FANDOM


コードフリーク(code Freak)とは、株式会社サイバーガジェットが製作・販売する改造ツールである。

概要 編集

本製品は、デイテルの日本法人設立に伴う「プロアクションリプレイ」の販売契約終了の代わりに、新たに展開された改造ツールである。

ハードメーカー 編集

本製品はハードメーカー非公認の機器である。任天堂SCEなどはこうした商品に対してのライセンス提供は認めない。購入したときに本製品の箱の口にはシールが貼ってあり「本製品はサイバーガジェットのオリジナル商品であり、任天堂(もしくはソニー)のライセンス商品ではありません」と書いてある。

ゲームショップ 編集

上記の通り、非公式な周辺機器であるものの、一般的なTVゲーム流通で扱われることが多いため、ゲーム専門店やゲームを扱っている家電量販店では普通に販売されていることが多い。店によっては経営側の意識の違いにより取り扱いをしていなかったり、中古ゲームソフトの取り扱いをしている店でも買い取りを拒否される場合がある。コードフリーク等の改造ツールが中古品として売られている店もごく稀にある。

改造行為に対する賛否両論 編集

テンプレート:出典の明記 ハードメーカーやソフトメーカーの多くは、本製品をはじめとする改造ツールを快く思っていない。

これを使用する遊び方は、改造ツールを快く思わない側から「不正である」「邪道」「ゲームの存在意義自体を否定している」とされる。このような発言は、改造ツールをテーマとした、掲示板や、動画のコメント欄などに見られる。 「都合よくゲームを遊びたいプレイヤーにとっては便利。」「ロールプレイングゲームにおいてストーリーやエンディングを安易に見たり、難易度の高いゲームなども簡単にクリアできる。」「制作者が意図していない状況を作り出すことができる。」「制限プレイのためにゲームの難易度を上げることができる。」などの意見もあるが、いかなる場合においても改造ツールによるチートは、著作者の同一性保持権を侵害する行為と解されている他、ネットワーク上での違法なプレイなども見られているため、歓迎されてはいない。 ちなみに、コードフリーク(Wii用)などは、上記の事からか、ツール使用中にネットワーク接続ができないようになっている。

また、まれにゲームのデータが一部変更されたりもする。一例:出したはずのミニゲームが消えた。

また、Xbox 360の販売・開発元であるマイクロソフトはXbox Liveの利用規約において、コードフリークとは明言していないものの、非公認の不正ツールの使用や改造行為を一切禁止しており、違反したユーザーに対してこれまでに獲得した実績を全て剥奪し、ゲーマーズカードに『ごまかし行為者』と表記する措置を行っている。このため、Xbox 360版コードフリークの発売はされていない。また、ニンテンドー3DSは、問題となったマジコン対策のため、非公認の不正ツールやマジコンを使用すると履歴が残る仕様となり、サポートや修理が一切受けられない仕様となっている。これを重く見たサイバーガジェットは、ニンテンドー3DS版コードフリークの発売を行わないこととなった。

商品リスト 編集

ファイル:Code Freak type3 Nintendo DS.JPG
  • コードフリーク type 0(DS/DS Lite用)
  • コードフリーク type 0【vol.2】(DS/DS Lite用)
  • コードフリーク(DS/DS Lite用)
  • コードフリーク typeII(DS/DS Lite用)
  • コードフリーク typeIII (DS/DS Lite/DSi/DSiLL用)
  • コードフリーク(PSP用)
  • コードフリーク typeII(PSP用)
  • コードフリーク typeIII(PSP用)
  • コードフリークBASIC (Wii用)
  • コードフリーク (Wii用)
  • コードフリーク(PS3用) 

関連商品 編集

以下の製品はコードフリーク関連商品として扱われている。

  • セーブフリーク(PSP用)
  • ビデオフリーク(PSP用)
  • ビデオフリーク2(PSP用)
  • セーブエディター(PS3用)
  • セーブエディター(3DS用)

関連項目 編集

外部リンク 編集