FANDOM


『双截龍(ダブルドラゴン)』シリーズ (Double Dragon)は、テクノスジャパンから発売されたビデオゲームシリーズ名。

シリーズ作品編集

  • 『ダブルドラゴン』(Double Dragon)
  • 『ダブルドラゴンⅡ ザ・リベンジ』(Double Dragon II: The Revenge)
  • 『ダブルドラゴン3 ザ・ロゼッタストーン』(Double Dragon 3: The Rosetta Stone)
  • 『リターン・オブ・ダブルドラゴン』(Return of Double Dragon)
  • 『ダブルドラゴン』(ネオジオ版)(Double Dragon)
  • 『ダブルドラゴン アドバンス』(Double Dragon Advance)

ダブルドラゴン編集

アーケード版は1987年発売。前年の同社ヒット作『熱血硬派くにおくん』の正統後継作として誕生し、ビデオゲームにおいてベルトスクロールアクションゲームというジャンルを確立させた本作はブルース・リーを愛する開発者たちによって作られた。

その最初の作品(アーケード版)は、ステージがゲームスタート地点から最後のシーンの直前(敵のアジトの門前)まで途切れる事が無く続いているのが特徴の拳法アクション。シリーズ名のダブルドラゴンは、2人の主人公であるビリー・リー(青服の1Pキャラ)とジミー・リー(赤服の2Pキャラ)の兄弟の事を指す。功夫の道場を営むリー兄弟が、暴力組織「ブラック・ウォリアーズ」 に誘拐された恋人・マリアンの救出へと向かう。リー兄弟が使う「双截拳(そうせつけん)」の代表技は、空中で360度以上の軸回転をして周囲の敵を蹴る旋風脚。

ファミコン1988年4月8日発売)とゲームボーイ1990年7月20日発売)にも移植されたが、二人同時プレイが削除された(その代わりに二人対戦モードがある)上に、オリジナルの敵キャラに拳法家のチン・タイメイが登場する。しかもファミコン版では戦い方によって使用できる技の数が増えていくレベル制が導入された上に、ジミー・リーが最終ボスとして登場するなど、業務用とは完全に別物になってしまった。

セガ・マークIII版(1988年8月1日発売)では二人同時プレイが可能だが、ジャンプキックか武器攻撃でないと敵キャラにまともに攻撃できないゲームバランスに問題点がある。

Xbox360版(2007年5月9日発売)はXbox Live Arcadeにてダウンロード配信され、シリーズ初のオンライン協力プレイに加え、ユーザーのやり込み度がわかる実績システム、世界ランキングシステムに対応している。もちろんオフラインでの二人同時プレイも可能でHD画質にも対応している。

ダブルドラゴンⅡ ザ・リベンジ編集

アーケード版は1989年発売。使用基盤は前作の流用なので、続投キャラクターのデザインはほとんど顔グラフィックと色の変更程度になっている。冒頭では前作で救出したマリアンがウィリーに射殺され、ゲームの雰囲気はさながらマリアンの弔い合戦とも言える物であった。攻撃操作は前作と異なり、左右攻撃ボタンとその中央にジャンプボタンを配しているシステムでアーケード版『熱血硬派くにおくん』に近い物になっている。前作で圧倒的な威力を誇った肘打ちは、よほど接近して出さない限り敵がしゃがんで避けてしまうようになった上に、肘打ちを使う雑魚まで存在する。また主人公が武器による攻撃で受けるダメージが前作と比べて軽減されており、特に前作の最終ボスであるウィリーのマシンガンで即死しなくなっている。

ファミコン版は1989年12月22日発売。前作では不可能だった2人同時プレイが出来るようになった。攻撃操作はアーケード版とほとんど同じだが、比較的簡単な操作で出せる必殺技が追加されている(これらの必殺技は後述の『ダブルドラゴン アドバンス』にも登場する)。アーケード版の前作とデザインが同じだったジェフとウィリーの代わりに、中ボスにクンフー使いの「右腕」とシリーズ初登場の「忍者」が追加された。ファミコン版の最終ボスには「幻殺拳 (げんさつけん)」使いの「謎の格闘家」が登場し、最終ステージでの戦いで流れるBGM「双龍の雄叫び」はファンの間でも人気が高く、前作(第1作)をリメイクした作品である『ダブルドラゴン アドバンス』でもバッチリ収録されている(『ダブルドラゴン アドバンス』での曲名は「FIGHT OF FATE」)。

日本ではアーケード版ベースのメガドライブ版(1991年12月20日発売)とファミコン版ベースのPCエンジン版(1993年3月12日発売)が発売された。 海外では国内で発売された『熱血硬派くにおくん 番外乱闘編』をキャラ変更したゲームボーイ版が発売された。

本作ではジミー(2Pキャラ)が白づくめの格好(ファミコン版とPCエンジン版ではベストとズボンは赤色に戻っている)をしていたり、女雑魚のリンダがモヒカンになっているなどキャラのデザインが色物じみている。

ダブルドラゴン3 ザ・ロゼッタストーン編集

アーケード版は1990年発売。修行の旅に出ていたリー兄弟(=標準型キャラ)は、ある時ヒルコ(蛭子)と名乗る老婆から「ロゼッタストーン」の話を聞き、その謎を追って世界各地を転戦する。空手家の大山兄弟(=スピード型キャラ)と総合格闘家のユキーデ兄弟(=パワー型キャラ)と太極拳使いの陳兄弟(=特殊型キャラ)の3組のキャラクターが新たに加わった本作は、最大で3人同時プレイが可能。先にテクノスジャパンがリリースした『コンバットライブス』と同じく残機無しのライフ制であり、クレジットの追加投入でライフを増やす事が出来る。攻撃操作は初代と同様のパンチ・キック・ジャンプ形式に戻っている。1面のアメリカでは「新・ブラック・ウォリアーズ」の残党と対決する。最終面のエジプトに控えるボスキャラは甦ったクレオパトラが登場する。海外版は日本国内版とシステムが異なり、武器や仲間を隠しショップで購入しなければならない。

ファミコン(1991年2月22日発売)にも移植されたが、初代と同様に使用キャラの顔ぶれやゲームシステムなどがアーケード版と異なる。

リターン・オブ・ダブルドラゴン編集

1992年10月16日に発売されたスーパーファミコン作品。ストーリーは一応は初代ベースだが、オリジナルの敵キャラは雑魚のウィリアムスとローパーと中ボスのジェフしか登場しない。本作のリー兄弟の技はアーケード版やファミコン版に比べると大幅に増えていて、中には気力ゲージを使って出す必殺技もある。このゲームで初登場したスーツ男のスティーブと最終ボスのデュークは、それぞれ後に発売される『ダブルドラゴン アドバンス』とネオジオ版『ダブルドラゴン』に再登場した。海外では『Super Double Dragon』の名で発売されているが、ゲームバランスが違っているとか日本版には無いエンディング(ただし文字だけだが)があるなどの細かい相違点がある。

ダブルドラゴン(ネオジオ版)編集

1995年3月3日に発売された対戦格闘ゲームで、SNKが販売を担当した。登場キャラは12名で、デフォルトの使用キャラ10名とボス2名である。使用キャラにはリー兄弟の他に、元祖で囚われ役だったマリアンや、敵キャラだったアボボやブルノフなどがいる。中ボスは『リターン・オブ・ダブルドラゴン』に登場したデュークで、最終ボスは海外の実写映画版に登場したコガ・シューコーである。 本作は1996年4月26日アーバンプラントによってプレイステーションに移植された。

ダブルドラゴン アドバンス編集

2004年3月5日アトラスから発売されたゲームボーイアドバンス作品。版権はミリオン。この日、テクノスジャパンの人気ゲーム『ダウンタウン熱血物語』と『ダブルドラゴン』は共にリメイクされて発売された。どちらも移植ではなく、新たなアイデアを伴って手を加えられている。

『ダブルドラゴン アドバンス』では「変えるところは変えるが、それでいて旧作を知っている方も楽しめるようにオリジナルの良さを残す」という手の加え方が行われている。このシステム変更はファンに受け入れられたようだ。

関連項目編集

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki