FANDOM


テンプレート:加筆ファミコンウォーズ』(Famicom Wars)は任天堂インテリジェントシステムズで開発・発売されたウォー・シミュレーションゲーム、及びシリーズの名称。

概要編集

『現代大戦略』(システムソフト)を基にしたゲームシステムで、兵器生産、都市占領、敵兵力壊滅、敵拠点制圧を目的にする標準的なウォー・シミュレーションゲームであるが、ユニットの種類と登場する勢力も少なくレベルも設定されていないので成長の要素もない。複雑な要素を極力排除し、ウォー・シミュレーションゲームをよく知らない人も気軽にプレイできるような、わかりやすく親しみやすいシステムがこのゲームの特徴である。

乱数によって左右される要素がほとんどなく(運の要素がない)、戦闘の結果を予め予想することができる。そのため詰将棋のように何手も先を見越した作戦を立ててゲームを進めていかなければならない。後に発売される『ファイアーエムブレム』シリーズも必殺技の発動などに乱数の要素があるものの、ある程度戦闘の結果を把握することが可能であり、『ファミコンウォーズ』のシステムが流用されている。

また、近作では、作中でショーグンと呼ばれる司令官の登場と共に、ストーリーモードが用意されているなど、ファイアーエムブレムで培ったシミュレーションRPGの要素を逆輸入している面もある。

TVCM編集

  • アメリカ海兵隊の隊員が訓練中にこのゲームを宣伝する歌を歌うというもの。実際に海兵隊員を使って米軍基地で撮影された(持っている銃も実物)。このCMではゲーム画面が一切出ておらず、当時としてはかなり異質なCMだった。なお、歌は実際に隊員が歌っていたのだが、CMでは日本人のアフレコに変更されている。
    歌の「ファミコンウォーズが出~るぞ♪(これは発売前のフレーズ。発売後のフレーズはもちろん「ファミコンウォーズが出~たぞ♪」) …(中略)母ちゃんたちには内緒だぞ♪」というフレーズは映画『フルメタル・ジャケット』の挿入歌のパロディであり、ラストカットで太った訓練生のみを鬼教官がしごく所まで、ほぼ完全な引用が行われている(ただし教官役は「愛と青春の旅立ち」に倣った黒人俳優)。
  • 撮影に際しては出演する隊員たちにはローマ字表記の歌詞カードを作成して、日本語のような発音をしてもらったという。
  • このCMの撮影に先立って隊員たちにセリフの意味の説明が行われたが、「かあちゃんたちにはないしょだぞ」の箇所では爆笑が起きたという。
  • 尚FC版とDS版のCMでは「母ちゃんたちには内緒だぞ」だったがGB版は「父ちゃん一緒に遊びましょ」に変わっている。
  • 続編のゲームボーイウォーズ、ファミコンウォーズDSでも同じような構図のCMが放映された。
    ただし、ゲームボーイウォーズでは女性兵士が登場、DSでは何故か住宅街の中で銃の代わりにデッキブラシを持って走っていた上、銭湯でブラシがけまでするという「戦闘」と「銭湯」をかけた内容で、オリジナルのCMとは趣を異にしている。
  • ゲームボーイウォーズアドバンス1+2では、将棋の対局に見立てて棋譜読みのように「装甲車前へ」などという構図のCMであった。

発売タイトル一覧編集

なお、ゲームボーイウォーズTURBO,2,3の3作はハドソンからの発売である。これはハドソンの中本伸一(当時常務取締役)がゲームボーイウォーズのファンであったため、任天堂に新作を発売したいとかけあって許可を得て発売したものである。また、NINTENDO64でも「64ウォーズ」で発売される予定になっていたが、立ち消えになっている。

ゲームボーイウォーズアドバンス以降は海外でも発売されている。

関連項目編集

外部リンク編集

公式サイト

非公式サイト

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki