FANDOM


ファイターズヒストリー (FIGHTER'S HISTORY) は、1993年にデータイーストが製作したアーケード対戦型格闘ゲームである。シリーズ化もされ、家庭用ゲーム機への移植版が出ている。

概要編集

ストリートファイターII』ブームに乗じて登場した対戦格闘ゲームの一つ。しかしそこはデータイーストであり、やたら濃いキャラクターやラスボスが同社の看板キャラクターであることや、ネイティブスピーカーへのこだわりはさすがデコというポイントである。

主な特徴として、キャラクターの弱点を何度か攻撃するとボヨヨ~ンという奇妙な音をあげてその弱点が外れ、キャラクターが気絶するという「弱点システム」がある。

一般的に有名なのはMVSで発売された2作目『ダイナマイト』で、軽快で優れた操作感覚と整ったゲームバランスによってゲーム面でも高い評価を得ている。

ちなみに、内容がストIIに似ているという理由(訴えられたのはコントロール系の類似性)で、カプコンに訴えられた経緯があるが、1994年に和解成立して告訴取り下げとなっている。

シリーズ一覧編集

ファイターズヒストリー
1993年稼動。『ストリートファイターII』と同様に、パンチとキックのボタンがそれぞれ弱・中・強の合計6つあった。最終ボスは、同社のアクションゲーム「カルノフ」の主人公、カルノフである。
家庭用向けには、1994年5月27日にスーパーファミコン(以下SFC)版が発売されている。SFC版では、タイトル画面中に、(十字キー)右、右、上、上、Lボタン、Rボタン、と入力すると、中ボスのクラウンと最終ボスのカルノフが使えるようになる。
ファイターズヒストリーダイナマイト
1994年3月17日稼動の続編。この作品は、SNKのアーケード筐体Multi Video System(MVS)向けに製作されており、そのためボタンが6つから4つに変更された(A・Bが弱・強パンチ、C・Dが弱・強キック)。使用可能キャラクターは、前作の11人(ボスキャラのクラウン、カルノフも含む。この2キャラは引き続きボス役。)に新キャラクターの2人(英美(ヨンミー)、ザジィ)が加わり、13人となった。(前作からの一部のキャラには)新技も追加されており、「隠し必殺技」といったいつでも使える強力な必殺技を持つキャラもいる。
MVSがアーケード筐体としては異例の長期間現役だったこともあり、アーケード版は未だに稼動しているゲームセンターが多く、度々大会が開かれることもあるほど。最近では、『ダイナマイト』の大会の模様を収録したDVDが発売されている。
家庭用向けには、1994年4月28日にネオジオROMカセット版、ネオジオCD版が、1997年7月4日にセガサターン版がそれぞれ発売されている。
また、全試合をストレートで勝ち進むと、「空手道」シリーズのボーナスゲームに登場する牛(オックス)がシークレットボスとして出現する(ただし家庭版の場合、イージーモードでは出現しない)。ちなみに、メモリーカードを駆使してもノーミスクリアにはならないので注意。
なお、海外名は「KARNOV'S REVENGE(カルノフズリベンジ)」となっている。
ファイターズヒストリー ~溝口危機一髪!!~
1995年2月17日にSFC版で発売されたシリーズ内唯一の家庭用のみの作品。本来は『ダイナマイト』のSFC版移植作品であるはずが、色々とアレンジされた上に、家庭版『ダイナマイト』にはないオリジナルモードもあり、主人公が溝口になっている。結果的には、『ダイナマイト』の続編的作品となっている。
主なモードとして、クエストモード的な「溝口モード」(その名の通り、溝口以外のキャラは使用不可。ちなみに、このモードのサブタイトルは、『FIGHTER'S HISTORY 浪花快男児篇』である。)、タッグバトル・サバイバル・プラクティスの3モードの中から好きなモードが選べる「エクストラモード」がある(その他のモードは、SFC版初代からほぼ引き継がれている)。
使用可能キャラクターは9人で、前作『ダイナマイト』から5人(レイ、ジャン、マーストリウス、サムチャイ、マットロック)が削除されている代わりに新キャラクターとして、同社のアクションゲーム「チェルノブ」の主人公、チェルノブが最終ボスとして加わっている(削除された5人のうち、レイ、ジャン、マットロックとCPU専用だった牛は「溝口モード」でストーリー進行中に少しだけ登場)。タイトル画面中に、下、下、上、上、右、左、Lボタン、Rボタン、と入力すると、「溝口モード」以外でチェルノブを使うことができるようになる。
SFCのコントローラーでボタン4つ同時押しは無理があるため、Rボタン1つで代用できるようになっている(初期設定時)。そのため、溝口の「ごっついタイガーバズーカ」や「通天砕」等の4つボタン同時押し専用必殺技が容易に出せるようになっている。
SFC版の対戦格闘作品としては、かなりの完成度の高さを誇っている。
プラクティスモードは、当時としては珍しい連続技の練習モードで、各プレイヤーの多段コンボを2Pキャラが指南してくれる。お題をすべてクリアすると、本作で追加された新必殺技のコマンドを教えてもらえる。

ストーリー編集

ファイターズヒストリー
一年に一度だけ開催される世界異種格闘技選手権大会「グレートグラップル」。 常勝無敗の帝王、Kが主催するイベントである。 かつては、世界最強を自負する格闘家たちが集うにふさわしいイベントであった。 しかし、優勝者はつねにKであった。決して表の世界には姿を現さない彼のことを、 人々は「伝説の神の使い」と呼び恐れていた。 もはや開催の是非さえも問われていた「グレートグラップル」。 しかし、今年も命知らずの9人の格闘家が、名乗りを上げてきた。 あるものは破格のファイトマネーに魅せられて、またある者は、格闘家の名誉のために……。
ファイターズヒストリーダイナマイト
決して表の世界に姿を現さない謎の格闘家「K」が主催した「グレートグラップル」。 その闘いで多くの格闘家にことごとく敗れ、屈辱の炎に身を焦がした「K」が、再び格闘家たちを呼び寄せた…。 1年間の鍛錬により、驚異的な新必殺技を身に付けた前大会参加者の9人を加え、謎の格闘家「K」に挑むため、 新たに2人の格闘家が集結した。今、熱い闘いの幕が、切って落とされようとしていた……。
ファイターズヒストリー 溝口危機一髪!!
CPUバトル
三度開催される「グレートグラップル」。「K」を愚弄し、格闘家達全てを嘲る謎の主催者「C」。彼の正体を暴く為、また、己の実力を問う為、参加の名乗りを挙げた8人の格闘家が最後に目にするものとは……。今、新たな伝説が生まれる!!
溝口モード
浪花を愛する溝口の目前で、浪花のシンボル”タコヤキ屋 浪花一番”の看板が奪われた。犯人は、全身から鈍い光を放つ謎の男。はたして彼の本当の目的とは……。格闘家からの情報を頼りに、看板を取り戻すため、溝口は旅立つ!!

登場キャラクター編集

レイ・マクドガル Ray McDougal
初代と『ダイナマイト』の主人公。ロス市警に勤務している刑事。
『溝口危機一髪!!』の「溝口モード」では、職務として“極悪盗難犯人”チェルノブを追い詰めるも、最終的には逃げられている。
ゲームに登場するキャラクターの中では唯一カルノフとお互いを認め合った友情を育んでいる。
弱点は、ランニングシャツの稲妻マークのアップリケ。
1967年3月21日生 27歳 身長185cm 体重90kg B型 アメリカ出身
職業:刑事 格闘スタイル:マーシャルアーツ
好きなもの:カレーライス 嫌いなもの:タバコ
溝口 誠(みぞぐち・まこと) Makoto Mizoguchi
28歳の高校生で、自称「喧嘩百段」。学ラン姿でバリバリの大阪人。初代と『ダイナマイト』では、リーに勝った時のセリフがかなり挑発的であり、何らかの因縁があった模様。
本シリーズの登場キャラクターの中で一番人気があった為、彼をシリーズを通しての主人公と勘違いしている人は結構多い(『溝口危機一髪!!』制作のきっかけになったと言われている)。
『溝口危機一髪!!』では、たこ焼き屋「浪花一番」の名物と言われているオブジェのたこがチェルノブによって盗まれたため、それを取り返そうとチェルノブを追う。
全作品のエンディングで『魁!!男塾』の王大人に似た男に毎回連れ去られ、「全地球爆拳闘大会」に無理矢理招待選手として参加させられてしまう(毎回優勝している様だが)。また、溝口のモデルも『魁!!男塾』からである。
画面端では一撃必殺を誇るほどの連続技が存在する。
弱点はハチマキ。
1966年1月1日生 28歳 身長188cm 体重95kg B型 日本出身
職業:高校生 格闘スタイル:喧嘩
好きなもの:牛丼浪速恋しぐれ、千絵(彼女) 嫌いなもの:いちびってる奴(河内弁で「調子にのって騒がしい奴」の意)、病気
劉 飛鈴(リュウ・フェイリン) Liu Feilin
中国の女優(主に京劇に出演)。自称「世界の大女優」(『溝口危機一髪!!』より)。中国拳法を使う。
ナルシスティックな性格で、基本的に功名心と売名の為に戦っており、大会参加の理由も映画製作の為などである。
そのあまりにもあんまりな高飛車な性格から、登場人物のほぼ全てに嫌われている。
初代と『ダイナマイト』でのキャラクターセレクト時のグラフィックが非常に濃い。
弱点は、上半身に飾っている胸当て。
1966年11月1日生 28歳 身長169cm 体重?kg O型 中国出身
職業:女優 格闘スタイル:蟷螂拳
好きなもの:強くて美しい自分、杏仁豆腐 嫌いなもの:爬虫類
ジャン・ピエール Jean Pierre
キザなフランス人の体操選手で大金持ち。体操を基盤としたオリジナルの格闘技で戦う。
『ダイナマイト』では自分の体操技術の確かさを試す為に参戦。
『溝口危機一髪!!』のストーリーモードでは溝口を飛行機に乗せるが、乗せた場所がフロントボディで、飛行中にそのまま韓国へと落としていった。
因みに同作品の通常モードに登場するクラウンは彼の変装である。
必殺技「ロンダート」は前にレバーを入れて溜めるというコマンドで格闘ゲーム界に衝撃を与えた。
弱点は、足の太ももに装着しているレッグバンド。
1969年9月15日生 25歳 身長183cm 体重95kg AB型 フランス出身
職業:大学研究員 格闘スタイル:体操
好きなもの:クロワッサン 嫌いなもの:サムチャイ
嘉納 亮子(かのう・りょうこ) Ryoko Kano
柔道家の女子高生。溝口のことをかなり嫌っている。『溝口危機一髪!!』の「溝口モード」では、学生服の姿でも登場する。このときのグラフィックは、前2作品のときと比べると、妙に可愛くなっている。ちなみに、「都立英華女子高等学校」に通っている(『溝口危機一髪!!』より)。
『ダイナマイト』では柔道の試合では危険過ぎて使えない大技を実際に人間相手に試す為に参戦。
モチーフは田村亮子(現:谷亮子)であると思われるが、顔立ちや祖父の存在などはむしろ漫画『YAWARA!』の主人公・猪熊柔に近い。苗字は柔道創始者「嘉納治五郎」から。
弱点はハチマキ。
1977年1月21日生 17歳 身長158cm 体重57kg B型 日本出身
職業:高校生 格闘スタイル:柔道
好きなもの:柔道、トンカツ、祖父 嫌いなもの:不真面目な人
マーストリウス Marstorius
プロレスラー。『ダイナマイト』では、投げ技「ダブルジャーマン」の間合いがとても広い。
奥さんは彼そっくりで彼よりも強い。
『ダイナマイト』では、前大会後からずっと闘いから離れている事を奥さんに危惧され、己を鍛え直す為に参戦。
キャラクターのモチーフは、プロレスラーのブルーザー・ブロディであると言われている。
弱点は、両足首にあるレッグウォーマー。
1949年6月9日生 45歳 身長203cm 体重150kg O型 イタリア出身
職業:プロレスラー 格闘スタイル:プロレス
好きなもの:スイカ 嫌いなもの:プロレスをバカにする者
マットロック・ジェイド Matlok Jade
パンク・ロック・バンドをやっている青年(所持するギターの形状からベーシストであると思われる)。
初代ではカルノフが持つ伝説のギターを手に入れる為、『ダイナマイト』では戦いを忘れて以来薄れてしまった熱いソウルを取り戻す為に闘う。
『溝口危機一髪!!』では、溝口によってどこかにぶっ飛ばされてしまう。
必殺技「スピニングウェーブ」のモーションは「餓狼伝説」シリーズのダック・キングの遠距離立ち強パンチのモーションに似ている。
弱点は、サングラスとヘッドホン(外れるときはセットで外れる)。
1968年7月12日生 26歳 身長172cm 体重60kg O型 イギリス出身
職業:ミュージシャン 格闘スタイル:パンクス(具体的に何がパンクなのかは不明)
好きなもの:ライブ 嫌いなもの:ヘビメタ
李 典徳(リー・ディエンドー) Lee Diendou
功夫(クンフー)使いの中国人。
戦う理由は初代では師父の仇カルノフを討つ為、『ダイナマイト』では自己鍛錬。
モデルは週刊少年サンデーに連載されていた中国拳法漫画『拳児』に登場する八極拳士「李書文」。一作目のエンディングやダイナマイトのリーステージの背景に登場する師匠は、コミックでの晩年の李書文がモデル。勝ちゼリフの多くも、『拳児』での李書文のセリフが元ネタ。
弱点は膝。
1965年8月14日生 29歳 身長175cm 体重75kg A型 中国出身
職業:船頭 格闘スタイル:八極拳
好きなもの:シイタケ、自然、自己鍛錬 嫌いなもの:功夫の足らぬ者、自動車
サムチャイ・トムヤムクン Samchay Tomyamgun
ムエタイ使い。貧困の生活から抜け出る為に闘う。
初代のキャラクターセレクトでの初期カーソルは1P側・2P側の両方ともこのキャラに合わせられている。
一部でカルトな人気を獲得しており、最近では『ダイナマイト』を使用した「サムチャイ使い」のNo.1を決める大会が開催された(その名の通り、その大会ではサムチャイ以外は使用できない)。兄弟思い。ちなみに、必殺技の名前は全てタイ語である。
弱点は、両肩それぞれの付近にあるアームバンド。
1971年11月11日生 23歳 身長190cm 体重77kg AB型 タイ出身
職業:ムエタイ選手 格闘スタイル:ムエタイ
好きなもの:クイテウ(カンボジアの麺料理)、ワイクル 嫌いなもの:貧しさ
クラウン Clown
初代と『ダイナマイト』での中ボスで、ピエロの風体のホモのオカマ。サーカス曲芸とマジックを使ったスピーディーなオリジナルの格闘スタイルで闘う。
『溝口危機一髪!!』では前大会での賞金でサーカス団「クラウンズサーカス」を設立した事が判明、英美(ヨンミー)によると「変なものを集めている」らしい。
飛び道具系必殺技「ピック・ア・カード」のボイスは、何を言っているかが上手く聞き取れず、プレイヤーによく空耳されている(「Pick a Card!」と言っているが、「へったくそ~!」に聞こえる)。
弱点はマスク(仮面)。
1960年8月29日生 34歳 身長179cm 体重64kg A型 ?出身
職業:クラウンズサーカスオーナー 格闘スタイル:ピエロ
好きなもの:可愛い男の子 嫌いなもの:夜更かし
カルノフ Karnov
初代と『ダイナマイト』での最終ボスで、アクションゲーム「カルノフ」の主人公。このシリーズ内での設定としては“(ロシアの)大富豪”らしい。
大武闘会「グレートグラップル」を主催。初代で破れたため(腹の傷はその時に受けたもの)続編の『ダイナマイト』ではリベンジしようと目論むが、見事に返り討ちに遭っている。
『ダイナマイト』での敗北の後引退を考えていたが、神よりカルノフを愚弄するチェルノブを倒せとのをお告げを受け、再起を誓う。
彼のステージでは「カルノフ」の音楽がアレンジされて使用されており、初代では最終面の、ダイナマイトでは1面の曲が流れる。
弱点は、初代ではターバンだったが、『ダイナマイト』と『溝口危機一髪!!』ではネックレスになっている。
1944年12月25日生 50歳 身長180cm 体重135kg A型 ロシア出身
職業:神の使い 格闘スタイル:?
好きなもの:財宝、権力、はしご 嫌いなもの:懲りない挑戦者
ザジィ・ムハバ Zazie Muhaba
『ダイナマイト』から登場したキャラ。
自然と動物を愛する空手家。自然保護の為の資金を稼ぐ為に戦う。
『溝口危機一髪!!』では、出会った溝口に陽気に絡んでいる。
必殺技「デシカカト(ファイヤーカカト)」は初動のコマンドがレバー上入れという珍しい技として有名。
弱点はハチマキ。
1959年8月20日生 35歳 身長203cm 体重100kg O型 ケニア出身
職業:アフリカ自然保護友の会会長 格闘スタイル:空手
好きなもの:アフリカの大自然 嫌いなもの:密猟者
柳 英美(リュウ・ヨンミー) Liu Yungmie
『ダイナマイト』から登場。
幼少時からテコンドーを学びあらゆる大会を総なめにした、人呼んで「テコンドーの女王」。
だが格闘家ではなく、職業はツアコン。
3年前にカルノフに挑み行方不明となった格闘家の両親の消息を求めてグレートグラップルに参加するが、父はカルノフに敗れ自害、母も姿を消したというハードなエンディングを迎える事になる。
『溝口危機一髪』では戦う目的が「大嫌いなフェイリンをぶちのめす」というどうしようもないものになっている。
濃いキャラクター揃いの本作の中で唯一の“普通に可愛い”女性キャラと言える(『ダイナマイト』、『溝口危機一髪』、『水滸演武』と登場作品を重ねる度に新規に描き直され、可愛くなっていっている)。
全体的に台詞はきつめであるが、何故かリーに対する勝ち台詞だけは好意的である。
弱点は腰巻き。
1972年1月2日生 21歳 身長166cm 体重54kg AB型 韓国出身
職業:ツアーコンダクター 格闘スタイル:テコンドー
好きなもの:テコンドー、両親 嫌いなもの:弱い人、お酒
オックス Ox
『ダイナマイト』で登場する牛でシークレットボス。元は『空手道』のボーナスステージに登場していた。
勝つと、二本足で立ってポージングを決める。
ちなみに、弱点は角である。
チェルノブ Chelnov
『溝口危機一髪!!』での最終ボスで、アクションゲーム「チェルノブ」の主人公。
前作エンディングで射殺されたと思われたが、瀕死の重傷を負っただけでなんとか生き延びたとの事。
『溝口危機一髪!!』では“全世界のムダをはぶく”という理由で世界中で盗難を働いており、作中でたこ焼き屋「浪花一番」のオブジェのたこを盗んだ理由は、“グニャグニャしたハリボテの看板が嫌いだから”というあまりにもくだらない理由だった。そのために、わざわざ大阪のミナミにまで来て盗んだらしい。
また、彼がグレートグラップルを開催した理由は、「有名な格闘家を倒し、世界に自分の存在と正義をアピールする」為である。
彼のステージでは「チェルノブ」のメインテーマが流れる。
弱点はアイシールド。
生年月日・年令・身長・体重・血液型:すべて不明 ロシア共和国?出身
職業:元科学者? 格闘スタイル:不明

関連作品編集

関連記事編集

  • 対戦型格闘ゲーム一覧
  • SNKプレイモア - 本シリーズを含めたデータイーストが開発したゲームのライセンスを取得したジー・モードと、2006年に『ファイターズヒストリーダイナマイト』及び『餓狼伝説』シリーズのキャラクターに関しての相互使用契約を締結した。これにより、両社の開発するゲームにおいてそれぞれのキャラクターが共演する事となった。

外部リンク編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はファイターズヒストリーにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki