FANDOM


ロックマン&フォルテ 未来からの挑戦者』(ロックマンアンドフォルテ みらいからのちょうせんしゃ)は、バンダイから1999年10月28日ワンダースワン専用ソフトとして発売されたアクションゲームである。

本作はバンダイがカプコンからのライセンス許諾を受けて発売されたものである。そのため、カプコンの作品リストには本作が収録されていない。

概要 編集

ロックマンとフォルテからプレイヤーキャラクターを選択するシステム、及び作中のBGMは『ロックマン&フォルテ』からのものだが、ストーリーおよびボスキャラクターは完全オリジナルとなっている。シリーズの法則性に当てはまらないシステムや演出(武器選択画面で音楽が切り変わる、ボスが爆発後に四散しない、クリア時の音楽がない、など)がある。またレゲエやタンゴ、クイント(及びサクガーン)といった過去のキャラクターが登場するのも特徴である。

本作独自の特徴 編集

  • 敵の弾は撃った敵を倒すと消える。そのため、弾は避けるよりもその敵を倒して消す方が有効である場面が随所に存在。
  • メットールなどに弾かれた跳弾にも攻撃力があり、エアコンマンステージの中ボスはそれを利用して倒す方法が用意されている。
  • オープニングステージを除いて必ず中ボスが登場し、撃破直後の地点とボス部屋前の通路がリトライポイントとなっている。

ストーリー 編集

ロックマン・シャドウと名乗るロックマンにそっくりなロボットが、百年後の未来でロボット達を集めて「ディメンジョンズ」という組織を結成し、ディメンションズを率いて現代にタイムスリップし、人類に宣戦布告をした。そして、人間とロボットが平和共存している街、シンフォニーシティを襲撃した。ロックマンとフォルテは現場に急行するが…。

主要キャラクター 編集

  • ロックマン(Rockman)
  • フォルテ(Forte)
  • ロール(Roll)
  • ブルース(Blues)
  • ライト博士(Dr. Right)
  • ライトット(Rightot)
  • Dr.ワイリー(Dr. Wily)
  • コンパスマン(Compassman)
文房具(腕と上半身)、方位磁針(額と下半身)、羅針盤(周りの輪)といった全ての「コンパス」のデザインを併せ持つロボット。上半身と下半身が分離可能で、本体は下半身である。ディメンションズの幹部で、現代に来ての日記を書いた。
  • ロックマン・シャドウ(Rockman Shadow)
ロックマンに姿が似ているがその正体はクイントの失敗作で、ワイリーに捨てられたシャドウは自分で自分を改造、その力で未来の地球上を破壊し尽くした。そして、自分を倒せる者を探すために時を越えてきた。武器は右手のレーザー砲、ワープ機能を持ったサクガーン、光剣である。
ちなみに、シャドウが自身の正体を語る際に画面に表示される画像は、クイントの登場した『ロックマンワールド2』が元。背景や地形デザイン・ドット絵などが『ワールド2』に似せてある。

ボスキャラクター 編集

基本ボス 編集

がロックマンの武器で、がフォルテの武器。

ダンガンマン(Danganman)
弾丸型のロボット。バルカン砲と強力な突進が武器。
フォルテバルカン(FV)- 途中で敵をサーチしてカーブしながら飛んでいく弾を発射する。
ロックンバルカン(RV) -3方向に分裂する弾を発射する。
コンロマン(Konroman)
コンロ型のロボット。ヒートマンのような眠そうな目つきをしている。をばらまくフレイム攻撃が得意。
フレイムシャワー(FS) - 前方に炎を放射する。放射を止めると、炎は真上に飛んでいく。攻撃力は低い。
フレイムミキサー(FM) - 周囲に4つの火の玉を回転させる。バリヤーではないので敵の弾は防げない。回転を止めると、火の玉は真上に飛んでいく。攻撃力は低い。
エアコンマン(Airconman)
名前はエアコンだが、デザインは巨大な扇風機に手足と頭がついたような姿(エアーマンタイプではない)、そして両手にはうちわを装備。風を起こす間はバスターを弾き、左右から発生させる雲は地形判定で、挟まれると即死。
バリアウィンド(BW) - 攻撃力の高い衝撃波を放つ。特定の壁を壊せる。
フォルテサイクロン(FC) - 攻撃力の高い衝撃波を放つ。特定の壁を壊せる。
コムソウマン(Komusoman)
虚無僧型のロボット。分身をつくっての戦いを得意とする。尺八の音で炎を操る。
ドップラーアタック(DA) - 4体の小さな分身に変身し、敵に触れることで攻撃する。使用中は完全無敵、かつ自由に飛行でき、地形もすり抜けられ、攻撃力も高く、エネルギー切れの場合を除けば任意で変身解除可能という利便性を誇るが、地形の中で変身を解くと即死する。
ドッペルクラッシュ(DC) - 全身にエネルギーを溜め込み、完全無敵となって体当たりを繰り出す。使用にはチャージが必要で、チャージ中は動けない。終了時には無敵時間が発生する。攻撃力が高い。
クロックメン(Clockmen)
二人組の時計型ロボットという、従来では登場しなかったタイプのボス。時間を止められるうえに雷まで発生させることができる。このロボットのタイムスリップによって百年後の未来からロボット達がやってきた。
タイムスイッチ(TS) - 3秒だけ時間を止める。時間停止中は攻撃不可能だが、敵に触れてもダメージを受けない。
タイムボム(TB) - 3秒だけ時間を止める。時間停止中は攻撃不可能だが、敵に触れてもダメージを受けない。

雑用ボス 編集

グレーデビル
オープニングステージのボス。人型の時に目を完全に見開いた一瞬にしかダメージを受けない。移動はスライム状に変形して行う。また体の一部を飛ばし、こちらの動きを封じてくる。
ダンガンマンステージ 中ボス
名称不明。ビーブレイダー(『ロックマンX』)に似た外見。ゆっくりと進む誘導弾を3発放つ。部屋の端で静止しているが、誘導弾を全て破壊した瞬間に反対の端へ高速で移動する。
ビッグハンド
コンロマンステージの中ボス。巨大な手の形をしたメカで、地形を崩し、足場を狭めていく。
オクタゴン
エアコンマンステージの中ボス。巨大なタコ型のメカで、常に2体のメットールを従えている。縦長の部屋の上に陣取っているため、横方向への攻撃は直接届かない。
ビッグツインレーザー
コムソウマンステージの中ボス。2門のレーザー砲を持ち、部屋の端で上下移動しつつレーザーを発射。周期的に反対側へワープ移動もする。
タイムマンステージ 中ボス
名称不明。ジャンプ移動して岩を落としてくる。
コンパスマンステージ 中ボス
名称不明。戦車型のメカと、天井の砲台とに分かれており、戦車メカの頭が弱点。天井の砲台は弾をばら撒いたり、鉄球をぶつけて攻撃してくる。
ロックマン・シャドウステージ 中ボス
名称不明。頭頂のライトが弱点。天井を往復移動し、骨を数発づつ発射して攻撃する。

外部リンク 編集

テンプレート:Navigation2 テンプレート:先代次代2

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はロックマン&フォルテ 未来からの挑戦者にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki