Fandom

ゲーム情報ウィキア

バルダーズ・ゲート

1,608このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

バルダーズ・ゲート』 (Baldur's Gate) シリーズは、『アドヴァンスト・ダンジョンズ&ドラゴンズ』第2版をベースにしたコンピュータRPG。 米国BioWareが開発、Interplay Entertainmentより販売。日本語版はSEGAから販売された。

概要編集

細部にアレンジが加えられてはいるが、基本的にテーブルトークRPG『アドヴァンスト・ダンジョンズ&ドラゴンズ』の第2版ルールを忠実に再現したRPG。最大6人のパーティ制で、基本的にはプレイヤーキャラクターは主人公のみ作成し、残りのメンバーはゲーム内でノンプレイヤーキャラクターを仲間に加えることになる。6人全員をプレイヤーが作成することも可能。

舞台はフォーゴトン・レルムで、タイトルの「バルダーズ・ゲート」はソードコーストに存在する都市の名前。

また、コンシューマーゲームとしてアクションロールプレイングゲームの「ダークアライアンス」シリーズも発売されている。

シリーズ作品編集

バルダーズ・ゲート (Baldur's Gate)編集

1998年に発売された第1作。経験点の上限は89,000で、低レベルから中レベルにかけての冒険となる。

バルダーズ・ゲート テイルズ オブ ザ ソードコースト (Baldur's Gate: Tales of the Sword Coast)編集

1999年に発売された『バルダーズ・ゲート』の拡張シナリオ。 デューラッグの塔などのダンジョンが追加されるほか、経験点の上限が161,000に引き上げられるなどの変更が加えられている。

『バルダーズ・ゲート完全版』としてバルダーズ・ゲート本体とのセットも販売された。

バルダーズ・ゲート2 シャドウ オブ アムン (Baldur's Gate II: Shadows of Amn)編集

2000年に発売されたシリーズの続編。前作からキャラクターを引き継ぐこともできる。AD&D第2版のキットの概念が取り入れられているほか、D&D第3版からはモンク、ソーサラー、バーバリアンが追加された。経験点の上限は2,950,000(レベルは20前後)となり、前作よりも高レベルの冒険を楽しむことができる。

バルダーズ・ゲート2 スロウン オブ バール (Baldur's Gate II: Throne of Bhaal)編集

2001年に発売されたシリーズ完結編。経験点の上限は8,000,000となり、最大40レベルまでキャラクターを成長させることができる。

『バルダーズ・ゲート2完全版』として「シャドウ オブ アムン」と「スロウン オブ バール」のセットも販売された。

ダークアライアンス・シリーズ編集

  • バルダーズゲート・ダークアライアンス (Baldur's Gate: Dark Alliance)
  • バルダーズゲート・ダークアライアンスII (Baldur's Gate: Dark Alliance II)
  • バルダーズゲート・ダークアライアンスIII (Baldur's Gate: Dark Alliance III)

関連ゲーム編集

同じフォーゴトン・レルムを舞台にした『アイスウィンド・デイル』や、アウタープレーンを舞台にした『プレーンスケープ トーメント』でも本シリーズ同様Infinityエンジンが使われており、画面構成やシステムが類似している。そのため、ほぼ同じ感覚でプレイすることができる。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki