FANDOM


+ class="" style="font-weight: bold; font-size: 120%; "ドラキュラII 呪いの封印
Castlevania II: Simon's Questcolspan="2" style="width: auto; text-align: center; "{{{image}}}-
colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header1}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header2}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header3}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header4}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header5}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header6}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header7}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header8}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header9}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header10}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header11}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header12}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header13}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header14}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header15}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header16}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header17}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header18}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header19}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header20}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header21}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header22}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header23}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header24}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header25}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header26}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header27}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header28}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header29}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header30}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header31}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header32}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header33}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header34}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header35}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header36}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header37}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header38}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header39}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header40}}}-


ドラキュラII 呪いの封印』(ドラキュラツー のろいのふういん Castlevania II: Simon's Quest)は、コナミから1987年8月28日に発売されたファミリーコンピュータ ディスクシステムゲームソフト。ジャンルはアクションRPG。ファミコン版悪魔城ドラキュラシリーズの2作目。

概要 編集

前作『悪魔城ドラキュラ』にRPGの要素を取り入れ、アクションRPGとなった。前作から7年後の物語であり、主人公のシモン・ベルモンドが自分の身体の呪いを解くため、ドラキュラの身体の5つのパーツを各地の「館」で集め、最後にドラキュラを倒して封印することが目的。

システム 編集

アクションのシステムは前作『悪魔城ドラキュラ』を踏襲しているが、RPGであるため、スコアは無い。敵が落とすハートを取ると経験値がたまり、一定量に達するとレベルアップし防御力やライフの最大量が増える。残機制が採用されており、残機がなくなるとゲームオーバー。ゲームオーバー時にはコンティニュー可能で、ゲームをやめるときはディスクカードに進行状況をセーブすることもできる。

メインウェポンはムチだが、前作のようにアイテムを入手してパワーアップするわけではなく、街で購入したり、イベントで入手する。サブウェポンはアクションゲームだった前作では常に1種類しか持ち歩けなかったが、本作では入手したアイテムはサブ画面で自由に選択して使用することができる。前作同様にハートを消費するサブウェポンもある。

舞台となるトランシルバニアにはいくつかのがあり、町では人々から話を聞いたり、アイテムを買ったりすることができる。ちなみに本作では敵を倒して入手したハートを使って物を買うシステムである。

時間の概念
本作では『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』に先駆けて、昼と夜の時間の流れのシステムが採用された。プレイ中は「館」の内部にいるときを除いて常に時間が流れており、午後6時になると昼から夜になり、午前6時になると夜から昼になる。夜は敵キャラクターが強力になり、町の中でも敵が出現するようになる。また、プレイ時間に応じてエンディングが変化するマルチエンディングを導入している。名曲と名高い「血の涙 (Bloody Tears)」は本作の昼のフィールドBGM。
ウソ情報
昼の街では通行人と会話することでアイテムの入手法などの攻略情報を得る事ができるが、中には全くのウソの情報もあるため注意が必要。数多くあるウソ情報から真実の情報を見極める必要がある。

アイテム編集

  • 革のムチ
革で作られたムチ。ゲーム開始からの初期装備でリーチが短く威力も低い。
  • イバラのムチ
イバラで作られたムチ。革のムチよりもリーチが長いので扱いやすく威力は革のムチの2倍。
  • 鎖のムチ
鉄ので作られたムチ。威力はイバラのムチの2倍。
  • 分銅のムチ
鉄の鎖の先に重りが付いたムチ。リーチが鎖のムチより若干長く威力もその2倍になる。
  • 炎のムチ
全体にをまとったムチ。威力は分銅のムチの2倍で、最強の威力を誇るムチ。
  • 聖水
地面に向かって放り投げて攻撃をするサブウェポン。従来のシリーズと違い地面に落ちても火柱が上がらない。主に下にいる敵に投げたり、壊せる石を壊す時に使う。ハートの使用量が0なので何度でも使える。
  • 聖なる炎
聖水と同じ軌道で投げるがこちらは火柱が上がるタイプ。火柱はしばらく残り通った敵にダメージを与える。
  • 短剣
前方に投げて攻撃をするサブウェポン。他のシリーズと違って射程距離があり、敵を貫通する。離れた敵を狙えるが威力が低いのであまり頼りにならない。ハート使用量は0なので何度でも使用可能。
  • 銀のナイフ
短剣と同じ軌道で進むが飛距離が長く画面の端まで届く。
  • 金のナイフ
銀のナイフと同じ軌道だが敵に当たると炎に変わり更にダメージを与える。ハートの使用量が2と少し多めである。
  • 跳鉱石
投げると壁を跳ね返りながら飛んでゆく。しかし、敵に当てづらいので使い所が難しい。
地面に置いて使用する。地面に設置するとその上を通った敵にダメージを与える。また、特定の場所に置くと隠れている商人が出現する場所がある。使ってもハートは減らないが、個別に使用回数が設定されており、その数だけ使用できる。
  • 樫の木の杭
館の最深部にあるドラキュラの遺骸が隠された玉に使用する。館内部にいるジプシーから購入。
  • 月桂樹の葉
使用すると一定時間無敵状態になりダメージを受けなくなる。ニンニクと同じく個別に使用回数が設定されている。絹の袋というアイテムを手に入れると持てる上限が増える。
  • 白水晶
イベントアイテム。バークレイの館の奥へ進むのに必要。
  • 青水晶
イベントアイテム。ユバの湖の奥へ進むのに必要。
  • 赤水晶
イベントアイテム。デボラの崖の先へ進むのに必要。
  • ロザリオ
イベントアイテム。西の橋を進むのに必要
  • ドラキュラのあばら骨
ドラキュラの遺骸の一つ。装備しているとシモンの前方に盾が出て攻撃を防ぐ。
  • ドラキュラの心臓
ドラキュラの遺骸の一つ。デッドリバーの呪いを解くために必要。
  • ドラキュラの目玉
ドラキュラの遺骸の一つ。装備していると隠されている物が見えるようになる。
  • ドラキュラの爪
ドラキュラの遺骸の一つ。装備していると聖水でしか壊せなかった石がムチでも壊せるようになる。
  • ドラキュラの指輪
ドラキュラの遺骸の一つ。ドラキュラの館に入るのに必要。

関連項目 編集

外部リンク 編集


悪魔城ドラキュラシリーズ
シリーズ作品
悪魔城ドラキュラ(FC) 悪魔城ドラキュラ(MSX2) ドラキュラII 悪魔城ドラキュラ(AC) ドラキュラ伝説
悪魔城伝説 ぼくドラキュラくん ドラキュラ伝説II 悪魔城ドラキュラ(SFC) 悪魔城ドラキュラ(X68K)
血の輪廻 バンパイアキラー XX 月下の夜想曲 漆黒たる前奏曲
黙示録 黙示録外伝 サークルオブザムーン 悪魔城年代記 白夜の協奏曲
暁月の円舞曲 キャッスルヴァニア(PS2) 蒼月の十字架 闇の呪印 ギャラリーオブラビリンス
Xクロニクル
関連項目
登場人物


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki