FANDOM


+ class="" style="font-weight: bold; font-size: 120%; "ダウンタウン熱血行進曲colspan="2" style="width: auto; text-align: center; "{{{image}}}- colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header1}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header2}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header3}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header4}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header5}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header6}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header7}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header8}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header9}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header10}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header11}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header12}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header13}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header14}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header15}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header16}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header17}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header18}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header19}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header20}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header21}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header22}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header23}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header24}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header25}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header26}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header27}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header28}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header29}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header30}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header31}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header32}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header33}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header34}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header35}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header36}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header37}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header38}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header39}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header40}}}-


ダウンタウン熱血物語ダウンタウンねっけつものがたり)は1989年4月25日テクノスジャパンから発売したファミリーコンピュータ専用ソフトである。

概要編集

くにおくんシリーズの作品の中で このダウンタウン熱血物語は、ダウンタウン熱血行進曲くにおくんの時代劇だよ全員集合ダウンタウン熱血べーすぼーる物語、他 特に『ダウンタウン シリーズ』としてピックアップされる一連の作品の、1作目に位置する(なお本作は、ダウンタウンシリーズに含まれない『熱血硬派くにおくん』の数ヵ月後の話しである)。

熱血硬派くにおくんシリーズを大きく知らしめることになったゲームでもある。1993年12月24日にはナグザットからPCエンジン SUPER CD-ROM²用ソフトとして発売されている。CD-ROMの特性を生かし、声優によるボイスの追加やCD-DAによるBGMのアレンジが行われている。テクノスジャパンの倒産後の2004年3月5日にはアトラス(制作はミリオン)から発売されたダウンタウン熱血物語exゲームボーイアドバンス(以下GBAと称す)用ソフトとして発売された。こちらはファミコン版のものをリメイクし、バージョンアップさせたもの。通称は「熱血物語」。また、PC用としては唯一X68000にも移植された(開発SPS、販売シャープ)。これはX68000のADPCMを生かし、BGMのアレンジ、ボイス付きのビジュアルシーンの追加などが行われた。 2007年10月23日よりWiiバーチャルコンソールでファミコン版が配信されている(提供元はアークシステムワークス。要500Wiiポイント)。

タイトルは『ダウンタウン物語』に因んでいる。

ストーリー編集

主人公くにおが悪の組織から仲間を救い出してから数ヶ月後、進学校である「冷峰学園」に竜一と竜二が転校し、冷峰学園は数ヶ月で近隣の高校を支配下に治め、彼らは「ダブルドラゴン兄弟」と恐れられた。くにおの永遠のライバルである花園高校の番長りきはその能天気な性格から平然としていたが、ある日、りきの彼女が冷峰学園にさらわれ一通の挑戦状が届いた。怒りに燃えたりきは一人で花園学園を飛び出すが、そこでくにおと衝撃的な再会を果たす事になる。りきは彼女を助けるため、くにおはかつての仲間に会うため、二人はそれぞれ違った目的で冷峰学園に向かうことになる。

ゲームのやり方編集

りきの彼女、まみ(島田真美)を救うことがこのゲームの目的。それを阻む者たちを倒しながら街を進み、冷峰学園を目指す。敵を倒してお金を稼ぎ、商店街で購入するアイテムを使うことでステータスを上げていく、アクションロールプレイングゲーム。

またファミコン版では能力をターボファイルを接続しないとセーブができないが、パスワードを記入することで最初から強くすることも可能である。GBA版ではデータ(能力)をセーブすることが可能である。最大で12人セーブをすることが可能である。

二人(もしくは一人)で、敵を殴る蹴る等の攻撃によって倒していく。武器(木刀鉄パイプ石ころタイヤチェーン等)を使ったり投げたりしての攻撃や、倒れている相手(敵味方問わず)を使って別の相手を攻撃するといった、ハチャメチャなアクションが魅力。

GBA版では 倒れている相手に何度も攻撃すると評判が悪くなるので注意。評判が悪くなると、ボスキャラの台詞が変わるだけでなく、仲間になってくれないことがある。それをしないようにするには敵を全滅させる、途中で逃げる相手を追わない、また自分から違うマップに逃げない、何度も攻撃しないことにより評判をあげることができるとみられる。

FC版では各高校の敵キャラは9人であり、同時に3人以上は出てこない。また、生徒の名前は制服の色と顔の組み合わせごとに決められている。全滅させないと、ボスキャラが出てこないことがあるので注意が必要。

GBA版では各高校の敵キャラの人数は10人、20人の設定ができ、同時に4人まで出現させることが可能。またFC版同様、全滅させないとボスキャラが出ない場合がある。

ゲーム上で表記している文字は平仮名のみなため「ぱんち」や「きっく」など少しわずらわしいところがある。

登場人物編集

プレイヤーキャラクター 編集

くにお
正義の不良。熱血高校に通う3年生。花園高校の門の前でりきと再会する。
りき
鮫島 力(さめじま りき)。花園高校に通う3年生。かつては「マッハパンチのりき」として恐れられた。真美を助けるために冷峰学園へ向かう際にくにおと再会する。

サブキャラクター 編集

はせべ
長谷部 和美(はせべ かずみ)。冷峰学園に通う女生徒。生徒会の副会長を務めているが、かつてはスケバンであったとされている。くにおとは中学時代の同級生で、いつもカゲから協力している。
まみ
島田 真美(しまだ まみ)。花園高校2年生。りきの彼女である。ひょんなことから冷峰学園の生徒にさらわれる。

敵ボスキャラクター 編集

さわぐち
沢口 靖男(さわぐち やすお)。白鷹工業高校のNo.2(自称)。最初に登場するボス。勢いと根性だけはあるが相手の威圧感にすぐ負ける。
かみじょう、やまもと
上条 恒男(かみじょう つねお)、山本 憲之(やまもと のりゆき)。影村学園に通う二人組のボス。くにおとりきを倒して認められようとしている。2人ともズルくて気弱な性格。
にしむら
西村 成孝(にしむら なりたか)。白鷹工業高校3年でボス。巨漢。その独特の口調は多くのプレイヤーに親しまれている。
きのした
木下 忠(正とも)(きのした ただし)。冷峰四天王の一人。顔も性格も凶暴。白鷹を支配に持つ。
もちづき
望月 駿(もちづき しゅん)。冷峰四天王の一人。通称「かっとびのもつ」の異名を持つだけあってスピードは恐ろしく速い。
たいら
平 清文(たいら きよふみ)。冷峰四天王の一人。弱い訳ではないが張ったりをかましてから戦う。
こばやし
小林 政男(こばやし まさお)。冷峰学園の四天王のヘッド。キザだが一歩引いている。
ごうだ
豪田 剛(ごうだ つよし)。宝陵高校の番格。冷峰にだまされ冷峰に協力する。非常に守りが堅い。
おにづか
鬼塚 崇(おにづか たかし)。冷峰学園の元生徒会長。顔が非常に恐ろしいがまじめで優しく男らしい性格で規則にうるさい。リーダーシップから冷峰四天王を支配下に置く。手堅い攻撃をするバランスの取れた能力である。
ごだい
五代 奨(ごだい すすむ)。谷花高校3年。木刀をこよなく愛し、それを武器にしている。キレると何をするかわからないことから周囲に恐れられている。
ダブルドラゴン兄弟
服部竜一、竜二(はっとりりゅういち、りゅうじ)服部学園から冷峰学園に転校する。他校を一気に支配下に置き、冷峰を最大の不良校とする。山田に操られている。
やまだ
山田 大樹(やまだ たいき)。冷峰学園の生徒会長。くにおの親友だったが長谷部との事でトラブルになる。


GBA版のみの登場キャラ編集

  • 姿 三十朗(すがた さんじゅうろう)
熱血高校に通うくにおの後輩。最初に登場したのは大運動会の時。
必殺技:ばくだんぱんち
  • 前田 亨(まえだ とおる)
花園高校に通う。かつてはりきのライバルだったが、りきに敗れた後、りきに従う。
必殺技:まえだのとびげり
  • 園川 薫(そのかわ かおる)
千里台高校の2年。花園高校と名乗る人物から襲撃され、りきに対して強い憎しみを持つ。くにおのみに対しては力を貸してくれることも。
必殺技:びっぐばんぐ
  • 早坂 良麻(はやさか りょうま)
冷峰学園在学で望月の親友。喧嘩は好まないが必殺技がすごい。
必殺技:かそくおとし、まっはたたき
  • 火間田 翔(ひまだ しょう)
虎島実業第四高校の応援団。見かけどおりバリバリのツッパリ野郎である。
必殺技:ふぁんきーきっく
  • 熊田 重蔵(くまだ じゅうぞう)
虎島実業第四高校の柔道部員。大運動会の時には連合チームとして登場している。
必殺技:せおいすぺしゃる
  • 藤堂 護(とうどう まもる)
藤堂グループの御曹司で冷峰学園に通う。カネの力で支配をすること数知れず。大の不良嫌いで、特にくにおに対しては敵意を剥き出しにする。後に山田のいない冷峰学園を動かす。能力は一番弱い。
  • 豪田 沙織(ごうだ さおり)
豪田の妹。体が弱く大人しい性格であることから、常に兄が守っている。
  • 芦野 久仁子(あしの くにこ)
熱血高校に通うくにおの追っかけ。所々に現れる。

各高校編集

  • 熱血高校
くにおたちが通う高校で様々な部活があり、ほとんどがくにおが関わっている。他の生徒はくにおがいるからか安堵の気持ちがあるようだ。今回の事件でくにおは1人で冷峰学園に向かいそれを知った姿(人名)はくにおを探すこととなる。制服の色はくにおは白。一般生徒(姿など)は紫。
  • 花園高校
りきが通う高校。まみがさらわれたことにより単身で冷峰学園に向かった。そのことを知った前田はりきを追っかけた。制服の色は青。
  • 千里台高校
元々は喧嘩が無い平和な学園。しかし花園と名乗るものが襲撃してから2年が園川をリーダーとした、「千里台ボンパーズ」を結成しりきを襲う。しかし能力は一番弱いが短気。制服は水色。
  • 坂宿(さかじゅく)商業高校
リーダーはいない。しかし白鷹工業の西村に支配されている。よってくにおたちにとっては敵である。しかしすぐに逃げる。制服はピンク。
  • 沼丘工業高校
冷峰の四天王、望月に従っている。望月にとってはそんなことは考えていないようだが、沼丘にとっては絶対である、と考えているようだ。能力はやや高め。制服は黄緑。
  • 影村学園
ボスは上条と山本の二人だが、それほど広くは渡っていない。くにおたちを倒して全国に知れ渡そうというが弱いし余り目立たない。下手すると出てこないままクリアすることもある。制服は紫(GBA版は薄めの紫)。
  • 星草農業高校
唯一の農業高校。武器は持たないが素手での攻撃が怖い。「かつては谷花高校の五代に助けられた経歴がある。」とゲームの説明書では書かれている。制服は黄色。
  • 白鷹(はくたか)工業高校
ボスは西村。坂宿商業を支配にしているが、冷峰の木下に従っているという一風変わった高校。執拗にくにおたちを攻め、タイヤ一筋の高校である。制服は濃い目のグレー。
  • 又川工業高校
ボスは篠塚という人物だが登場しない。武器を投げたり、とび蹴りをかますことで嫌らしい高校。冷峰に従っているが、自身は関わりが無いと装っている。制服は茶色。
  • 宝陵高校
豪田がいる高校。武器は殆ど使わないがパンチは強烈。また豪田以外の生徒も強い。制服は緑。
  • 谷花高校
ボスは五代で、彼以外にも木刀をこよなく使う。五代がキレないように注意していることで精一杯である。制服は濃い目の青。
  • 冷峰学園
元々は超の付くくらいの進学校であったが、ダブドラ兄弟が服部学園(実在する料理の服部栄養専門学校ではない)から転向してから、一気に不良校になった。さらにくにおの旧友の山田がある人物から超能力を覚えると一気に山田の権限が高くなった。このことを知って長谷部などはくにおたちと協力することになる。能力は雑魚キャラクターでもトップ。制服の色は赤。

GBA版のみの高校編集

  • 虎島実業第四高校
熊田が柔道大会にこの地域に来て偶然今回の事件に出くわす。また火間田は同高校の応援団としていっている。特にボスはいない。制服は姿の制服より濃い紫。
  • 紫苑山(しおんざん)学園
ボスは木城。ナンバー2は梶。彼の身勝手な指令でくにおたちに狙ってくるがあまり登場しない。あるイベントにもかかわるので一度全員を倒そう。制服は赤と茶色の間の色。
  • 星の丘西高校
花園や冷峰とは違う所にある高校。雑魚敵は上位の強さで注意。制服は濃くした水色。
  • 霧雨(きりさめ)実業高校
風丘がボスだがどこかに逃げたらしい。ライバル校は影村学園。しかし武器は長いチェーンなので要注意。制服は濃い目の水色。
  • 透亀(とうがめ)商業高校
出てくる敵は全員2年。石をよく投げるが弱い。霧雨実業に従っている。制服は肌色。
  • 光橋大学付属第三高校
進学校だが、一部性格が曲がっている生徒が多い。その生徒達は、勉強のし過ぎによるストレスを解消する為と言う理由でくにおたちを襲うと言う何とも傍迷惑な連中。が、所詮は進学校の生徒な為、強くはない。制服の色は桜色。
  • 黄金穂(こがねほ)学院
星の丘に襲撃されたためそこを恨んでいる。しかし出てきた瞬間逃げる。ただ倒すと、お金が半端じゃなく多く手に入る。出てこないままクリアすることもしばしば。制服は金とカネをかけている。

マップ編集

  • 花園高校
  • 花園町
  • 花園商店街
  • 花園町
    • 花園第3公園
  • 桜町商店街
  • 新宝川・花園大橋
  • 緑町
  • 丸か運送廃倉庫
  • 丸か運送廃ビル
  • 緑町
  • 緑町商店街
  • 小林産業工場跡
  • 星ヶ丘商店街
  • 夢見町
  • 冷峰学園

必殺技編集

  • まっはぱんち
  • まっはきっく
  • まっはたたき
  • すとんぴんぐ
  • すくりゅう
  • にんげんぎょらい

関連項目編集

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki