FANDOM


ゼノサーガシリーズ(Xenosaga)はモノリスソフトが開発し、ナムコ(現在のバンダイナムコゲームスのナムコレーベル)が発売したプレイステーション2RPGのシリーズである。1998年スクウェアから発売されたプレイステーション用RPG『ゼノギアス』と関連のあるSF作品である。

公式のコメントではゼノギアスとの直接の関係は無いとされている。実際に、ゼノサーガはゼノギアスの構想を発展・拡張したものがベースになっているため、同一の世界線上に連なる物語ではない。敢えて初期の構想に当てはめるなら、ゼノギアスの劇中時間から約一万年前の、公開されている設定上もっとも古い時代のストーリーに相当する。

ゼノサーガシリーズはエピソードIIIをもって一応の区切りがついたとされているが、エピソードI発表時に「宇宙の始まりから終わりまでを描いた叙事詩」であるとのコメントがなされており、まだまだ構想にあるうちの導入部が終わったに過ぎず、ファンの間では今後の展開が待ち望まれている。

ドイツの哲学者フリードリヒ・ニーチェ、C.G.ユング、S.フロイトや、グノーシス主義等の哲学や、心理学、宗教的な思想などが背景にあり、それらが支える複雑なSF的要素を含んだ衒学的なストーリーはファンの間で評価が高い。反面ではライトユーザーからストーリーや用語が難解すぎると解釈されることもある。

また、本作品を題材(ゼノサーガ エピソードI[力への意志])とした東映アニメーション製作のテレビアニメXenosaga THE ANIMATION』が2005年1月5日〜3月23日の期間にテレビ朝日で放送された。若干の違いはあるものの、ゼノサーガ エピソードI[力への意志]とほぼ同一のストーリーになっている。主要なキャストはゲーム版と同一だが、一部が変更された。

作品リスト 編集

製作スタッフ 編集

世界観 編集

テンプレート:ネタバレ 4000年後の超未来。人類宇宙を第二の故郷とし、あらゆる技術を駆使して繁栄していた。

惑星改造ワープ航法、全宇宙を繋ぐネットワークであるU.M.N.、ネットワークにアクセスすることで使用できるETHER(エーテル)、人型端末兵器A.G.W.S.(エイグス)、最も人間に近いアンドロイドであるレアリエンなどがその代表である。

U.M.N.、ETHERおよび、関連の「事象変異機関ゾハル」などは、C.G.ユングの唱えた『ウーヌス・ムンドゥス』という、当時科学を補完せんとした学説を骨格にしたシステムである。

登場勢力 編集

星団連邦政府
現在の主星はフィフス・エルサレム。約50万の惑星により構成されて、連邦制を敷いている。接触小委員会はこの中の一機関である。
グノーシス
虚数空間に存在しており実数領域では物理的な接触ができない謎の存在。グノーシスに触れられた人間は自らもグノーシス化するか、または塩の柱になって砕け散る。ヒルベルトエフェクトによって実数領域に固着させれば、接触や攻撃が可能になる。ギリシャ語で「認識」を意味する。
ヴェクター・インダストリー
自動軌道コロニー「曙光」を拠点とする巨大星間コングロマリット。総帥はヴィルヘルムが務める。女性型アンドロイドKOS-MOSの開発元である。ヴィルヘルムは謎の外套の集団、テスタメントを率いる。
テスタメント
赤い外套者
テスタメントに於けるリーダー的存在。正体はKOS-MOSアーキタイプの起動実験時に死亡した、ヴェクター・インダストリーのケビン・ウィニコット。赤いE.S.ユダを駆る。
青い外套者
正体はヴォークリンデがグノーシスに襲撃された際にKOS-MOSによって射殺された、星団連邦軍人ルイス・バージル。青いE.S.ナフタリを駆る。
黒い外套者
100年前にジギーの家族を殺害し、彼を自殺に追い込んだかつての部下のヴォイジャー(本名:エーリッヒ・ウェーバー)と呼ばれる男。黒いE.S.ダンを駆る。
白い外套者
ヴィルヘルムから「永遠の連環(ツァラトゥストラ)を紡ぐ者」と呼称される、最も新しいテスタメント。正体はU.R.T.V.のアルベド・ピアソラ。白いE.S.シメオンを駆る。
U-TIC機関
元々は星団連邦の研究施設であったが、ミルチア紛争以降武装組織化している。現在はオルムスの実戦部隊として機能している。
クーカイ・ファウンデーション
ミルチア紛争後に設立された財団法人。ライフリサイクル法の被害者の保護やゾハルエミュレーターの確保、保管の役割を担っている。また、民営化した部門が大当たりし、娯楽観光産業において第一位の市場規模を誇る。
オルムス
その設立は紀元前にまで遡る組織。別名、移民船団。宗教色が強く、U-TIC機関の上位組織である。
ユーリエフ・インスティテュート
ディミトリ・ユーリエフ博士を責任者としたU.R.T.V.開発組織。ハイアムズ重工業とつながりが深い。
ハイアムズ重工業
ヴェクター・インダストリーと並ぶ巨大企業。オルムスの枢機卿ハインラインが社主を勤めており、オルムスやU-TIC機関が使用する兵器類を製造している。
スキエンティア
反U.M.N.運動を行っているレジスタンスだが、世間からはテロリスト集団と見なされている組織。ドクトゥスや、ヴェクターを退社した後のシオンが所属しており、U.M.N.の正体を探っている。

登場人物一覧編集

主要な敵キャラクター編集

()内の数字は登場作品

ゲーム中で戦うことになる登場人物はこの項に別途にまとめてある。オルグイア、T-elosを除きいずれもバイオ系。

マーグリス(I、II、I・II)
U-TIC期間司令兼オルムス異端審問官。冷徹な剣の達人。
アルベド・ピアソラ(I、II、I・II)
白髪を持つU.R.T.V.変異体。ある出来事が原因でウ・ドゥに汚染されている。
オルグイア(II)
教皇直属の戦闘用サイボーグ。戦闘時には攻撃的な人格が覚醒する。
教皇(II)
本名セルギウス17世。オルムスの最高権力者。
ジンケイ(I・II)
DS版でストーリーが進むたびに陣形を教えてくれる老人。PS2版では登場しない。
T-elos(III)
謎の科学者ロート・マンテルが開発したKOS-MOSに変わる新型の人形掃討兵器。完全な機械体ではなく、ある人物の肉体を素体としている。
マイ・メイガス(III)
ヴォイジャー(III)
本名はエーリッヒ・ウェーバー。ジギーと浅からぬ因縁のある黒のテスタメント。かつては彼の部下であった。
ペレグリー(III)
オルムス異端審問官でマーグリスの片腕。穏健派の節があるようだが、組織のためには非情な手段を厭わない。
ルイス・バージル(III)
ヴォークリンデで戦死した元星団連邦軍海兵隊中尉。青のテスタメントとなった。
シトリン(III)
U.R.T.V.変異体の一人。ガイナンと同様にある役割が与えられており、身体機能はガイナンと同レベルである。
ディミトリ・ユーリエフ(III)
U.R.T.V.の遺伝子を提供した人物で、彼らにとっては父親的存在とも言える人物。ガイナンの肉体を借りて復活を遂げる。
シオン・ウヅキ(III)
ゼノサーガシリーズの主人公だが、エピソードIIIのある時期で仲間たちと一時的に敵対する。
ケビン・ウィニコット(III)
KOS-MOS開発計画統合オペレーションの中核。シオンの元上司であり恋人であった人物。自らが意図的に引き起こしたアーキタイプ暴走によって死亡した。その後に赤のテスタメントとして復活した。

アニメ『Xenosaga THE ANIMATION』 編集

2005年1月5日〜3月23日の期間にテレビ朝日で放送された。

作画のレベルは低迷したが、ムービーだけでもTVアニメ1クール分に匹敵するエピソードIのシナリオを大胆に要約し、その上でキルシュヴァッサーらサブキャラクターのドラマを原典のイメージを損なうことなく補完した手腕は高く評価された。シリーズ構成・脚本を担当した竹田裕一郎は、後にゼノサーガI・IIで抜擢され、こちらもファンの間での評価が高い。なおこの作品にはエクスカイザーのパロディのエグデスカイザーがゲスト(?)メカとして1シーンだけ登場しその他リーオーザクなどを意識したロボが各所に登場することからガンダムシリーズに対するオマージュも含まれている。魔女っ子ネタもあることを推定して様々なアニメに対する警告を出したのではないかとされる。

スタッフ 編集

キャスト 編集

各話タイトル 編集

  • 第1話 「覚醒」 2005/01/05
  • 第2話 「轟沈」 2005/01/12
  • 第3話 「邂逅」 2005/01/19
  • 第4話 「死地」 2005/01/26
  • 第5話 「異形」 2005/02/02
  • 第6話 「投錨」 2005/02/09
  • 第7話 「エンセフェロン」 2005/02/16
  • 第8話 「記憶」 2005/02/23
  • 第9話 「歌声」 2005/03/02
  • 第10話 「兵器」 2005/03/09
  • 第11話 「妄執」 2005/03/16
  • 第12話 「KOS-MOS」 2005/03/23

テンプレート:前後番組

外部リンク 編集


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki