FANDOM


+ class="" style="font-weight: bold; font-size: 120%; "スーパーマリオギャラクシー
Super Mario Galaxycolspan="2" style="width: auto; text-align: center; "{{{image}}}-
colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header1}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header2}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header3}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header4}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header5}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header6}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header7}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header8}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header9}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header10}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header11}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header12}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header13}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header14}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header15}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header16}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header17}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header18}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header19}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header20}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header21}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header22}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header23}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header24}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header25}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header26}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header27}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header28}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header29}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header30}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header31}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header32}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header33}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header34}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header35}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header36}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header37}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header38}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header39}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header40}}}-


スーパーマリオギャラクシー』(Super Mario Galaxy)は、任天堂開発・発売のWii専用ゲームソフトテンプレート:ネタバレ

概要 編集

テーマは重力。『スーパーマリオ64』、『スーパーマリオサンシャイン』の流れを受け継ぐ、3Dアクションマリオシリーズの最新作である。

今作の冒険の舞台は宇宙にある様々な惑星である。惑星は大小さまざまな形状のものが存在し、冒険の中でスターを集めることになる。宇宙ステージは過去作でも散見されたが、今作は宇宙空間でのアクションがゲーム全体におけるメインの特徴となっている。冒険の拠点となる「ほうき星の天文台」のギャラクシーを観測する場所(様々あり、ドームという)から宇宙に浮かぶそれぞれの「ギャラクシー」へ出発し、ミッションをこなしていく。

Wiiリモコンをもう1つ用意すれば、1プレイヤーの協力や邪魔を出来る「アシストプレイ」が可能。

また、本作では宇宙での壮大な冒険を表現する為の新たな試みとして、マリオシリーズ本編では初となるオーケストラの生演奏を収録した楽曲が使用されている。

海外の各ゲームサイトで高い評価を得た(IGNによると、Press平均9.7)。IGNの2007年ゲームオブザイヤーを受賞。

ストーリー 編集

百年に一度ある「星くず祭」の日、マリオに招待状が届く。招待状は、ピーチ姫からの物だった。

ピーチ姫からの招待状をにぎりしめ、マリオがピーチ城に到着するとそこは星くず祭の真っ最中だった。

だが、突如飛行船に乗ってクッパが登場。「我輩の作る新しい銀河の誕生に立ち会ってもらう」というクッパの台詞と共に、またまたピーチ姫がさらわれてしまう。そしてクッパ達は銀河へと消えていった……。

マリオは地球を飛び出し、宇宙を冒険する事となる。広い宇宙に浮かぶ奇妙な惑星の数々。マリオは特殊な能力で星を巡り、ピーチ姫の手がかりを探す。

条件を満たすとプレイできるようになるストーリー。マリオとは違い、オープニングムービーが無いため、ストーリーの詳細は不明。だが、「クッパの野望を打ち砕く」事と「ピーチ姫を救い出す」事はマリオと同じである。

主な登場キャラクター 編集

操作キャラクター 編集

マリオ
本作の主人公。アクロバティックなアクションで困難に挑む。
ルイージ
マリオの弟。ある条件を満たすと使用可能となる。ジャンプ力や移動スピードがマリオより優れているが、足が滑りやすくブレーキが効きにくい。更に水中で息が長続きしないという特徴もある。

味方キャラクター 編集

ロゼッタ
宙に浮かぶ「ほうき星の天文台」の主。チコ達と星の世界を旅している。ストーリーが進むと絵本を読んでくれることもある。
チコ
銀河中に住んでいる星の子。スターピース(後述)が大好物で、変身能力を持つ。いろいろな種族のチコが存在する。
バトラー
チコの長老でありロゼッタの良き理解者である黒いチコ。話しかけると天文台の地図を見せてくれる。
ハラペコチコ
天文台やステージ内の惑星等特定の場所に住んでいる。話すとスターピースをねだる。決められた数のスターピースを渡すとチコが変身する。ギャラクシー内では惑星とスターリング、天文台では、ギャラクシーとスターリングに変身する。
コメットチコ
いたずらコメットの事に詳しく、それぞれのコメットの情報を教えてくれたり、スターピースを20個払うとコメットを消してくれたり、逆に出現させたりしてくれる。
ショッピングチコ
主にボスキャラがいる惑星に現れ、スターピース30個を代金として支払うと、1UPキノコかライフUPキノコのどちらかに変身する。
カン・バーン、ケイジ・バーン、デンゴン・バーン、カワラ・バーン
特定のステージに出現し、スターを取る為のヒントをくれる喋る看板。看板だが、移動する事も可能なようだ。
キノピオ
今作ではキノピオ探検隊と名乗る5人のキノピオが、至る所でミッションを手伝ってくれる。今作ではそれぞれ明確な性格や役割が存在している。
赤キノピオ
ライトを装備している隊長格のキノピオ。かなりのビッグマウス。パワースターへの近道を作ってくれたりと役に立つこともある。
青キノピオ
メガネをかけているキノピオ。知的で、的確なアドバイスをしてくれることもある。運動は苦手らしい。
黄キノピオ
暇さえあれば眠っているキノピオ。お肉が好物。起きているときも他のキノピオよりもあまり活躍しない。
緑キノピオ
鍬を持っているキノピオ。ものづくりが特技のようで、ギャラクシーによっては大砲を作ってくれることもある。他にも、ダジャレを嗜んだり、自分たちよりもマリオの事を話題にする等、他の隊員よりも陽気で気が利く存在。
紫キノピオ
バッグを持っているキノピオ。宇宙船で郵便屋を引き受け、ピーチ姫やルイージからの手紙を渡してくれる。また、Wii伝言板に自らメッセージを出すことも。他のキノピオよりも行動的で、大抵奥地に進んでいたり、身体を張っているのは彼である。
ルイージ
味方キャラクターとしてのルイージ。あるギャラクシーの救出ミッションをクリアした後、パワースター探しを手伝ってくれる。
ピーチ姫
今回もクッパに攫われるが、手紙と同封してマリオに1UPキノコをくれる。

システム 編集

操作方法 編集

  • 1プレイヤー
    • Wiiリモコン
      • Aボタン - ジャンプ
      • Bボタン - スターピースの発射
      • 十字キー - 視点操作
      • ポインター - スターピースの回収
      • 本体動作 - 振ってスピンアタック、スターリングの中でマリオ(ルイージ)発射
    • ヌンチャク
      • スティック - 移動
      • Zボタン - しゃがむ
      • Cボタン - 視点リセット
      • 本体動作 - 振ってスピンアタック、スターリングの中でマリオ(ルイージ)発射
  • 2プレイヤー
    • Aボタン - マリオ(ルイージ)のジャンプ、スピン、敵の動きを止める
    • Bボタン - スターピースの発射
    • ポインター - スターピースの回収

ライフ 編集

本作では、これまでの3Dアクションシリーズでは8つだったライフの最大値が一気に3つに減り、以前にも増してミスし易くなった。代わりに、50個回収で1UPするスターピースを各ステージに大量に設置したり、難易度の高い箇所の近辺に1UPキノコやライフUPキノコを置くことによって、ゲームバランスを保っている。

変身 編集

ハチマリオ(ハチルイージ)
ハチキノコを取る事で変身。ミツバチの姿になり、空中でAボタンを押し続けるとFLYメーターが無くなるまで飛び続けることが出来る。FLYメーターは飛行を続けている間に減少していき、着地時や何かに摑まっている間は回復していく。また、変身時は体重が軽くなっている為、花や雲を足場として利用したり、「ハチミツカベ」に張り付いて、壁を移動する事も可能。この状態になっている間は、通常の状態では回避行動をとる敵が攻撃して来る。水に触れるか、ダメージを受けると元の状態に戻る。
オバケマリオ(オバケルイージ)
オバケキノコを取る事で変身。帽子を被ったテレサの姿になる。Aボタンで浮遊できるほか、Wiiリモコンを振ると透明になり、特定の壁をすり抜けることが可能。この状態だと、テレサに惚れられてテレサが追い掛けてくる。また、この状態でなければ読めない看板も存在する。スターリングに触れるか、強い光を浴びるか、水に触れるか、ダメージを受けるかのいずれかを起こすと元の状態に戻る。
バネマリオ(バネルイージ)
バネキノコを取る事で胴体に大きなバネが巻きついたマリオ(ルイージ)に変身。スリンキーのような動きで、常にジャンプし続けながら移動する。着地時にAボタンを押すと、非常に上昇力の高いジャンプをすることが可能。空中で壁にあたると自動的に壁キックを行う。通常のマリオ(ルイージ)では昇れない程の傾斜や、カベキックで昇るにはあまりに幅がありすぎる狭間を昇る事が出来る。スターリングに触れるか、水に触れるか、ダメージを受けるかのいずれかを起こすと元の状態に戻る。
ファイアマリオ(ファイアルイージ)
ファイアフラワーを取る事で変身。一定時間、バウンドしながらある程度対象を追尾するファイアボールを投げられる。ファイアボールは敵を倒す以外にも、障害物を壊したり、燭台に火を付ける効果も持つ。2Dアクションシリーズとは違い、ファイアボールを投げながら移動する事は不可能になっている。尚、この状態ではスピンは出来ないが、ジャンプ中にファイアボールを投げることでマリオ(ルイージ)の地面着地までの落下速度を遅らせる事は可能。
アイスマリオ(アイスルイージ)
アイスフラワーを取る事で変身。全身が氷結化し、一定時間、水面や噴水、溶岩を凍結させ、それらの上を移動できる。滝を凍らせ、壁キックをする事も可能。
レインボーマリオ(レインボールイージ)
レインボースターを取る事で変身。一定時間、虹色に光りだし無敵状態になり、触れただけで敵を倒せる。走り続けていると走行速度が上昇する。
フライングマリオ(フライングルイージ)
ある程度シナリオを進めた後、レッドスターを取ることで変身。一定時間、ジャンプ中にWiiリモコンを振ると、空を自由に飛ぶ事が出来る。また、Aボタンを押しっぱなしにしつつコントロールステイックを操作することで飛行方向を変えることが出来る。さらに、周囲にあるコインやスターピースは隣接した状態でスピンするだけで瞬時に回収する事が可能。

アイテム 編集

パワースター
銀河の各地に散らばっている。これを集めることがゲームの目的。一定数集めると新しいギャラクシーが出現する。
グランドスター
「ヘブンズドアギャラクシー」と「プラント」に登場する。手に入れると、新しいドームに行けるようになる。なお、このスターはマリオ編、ルイージ編それぞれ7つ存在するが、「クッパギャラクシープラント」のものだけは天文台にカウントされず、また新しいドームも開かない。
グリーンスター
特別なパワースターの1つ。三つ存在し、全て集めると、「試練の銀河」というギャラクシーが出現する。
スターピース
ステージの至る所に散りばめられている金平糖のような形をした星屑。マリオ(ルイージ)かポインターが触れることで回収できる。50個集めると残機数が1人増えるほか、敵に発射して攻撃したり、お腹を空かせたチコに食べさせたりできる。様々な色があるが、色による違いは無い。ステージ中で999個集めると、増えなくなる。
コイン
取るとマリオ(ルイージ)のライフが1回復する。また、シナリオ中に50枚集めるごとに残機が1増える。
ハテナコイン
取ると様々なことが起こる。
ハチキノコ
黄色と茶色の縞が描かれたミツバチ模様のキノコで、取るとハチマリオ(ハチルイージ)に変身。
オバケキノコ
テレサのような表情をしている白いキノコで、取るとオバケマリオ(オバケルイージ)に変身。
バネキノコ
バネの模様が描かれた銀色のキノコで、取るとバネマリオ(バネルイージ)に変身。
ファイアフラワー
赤色のフラワーで、取るとファイアマリオ(ファイアルイージ)に変身。
アイスフラワー
青色のフラワーで、取るとアイスマリオ(アイスルイージ)に変身。
レインボースター
虹色のスターで、取るとレインボーマリオ(レインボールイージ)に変身。
レッドスター
特別なパワースターの1つ。これを手に入れると、フライングマリオ(フライングルイージ)に変身出来る様になる。
音符
消える前に全て取ると様々なことが起きる。
スターチップ
ステージに散らばった星の欠片で、「黄」「青」の2色が5枚存在する。5枚集めると「黄」の場合はスターリング、「青」の場合はスターキャプチャーが出現する。
1UPキノコ
取るとマリオの残機数が1増える緑色のキノコ。
ライフUPキノコ
取るとそのシナリオ中のライフの最大値が3増え、6になる。ライフが3以下になると最大値が3に戻る。
緑コウラ
持ってぶつけると敵を攻撃したり宝箱を開けたりできる。水中では速く泳げる。
赤コウラ
緑コウラよりも水中で速く泳げる他、敵を追尾する能力がある。
金コウラ
特殊なことに用いる。

仕掛け 編集

スターリング
星型の輪。スターリングのそばでWiiリモコンを振るとマリオ(ルイージ)がスターリングの中へ引き込まれ、決まった方向に発射される。サブステージへ行くときや、惑星間やステージ内での移動に使用する。形状は2種類あるが、2つの違いは移動距離の違いである。中には、壊れているものもあり、そのステージではスターチップが出てくる。
スターキャプチャー
中に星が入った青い球体。ポインティングしながらAボタンで、マリオ(ルイージ)がスターキャプチャーに吸い寄せられる。ステージによっては、小さな半透明の惑星の中にスターキャプチャーが入っている惑星も存在する。スターリング同様、壊れているものやスターチップも存在する。
ブラックホール
惑星の中心などに配置されており、引き寄せられてしまうと即ミスとなる。
いたずらコメット
不定期的にいくつかのギャラクシーに現れる。コメットが飛来しているギャラクシーではステージの構造が変わり、コメットの種類によって様々なイベントをしなければならない。ステージに入ると、画面の外枠が飛来しているコメットの色に染まる。さらに、コメットが飛来しているステージでは、コメットのシナリオが優先され、他のシナリオができなくなる。解除するにはどこかでパワースターを取るか、コメットチコにスターピースを渡して除去してもらわないと消えない。コメットは全部で5種類ある。
レッドコメット
色のコメット。ステージに制限時間が設定され、その時間以内にパワースターを取る必要がある。
シャドウコメット
色のコメット。ステージに入ると自分の分身が現れ、自分の分身とレースをすることになる。分身よりも先にパワースターの元にたどり着かなければならない。
クイックコメット
黄色のコメット。このコメットが現れたステージでは敵や仕掛けの動きが通常よりも早くなる。
デスコメット
灰色のコメット。このコメットが現れたステージでは体力が1となり、ダメージを受けただけでミスになってしまう。
また、このモードではボス戦の直前の場所や、ボス戦を行う惑星からスタートすることが多い。
パープルコメット
色のコメット。このコメットが現れたステージでは、パープルコインと呼ばれる紫色のコインを100枚集めるとスターが出現するようになっている。通常のコインとは違い、パープルコインは50枚取っても1UPすることはない。
このコメットのステージの一部では制限時間が設けられていたり、101枚以上のパープルコインが存在するステージがある。ちなみに100枚集めた時点でスターが出現するため、101枚目以降は取っても意味はない。

ギャラクシー 編集

ヘブンズドアギャラクシー 編集

オープニングステージ。ここで一番最初のミッションが待ち構えている。ゲームを進めていくと、再び行けるようになる。

ドーム 編集

ほうき星の天文台の各地に配置されている生活スペースのような場所。このドームの中にあるスターキャプチャーを使う事でギャラクシーへと向かう事が出来る。ミッションが多数設けられているステージ、ミッションが1つしか存在しないステージ、「プラント」と表記されるボスステージの三種類が存在する。

テラス
一番最初に行けるドーム。基本的操作を身につける為のステージとなっている。
バスルーム
2番目に行けるドーム。ここでは、ステージ上のギミックを利用する事を身につけるステージとなっている。
キッチン
3番目に行けるドーム。ここでは特別な操作や変身能力を上手に使いこなす為のステージとなっている。
ベッドルーム
4番目に行けるドーム。ここでは今までの操作をより上達させるステージとなっている。
マシンルーム
5番目に行けるドーム。今までの操作を駆使しながら、さらに隠れた仕掛けを見つける能力を鍛えるステージとなっている。
ロフト
最後に開くドーム。難易度は全ドーム中最難関で、ステージ構造もかなり複雑になっている。

ドーム以外のギャラクシー 編集

通常のギャラクシーとは形態が異なり、ほうき星の天文台から直接スターリングを使用して向かうギャラクシーでステージ内のスターの数もほとんどが1つである。

ハラペコチコ
ほうき星の天文台に出現するハラペコチコに規定量のスターピースを与える事によってステージが出現する。
試練の銀河(チャレンジギャラクシー)
グリーンスターを全て集めると行ける様になる。クリアするにはかなりの技量が必要となる。
クッパギャラクシープラント
クッパによって銀河の中心に作られた巨大な銀河団。クッパがラストボスとして待ち構えるステージである。

テンプレート:SpoilerH

グランドフィナーレギャラクシー
マリオ、ルイージ双方で120個のスターを手に入れてクッパを倒すと行ける、最後のギャラクシー。テンプレート:SpoilerF

敵キャラクター 編集

通常の敵 編集

マメクリボー
スピン一撃でコインに変わる、最弱の敵。
クリボー
キノコ王国を裏切ったキノコ。あらゆる攻撃でやられていた過去作品とは異なり、スピン攻撃なら一回は耐え抜くようになった。派生種に、カボチャを冠った「カボクリボー」や、ヘルメットを冠った「メットボー」も存在する。
ノコノコ
クッパ軍団の一般兵。本作のノコノコは靴を履いておらず、4足歩行で移動する。例によって上から踏みつける事で甲羅に引っ込むので、そのまま投擲アイテムとして利用出来るようになる。ただし、赤い甲羅を背負ったノコノコはスピンを当てなければアイテムとして利用出来ない。
パックンフラワー
マリオシリーズお馴染みの食虫植物モンスター。殆ど花畑にいることが多い。上位種に「トゲトゲパックン」が存在する。
トゲトゲパックン
普通のパックンより大きく、茎にトゲがある。スピンや体当たりをしようとするとダメージをうける。倒れ掛かってきたときに踏みつけると倒せる。
ドッスン
マリオシリーズお馴染みの障害物モンスター。本作では潰されると即ミスになる。
オニマスドン
スーパーマリオ64』のオニマスクンから大幅にデザインが改変され、材質も金属から石に変わり、顔もまさに「」の様な風貌となった。ドッスンと同じく、潰されたら即ミスになる。そのため、クイックモード(前述)ではかなりの脅威である。
ハナチャン
芋虫型のモンスター。例によって踏むと怒りだし、移動速度が増すが、ヒップドロップやスピン等でひっくり返した状態で踏みつければ倒す事が可能。
テレサ
背中を向けている時やオバケマリオ(オバケルイージ)に変身している時だけ近づいてくるオバケ。強い光に当たると消滅する。派生種に黒い「ボムテレサ」が存在する。
ボムテレサ
マリオを見つけると近づいてくる、黒いテレサ。舌をつかんで振り回すことができ、何かにあたると爆発する。
ワンワン
鉄球のような犬のモンスター。本作でのワンワンは敵キャラというよりも、障害物としての意味合いが高くなっている。
ボムへい
マリオシリーズお馴染みの爆弾のキャラクター。例によって体が点滅し、一定時間経つと爆発する。スピンを当てると足がなくなり、持ち上げられる。最初からマリオ(ルイージ)を追いかけてこない足のないのもいる(こちらは「ボム」と呼称されることがある)。爆発する時の威力は大きい。これを利用しないとクリアできないステージが存在する。
キラー
クッパ軍団の兵器。今作のキラーには全て追尾機能が付いている。この性質を利用しなければクリア出来ないステージも存在する。
マグナムキラー
スーパーマリオワールド」で初登場した巨大なキラー。ホーミング機能はついていないが高速で飛んで来る。
トーピード
スーパーマリオワールド」で初登場した魚雷型キラー。今作では目が赤くなっている。突然海底から射出され、マリオ(ルイージ)めがけて追尾し、徐々に加速して来る。制御の難しい水中では厄介な敵。
プクプク
トビウオのモンスター。海中の地底部を漂っているものと、陸に打ち上げられ大きく飛び跳ねているものの2種類が存在する。
ゲッソー
海中に出現するイカ。マリオ(ルイージ)を見つけると、ゆっくりと近づいてくる。
ウニゾー
ウニのようなモンスター。池や海の底に生息し、マリオ(ルイージ)に気付くと転がりながら追いかけてくる。派生種に陸の上にいる「陸ウニゾー」が存在する。
カニーナ
砂の上をカニ歩きするカニのモンスター。赤と青、二種類存在する。赤色のものはマリオ(ルイージ)に近づいてくる。青色のものは逃げていく、こちらは倒すと1UPキノコが出現する。
アナゴン
海中に生息するアナゴのようなモンスター。壁の穴から体を伸ばすタイプと自由に泳ぎ回るタイプがいる。ビッグサイズの「大アナゴン」が存在する。
サンボ
サボテンのモンスター。シリーズを一貫してみると、前作からかなり巨大化している。トゲの生えたものと生えていないものの他、最初から頭しかない種類も存在する(こちらは「サンボヘッド」と呼称される)。トゲの生えたサンボには直接攻撃は出来ない。
カメック
クッパ軍団のエリートのカメ
カロン
骨になったノコノコ。攻撃しても、一時的に身体が崩れるだけで倒せないという厄介な性質は今作でも健在。ノコノコとは違い二足歩行。
タコボー
タコのようなモンスター。同じ場所を行ったり来たりしている、近づくと頭突き攻撃をしかけてくる。上位種に「タコヘイ」が存在する。いずれもスピンや踏みつけで一発で倒せるザコである。
タコチュ
タコの小さなモンスター。マリオ(ルイージ)の体にくっつき一定時間経つとダメージを受ける、くっつかれてる間は移動速度とジャンプ力が落ちる。複数のタコチュに取りつかれると更に動きが鈍くなって厄介になる。
オタロック
炎の弾とココナッツの弾を放ってくるタコのモンスター。倒すと橋やスターリングなど、しかけが作動することが多い。
ペタペタ
唐草模様の風呂敷の姿をした忍者のようなモンスター。姿を消して歩き回る。倒すと大量のスターピースが手に入る。
バネグモ
一定の場所でジャンプを繰り返してくるクモのモンスター。派生種に糸にぶら下がる「ツリグモ」が存在する。
バットン
コウモリのモンスター。マリオ(ルイージ)めがけて急降下してくる。派生種に「アイスバットン」が存在する。こちらはファイアでしか倒せない。
コテムシ
虫のモンスター。マリオ(ルイージ)に気付くと逃げ出す。ハチマリオ(ハチルイージ)に変身しているときはどこまでも追いかけてくる。
クワカブト
ハニービー達に嫌がらせをしている一族。マリオ(ルイージ)を見つけると一直線に突進してくる。
ベーゴマン
ベーゴマのようなモンスター。常に回転していて、触れると弾き飛ばされる。こちらからスピンを当てると相手を弾き飛ばすことができる。相手を電線に当てると倒すことが出来る。
色は赤と緑、黄色の3種類があり、赤色のものは頭にトゲがついており、踏むことは出来ない。緑色のものは頭にバネがついていて踏むと大ジャンプが出来る。黄色いものは小さく、スピンを当てるだけで倒すことが出来る。
モグへい
トゲ付きメットを被ったモグラ。地面を掘り進む。
プー
スーパーマリオブラザーズ3」で初登場した。マンホールのような場所からスパナを投げつけてくるモグラ。今作では、飛行船ではなく要塞や草原に出現する。
ポイハナ
スーパーマリオサンシャイン」で登場したキャラクター。本作では青のみで触れてもダメージは受けない。触れると空高く跳ね上げられる。この性質を利用しないとクリアできないステージが存在する。水に沈むと消滅するが元のいた場所で復活する。

ボスキャラクター 編集

ディノパックン
巨大なうえ、獰猛なパックンフラワーボスパックン恐竜を合わせたような風貌をしている。大きな卵の殻に入っているが、殻を壊すと本体が出現する。弾力性の強い尻尾を持っている。
オタキング
大きなタコのモンスター。火の玉やココナッツを吐いて攻撃する。
クワカブトキング
クワカブト達の王。突進してきたり、飛んだりしている。
メガレッグ
三本足の巨大ロボット。体にキラー砲台をいくつも搭載している。
ボスカメック
カメック船団のボス。炎をまとったコウラ、緑のコウラを出して攻撃する。
クモキング
巨大なクモのモンスター。緑の液体を吐き出して攻撃する。ボスの中では当たり判定を有する箇所が最も多く、ポルタと並び、体力が最も多い。
ベーゴマンキング
ベーゴマンのボス。本体の側面にとげがあり、回転しながら攻撃してくる。
ポルタ
沢山のガレキでできた怪物。ボスの中では体力が最も多い。正体はただの黒いオバケで、ガレキを集めて姿を変えただけ。
モグキング
モグの大将。
カチコチキング
氷山の高い所の湖の真ん中にいるモンスター。
モグタンク(青)
モグが青い戦車にのっている。水玉を撃ってくる。
モグタンク(黄)
モグが黄色い戦車にのっている。電撃玉を撃ってくる。
キングボーネ
巨大な骨魚。コボーネという魚雷のような敵を放ってくる。今作中、唯一の水中戦のボスでもある。
オタキング(黒)
最初に登場するオタキングに比べ、ココナッツを跳ね返す回数が増えている。しかも、足場が金網で、一定時間のっていると沈むので、溶岩でダメージを負ってしまう。
ディノパックン(黒)
黒い卵の殻に入っていて、背中にトゲ、体と頭は黒、唇は灰色と、結構変わった点もある。倒し方は同じだが、体全体が燃えたり、ファイアボールを吐いたりする。
クッパJr.
今作の中ボス。本人には戦闘能力があまり無いため、手下のボス達に命令して攻撃させる。
クッパ
今作の中ボス兼ラストボス。銀河征服を企む。

テンプレート:ネタバレ終了

関連商品 編集

スーパーマリオギャラクシー サウンドトラック プラチナバージョン
クラブニンテンドーの2007年度プラチナ会員のみ入手できるプレゼントのうちの1つ。
2枚組みで1枚目は28曲、2枚目は53曲で合わせて81曲
クラブニンテンドー限定アイテム。
スーパーマリオギャラクシー サウンドトラック
収録内容は上記プラチナバージョンの1枚目と同じ。全28曲。
本来は400ポイントだが、スーパーマリオギャラクシーのソフトに付属しているクラブニンテンドーのポイントを登録したユーザーのみ、2008年1月15日まで250ポイントで購入可能だった。
クラブニンテンドー限定アイテム。

外部リンク 編集

テンプレート:Marioda:Super Mario Galaxyfi:Super Mario Galaxyno:Super Mario Galaxysimple:Super Mario Galaxy sv:Super Mario Galaxy

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はスーパーマリオギャラクシーにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki