FANDOM


+ class="" style="font-weight: bold; font-size: 120%; "ロックマンゼクスcolspan="2" style="width: auto; text-align: center; "{{{image}}}- colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header1}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header2}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header3}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header4}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header5}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header6}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header7}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header8}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header9}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header10}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header11}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header12}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header13}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header14}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header15}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header16}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header17}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header18}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header19}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header20}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header21}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header22}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header23}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header24}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header25}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header26}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header27}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header28}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header29}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header30}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header31}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header32}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header33}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header34}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header35}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header36}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header37}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header38}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header39}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header40}}}-


ロックマンゼクスROCKMAN ZX)は、2006年7月6日カプコンから発売されたニンテンドーDS専用のアクションゲームである。

概要編集

ロックマンゼクスシリーズ第1弾。少年のヴァン、または少女のエールのどちらかが主人公として選べる。

様々なモデルで多種多様なアクションを楽しめるR.O.C.Kシステム、ボスの特定部位に弱点が設定されているT.F.S(テクニカル・フィニッシュ・システム)など、数多くの新システムが導入されている。 全てのマップが繋がっていて徒歩で移動可能、ミッション選択時にボスの顔写真が登場しないなど、本作とも関わりが深いロックマンゼロシリーズの第1弾『ロックマンゼロ』に近しい点がある。

テンプレート:ネタバレ

2人の主人公は排他の存在で、本編中で同時に登場することはない(ただし公式サイトにあるオリジナルアニメーションでは同時に登場しており、ヴァンがエールにからかわれている描写があった)。しかしいずれのストーリーでも同じように登場人物が命を落とすため、お互いがパラレルと推測される。ストーリーに関してはヴァン・エールで内容がやや異なる。ヴァン編は王道を行くシンプルなストーリーに味付けされているのが特徴で、ロックマンゼロ4におけるラグナロク作戦のその後について語られる。ただし、ゼロシリーズとは少し矛盾する点が存在する。対するエール編は、ライブメタルの出生の秘密や主人公がライブメタルに選ばれた理由などが明かされ、設定面に関してより深く掘り下げる形でストーリーが展開される。

ストーリー編集

運び屋ジルウェ・エクスプレスに所属する主人公(ヴァンかエール)は、ガーディアンの司令官から依頼を受け、謎の荷物(ライブメタル)を先輩ジルウェと共に運ぶ事になった。主人公が合流地点の近くまで来ると、ライブメタルを狙ったイレギュラーたちの襲撃を受け、ジルウェとも別れてしまう。攻撃を受け崖下まで落下した主人公だが、そこでガーディアン司令官・プレリーに遭遇する。しかし、先のイレギュラーの親玉に見つかってしまう。ガーディアンも応戦するが、全く歯が立たない。プレリーは必死でライブメタルを守ろうとする。そんなプレリーを守るべく、主人公は前に出るが、なすすべが無い。その時、ライブメタル・モデルXが呼びかけてくる。

「大丈夫、僕が力を貸してあげる……適合者確認。R.O.C.K.システム、起動開始」

主人公は、ライブメタルの力でロックマン・モデルXへと変身(ロックオン)し、ひとまずイレギュラーを退ける。モデルXの「適合者」となり力を得た主人公は、世界を、全てを守る戦いを始める。

主要キャラクター編集

ヴァン(Vent)(声優:小林沙苗
本作の主人公。10年前のイレギュラー襲撃事件で母親を亡くし、運び屋「ジルウェ・エクスプレス」で働いている少年。
ライブメタル・モデルXを使い、ロックマン・モデルXに変身(ロックオン)する。おぎのしんの漫画では、ヴァンが主人公となっている。独走しがちで、他人のピンチを無視できないという正義感の持ち主。
エール(Aile)(声優:小林沙苗)
本作のもう1人の主人公。ヴァンと同じ経緯をもつ。同じくロックマン・モデルXに変身する。シリーズ初の女性ロックマン。性格は男勝りで、周囲とはざっくばらんな付き合いを好む。密かにジルウェに想いを寄せている。
ジルウェ(Girouette)(声優:風間勇刀
ヴァン(エール)の働いている「ジルウェ・エクスプレス(Girouette Express)」を営む青年型レプリロイド。ガーディアン所属(この事を明言しているはエール編のみだが、両編共通の設定)。幼くして親を亡くしたヴァン(エール)の良き理解者。ロックマン・モデルZに変身する。モデルZも以前から持っていたという両編共通の設定だが、変身できるようになった経緯は異なる。エリアDにてセルパンらに敗北、洗脳され主人公と戦った後主人公にライブメタル・モデルZを託し、消滅。その後はサイバーエルフになっている。
海外版でのニックネームは「Giro(ジロ)」。
プレリー(Prairie)(声優:広橋涼
NGOである辺境警備隊、ガーディアン(The Guards)の二代目司令官。
見た目は少女であるが、数百年前のイレギュラー戦争時代に生まれたレプリロイドであるため、実年齢は軽く100歳を超えている。先代司令官が失踪した事件の行方を追っている。司令官席の隣に特別席を作る程人形を大切にしている。
セルパン(Serpent)(声優:梁田清之
世界にエネルギーを供給する巨大企業「セルパン・カンパニー(Serpent Company)」の社長。インナーには警備隊を置き、イレギュラー襲撃から何度も町を守っている(ように装っている)。その正体はライブメタル「モデルV」の適合者であり、ロックマン・モデルVへとロックオンすることが出来る。
名前は「」を意味し、セルパンカンパニーのロゴもS字の蛇である。
プロメテ(Prometheus)(声優:岸尾大輔
大鎌を使い、炎属性と無属性で攻撃する。パンドラとは対照的に感情的。「~しようじゃないか!!」という言い回しを多用する。モデルVの代弁者を自称する。
パンドラ(Pandora)(声優:伊藤静
杖と遠隔操作する二つのビットを使い、氷属性と雷属性で攻撃する。プロメテと行動を共にする謎の少女。感情をあまり表に出さない。モデルVの代弁者を自称する。
オメガ(Omega)(声優:諏訪部順一
エリアNの最深部にてヴァンとエールを待ち構えている。数百年前、ゼロが死闘の末に倒した、ゼロのオリジナルボディを持つレプリロイド。

ボスキャラクター編集

基本ボス編集

ライブメタルによって強化されたフォルスロイド(Falseroid)。決められた弱点を攻撃すると有利だが、もらえるライブメタルの状態が悪くなってしまう(4段階)。自己修復機能を持ち、ある条件で何度でも復活する。 以下ライブメタル別に表記。因みに名前の頭文字が、そのライブメタルと同じになっている。尚、ハリケンヌ、フランマール、レグアンカー、プロテクタスは、ハイボルト、フィストレオ、ルアール、パープリルをのうち、同じライブメタルを持つボスを撃破しなければ対峙できないようになっている。

モデルH
ハイボルト・ザ・ラプタロイド(Hivolt the Raptoroid)(声優:伊藤浩資
陽電子ビットとなる脚部を無線稼動し攻撃・防御を行う。
理性的な性格だが勝負には一切手を抜かない。デザインモデルは猛禽類
ハリケンヌ・ザ・ウルバロイド(Hurricaune the Wolveroid)(声優:柳井久代
首・手首・足首・腰に鎌状のエネルギー波を発生させ高速回転させて竜巻を起こしたり相手を切り刻む。
開発スタッフ曰く、「強気なお姉さん」らしい。デザインモデルは鎌鼬
モデルF
フィストレオ・ザ・プレデトロイド(Fistleo the Predatoroid)(声優:松山鷹志
各部のバーニアを利用して攻撃する独自の拳法「霊央拳」を扱う。
限界の先にある強さを求め、ある計画に協力している。弱者には興味がない。デザインモデルはライオン
弱点である頭部が剥き出しになっている為、攻撃がライブメタルに当たりやすく、回復技も持つため、LV4達成は至難の技。
フランマール・ザ・モルロイド(Flammole the Moleroid)(声優:福原耕平
両腕に火炎放射器ドリルの機能を併せ持つ。腕のドリルと小型のボディを駆使した素早い地中移動が特徴。
何故か関西方面の口調で喋る。デザインモデルはモグラ。弱点が両腕とフィストレオ以上に攻撃が当たりやすくなっているためプレイヤー達には一番嫌われている。
モデルL
ルアール・ジ・アビスロイド(Lurerre the Abysroid)(声優:浅井清己
前作ロックマンゼロのレヴィアタンに似た姿だが、本体は巨大な魚型のフォルスロイド。
普段はぶりっ子だが、本性は凶暴な二重人格で口調が一変する。デザインモデルはチョウチンアンコウ
フォルスロイドの中では一番人気。
レグアンカー・ザ・ゲルロイド(Leganchor the Gelroid)(声優:龍谷修武
巨大なフォルスロイド。装備したスクリューで相手を引き寄せ錨状の触手で捕獲する。
老人口調で人を悟すような口ぶりだが、言うことを聞かないようなら実力で制圧する。
デザインモデルはクラゲ。因みにあまりに巨体なため、切断系攻撃で倒されるグラフィックが複数存在する。
モデルP
パープリル・ザ・マンドロイド(Purprill the Mandroid)(声優:高木渉
巨大手裏剣に変形できる。
ヴァン編では、ヴァンの母親を巻き込んだイレギュラー襲撃事件の張本人で、その事件でセルパンに見いだされ幹部となった。
デザインモデルはマントヒヒ
プロテクタス・ザ・ゴアロイド(Protectos the Goreroid)(声優:酒井敬幸
頑丈なボディと破壊的火力の核ミサイルを内蔵している。完全防御形態になると360度あらゆる方向からの攻撃を無効化できる。
外見、性格ともに厳めしく、「踏む」「足跡」という言葉をよく用いる。
デザインモデルはサイ

雑用ボス編集

ギガアスビス
コブラ型メカニロイド。酸をはいたり体当たりをして攻撃してくる。
ウォーライア
エイ型物資運送機。地上の攻撃は当たらない。
キングフライヤー
蝿型武装ヘリコプター。
クラッシュローラー
前方のローラーで障害物を粉砕するロードローラー。
メットールパワード
巨大メットール。
テンタクラミア
中から触手をダウンロードする巣型コンピューター。
ガレオン・ウィングDX
ガーディアンベース強襲事件の幹部2人組。
ラバデビル
拳の形に変形できるマグマの怪物。
ダスマンクス
隼型メカニロイド。レーザーショットといった光学兵器を使う。
アドマレイド
隼型メカニロイド。蛇型ミサイルを発射する。
オリハルコン
隼型メカニロイド。ダスマンクスやアドマレイドのような個性的要素がなく、槍降らしなどといった全体攻撃を行う。
ロックマンゼロシリーズからの復活ボス
ロックマンゼロ3とリンクしている場合はロックマンゼロ3の基本ボスの内の半分と、ロックマンゼロ4とリンクしている場合はロックマンゼロ4の基本ボスの内の半分と戦うことが出来る。両方ともリンクしてボスを全員撃破するとモデルOが入手できる。

ライブメタル編集

謎の物質。ヴァンやエール、ジルウェの変身(ロックオン)の他にフォルスロイドの強化にも使用できる。 ライブメタルを扱うことができる者は、正義のために使うこともできれば、世界を支配することもできる。モデルX、Z、H、F、L、PはモデルVを元にガーディアン初代司令官が、英雄達のデータを入れて製作した。6つのライブメタルの真の力を使いこなせる者はモデルVの真の力を使いこなせる。ただし、初代司令官の製作したライブメタル達は製作された時期の記憶を失っており、誰が作成者なのかは知らない様子。

なお、ヴァン・エールはモデルXの適合者であり、それ以外のモデルとはモデルXと同時にロックオン(ダブル・ロックオン)しなければならない。モデルVは使用できない。

モデルX(声優:水島大宙
青いライブメタル。参考となったモデルは伝説の英雄、ロックマンエックス。
ヴァン達はガーディアンからこれの輸送依頼を受けていた。二人の勇気に応え、力を貸す。
モデルZ(声優:風間勇刀
赤いライブメタル。参考となったモデルは伝説の破壊神、ゼロ。モデルX同様輸送依頼を受ける。
初めはジルウェに力を貸すが後にヴァンとエールにジルウェから託され、二人はロックマン・モデルZX(ゼクス)へロックオンする。
モデルH(声優:緒方恵美
緑色のライブメタル。特定のフォルスロイドが強化パーツとして装備している。
参考となったモデルはネオ・アルカディア四天王の賢将ハルピュイア。電気属性。
モデルF(声優:中井和哉
赤いライブメタル。特定のフォルスロイドが強化パーツとして装備している。
参考となったモデルはネオ・アルカディア四天王の闘将ファーブニル。炎属性。
モデルL(声優:今井由香
青いライブメタル。特定のフォルスロイドが強化パーツとして装備している。
参考となったモデルはネオ・アルカディア四天王の妖将レヴィアタン。氷属性。
モデルP(声優:稲田徹
紫色のライブメタル。特定のフォルスロイドが強化パーツとして装備している。
参考となったモデルはネオ・アルカディア四天王の隠将ファントム。無属性。
モデルO
誰が何のために作ったのか全く以って分からない謎のライブメタル。「ふしぎないし」の正体がモデルO。参考となったモデルはロックマンゼロ3の最終ボスであるオメガ第3形態・オリジナルゼロ。ちなみに、フランマールが感じていたライブメタルの気配とはモデルOの気配である。
モデルV
プロメテたちが言う「あの男」が作った世界を破滅へと導くライブメタル。イレギュラー発生の原因の元。その正体は、バイルと融合したラグナロクが地球落下の際に飛び散らせた破片。もっと大きな本体がある。

モデル編集

ヴァンとエールがライブメタルによって変身したロックマンの姿。全モデル共通で、ダッシュ、壁蹴りといった能力を使える。

モデルX
同名のライブメタルがヴァン、エールの勇気に応えることで変身(ロックオン)する。
基本装備はXバスター。基本のスタイルだが、全モデルの中でも随一の攻撃力を誇っている。無消費でチャージ攻撃できる代わりに、O.I.S(オーバードライブ・インヴォーク・システム)と呼ばれる、エネルギーを消費して潜在能力を発揮させるシステムを使用できない。
ストーリーの展開上、単体で使用できるのはモデルZXを手に入れるまでの数ステージのみである。ただし、ある条件を満たすことでモデルZX入手後も使用できるようになる。
モデルZX
モデルXとモデルZをダブル・ロックオンすることで変身する。
基本装備はZXバスターとZXセイバー。射撃格闘どちらもこなすバランスのよいモデル。無消費でチャージ攻撃できる代わりに、O.I.Sを使用できない。
モデルHX
モデルXとモデルHをダブル・ロックオンすることで変身する。
基本装備はダブルセイバー(二刀流)。エアダッシュやホバー移動が可能で、空中戦に長けている。また、ライブメタルスクリーン(ニンテンドーDSのタッチスクリーンに表示される、モデル特有の機能)には、敵のライフや、敵がフォルスロイドの場合はライブメタルの位置(=弱点)も表示する「エネミーアナライジング」。
O.I.Sを発動すると、攻撃に電気属性が追加される。
モデルFX
モデルXとモデルFをダブル・ロックオンすることで変身する。
基本装備はナックルバスター(二丁)。ライブメタルスクリーンは、ナックルバスターで発射される弾の軌道を指定できる「バスターエディット」。
O.I.Sを発動すると、攻撃に炎属性が追加される。
モデルLX
モデルXとモデルLをダブル・ロックオンすることで変身する。
基本装備はハルバード(両側に刃のついた)。水中戦に特化した仕様。ライブメタルスクリーンは、周囲の地形やアイテムの位置などを調べる「アイテムサーチング」。
O.I.Sを発動すると、攻撃に氷属性が追加される。
モデルPX
モデルXとモデルPをダブル・ロックオンすることで変身する。
基本装備はクナイ(チャージ攻撃は十字手裏剣)。ライブメタルスクリーンは、周囲の地形や敵の位置を調べる「レーダースコープ」。また、「ナイトスコープ」という能力で、暗闇の中でも視界が広くなる。
O.I.Sを発動すると、ダッシュ中のみほとんど攻撃を回避できる能力「シャドウダッシュ」を使用できるようになる。
モデルOX
モデルXとモデルOをダブル・ロックオンすることで変身する。ロックマンゼロ3に登場したオリジナルゼロ・オメガと同じ姿になる。
基本装備はアルティメットセイバーとバスターショット。隠しモデル。同じような装備を持つモデルZXと比較すると、セイバーの攻撃範囲やチャージ時の威力は勝るが、チャージショットの貫通力の面などでは劣っている。
O.I.Sを発動すると、龍炎刃や裂光覇などのロックマンXシリーズ同様の必殺技を使用できるようになる。また、このモデルはO.I.Sによるエネルギー消費がない。

備考 編集

  • 物語の途中で見つかるレポートに振られている番号が、「555913」「315000」と仮面ライダー555に関係したものになっている。
  • 「ロックマンゼロ」に関連したキャラクターが背景などに紛れ込んでいる。
    • プレリーの部屋にゼロ・シエル・アルエットと思われる写真が置かれており、また置かれているぬいぐるみがサイバーエルフをモチーフにしたもの。
    • エリアH-1のメリーゴーランド(よく見るとアステファルコンがいる)
    • エリアC-1の地下(パンテオンがごみと一緒に捨てられている)
    • エリアF-3の入り口から右上に上がった所にある、凍ったブロックと普通のブロックが固まっている所の背景に、チルドレ・イナラビッタが逆さまに吊るされている。
    • エリアA-2のギガアスピス(蛇型メカニロイド)と戦ったあたりの折れた木の中にヒューレッグ・ウロボックルがめり込んでいる。(よく見ると目(?)が光っている。)
    • オメガとの戦闘中、背景にロックマンゼロのゼロが最初に発見された場所(ゼロとオメガ第3形態の決戦の場でもある。)がちらつく。
    • エリアH-3のUFOキャッチャーの背景にハルピュイア・ファーブニル・ファントム・レヴィアタン・エルピス・ゴーレムがいる。
    • ちなみにUFOキャッチャーが掴んでくる人形はロックマンゼロ・ロックマンEXEのキャラクターである。
  • 他のロックマンシリーズを意識した要素がいくつかある。
    • エリアDの構成が、ロックマンXのオープニングステージ風になっている。
    • エリアCにいる兄弟の車。(ロックマン バトル&チェイスでのロックマンとブルースのマシン)
    • アイテム「E缶」「W缶」。(ロックマンのアイテム)
    • 台詞「コンロみたいなおもちゃ」。(ロックマン&フォルテ 未来からの挑戦者のボスの一人、コンロマン)
    • 台詞「鋼の冒険心を持ち続けたい」。(ロックマンDASHのサブタイトル)
    • スタッフロール中のヴァン、又はエールがハイウェイを走っているシーンがロックマンXと同じ。(さらに、あることをするとモデルXにロックオンした状態で走る)

漫画版 編集

ゲーム雑誌『ファミ通DS+Wii』の別冊付録ファミ2コミックにて06年8月号~07年8月号まで連載、おぎのしんが執筆。単行本は全2巻。ゲームの公式サイトで第3話まで見る事が出来る。

ヴァンを主人公に置き、エールは登場していない。基本的にストーリーはゲーム版に沿う形となっているが、後半からは漫画版独自の展開が多く見られるようになった。また、戦闘シーンでゲームの様にライフゲージが表示されるという、一風変わった描写も特徴。

後に発売された単行本では全話に渡って大幅な加筆修正が加えられており、連載時とは殆ど別物に近い状態となっている。

漫画版とゲーム版の相違点 編集

  • 一部のミッションはカット、もしくは簡略化されている。特に後半はフォルスロイドとの戦いがメインとなり、ゲーム版のミッション内容は殆ど再現されなかった。
  • ヴァンのゲーム仲間の少年である、シュウというオリジナルキャラクターが登場している。
  • パープリルがモデルF、モデルH、モデルLを取り込み、強化する。
  • ゲーム版ではモデルZXはO.I.Sを使えないが、最終回において使用した。

u-capcom連載コーナー『ヴァンとエールから質問』編集

カプコンの公式ファンサイト「u-capcom」スタッフコーナー内にて連載されていたミニコーナー。現在はゼクスシリーズ公式ブログ「ロックマン ゼクス通信」へ引っ越している。かつては毎週更新されていたが、連載27回目からは隔週更新となり、30回目をもって更新が途絶えている。その後はプロメテとパンドラのガセネタ地獄に変わった。

毎回出されるお題にユーザーが答え、その回答をヴァンやエールが紹介する、というのが基本的な内容。全体的に「お遊び」な雰囲気が強く、プレリーが勝気、プロメテがパンドラの尻に敷かれているなど、キャラクターの性格もかなり異なっている。

関連項目 編集

外部リンク編集

テンプレート:Navigation2

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki