Fandom

ゲーム情報ウィキア

マイト・アンド・マジック

1,608このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

マイト・アンド・マジックMight and Magic、略:M&Mマイトマ)は、コンピュータ・ロールプレイングゲームのシリーズで、米国ニュー・ワールド・コンピューティング社(後、3DO社に吸収)から発売された。開発者はジョン・カネガムen:Jon Van Caneghem)。日本語版はスタークラフト (1-5) およびイマジニア (6-9) から発売。

本編RPGシリーズ以外にも、Heroes of Might and Magicシリーズなどの派生作品が多数発売されている。

2003年8月、連邦倒産法第11章を申請した3DO社から、ユービーアイソフトが130万ドルでマイト・アンド・マジックの版権を買い取った。その後はユービーアイソフトから「マイト・アンド・マジック」の名を冠した作品が発売されている。

概要編集

本シリーズは、さまざまなクラスのメンバーで構成されるパーティを操作し、一人称視点で表現された中世風のファンタジー世界を探検するコンピューターRPGである。

マイト・アンド・マジック以前の3DタイプのCRPGは、ダンジョンや街など限定されたエリアを冒険するものが多かったが、本シリーズはダンジョンや街だけでなく広大なフィールド全てを3Dで移動する点が特徴的であった。 行動範囲の制約は少なく、プレイヤーは各地でクエストを引き受けながら、自由に世界を探検することができる。クエストを達成する順番も、特に規定されていないことが多い。 特定の場所に行くとその日だけパーティ全員のレベルが10上がるなど、一時的ではあるが膨大なパワーアップが随所に用意されているのも特徴である。

クエストを達成という目標もあるものの、基本的には戦闘重視のゲームであり、敵モンスターの大集団との戦闘もよく発生する。

ゲームシステム編集

シリーズの初期は『ウィザードリィ』や『バーズテイル』と同様のインタフェースだった。通常の敵は移動中にメッセージが表示されて戦闘モードに切り替わるランダムエンカウンター型で、レベルとエリアに応じた敵が現れる。レベルを上げすぎると敵もかなり強くなるため、クリアが難しくなる。マイト・アンド・マジックIIIからは、敵がランダムエンカウンターではなくAD&D『アイ・オブ・ザ・ビホルダー』シリーズのように、あらかじめマップ上にワンダリングモンスターとして存在しており、ターン制移動するようになった。このため、離れていても双方が長距離攻撃を行うことが可能であり、敵と近接すると戦闘モードになる。マイト・アンド・マジックVI以降は、『DOOM』型の滑らかにスクロールする3D画面になった。戦闘はターン制であるが、リアルタイム・モードに切り替えて戦闘を行うこともできるようになっている。

また、I,II は特定箇所での敵の出現の形式、III,IV,V では敵は有限で、倒すと復活することはない。VI 以降では、倒した敵はある程度の時間経過後に復活するゲームシステムとなっている。

世界観編集

ゲームは基本的にファンタジーの世界観に沿った世界が舞台となるが、シリーズの背景にはSF要素もある。シリーズの舞台は、Ancientsという強力な存在が星々を管理する宇宙である。パーティは、惑星のひとつでモンスターと戦いながらクエストを完遂していき、やがてはAncientsと関わり合っていくことになる。

遭遇するモンスターは基本的に巨大ネズミやメデューサドラゴンゾンビといったファンタジーの標準的なモンスターが多いが、終盤になると、ロボットなどのSF風の敵も登場する。

種族編集

ここではパーティーに入れることができる種族のみを紹介する。

人間 (Human)
全作品に登場。標準的な能力を持つ。恐怖と眠りに耐性がある。
VI以降では心霊魔法と肉体魔法に耐性がある。
エルフ (Elf)
全作品に登場。知性と器用さが高いが、力と耐久力は低い。
IXでは器用さが高く、体力は低い。恐怖に耐性がある。VI以降では精神魔法に耐性がある。
ドワーフ (Dwarf)
全作品に登場。耐久力と運(あるいは力)が高いが、知性(あるいは器用さ)とスピードが低い。
IXでは体力が高く、魔力は低い。毒に耐性がある。VI以降では地の魔法と水の魔法に耐性がある。
ノーム (Gnome)
I~IIIに登場。運が非常に高いが、スピードと正確さは低い。魔法に耐性がある。
ハーフオーク (Half-Orc)
I~III、IXに登場。力と耐久力が高いが、知性・魅力・運が低い。
IXでは力が高く、速さは低い。眠りに耐性がある。
ゴブリン (Goblin)
VI~VIIに登場。力とスピードが高いが、知性・魅力が低い。炎と風の魔法に耐性がある。
トロール (Troll)
VIIIのみ。非常に高い体力を持つ種族。
ミノタウロス (Minoraur)
VIIIのみ。斧を操る種族。
ダークエルフ (Dark Elf)
VIIIのみ。闇の道を選んだエルフ。弓と精霊魔法、それに取引と解除の達人。
ヴァンパイア (Vampire)
VIIIのみ。体力を吸い取るなどのヴァンパイアの特殊能力のほか、短剣と個人魔法を操る。本来は日の光に弱いはずなのだが、パーティに入っている場合は日中でも行動に制限はない。
ドラゴン (Dragon)
VIIIのみ。空を飛び炎を吐く生き物。

職業(クラス)編集

I~Vではキャラクターメイキング時に選択したクラスは変更することができないが、VI~VIIIはそれぞれより高度なクラスにランクアップできる。さらにVIIでは光の道・闇の道どちらを選んだかによってランクアップするクラスが異なる。

VIIIでは職業も種族として分けられており、同じ人間であっても騎士と僧侶と魔法使いが別の種族として選択できるようになっている。

IXではこれまでのシリーズとは異なり、最初はファイター(武の道)、イニシエイト(魔術の道)の二つクラスしか選択できないが、その後の選択によってより専門的なクラスにランクアップするようになっている。

以下はシステムが特殊なVIII~IXを除いた代表的な職業。

騎士 (Knight)
全シリーズに登場。あらゆる武器の達人。
戦士 (Paladin)
全シリーズに登場。騎士には劣るがあらゆる武器の達人で、僧侶の魔法も使うことができる。
盗賊 (Robber)
VIを除く全シリーズに登場。罠の解除のエキスパートだが、戦闘能力は低い。
射手 (Archer)
全シリーズに登場。弓のエキスパートで魔法使いの魔法も使える。I・IIでは前衛からでも弓を撃つことができたが、前衛・後衛の区別が無くなったVI以降ではこのような特殊能力は無い。
僧侶 (Cleric)
全シリーズに登場。主に治療の魔法を扱う。
魔法使い (Sorcerer)
全シリーズに登場。主に攻撃の魔法を扱う。
忍者 (Ninja)
II~Vに登場。罠の解除が可能。盗賊よりもやや戦闘向き。
野蛮人 (Barbarian)
II~Vに登場。最も体力が高い戦士だが、使える武器・防具が限られている。
ドルイド (Druid)
III~VIIに登場。僧侶と魔法使いの魔法が使える。IIIではドルイドとレンジャーだけが使える魔法があった。
レンジャー (Ranger)
III~V、VIIに登場。武器もそこそこ扱える上に、ドルイドの魔法が使える。IIIではドルイドとレンジャーだけが使える魔法があった。
VIIでは斧のエキスパート。

本編編集

Might and Magic: the Secret of the Inner Sanctum (1987年
極端な自由度の高さ、マップの広大さなど、世界で遊ぶという方向性で熱烈なユーザを獲得したシリーズ第一作。逆に難易度は高く、初心者にとっては何をすればいいのかすら明示的には提示されない。但し、概要にあるとおり基本的には戦闘を主体とし、Wizardry のような難解な謎解きよりは戦闘の爽快さを強調するシステムとなっている。また、SF 色もこの作を嚆矢とする。なお、I,II では敵は特定箇所でエンカウントする (Wizardry のゲームシステムに近い)形式で、同じ箇所に行けば何回も出現する。レベルが低い間(集団攻撃魔法を唱えられるようになるまで)は非常に経験値が溜まりにくく、レベル2になるまでにも相当数の戦闘と宿屋での休息を必要としたので、日本では初期段階で投げ出す人も多かった。
Might and Magic II: Gates To Another World (1988年
I の続編の位置づけで、ゲームシステム的にはマイナーチェンジにとどまるが、今作からクエストの概念が導入されている。前作のキャラを引き継ぐことが可能である(レベル7として設定される)。ハイアリングを雇うことが出来るようになった。
Might and Magic III: Isles of Terra (1991年
前2作と比べるとグラフィック面が大幅に強化され、文字入力などを除きフルマウスオペレーションを実現している(キーボードでも操作可能)。これまでのエンカウント方式から、マップ上にモンスターが配置されているという形式に変更され、遠距離からも攻撃ができるようになった。
Might and Magic IV: Clouds of Xeen (1992年
細部の変更はあるが、ほぼIIIと同様のシステムが採用されている。街で訓練できる最大レベルは20までに制限され、クエストもこのレベルで達成できるゲームバランスに調整されている。そのため、単体で見るとシリーズの他の作品に比べて控えめなバランスに仕上がっている。
Darkside of Xeen (DOX) とPC上で合体させてプレイすることもでき、そうして初めて探検できるエリアも存在する。
Might and Magic V: Darkside of Xeen (1993年
単体でもプレイできるが、Clouds of Xeen (COX) とPC上で合体させてプレイすることもでき、COXのキャラクターを引き継ぐことができる。また、新しいキャラクターで1レベルからプレイすることもできる。訓練できるレベルに制限はなく、COXに比べても強力なモンスターが多く登場し、それだけ報酬も多い。COXと合体させた場合、後述のWorld of Xeenの追加シナリオもプレイできるようになっている。
当初COXとDOXには番号が振られていなかったが、Might and Magic Trilogyが発売されたときにMight and Magic IV、Vとして紹介された。
Might and Magic: World of Xeen (1994年
COXとDOXを購入すると、PC上で2つのゲームを合体させてWorld of Xeenというゲームをプレイできる。両方の世界を行き来しながら冒険を行えるだけでなく、両方の世界でメインのクエストを達成した後に挑戦できるクエストも追加されている。
New World Computingは後にWorld of Xeenの名で合体済み(個別インストール不可)のCD-ROM版を販売した。
Might and Magic VI: the Mandate of Heaven (1998年
Heroes of Might and Magic IIと共通の世界観・登場人物の元で作られているが、以前の Might and Magic 同様 ロールプレイングゲームであり、プレーヤは与えられたクエストを解きながら自由探索を行うという構成となっている。膨大な世界、以前の Might and Magic を継承した自由度などを含め、恐らく連作中でももっとも難易度は高いがシリーズ屈指の作と評される。今作からエンジンが一新され、3D 世界の探索となっている。
ストーリーは外伝であるHeroes of Might and Magic IIの続きで、Heroes IIで継承戦争に勝利したローランドが治めるエンロスが舞台だが、ローランドはクリーガンとの戦いで行方不明となっている。
Might and Magic VII: For Blood and Honor (1999年
前作の反省からか難易度が大幅に(特にマップの規模やモンスターの数といった点で)落とされているが、基本的な構成は変わらない。本作の特徴は、光と闇の二つのエンディングを持つこと、職業選択とスキルに対する制約が導入された点である。後者はこの後の作品でも複雑化する形で引き継がれる。
ストーリーは外伝であるHeroes of Might and Magic IIIの続きで、キャサリン王女によって復興されたエラシアが舞台。Heroes IIの継承戦争に破れたアーチバルドが暗躍している。
Might and Magic VIII: Day of the Destroyer (2000年
単体でも遊べるが、基本的に 6-8 は三部作と考えて良い。冒険メンバの入れ替えなど新要素は加わっているが、独立した続編の位置づけである。難易度は低い。
ストーリーは天変地異に見舞われたジャデイム大陸が舞台で、時代的には外伝のHeroes of Might and Magic III Armagedon's Bladeの後となる。
Might and Magic IX: Writ of Fate (2002年
シリーズ最終作(2007年現在)。VI - VIIIとは異なるグラフィックエンジンが採用され、外見や操作性は異なったものとなっているが、基本的にはスキルや魔法など前作までのシステムを継承している。本作ははっきりしたストーリ展開が導入されるなど、一般的な RPG 寄りの作りとなっている。
北欧神話を基にした新たな世界を舞台とし、SF的なバックグラウンドもゲーム中には出て来ない。また、HeroesシリーズやVIIIまでの登場人物も引き継がれなかったが、ただ一人、ニコライ王子だけはなぜか登場する。

派生作編集

Heroes of Might and Magicシリーズ編集

HoMMと略される。Might and Magicシリーズと並行して開発されたストラテジーゲーム。最初はグラフィックと世界観を流用して作られていたが、後に世界観を完全に共有し、互いに続編として補完しあう関係となった。

King's Bounty
厳密にはMight and Magicシリーズに含めることは出来ないが、後のHeroesシリーズの原型であるため、ここに挙げた。
Heroes of Might and Magic (1995年
ストラテジーゲームKing's Bountyの成功後、その後継作はMight and Magicのグラフィック(World of Xeenの顔グラフィック)や世界観を取り込んでHeroes of Might and Magicが作られた。
Heroes of Might and Magic II the Succession Wars
エンロスの王位継承戦争を描く作品であり、この作品から本編とHeroesシリーズとは世界観を完全に共有し、協調して作品が作られていった。善のローランドと悪のアーチバルドのどちらに仕えるかを選択でき、2とおりのキャンペーンをプレイできる(ただし、以降のストーリーはローランド側が勝利したものとして展開する)。本編VIはこのHoMM IIの後の時代にあたる。
拡張パック「The Price of Royalty」が発売された。
Heroes of Might and Magic III the Restoration of Erathia
HoMM2の続編であり、MM6と時間軸で並行する作品である。ストーリーはリッチとして転生させられたグリフォンハート王に支配されたエラシアを、王の娘であるキャサリン王女が復興させるというもの。本編VIIはこのエラシア復興後の話となる。
拡張パック「The Armageddon's Blade」と「The Shadow of Death」の2本が発売された。「The Armageddon's Blade」は本編VIIの続きで、本編で救出されたローランドも登場し、本編VIより続いたクリーガンとの戦いに決着をつける。
Heroes of Might and Magic IV
HoMM2,3とMM6,7の世界は、この作品のオープニングで破壊され、人々は新世界に移行した。その新世界をベースとした作品。3の登場人物が多数引き継がれている。
拡張パック「The Gathering Storm」と「Winds of War」の2本が発売された。
Heroes of Might and Magic V
ユービーアイソフトに版権が買われてからの新生マイトアンドマジックの第一作目。開発はニーバルで、ジョン・カネガムは関わっていない。従来のシリーズと違い、フル3Dである。また、世界観も新しい物となっている。
拡張パック「Hammers of Fate」が2006年に発売された。また、2007年秋には拡張パックではなく単体でプレイ可能な「Tribes of the East」の発売も予定されている。

Heroes Chroniclesシリーズ編集

HoMM3からの派生作品。HCと略される。主人公は全作通して野蛮人Tarnumであり、死後Ancestorの審判により楽園に入るには罪深すぎるとして世界の危機を救うための駒として使われる物語である。後にHoMM4の冒頭でGeluと戦い、世界を破滅に導くことになった。ゲームシステムはHoMM3のものを多少カスタマイズしただけであり、見た目はまるっきり同じである。

Heroes Chronicles Conquest of the Underworld
テンプレート:節stub
Heroes Chronicles Warlords of the Wasteland
テンプレート:節stub
Heroes Chronicles Clush of the Dragons
テンプレート:節stub
Heroes Chronicles Masters of the Elements
テンプレート:節stub
Heroes Chronicles the World Tree
3DOのホームページでダウンロードできるシナリオで、HCシリーズを2作購入した人だけがインストールすることが出来た。Ancestorの1人Vorrが狂気に陥り、世界樹を破壊しようとするのを阻止する物語。
Heroes Chronicles the Fiery Moon
3DOのホームページでダウンロードできるシナリオで、HCシリーズを3作購入した人だけがインストールすることが出来た。the World Treeの続編で狂気に陥ったVorrを倒す物語。
Heroes Chronicles the Final Chapters
「Heroes Chronicles Revolt of the Beastmasters」と「Heroes Chronicles the Sword of Frost」の2本のシナリオを含むパッケージである(当初はそれぞれが単品販売される予定だった)。米国では3DOの通販サイトでのみ販売しており、一般販売は行われていなかった。英国では一般販売されたため、このパッケージを輸入した日本人もいる。
「Armageddon's BladeとSword of Frostがぶつかる時、世界は滅びる」この予言を阻止するため、Armageddon's Bladeの使い手であるGeluはSword of Frostを破壊するために旅にでた。彼の親友であったTarnumはArmageddon's BladeとSword of Frostが出会うこと自体を避けようと、Geluに先回りしてSword of Frostを手に入れんと探索を始める。

上記2シリーズ以外のもの編集

Might and Magic: Swords of Xeen
Darkside of Xeenのシステムを利用してファンが作成した海賊版が起源。3DO社の目に止まり、Might and Magic Trologyに収録された。
Arcomage
もともとはマイト・アンド・マジックVIIとVIIIの酒場で遊べるミニゲームだったが、単独の製品としてもリリースされた。
Crusaders of Might and Magic
テンプレート:節stub
Legends of Might and Magic
オンラインゲーム。3Dエンジンにハーフライフエンジンを採用したミッションクリア型のファーストパーソン・シューティングゲーム。Might and Magicの名を冠してはいるが、内容はまるっきりFPSもの。ただゲームのテンポやグラフィックのテイストはMight and Magicの雰囲気を醸し出しており、欧米産RPG好きでFPS好きというごく限られたユーザーに熱狂的に支持された。モードはマルチプレイのみ。2001年に北米で発売され、すぐに日本、香港等で発売。その後ヨーロッパ各国で発売。ユーザー層とサーバーは発売国に順じて変遷していった。発売から6年経った今なお、ユーザーコミュニティ運営によるサーバーが数箇所稼動しており、このゲームに心底惚れこんだ古株ユーザーが稀に集まり、バトルに興じている姿が見受けられる。
Warriors of Might and Magic
テンプレート:節stub
Dark Messiah Might and Magic (2006年
舞台となる場所はHoMM5から18年後の世界である。3Dエンジンにハーフライフ2のSourceエンジンが採用されており、Sourceエンジンの強みである物理処理を利用して、地形や設置物を利用して攻略していく事が出来る。その為、単純に敵をなぎ倒していくだけではないアクションゲームとなっている。


cs:Might and Magiclt:Might and Magicro:Might and Magic ru:Might and Magic zh:魔法门

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はマイト・アンド・マジックにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki