Fandom

ゲーム情報ウィキア

シムシティシリーズ

1,608このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

テンプレート:修正2 シムシティシリーズ (SimCity series) は、マクシス社のリアルタイム都市経営シミュレーションゲームのシリーズで、現在はエレクトロニック・アーツから発売されている。箱庭ゲームと呼ばれるコンピュータゲームの1つで、プレイヤーが市長となって街を運営していくことを目的としている。1989年に第1作『シムシティ』が発売されて以来、多くのシリーズが開発されている。日本語表記は当初は「シムシティー」だった[1]が、のちに音引きなしの「シムシティ」に変更された。

ゲーム内容 編集

バンゲリングベイ』の作者ウィル・ライトによる作品。初代『シムシティー』は、米国では1989年発売、日本では1990年に発売された。プレイヤーは市長となって、「シム」と呼ばれる市民が住む街を繁栄させていく。なお、「シム」の由来は、シミュレーション(Simulation)の頭3文字「Sim」からである。

未開地に住宅・商業・工業地区を指定、交通機関や電力などの各種インフラを整備することで街を発展させる一方、犯罪や公害、交通渋滞など都市が抱える諸問題や火災や地震等の災害への対応ど、プレイヤーの仕事は多種多様である。新作になるほど現実性の追求から仕事はさらに複雑化する傾向にある。ほかにも予算設定、条例指定(第1作にはなし)、情報収集などの要素がある。

シナリオモードなどを除きクリア条件は設定されておらず、半永久的にゲームを続けることができる。作品によって異なるが、概ね資金が一定以上マイナスになる(負債を抱える)とゲームオーバーになる。

セル・オートマトンを用いた自立環境系ゲームのはしりで、ライフゲームのようなモデルを複数層重ね合わせる事で予測のつかないリアルな街の様子を表現している。プレイヤーがアクションを与えなくてもそれらしく状況が変化していく画期的な作品である。しかしこのゲームシステムは大量のデータ処理を必要とするため、発売時点でのハードウェアのスペックでは処理が追いつかない作品もいくつかある[2]

パーソナルコンピュータ用から、家庭用ゲーム機携帯電話などにも移植されている。

教育への活用 編集

エレクトロニック・アーツは、シムシティを子どもたちの教育にも活用することを考えている。シリーズ第3作である『シムシティ3000』では、公式サイトで「ティーチャーズガイド」(SimCity 3000 Teacher's Guide) が公開されている[3]。また、初代シムシティはOne Laptop per Child (OLPC) の100ドルパソコン (XO) にプリインストールされることが発表されている[4]

シリーズ作品 編集

シムシティ 編集

テンプレート:Rellink シリーズ第1作目。

シムシティ2000 編集

テンプレート:Rellink シムシティの続編。

シムシティ3000 編集

テンプレート:Rellink シムシティシリーズの第3作目。

シムシティ4編集

テンプレート:Rellink

シムシティ ソサエティーズ 編集

テンプレート:Rellink

その他 編集

脚注 編集

外部リンク 編集

テンプレート:シムシリーズhu:SimCity (a sorozat)

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はシムシティシリーズにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki