P)
拳を発射した後、ブーメランのように戻ってくる。

パーツ有り編集

マジックハンド(P)
掌を発射した後、遠くにあるアイテムを拾ってブーメランのように戻ってくる。
ロックンクロー(P)
爪を発射した後、敵を掴んで連続でダメージを与えてブーメランのように戻ってくる。

自動攻撃編集

タンゴ(TA)
ビートと違って空中戦は不利だが、ローリングアタックで効率よくダメージを与えさせることが出来る。

ボス一覧編集

スペースルーラーズの海外名は「StarDroids(スタードロイズ)」。斜字はそのボスの弱点武器を意味する。

前半スペースルーラーズ編集

SRN.002 マーキュリー(Mercury)(水星)-ブラックホール(SA)
体が液体金属でできており、自分の体を液体化し、分裂することができる不気味な能力を持つ。この能力で忍び寄り、スナッチバスターで相手のアイテムを盗むのが特技だが、手癖が悪いうえに口が軽いため友達は少なく、特にプルートとは文字通りの「犬猿の仲」。「オマエのものはオレのもの」が信条で、好きなものは「共産主義」。でも、陰口や後ろ指は苦手という気弱な一面もある。
スナッチバスター(ME)
敵のエネルギーを吸収し奪い取る特殊弾を放つ。
SRN.003 ビーナス(Venus)(金星)-フォトンミサイル(MA)
きれい好きで髪の毛も無いのに毎日朝シャンしているらしい。非常に攻撃的な性格の持ち主でもある。泡型爆弾の「バブルボム」が武器。まっすぐに歩けないため、カニのように横歩きで移動する。好きなものは阿波踊り。嫌いなものはタコ。
バブルボム(VE)
泡の形状をした強力爆弾。ジグザグ、そしてゆっくりと上昇し天井にあたるとそれに沿って、敵か壁に当たるまで進む。
ラッシュコイル(RC)
ハイジャンプをさせてくれる。
SRN.004 マース(Mars)(火星)-ソルトウォーター(NE)
体のいたるところに兵器を搭載しており、ジャンプはできず脚に付いているローラーで高速移動する。「フォトンミサイル」等の火器を体内に大量に装備しているためにその動きは鈍く、戦場ではとても慎重である。全身が武器のため水に弱く、飛行機に乗れない。地雷タレ流しがやめられなくて、悩んでいる。
フォトンミサイル(MA)
どんな地形、敵をも貫くドリル型ミサイルを発射する。発射してから飛んでいくまでラグがある。
SRN.009 ネプチューン(Neptune)(海王星)-スパークチェイサー(EA)
半魚人型のロボットで、戦闘的な外見に似合わず気まぐれで、意外とのんびり屋である。水中での戦闘能力が非常に高いらしいが、ゲーム中では地上で戦うのでその性能を確認することはできない。特殊武器「ソルトウォーター」はあらゆる金属を錆びつかせる液体放物弾。塩分取りすぎを気にしているらしい。
ソルトウォーター(NE)
特殊な塩水を浴びせ、敵を錆びさせて攻撃する。発射した水玉は地面に落ちると小さく分裂する。

ガーディアン編集

ダークムーン
かのイエローデビルのように、攻撃を兼ねた分裂移動を得意とし、イエローデビルシリーズ初にして唯一歩行も可能。前半パートの特殊武器のうちどれかひとつが弱点となっている。

後半スペースルーラーズ編集

SRN.005 ジュピター(Jupiter)(木星)-バブルボム(VE)
ジェットエンジンを搭載し、スペースルーラーズで唯一長時間飛行可能なボディを持つ。旧文明時はメガトン級の爆弾を使っていたが、部屋の中では危ないので、電撃のエレクトリックショックを使用するようになった。上空をふらふら飛びながら攻撃してくる。
エレクトリックショック(JU)
手の先から100万ボルトもの電撃を放射する。射程は短いが攻撃力は高い。
SRN.006 サターン(Saturn)(土星)-エレクトリックショック(JU)
肩にかけたリングでブラックホールを発生させられるが、エネルギーの関係で吸引力はそれほど強くなく、接触した相手にダメージを与える程度の威力である。時間を止めるタイムスリップ技も得意とする。出不精な性格で、仲間をブラックホールで呼び寄せるため、評判が悪い。新しい物好きだがお小遣いが少ないのが不満。室内遊びが好きで見た目どおりフラフープが得意だが、TVゲームは苦手。
ブラックホール(SA)
頭上に人工ブラックホールを発生、敵を吸い込んで攻撃する。しばらくすると消滅し、広がりながら回転する散弾を放出して、残りの敵を攻撃する。
ラッシュジェット(RJ)
乗ると水平に飛行する。
SRN.007 ウラノス(Uranus)(天王星)-ブレイクダッシュ(PL)
スペースルーラーズの中でナンバー1の怪力を持つ。猛牛タイプのロボットで、その姿はまるでロックマン版のレプリロイドである。特殊武器「ディープディガー」は、足元のブロックを持ち上げて投げつける。純粋なパワーファイターで、他の仲間達に比べて体内に武器が内蔵されてないことにコンプレックスを持っている。
ディープディガー(UR)
特定のブロックを掘り出し、敵に投げつける事ができる。
SRN.008 プルート(Pluto)(冥王星)-スナッチバスター(ME)
ジャングルでの戦闘のために開発されたロボットで、豹のように俊敏な能力を持つ。誰よりも高度な運動神経が売りであり、軽快なフットワークで障害物をかわす。よけ損なった場合は体当たり攻撃「ブレイクダッシュ」で強引に突き進む。寒いのは苦手。
ブレイクダッシュ(PL)
身にエネルギーを溜め込み、猛スピードで体当たりを繰り出す。特定の壁を破壊する事ができる。

スペースルーラーズのリーダー編集

SRN.001 アース(Earth)(地球ディープディガー(UR)
外宇宙から来たと言われているロボット軍団「スペースルーラーズ」のリーダー。自分こそが最強と信じている。潔癖症で自分以外のロボットは皆汚いと思っているため、常にテレポートで敵から離れて戦闘する。追尾レーザーの「スパークチェイサー」が特殊武器。派手な髪型が自慢で、髪形を崩す帽子を嫌っている。海外名は「Terra(テルラ)」。
スパークチェイサー(EA)
敵に向かって、3段階に屈折するレーザー。基本的に敵を倒せても倒せなくても貫通する。

真ロックマンキラー編集

スカル・ブレーザー
ワイリースターへの侵入を阻止するために配備された大型イオン砲台。そのパワーは時空にまで影響を及ぼす。空中を自由に動き回りながらの戦闘となるが、特殊武器が使えない。

バトルマスター編集

エル・ナックル&アール・ナックル
ワイリースター内に配備された大型マニピュレーター。名称のエル、アールとは左のleft、右のrightを意味している。ワイリースターに格闘機能を持たせるために開発中だったが、ロックマンの進入が予想よりも早かったために、やむなく人工知能を取り付けられ、さらに戦闘能力も保有している。
ブレーン・クラッシャー
対ロックマン戦用兵器。ワイリースターの中枢を制御しており、その防御性能は強力で、ロックマンの攻撃を一切受け付けない。また、内部でロボットを生産する能力も持つ。本体を破壊すると、コックピット部分であるワイリーカプセルと戦う事になるが、本家のワイリーカプセルシリーズとは違って飛行能力は無い。

ボスアタック編集

スペースルーラーズ
リーダー以外のスペースルーラーズと再戦することができる。
ロックマンキラー
前回までに登場した4体のロックマンキラー群。総じて行動パターンの減少、攻撃力の低下、機敏さの喪失など、弱体化の傾向が見られる。

ラストスパート編集

サンゴッド
Dr.ワイリーによって復活させられた古代の最終兵器。陽気な性格だが、「破壊こそが全て」という思想しか持たされていない危険な存在。武装が豊富であり、足場を崩して攻撃パターンを変えるため、攻撃が多彩である。長時間戦って足場を崩され続けると、強制的に敗北となる。海外名は「Sunstar(サンスター)」。

テンプレート:Navigation2

テンプレート:先代次代2fi:Mega Man 5 (Game Boy)

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はロックマンワールド5にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki