Fandom

ゲーム情報ウィキア

ブラッディロア

1,608このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

ブラッディロア』 (BLOODY ROAR) は、エイティング(旧ライジング)開発、ハドソン発売の3D獣化格闘ゲームである。第1作が1997年アーケードで登場、コンシューマーゲームとしても発売され『4』までシリーズを重ねた。

「獣化ゲージ」を溜める事により、登場キャラクターが人間から獣人の姿へ「獣化」するのが特徴。獣化すれば牙や爪などによる攻撃ができ、攻撃力や防御力も大幅に上昇する。

概要 編集

格闘ゲームブームに、満を持してリリースされたタイトルであった。しかし実際はブームの後期に当たるリリースとなり、既に市場的には飽和期を迎えてしまっていたため、あまり良い迎えられ方はされなかったタイトルと言える。そのためマイナーな印象が強い。

シリーズ作品 編集

※AC=アーケードゲーム、PS=プレイステーション、PS2=プレイステーション2、GC=ニンテンドーゲームキューブ、Xbox=エックスボックス

ブラッディロア 編集

シリーズ1作目。ゲームセンターでの稼動は1997年。当時すでにセガの『バーチャファイター3』が稼動している時期であり、同時期に稼動している他のゲームに比較してグラフィック面では見劣りした。なお、アメリカではAC版のタイトルが『Beastorizer』へ変更されていたが、家庭用移植版から日本と同じ『Bloody Roar』となった。

セガの『ファイティングバイパーズ』にシステムが類似しており、これに2D格闘ゲーム的なキャンセルの要素や、獣化というパワーアップシステムを追加して構成されている。特に獣化は、本作の大きな特長となった。

後にプレイステーションへ移植された。爽快感を重視した「RAVEモード」が搭載され、PS版ではこのモードが標準として設定されている。また、BGMもPS版独自のものとなっている(設定でAC版のBGMにも変更可能)。

物語的には、国際企業タイロン社が獣人の兵器利用を画策し、そこに巻き込まれるという、格闘ゲームとしてはシリアスなもので、PS版で追加されたエンディングにも、ハードなものが多い。設定面で、平井和正の小説『ウルフガイ』の影響が見られる。

ブラッディロア2 編集

前作からグラフィックを向上し、ビーストドライブという必殺技や、ライトガード、ヘビーガードの使い分け、ガードブレイクという要素の追加などが行われた。

獣人状態と人間状態での攻防の差が大きくなり、いかに人間状態で守り、獣人状態で攻めるかが重要になっている。また連携攻撃からガードエスケープで抜け出す、それをガードブレイクで崩すといった攻防がある。

物語は、獣人が世間に認知されつつあるなかで、獣人の権利確立を叫ぶテロ集団「獣人解放戦線」の暗躍に対する主人公たち、という構図で、前作から引き続いてシリアスである。

プレイステーションへの移植版では、紙芝居的なストーリーモードが追加され、森下直親の手によるイラストで各キャラの物語が語られる。また、オープニングテーマには筋肉少女帯の「カーネーション・リインカネーション」が使われている。

ブラッディロア3 編集

アーケードには2000年末に登場。さらにグラフィックが向上し、グラフィックとしては他と遜色ないレベルになった。特に獣人の造形は他に類を見ないものである。家庭用への移植版もプレイステーション2へとプラットフォームを移した。

システムとしてはガードエスケープからギリギリエスケープへの変更、エアコンボシステムの追加、超獣化の追加などが行われ、とくにエアコンボシステムはダウン状態の相手にジャンプ攻撃で追撃ができるというもので、コンボの威力が大幅に向上し、結果として攻撃偏重になった部分がある。

アーケードで稼動した3作の中ではおそらくもっともゲームセンターで遊ばれたと思われる。ただし、アーケード版『ブラッディロア3』はステージ開始前のロード時にレバーやボタンの入力があると高い確率でフリーズしていたため、ゲームセンターのオペレーター泣かせなゲームでもあった。

物語としては、獣人の身体に紋章が現れその原因を解明するというもので、オカルト的な設定が前作までの路線からは遊離していた。この紋章は演出的な見せ場、そして「超獣化」のための物として考えられていたようだが、効果的な使い方がされたとは言い難い。また、紋章は『extreme』『4』にも受け継がれているが、以降の作品では単なる演出にとどまっている。

ブラッディロア エクストリーム 編集

この作品から家庭用ゲーム機のみに発売されることとなる。今までのシリーズと異なり、PS系ではなくゲームキューブXbox向けに発売された。欧米では、GC版のみタイトルが『Bloody Roar: Primal Fury』に変更されている。

グラフィックはゲーム機の性能に伴って向上した。また、ハードへの配慮か、シリーズでは唯一、血が吹き出るエフェクトが廃止され、かわりに黄色い火花のようなものが吹き出るようになっている。またゲームキューブ版ではオープニングにセル調のアニメが使われている。

システム的には、家庭用ゲーム機ということで大幅に変更が加えられた。特に操作系はパッドで操作しやすいように変更されている。また、コマンド投げが追加され、超獣化のリスクがほとんどなくなるなど、ゲームバランスよりはプレイのしやすさ、派手な展開を志向してシステムが組まれている。

物語は獣人王国で行われる獣人トーナメントに参加するという漫画的なもので、前作までの物語とは明らかに雰囲気が異なった、外伝的なものとなっている。隠し要素として漫画『ブラッディロア ザ・ファング』の主人公「ファング」も登場する。

この作品は、国内では大幅に売り上げを落としている。格闘ゲーム自体のブームの終焉、当時普及の進んでいなかったXBOX、GCへのプラットフォームの移行、アーケードゲームからの撤退、システム、雰囲気面での路線変更などが要因と考えられる。

なお、GC版はWii上位互換機能で遊ぶことができるが、Xbox版は2007年12月現在Xbox 360の上位互換には対応していない。

ブラッディロア4 編集

『3』と同じく、再びプレイステーション2用ソフトとして発売された。

血のりの量を売りにするなど、『3』以前の路線への回帰を志向している。前作までで根幹となっていた獣化システムに変更が加えられている。また家庭用への発売ということで、獣人達の能力を自由に変更できるキャリアモードが追加された。

小倉優子をイメージキャラクターとして起用してキャンペーンが行われた。

声優が変更され、これまで英語でしゃべっていた一部の登場人物も軒並み日本語でしゃべるようになっている。

操作 編集

レバー+4ボタン直列型。それぞれのボタンはG(ガード)、P(パンチ)、K(キック)、B(ビースト)となっている。

ほぼ全員の攻撃技のコマンドが基本的に共通化されており、また徹底して簡略化されている。

  • レバーの各方向+いずれかのボタン
  • 下から左、下から右+いずれかのボタン
  • 走り中、ジャンプ中、伏せ中+いずれかのボタン

ただし、連携攻撃については各キャラで異なるためにそれぞれ覚える必要があり、またシリーズが進むにつれて例外的なコマンドが増える傾向にあった。

『2』以降からはレバーニュートラルで「ライトガード」、Gを押すかレバー後ろのいずれかで「ヘビーガード」と、とガードの操作方法が複数種類あるのも特徴的である。

システム 編集

一番の特徴である「獣化」以外にも、システム面での挑戦が多いゲームである。

とかく回避手段が豊富である。ガードは2種類あり、その使い分けが必須スキルであった。他に「伏せ」という構えが存在し、打点の高い技と投げの両方を回避できるという驚異的な回避手段があった。『2』では「ガードエスケープ」、『3』では「ギリギリエスケープ」、『4』では「カウンターエスケープ」という回避手段がそれぞれに実装されている。『ファイティングバイパーズ』の影響が強く感じられる、「ガード&アタック」や「空中受け身」なども実装されている。

攻撃面で目立つのが、特定の攻撃をコマンド技でキャンセルできることと、そのコマンド技がガードボタンで途中止めできることである。これをうまく利用すれば、割り込まれるまで延々と攻撃を続けることが可能であった。防御側は前述の回避手段を駆使し、この攻撃にうまく割り込んで主導権を取り返す、というのが主な駆け引きとなった。

その他、ライトガードを崩す「ガードブレイク」、『バーチャファイター』シリーズに登場するような「崩れ」、受け身の取れない「きりもみダウン」、伏せからのみ出せる「伏せ攻撃」、投げのキャンセルや「六合」と呼ばれる特殊連携、無限に続く連携やジャンプでのキャンセルなど、プレイヤーが覚えるべきシステムがとにかく多かった。これを良しとするか否かで、プレイヤー層が割れた。

獣化 編集

「獣化ゲージ」を溜めてBボタンを押すことで、人間から「獣人」状態へと変化する。これを獣化と呼ぶ。獣人状態では攻撃力、防御力が上がり、また体力が少しずつ回復するようになる。Bボタンが攻撃ボタンとして利用できることになり、攻撃手段が増える。また、この攻撃はガードされても体力を削ることが可能である。さらに他の技もコマンド技でキャンセルできる技が増え、性能自体が上がる技も存在する。

獣化にはいくつかのパターンがあるが、通常の獣化では一瞬無敵になり、相手をふき飛ばす、攻撃判定が発生する。劣勢時(背後を捕られた場合など)はこれを用いての切り返しがセオリーとなっていた。また、Bボタンを使用する連携攻撃を出しながら、ダッシュ攻撃を出しながら、コマンド技を出しながら獣化することが可能で、こちらは主に奇襲に用いられる。

「獣人」状態ではダメージを受けるごとに「獣化ゲージ」を消費し、「獣化ゲージ」がなくなってダウンすると元の(人間)状態に戻る。必然的に人間→獣人→人間→…というサイクルを繰り返すことになるが、これがこのゲームの独特のテンポを形作っている。獣化はエフェクトとあいまってチャンスを演出し、逆に獣化が解けることはピンチを演出する。とくに通常獣化は前述のように切り返しに使えるため、これを用いて劣勢を跳ね返し、反撃に転ずるという流れが、このゲームのシステム特有の典型的なパターンであり、プレイヤーに対する演出効果が非常に高い部分でもある。

ただし、こういった特有の流れは、獣化ゲージがなくても超獣化のできる『extreme』や、獣化のシステム自体が変更されている『4』では失われてしまっている。特に『4』ではそれが顕著に見られる。

ゲームのセオリーとしては、当然、獣化状態を長く続け、相手の獣化は早めに解かせるのが基本である。獣化ゲージがなくなってもダウンするまでは獣化は解けないので、獣化ゲージをゼロにしたら早めにダウンさせる、など。

他に「獣人」状態と引き換えに出せる超必殺技の「ビーストドライブ」がある。これは獣人時のみ使用でき、使うと人間に戻ってしまう。最大で体力の半分程度を奪うことのできる強力な攻撃だが、前述のとおり獣化状態を維持することがゲームのセオリーなので、使いどころが難しく、一発逆転的な技と言うよりは戦略的に運用する必要のある技である。なお『3』以降は、ビーストドライブを使用すると命中したかどうかに関わらず、体力回復可能部分が全て回復する。

超獣化 編集

『3』から登場した要素。一定時間だけ通常の獣化より攻撃力・防御力が大幅にアップし動作のキャンセルが幅広くなり、さらに「ビーストドライブ」が使い放題になる。効果が非常に大きいため、初登場の『3』においては大きなリスクが設定されていたが、続作ではリスクが緩和されたため、ゲームバランスを崩す原因となった。これに関しては賛否両論である。

『3』では一度超獣化するとその試合以降二度と獣化できなくなってしまうため、使いどころが非常に限定されていた。『extreme』では体力とひきかえなら(獣化ゲージの残りによって体力の減り具合が変わる)いつでも超獣化でき、獣化能力もなくならなくなっている。また人物によって固有のアビリティが付くようになった。『4』では人間ゲージを全て獣化ゲージに変えた時、超獣化できるようになり超獣化が解ける事がなくなった。

登場人物 編集

「 」は獣化後の姿。

『1』より登場 編集

ユーゴ「オオカミ
初登場は第1作から。本名、大神勇吾。行方不明になった父、大神勇二の行方を捜索してタイロン社と対立する。やっと探し当てた父はタイロン社の実験体サンプルにされ、すでにこの世になかった。後日談として、タイロン社崩壊の際に少年を一人ひきとり、カケルと名づける。
『2』では、プロボクサーとなり生計を立てていたが、獣人解放戦線にカケルを連れ去られ、彼を取り戻すために解放戦線に戦いを挑む事になる。しかしカケルは毒島に洗脳され、加東流忍術の使い手として彼の前に立ちはだかった。
『3』では、ユーゴは行き場を失った獣人たちを救うべく、人類と獣人の融和を掲げた組織「WOC」のリーダーとなっていたが、自信の身体に『紋章』が表れたことで、紋章事件に関わる事になった。紋章事件後には、自由を求めてリーダーの任を強引にカケルに譲り、世界中で放浪の旅を続ける。
パンチが主体で、『2』以降はボクサースタイル。『3』以降はパンチ攻撃でのすばやいラッシュが特徴的。反面中段技にかける部分があり、意外とくせの強いキャラである。ちなみに『extreme』以降は、狼の姿時における毛の色が銀から黒に変わっている。
登場作品:『1』『2』『3』『extreme』『4』、この他『ドリームミックスTV ワールドファイターズ』へもゲスト出演
アリス「ウサギ
初登場は第1作から。本名、塚神(第2作から野々村)アリスで日本人とドイツ人のハーフ。幼い頃にタイロン社に誘拐され、人造獣人へと改造されるが、脱走し自分と同じ立場であったウリコを救うべく、単身でタイロン社に戦いを挑む。
『2』では、ウリコを救い出したが行き場を失っていたアリスは、ウリコの母親であるミツコに野々村家の養女として引き取られ、看護婦になる。しかしその時に、偶然にも重症で運ばれたユーゴと再会し、ユーゴを放っておけなかったアリスはユーゴを追いかけ、そのまま成り行きで獣人解放戦線との戦いに巻き込まれる事になった。
『3』では、解放戦線の事件後にユーゴに協力して「WOC」の一員となるが、自身の身体にも『紋章』が現れ、またしても勝手にいなくなったユーゴを追って紋章事件に巻き込まれる。
『ex』以降は、ユーゴにリーダーの座を押し付けられたカケルの補佐を務める事になる。
ユーゴに想いを寄せているようで、彼を心配して何度も後を追っている。『3』まではウリコと大差ないぐらいハチャメチャな性格で、ヒロインでありながら人気がイマイチだった。このためか、『extreme』以降は性格が比較的落ち着いて大人っぽくなっているほか、外見も大きく変わっており、この変更でファンが比較的増えた。攻撃面は乏しく、あまりにも非力であり、獣化前はガードブレイク技がほとんどない。獣化後は蹴り攻撃に特化し、ジャンプ力が大幅に高くなる。連携→連携でラッシュをかけやすくなり、獣化状態をいかに生かせるかが、ポイントとなる。上級者向け。
登場作品:『1』『2』『3』『extreme』『4』
ロン「トラ
元暗殺者で中国国籍を持つ虎の獣人。本名は、進龍(ジン・ロン)。武術の達人であり、ウリコの師匠でもある。獣人同士の共鳴により我を失って暴走してしまう特異体質で、それを押さえ込むために呪術的な封環を両手足につけている。そのことで妹を失っており、それが強いトラウマになっている。「ブラッディロア ハドソン公式ガイドブック」で語られたサイドストーリーによれば、ロンはタイロン社に雇われて大神勇二を拉致した実行犯であり、その護送中にロン自身の父と再会した際に、自身の暴走により父も、大神勇二も殺害してしまう。ユーゴともガドウとも因縁があり、『1』においては物語の中心的な位置にいるはずであるが、その因縁がゲーム中で語られることはなかった。
『2』では母を誘拐されたウリコを導き、己のクローンであるシェンロンとの対決という役回りを演じる。以後もシェンロンという好敵手を得て、存在感の非常に大きいキャラである。
『3』以降は獣人たちのために生きていこうとし、ユーゴ達の良き理解者となっている。
変幻自在のサークルコンボ「心意六合拳」の使い手。一発の威力もあり、連携技が豊富。ややクセがあるが、慣れるとかなり強い。上級者向け。
登場作品:『1』『2』『3』『extreme』『4』、『4』では隠しキャラ
ガドウ「ライオン
伝説の傭兵と呼ばれるフランス人。本名は、アラン・ガドウ。ユーゴの父、大神勇二とは同じ傭兵部隊に属する戦友だった。『1』の時点では戦場にしか生きる場所が無い生粋の傭兵だったが、『2』以降ではかなり丸くなり、勇吾たちを見守るような立ち位置にいる。現在は国連の弁務官として獣人と人間の融和の為に尽力している。マーベルの養父であり、女スパイのジェニーとは浅からぬ因縁があるらしい。
動作は遅いが、一発の威力はトップクラス。上級者向け。
登場作品『1』『2』『3』『extreme』『4』、『2』では隠しキャラ
バクリュウ(初代)「モグラ」→コウリュウ「アイアンモール」
日本の伝統ある忍術「加東流忍術」の継承者。本名、加東竜三(本名が明らかになったのは『3』から)。獣人の力を手に入れるべく、自らタイロン社の参加に下り、モグラ獣人の力を手に入れてからは、タイロン社の尖兵として誘拐や暗殺の任務を行った。しかし結局、竜三は人造獣人の実験体として利用されていたに過ぎず、改造の影響によって細胞崩壊を起こしてしまい死亡する。また、タイロン社に所属していた同時期に、孤児である少年(大神翔)を2代目バクリュウとして育て上げた。
しかし、竜三の死亡後(『3』)。壊滅したタイロン社の一部門に当たる「ユンチー・マニファクチュアリング」によって、僅かに残った竜三の液状組織を最新兵器であるアイアンモールに組み込まれた。しかし、完成したメカ忍者の「コウリュウ」は、紋章事件の際に、自分の意識を持って、社より脱走。独自の行動に移り始める。
人間形態・獣化形態の両方において、スピードと技を重点に置いた連携が特徴。『3』以降における驚愕の復活時には、2代目バクリュウを強化したステータスとなっており、更には2代目に無いオリジナル技や追加技もある。複雑な操作ゆえに上級者向けだが、非常に強い。ちなみにex以降では飛び道具(ロケットパンチ)まで備わった。
登場作品:初登場は『1』。『3』以降は、隠しキャラのコウリュウとして登場。
フォックス(ハンス・ターブマン)「キツネ
相手を切り裂くことを生きがいとする殺し屋。人造獣人。
登場作品:『1』
ミツコ(野々村光子)「イノシシ
ウリコの母。自称、平凡な主婦だが、とてもそうには見えない程、筋肉体質。娘が誘拐されたとき、獣化能力に目覚める。娘を救うためにタイロン社に殴り込む。パワフルな闘い方が特徴。
登場作品:『1』
グレッグ(グレゴリー・ジョーンズ)「ゴリラ
獣人だけのサーカス団を作ろうとしていたゴリラの獣人。大胆かつ派手な投げ技を得意とする。ストーリー上でまったく関わりがなかったせいか、1以降まったく登場していない。
登場作品:『1』
ウリコ「ワーキマイラ → ネコ(ハーフビースト)」
初登場は第1作から(プレイヤーキャラになったのは第2作から)。本名、野々村宇理子。本来ならばイノシシに獣化するはずであったが、タイロン社によって捕らわれ、最強の人造獣人「ワーキマイラ」へと改造されてしまい暴走するが、ユーゴやアリス達の活躍によって助け出され、母親であるミツコとも再会する。
『2』では、普通の女子学生として暮らしていたが、母親のミツコが獣人解放戦線に連れ去られてしまった上に、不完全な改造の影響で猫に近い半獣人の姿になってしまった。助けるべくロンに半ば強引に弟子入りし、彼を老師と呼び心意六合拳を覚える。ただし、見よう見まねで覚えた為に、かなり正式な型から外れており、六合鳳輪式(ろくごうほうりんしき)という型になっている。
解放戦線事件後も、様々な事件に気まぐれや偶然から関わっており、色々と引っ掻き回している。
精神年齢が実年齢よりも低いようで、天然なのかどうかは不明だが、性格も猫のように気まぐれでお調子者である。ロンに比べて、蹴り技の方に特化しており、動作も早め。
登場作品:『1』『2』『3』『extreme』『4』

『2』より登場編集

スタン「インセクト
初登場は第2作から。本名はスティーブン・ゴールドバーグで、スタンは愛称。優秀な科学者で、表向きでは有名な製薬会社であったタイロン社に入社していた。正義感が強く、同僚であったブスジマの違法行為を知り告訴しようとした所を捕らわれ、ブスジマによって人間や動物とは大きくかけ離れた昆虫の人造獣人へと改造されてしまい、外見は人型の昆虫のようなものとなってしまった。その影響によって常に苦痛に苛まれ、健康な人間のホルモンを体内に服用しなければ生きて生けない身体になったスタンは、ガドウに喧嘩を吹っかけられたのをきっかけに、ブスジマへの復讐を誓い、彼が陰で操っていた獣人解放戦線の壊滅に一役買う。
『3』では、人々を苦しめる悪人達から血を吸い続ける事で生き続けているが、『紋章』の出現により更なる苦痛に苛まれており、それをジェニーに利用され、操り人形に近い形で紋章事件に関わる事になる。しかし、シオンを倒した後に、『石版』の力によって暴走し、一度死亡する事になった。
『ex』では、獣人王国の研究員達によって、以前よりも安定した状態で蘇生され、量産獣人計画のデータ採取の為、トーナメントに参戦させられるが、戦いの中で記憶を取り戻し、獣人王国に反逆する。
いつ暴走してしまうか分からない自らの不安定な身体を何とかする為に、解決方法を一人模索している。異形の見た目から凶暴そうに見えるが、実際は温厚で心優しい性格の持ち主。
投げ技と突進系の技に秀でた生粋のパワータイプ。スキは大きいものの、遠近両用で闘える。また、重量が重いので空中コンボが狙われにくいのも魅力。上級者向け。
登場作品:『2』『3』『extreme』『4』
マーベル「ヒョウ
初登場は『2』から。本名、ジャンヌ・ガドウで、マーベルは傭兵時代の通称。幼い頃に、実の両親を失い孤児院で暮らしていたが、たまたま孤児院に訪れたガドウに懐いたのがきっかけで、彼の娘として育てられる。獣人解放戦線が活動していたころ、行方不明になった父、ガドウが解放戦線のリーダーではないかという疑いが持ち上がる。マーベルは真相を突き止めるべく、単身で獣人解放戦線に戦いを挑む。しかし、全てが誤解である事を知ったマーベルはガドウと和解し、共に解放戦線殲滅の為に戦う。
『3』の紋章事件の際には、某大国が立案した秘密作戦『眼と鉤爪作戦』への参加を依頼され、先遣隊に参加するも、軍の身勝手すぎるやり方に嫌気がさし、傭兵を辞めて地雷処理屋に転業する。
『ex』の獣人格闘トーナメントの際には、幼馴染であったクロノスが生きているのをユーゴから聞かされ、真意を確かめるべくトーナメントに参戦する。
単発、連携共にパワーがあり、 コンボのダメージは強力。基本スタイルはガドウと同じ。動作も速く、全体的に非常にバランスがとれている。初心者向け。
登場作品:『2』『3』『extreme』『4』、『4』は隠しキャラとして登場
ジェニー(ジェニー・バートリー)「コウモリ
登場作品:『2』『3』『extreme』『4』
ブスジマ(毒島 一)「カメレオン
マッドサイエンティスト。ロンのクローンとしてシェンロンを生み出す、スタンを改造する、カケル(二代目バクリュウ)を洗脳するなど悪行にはことかかないが、一方でその外見からお笑い役としても扱われており、シェンロンにあごで使われたり、エンディングにおいて袋叩きにあったりしている。
登場作品:『2』『3』『extreme』『4』
バクリュウ(2代目、大神 翔)「モグラ
登場作品:『2』『3』『extreme』『4』
シェンロン(深龍)「白虎
初登場は『2』から。獣人解放戦線の首領で、その圧倒的なカリスマと力で組織をまとめていたが、自分に従わない獣人さえも解放戦線の敵として認識する冷酷非道な男。しかしその正体は、かつてタイロン社に所属していたロンのDNAを元に製作されたクローン獣人で、製作は元タイロン社の研究員であるブスジマが行い、シェンロン自身は、人体実験がやり易くなるよう、ブスジマによって利用されていたに過ぎなかった。
自身の出生の秘密をブスジマ自身やガドウに突きつけられ、錯乱状態に陥ったシェンロンは最後、自身のオリジナルであるロンと対決し、炎の中へと消えていった。
『3』においては、見た目がアウトロー風に変わり、それまでの記憶を失った状態で再登場を果たした。クローンであることから、『2』に登場したものとは別のクローン体であるとも考えられるが、真相は不明。
『ex』では、ある出来事を切っ掛けに、気まぐれに近い形で獣人格闘トーナメントに参加した。
『2』では暴虐の限りを尽くす典型的な悪役であったが、『3』以降は髪形を短髪のオールバックにしたアウトロー風の外見になり、周辺の小悪党達をまとめる存在となっている。また性格的にも多少丸くなり、素直に感情に出す事は無いが、根っからの悪人ではない何処か憎めないキャラとなり、人気を得ている。
基本戦闘スタイルはロンと同じであるが、『3』以降は一部のビーストドライブや技が異なり、独自のアレンジが加えられた六合蛇輪式(ろくごうじゃりんしき)の心意六合拳を駆使する。ロンに比べると、ガードブレイク技が多いが、スキがやや大きい。
登場作品:『2』『3』『extreme』『4』、『2』では隠しキャラ

『3』より登場編集

シオン「生まれ得ざるもの」
登場作品:『3』『extreme』『4』
ウラヌス「キマイラ
全てが謎に包まれた謎のムチプリボンデージ美女。獣化姿が、1でのラスボスのウリコと同じことから、人造人間だと思われるが真相はいまだ不明。全員のなかで圧倒的なダッシュスピードや強力な連携技など、脅威的な強さを誇るが、獣化するとコマンド技以外のP技・K技が出せなくなり、通常のP技・K技を出した瞬間、即獣化が解除される。そのため人間時の方がむしろ強い。なお、『3』では超獣化してもやはり通常のP技・K技が出せないがために(コマンド技のみ使用可)、超獣化自体に全く意味がなかったが、『ex』以降では人間時での姿のままの超獣化になっている。隠しキャラであり、『3』がゲームセンターに設置された際には使用可能キャラにならなかったことからも、対戦でのバランスからは外れたキャラである。
登場作品:『3(家庭用版のみ)』『extreme』『4』

『extreme』より登場編集

クロノス「ペンギンフェニックス)」
獣人王国王位継承者。父に子供の頃のことを知らされず、服装には四肢のいたる所に計測用のセンサーがついており、実験体扱いされている。自らのことを知るために、獣人トーナメントに出場する。獣人たちが差別なく暮らしていける世の中を心から願う。礼儀正しく、穏やかで、やや緊迫感に欠けた一面があるが、超獣化した時は自己を見失うほどの力を秘めている。マーベルとは幼馴染。
獣化後は攻撃のリーチが極端に短くなるが、上段攻撃があたらなくなるというメリットがある。超獣化は技がガラリと変わり、飛行が可能になる。
登場作品:『extreme』
ガネーシャ「ゾウ
元々国王の側近でクロノスの御目付け役。獣人ではない人間に対して嫌悪感を抱いている。かけがえのない子供達の命を、暴走したクロノスによって奪われたことにより、クロノスと戦うためトーナメントに参加する。完全に投げ技が主体となっており、獣化後は鼻を使った攻撃で、遠距離からも投げが狙える。格闘ゲームにおいての、投げキャラは魅力的なため、『extreme』のみの登場が非常に惜しまれる。
登場作品:『extreme』
ファング「オオカミ」
漫画『ブラッディロア ザ・ファング』からのゲストキャラクター。
登場作品:『extreme』隠しキャラ

『4』より登場編集

ナギ(桐島 凪)「似て非なるもの(半獣人)」
登場作品:『4』
レイジ(滝川 澪爾)「カラス
登場作品:『4』
マナ(神城 眞那)「九尾の狐(不完全の為、尾は1本)」
登場作品:『4』
リョウホウ(真紫 羅緒)「ドラゴン
登場作品:『4』

デバッグモード 編集

初回プレス版の『3』において、ポーズやパーツを自在に操ることが出来るデバッグモードが発見され、各キャラクターをポージングした画像が一部サイトに掲載された。このため、後期出荷版(ベスト版も含む)では修正され、通常のプレイでは実行できなくなっている。

後期出荷版『3』、および続編の『4』では、通常のプレイでデバッグモードに入ることはできないが、PARを使用すればデバッグモードに入ることができる。

関連書籍 編集

  • 『ブラッディロア ハドソン公式パーフェクトガイド』 ISBN 408108064X
  • 『BLOODY ROAR 2-BRINGER OF THE NEW AGE-超獣進化論』 ISBN 4087790134
  • 『ブラッディロア3』 ISBN 4087790983
  • 『ブラッディロアエクストリーム』 ISBN 4087791645
  • 『ブラッディロア ザ・ファング』 (漫画:丸山トモヲ 協力:ハドソン 全2巻)月刊少年ジャンプ連載
    • 獣人が活躍するという基本要素を除けば、ストーリー展開や登場人物などは独自のもので、ゲーム本編の設定とは直接関連がない。主人公のファングは『ブラッディロア エクストリーム』にゲスト出演している。

外部リンク 編集


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki