FANDOM


テンプレート:文学 ベニー松山ベニーまつやま1967年-)は、東京都新宿区出身のゲームライター小説家ベニ松の愛称で呼ばれることもある。早稲田大学第一文学部文芸専修卒。なお大学は四度の留年・四年の休学を経て、12年かけて卒業した。

経歴・人物 編集

1986年、別ペンネームで『マイコンBASICマガジン』(電波新聞社)のライターとしてデビュー。1987年に『ファミコン必勝本』(JICC出版局/現・宝島社))でベニー松山名義を使うようになる。ペンネームの由来は、プロゴルファー猿の登場人物である紅蜂のファンであった事から。

コンピュータRPGウィザードリィ』のエヴァンジェリストとして知られ、1988年にはウィザードリィを元にした小説『隣り合わせの灰と青春』を発表、以降も小説や外伝のゲームシナリオを手がける。

1989年、編集プロダクション「スタジオベントスタッフ」の設立に参加、現在同社取締役でもある。主にシナリオや小説パートを担当している。

主な著作 編集

小説 編集

攻略本 編集

  • ウルティマ 恐怖のエクソダス 完全必勝本』(JICC出版局)
  • 『ウィザードリィのすべて』(JICC出版局)
  • 『ウィザードリィIIIのすべて』(JICC出版局)
  • 『ウィザードリィ・外伝II イマジネーションズガイドブック』(アスキー

ゲームシナリオ 編集

  • 『ウィザードリィ・外伝II 古代皇帝の呪い』(アスキー) ※後に『ネザードメイン2』(サクセス)としてリメイク。
  • BASTARD!! -虚ろなる神々の器-』(セタ
  • 『ネザードメイン3』(サクセス)

CDドラマ 編集

  • 『ウィザードリィCDドラマ1 ~ハースニール異聞~』(バンダイ・ミュージックエンタテインメント) ※ストーリー原案として参加。

テンプレート:Writer-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はベニー松山にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki