FANDOM


+ class="" style="font-weight: bold; font-size: 120%; "ロックマンワールド</br>colspan="2" style="width: auto; text-align: center; "{{{image}}}- colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header1}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header2}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header3}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header4}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header5}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header6}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header7}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header8}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header9}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header10}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header11}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header12}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header13}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header14}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header15}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header16}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header17}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header18}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header19}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header20}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header21}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header22}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header23}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header24}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header25}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header26}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header27}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header28}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header29}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header30}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header31}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header32}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header33}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header34}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header35}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header36}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header37}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header38}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header39}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header40}}}-


ロックマンワールド』は、ファミコンロックマンシリーズをベースに開発され、1991年7月26日にゲームボーイでリリースされた。

概要編集

前半の4つのステージのボスを全滅させた後に、要塞内の4体のボスとロックマンキラーとの連戦を攻略するという流れ。要塞内の4体のボスはステージを持たないため直接戦うことになるが、撃破しても体力が完全回復しないため特殊武器よりも残り体力に気を使わされて攻略することとなる。

基本武器編集

ロックバスター(P)
少々連射の利くエネルギー弾。
キャリー(CA)
目の前に浮遊足場を作る。ある条件を満たせば使用できる。

ボス一覧編集

前半ナンバーズ編集

DRN.003 カットマン(Cutman)
元々は森林伐採用のロボット。頭部に装着している特殊武器「ローリングカッター」は合金の「セラミカルチタン」製。身軽な上に、雨風に強い。ジャンケンが苦手。
ローリングカッター(CU)
弧を描いて戻ってくるカッター型ブーメラン。
DRN.005 アイスマン(Iceman)
元々は南極大陸探査のために造られた寒冷地作業用のロボット。探査終了後は、冷凍倉庫内の荷物運搬などで力を発揮する。口から零下200℃の「アイススラッシャー」を吐いて、何でも凍らせる。
アイススラッシャー(IC)
火柱を凍らせて足場にすることが出来る。
DRN.007 ファイヤーマン(Fireman)
元々は廃棄物処理用のロボットで、特殊武器「ファイヤーストーム」により7000~8000℃の炎を自由に操ることができる。アイスマンとは仲が悪い。
ファイヤーストーム(FI)
炎の渦が身をまとい、それと同時に火の玉が水平に発射される。
DRN.008 エレキマン(Electman)
元々は発電用原子炉の制御作業をしていたロボット。重要な仕事を確実にこなすだけの、鋭い判断力と素早い動きを兼ね備えている。両手から放つ「サンダービーム」が特殊武器。当時ライト博士が作ったロボットでは最も優秀である。絶縁体であるゴム製品は大嫌い。
サンダービーム(EL)
多方向に波型ビームを同時発射。

前半ナンバーズのボスを全員撃破すると、キャリー(CA)が使用可能になる。

後半ナンバーズ編集

DWN.011 バブルマン(Bubbleman)
Dr.ワイリーが初めて造った水中戦闘用ロボット。しかし、欠陥があったため水中を歩くことができず、ジャンプでしか移動できない。長い距離を移動する姿はワイリーですら思わず笑ってしまうほど可愛かったらしい。腕部からは状の弾を発射、頭部から特殊武器「バブルリード」を発射する。このバブルには硫酸が混ぜられているので割れにくくなっている。
バブルリード(BU)
泡型のボールが地に沿って進む。壁は上れないが。
DWN.012 クイックマン(Quickman)
エレキマンの特徴を受け継いだロボット。「自らが光速に近づく」というテーマのもとに製作されており、自身の主観時間を増大させ高速で移動することができる。動きの素早さと高いジャンプ力を自慢にしているスピード狂。正々堂々とした戦いを好む。
クイックブーメラン(QU)
弧を描いて戻ってくるだけでなく、連射も出来るブーメラン。
DWN.014 フラッシュマン(Flashman)
「時間を制する」という困難なテーマにDr.ワイリーが挑んだ末、ついに完成させた傑作ロボット。特殊武器「タイムストッパー」は周囲の光の速度を操る事で自分以外の主観時間を無限に引き延ばし、短期間ではあるが時間を止めることができる。汎用武器として連射性能の高いバスターも装備している。タイムストッパーはたまにお風呂で悪用している。カツラのCMが大嫌い。
タイムストッパー(FL)
エネルギー切れまで周囲の敵の動きを停止させる。
DWN.015 ヒートマン(Heatman)
ファイアーマンのノウハウを基に開発されたロボット。ジッポーライターに手足が生えたような外見をしている。耐熱性に優れたボディを持ち、火を自由に発生させることができる。特殊武器「アトミックファイヤー」は、圧縮型ブラスターにより12000℃にも及ぶ高熱を発生させ、その炎を身に纏い炎の塊となって突進する。背中には火力調節ダイヤルがある。
アトミックファイヤー(HE)
溜めることでで威力が増す灼熱砲で2段階にためられる上に、特定の壁を破壊することが出来る。

ロックマンキラー編集

RKN.001 エンカー(Enker)
Dr.ワイリーが対ロックマン用に開発した「ロックマンキラー」の第一号。名前の由来は「演歌」から。
特殊武器は一切通用せず、特殊武器以外の攻撃を喰らって吸収し、「ミラーバスター」に変換して撃ち返す。しかし特殊武器以外の攻撃によるダメージはそのまま受けるため、両刃の剣と言える。ロックマンを倒す使命を背負っているため、ロックマンを追い詰めることだけに執念を燃やしている。
ミラーバスター(EN)
目の前に光の盾を発生させ、エネルギー弾を高速で跳ね返す。

ラストスパート編集

ワイリーマシンワールド1号
対ロックマン用兵器。ワイリーの横顔を模したような外見をしている。口の部分からカッティングホイールを2パターンで撃ち分けて攻撃する。第2形態は高速弾とカニバサミ型のアームで攻撃する。この第2形態へダメージを与える方法は一つに限られている。

テンプレート:Navigation2 テンプレート:先代次代2

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はロックマンワールドにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki