FANDOM


ロックマンゼロ (ROCKMAN ZERO) とは、2002年4月26日カプコンから発売されたゲームボーイアドバンス専用のアクションゲームである。

概要 編集

新シリーズとして産声を上げた第一作目。ロックマンXシリーズのゼロを主人公に置きつつも、従来のシリーズとは一線を画すキャラクターデザインや世界観、「正義」と「悪」が曖昧なストーリーが話題となった。

アクション部分も基本Xシリーズのものを継承しているが、繋がりを持ち徒歩で移動可能なマップ、サイバーエルフという新たな強化システム、レベルアップする複数の武器と3種類のエレメントチップを使用する戦闘スタイル、ステージ序盤や中盤に発生する変則的なボス戦、捕らえられた仲間の救出や爆弾の解除といった特殊な目的が存在するステージの登場など、様々な試みがなされている。

テンプレート:ネタバレ

ストーリー 編集

かつてΣウイルスが発端となり、やがて世界規模の戦渦へと拡大していったイレギュラー戦争。永遠に続くかに思えたイレギュラー戦争は、青き英雄エックスの活躍により終結。人々は理想郷「ネオ・アルカディア」を築き、平和を取り戻していたかにみえた。しかしそれは、レプリロイドのイレギュラー化を恐れる政府が無実のレプリロイドまでも大量に処分して得た偽りの平和だった。

元科学者のシエルはイレギュラーの汚名を着せられたレプリロイドと細々と暮らしていたが、ついに彼女達にも政府の魔の手が迫る。追い詰められた彼女達は、はるか昔に封印されたと言われるもう一人の英雄・ゼロの眠っている遺跡を目指した。

主要キャラクター 編集

各キャラクターの詳細に関しては、主要キャラクター参照。

ゼロ (ZERO) (声優:風間勇刀
本作の主人公。忘却の研究所に封印されていたが、シエルの手によって目覚めさせられ、弾圧されるレプリロイド達の為に戦う。過去の記憶を失っており、性格はXシリーズよりもクール。
シエル (Ciel) (声優:田中理恵
ネオ・アルカディアで科学者をしていた人間の少女。弾圧されるレプリロイド達を救うべく、伝説の英雄ゼロを目覚めさせた。コピーエックスの製作者。
セルヴォ (Cerveau)
レジスタンスの技術者。トリプルロッドやシールドブーメランの復元、エスケープユニットの開発など、ゼロを影からサポートする。
アルエット (Alouette)
レプリロイドの女の子。シエルに作ってもらった人形を常に抱いている。シエルにとっては妹のような存在。
オリジナルエックス (Original-X)
かつて、ゼロと共に活躍した伝説の英雄。現在はサイバーエルフになっている。
コルボー (Colbor)
レジスタンスの一人。シエル曰く「気持ちが走りすぎて失敗する事も多い」。
アンドリュー (Andre)
レジスタンスに同行する老人型レプリロイド。話をする事が好き。
コピーエックス (Copy-X) (声優:今井由香
エックスの完全なるコピーを自負する、ネオ・アルカディアの現指導者。人間を守る事を優先し、無実のレプリロイドすら処分する体制を作り上げた。
ハルピュイア (Harpuia) (声優:緒方恵美
四天王の一人で賢将、「烈空軍団」を率いる。空を自在に飛行し、「ソニックブレード」と風を武器に戦う。プライドが高い。
レヴィアタン (Leviathan) (声優:今井由香
四天王の一人で妖将、「冥海軍団」を率いる。水中を素早く泳ぎまわり、「フロストジャベリン」と氷による攻撃を繰り出す。
ファーブニル (Fafnir) (声優:中井和哉
四天王の一人で闘将、「塵炎軍団」を率いる。マルチプルランチャー「ソドム&ゴモラ」による圧倒的な火力が特徴。
ファントム (Phantom) (声優:稲田徹
四天王の一人で隠将、「斬影軍団」を率いる。分身の術や姿を闇に隠して攻撃する「朧舞月無」など、トリッキーな技でゼロを惑わす。寡黙で温厚だがエックスへの忠誠心は随一で、そのためには自らの命を投げ出すことさえも辞さない。

ボスキャラクター 編集

レプリロイド 編集

稲光る極鳥 アステファルコン (Aztefalcon)
ミュートスレプリロイド(型)。烈空軍団所属。賢将ハルピュイアに仕え、イレギュラー処理を行っている。飛行形態に変形可能で、ハルピュイア専属の飛行ユニットとして続編に登場している。出現時期の早さに比べて強い上、戦闘に制限時間が設定されるため、初心者にとっては最初にして最大の壁とも言われている。飛行形態の姿からして、モデルは鷹とライオンの合成獣グリフォンと思われる。雷のエレメントチップを持つ。ロックマンゼクスの背景にも登場。
冥界の聖掃王 アヌビステップ・ネクロマンセス三世 (Anubistep Necromances III)
ミュートスレプリロイド(ジャッカル型)。闘将ファーブニルに仕え、焦土作戦の後始末や負傷者の治療を行う。死者(レプリロイド)を蘇らせる力を持ち、自身もナノマシンで(動力部分さえ致命的なダメージを受けていなければ)再生可能である。モデルは、古代エジプトのミイラ作りの神、アヌビス。ちなみに、ロックマンゼロ3で出現する際に「五世」となっているのは、ボスラッシュで復活したアヌビステップが「四世」と数えられている為である[1]
剛球大魔神 マハ・ガネシャリフ (Maha Ganeshariff)
ミュートスレプリロイド(型)。冥海軍団所属で情報分析担当、膨大なデータを体内に所持できる。「まろ」「おじゃる」等の平安時代貴族のような喋り方が特徴。ロストデータを蒐集するためゼロの封印されていた地へ赴く。「データサーバー本体が自己防衛を行いつつ移動可能」という製作コンセプトの元に誕生した経緯を持つ。そのため弱点の頭部以外は無敵の防御力を持つ。攻撃に属性らしきものは無いが、自身が炎属性のため雷属性に弱い。モデルは、インド神話の象頭神、ガネーシャ
絶対零度鹿王 ブリザック・スタグロフ (Blizzack Stagroff)
ミュートスレプリロイド(ヘラジカ型)。妖将レヴィアタンに仕え、レジスタンスを秘密基地に幽閉する。捕獲したレジスタンスを尋問と称し、破壊する事に喜びを感じる冷酷な性格。極めて強力な冷気を持ち、それは海をも一瞬で凍らせるという。氷のエレメントチップを持つ。
知恵の超猿 ハヌマシーン (Hanumachine)
ミュートスレプリロイド(型)。斬影軍団所属で、隠将ファントムに仕える(自称No.2)。レヴィアタンの命令でロストデータ奪取のためレジスタンスベースを強襲、エネルゲン水晶の貯蔵庫を制圧する。ゼロを「破壊神」と呼ぶ数少ない存在でもある。モデルは、インド神話の猿神、ハヌマーン(後に中国に伝わり、孫悟空のモデルとなった)。
ライトニングビートル ヘラクリウス・アンカトゥス (Heracleous Ankatos)
ミュートスレプリロイド(ヘラクレスオオカブト型)。烈空軍団所属で、ハルピュイアとエックスに仕える。ネオ・アルカディアの神殿の守護を司る。剛直な性格で、彼の辞書に「退く」という文字はない。ロックマンゼロ2のボスラッシュ時にも登場し、弟のクワガストと同時に攻撃を仕掛けてくる。モデルは、「十二の功業」を達成したギリシャ神話最強の英雄、ヘラクレス
パンテオン・エース (Pantheon Ace)
ネオ・アルカディアの神殿における侵入者の阻止を依頼された二人組。普通のパンテオンと違い、体は黒く、頭部は奇抜なもの。一人は時計回りに、もう一人は反時計回りに動き、侵入者に向かって弾を撃つ。
アスラ・バスラ (Asra Basra)
ネオ・アルカディアの神殿を守護するレプリロイド。4本の腕を持ち、3本の剣を巧みに使いこなして攻撃を仕掛けてくる。

メカニロイド 編集

最新鋭量産番兵A型 ゴーレム (Golem)
量産型メカニロイド。オープニングステージのボスで頭部以外にはバスターが効かない。Zセイバーに対しては絶望的に弱い。
頭脳特急 パンテオン・コア (Pantheon Core)
サイバーエルフを積んだ特急列車に搭載されている人工頭脳。パンテオン[2]の頭部が模されている。侵入者に対し極めて高度な演算処理による精密な攻撃を仕掛けてくるが、逆を言えば正確さ故の脆さを持ち合わせている。
不死身の守護大蛇 ガード・オロティック (Guard Orotic)
大型メカニロイド(八岐大蛇型)。8本のアーム部から3属性(+1種)の攻撃を放つ。アーム部はアタッチメント式になっており、破壊されても即座に修復可能となっている。元は災害用のレスキューメカニロイド。炎のエレメントチップを持つ。
超怒級自走弾頭 ヒッタイド・ホッタイド (Hittide Hottide)
大型メカニロイド。レジスタンスベースを破壊する為だけに送り込まれ、前面のドリルは高い破壊力を持つ。他、パラシュート爆弾・大型地雷・多数の飛行メカを装備。高レベルだとパンテオンが搭乗している。元は地底鉱物採取用の大型掘除メカニロイド。ベース破壊のための爆弾を積んでおり、制限時間がある。地形を破壊しながら進み、後の攻略に影響が出る。名前の由来は「ヒッタイト族
虚空の橋の悪夢 レインボーデビル (Rainbow Devil)
斬影軍団所属。コア以外が液体金属で出来ている。その為、体の形を変幻自在に変えることが可能。開発経緯には不明な点が多く、ロストテクノロジーによるものではないかとも言われている。因みに初期段階では、変身能力でシエルに化けて登場する予定だった。

武器 編集

主要な武器に関しては、主要武器参照。

ゼットセイバー (Z-Saber)
バスターショット (Buster Shot)
シールドブーメラン (Shield Boomerang)
トリプルロッド (Triple Rod)
レジスタンスのセルヴォによって、昔のゼロのデータから復元された武器。
ゼットセイバーの弱点である遠くに攻撃不可を解消するために刀身を自在に圧縮形状化させるようにした。
槍状の武器で、7方向攻撃(空中では8方向)・3段階まで柄を伸ばす事が出来る。
下に敵がいる状態で下に攻撃するとホッピングする。
チャージで弁慶のごとく振り回せるが、防御性能は一切無い。

余談 編集

  • 当初は本物のエックスが最終ボスとなる予定で企画が進められていた。しかし、現行シリーズの主人公を敵として倒してしまうのは不適当という理由から、発売直前に急遽エックスのコピーという設定に変更された。[3]

脚注 編集

[ヘルプ]
  1. 『リマスタートラック ロックマンゼロ・テロス』ブックレット
  2. エックスを機械的に劣化コピーした量産型のレプリロイド・ソルジャー。汎用性に富む。
  3. 『ロックマンゼロ オフィッシャルコンプリートワークス』内スタッフインタビュー

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki