FANDOM


クラッシュ・バンディクー』 (Crash Bandicoot) は、元はソニー・コンピュータエンタテインメント (SCE) が発売し、2001年12月以降はコナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント)が発売、2004年12月以降はビベンディユニバーサルゲームズが発売しているテレビゲームシリーズ、またはそれに登場するキャラクターの名前である。通称「クラッシュ」。

概要 編集

1996年12月に第1作『クラッシュ・バンディクー』(機種はプレイステーション)が発売されてから、以後圧倒的な人気を誇るコミカルなアクションゲームのシリーズである。第1作では「宇宙初の奥スクロールアクション」という煽り文句が書かれていた。

テレビCMではオリジナルの歌と踊りが披露されたことで有名である。

制作はユニバーサルインタラクティブスタジオ、開発はノーティドッグ社。プロデューサーはマーク・サーニー。しかし、ノーティドッグは「レーシング」を、マーク・サーニーは「カーニバル」を最後にクラッシュシリーズからは手を引いている(後にノーティドッグは『ジャック×ダクスター』シリーズなどを手がける)。

SCEとユニバーサルはその後決別し、クラッシュの版権を持つユニバーサルは、日本ではコナミと業務提携を行った。その後、ビベンディユニバーサルゲームズとして自身でクラッシュシリーズを発売することとなる。

シリーズ作品 編集

発売日は日本国内でのもの。特に記載が無い場合はアクションゲーム。

※PS=プレイステーション、PS2=プレイステーション2、GC=ニンテンドーゲームキューブ、Xbox=Xbox、GBA=ゲームボーイアドバンス、PSP=プレイステーション・ポータブル、DS=ニンテンドーDS、Xbox360=Xbox 360、PS3=プレイステーション3、Wii=Wii

SCE発売 編集

コナミ発売 編集

ビベンディユニバーサルゲームズ発売 編集

サミー(パチスロ) 編集

携帯電話アプリ 編集

メディアソケット編集

メディアソケットが運営する携帯電話サイト「海外人気ゲーム」にて、EZアプリ(BREW) 、および3G端末用S!アプリとして配信。

  • クラッシュ・バンディクー え~っクラッシュとコルテックスの野望?!? (EZ、S!)
    • EZアプリ(BREW) / 2006年12月20日配信開始、315円(税込)
    • S!アプリ / 2007年1月17日配信開始、315円(税込)
  • クラッシュ・バンディクー がっちゃんこワールド (EZ、S!)
    • EZアプリ(BREW) / 2006年12月20日配信、262円(税込)
    • S!アプリ / 2007年1月17日配信開始、262円(税込)

その他編集

  • パチスロ クラッシュバンディクー (i、EZ、S!)
    • サミーの携帯電話サイト「サミー777タウン」で配信されている。
  • 直感♪クラッシュ・バンディクー (i)
    • FOMA SH904iにプリインストールされているメガiアプリ。他の一般ユーザーへの配信は行っていない。

批評 編集

キャラクターやステージなどからは欧米のイメージが強いが、シリーズ初期は日本でも圧倒的な人気を誇っていた。

第1作目は、難易度がかなり高く、クラッシュの攻撃方法もスピンアタックとジャンプだけでありステージも選べずセーブも自由に行えないというシステムの不親切さはあったが、宇宙初の奥スクロールアクションゲームというキャッチコピーと共に、CMでオリジナルの歌とコミカルなダンスが流れ、大ブームを起こした。このダンスを当時のゲーム少年がマネをする姿も多かった。

第2作目は、システム面も改善され、増えたアクション、ステージの選択、セーブのしやすさなどにより前作のヒットもあり大ヒットを記録。クリスマス商戦の定番ゲームとしても広く認知された。またエンディングで表示されるあるコマンドを入力すると、後に音楽CDとしても発売された「クラッシュ万事休す」というタイトルの隠しムービーが見られる。実写版の着ぐるみクラッシュが歌に合わせてダンスやアクションをし、ゲームの世界のぶっ飛んだノリそのままのムービーである(撮影場所はシャボテン公園)。

第3作目は、さらにグレードアップしており、乗り物の増加や特定のステージでの妹ココの使用、そしてタイムアタックを取り入れた点などこの作品は音楽、世界観、ゲームバランスなど、スクロールアクションファンの中ではかなりの評価を得ており、その完成度は最高傑作との声も多い。

そして、マンネリの打開策として発売されたのが『クラッシュ・バンディクー レーシング』、『クラッシュ・バンディクー カーニバル』であった。今までのスクロールアクションとは打って変わり、全く別のゲームとなった。前作までのアクションタイプのファンからは批判はあったが、どちらも完成度は高く、評価は決して悪くなかった。

その後、発売元がコナミに譲られ、2作ぶりのスクロールアクションとなった『クラッシュ・バンディクー4 さくれつ!魔神パワー』が発売された。ハードがPS2に移り、大幅なグラフィックの向上、様々な特殊なステージ等の追加。ココの正式なプレイヤーキャラ化など新たな要素はあったもののロード時間が他のゲームと比べても異常に長く、難易度のバランスも悪かったため、ファン復活には繋がらなかった。その後4作目はGCとXBOXに移植されロード時間の長さは改善されている

2002年には初の携帯ゲームでのソフト『クラッシュ・バンディクー アドバンス』が発売された。グラフィックこそは落ちてしまったが、シリーズ1~3までのイメージが強く、ゲームバランスなども改善されかなりの支持を得た。翌年には続編も発売され、こちらも高い評価を得た。

そして、またしても発売元が変更され、現在ではビベンディユニバーサルゲームズが発売元となっている。『クラッシュ・バンディクー5 え~っ クラッシュとコルテックスの野望?!?』ではナンバリングタイトルながら4作目までのシステムでは無くなってしまった。。ワープルームの廃止やステージという概念が曖昧になっており、難易度も非常に高いため今までのクラッシュファンからの評価をさげてしまっている。その後『クラッシュ・バンディクー アドバンス わくわく友ダチ大作戦!』、『クラッシュ・バンディクー がっちゃんこワールド』を発売した。シリーズ初期のアクションスクロールの面影はほとんどなくなってしまっているが、欧米特有のコミカルな世界観は現在でも人気がある。そのため日本が初めて制作した「クラッシュバンディクーフェスティバル」も発売された。しかし売り上げが伸びなかったのか、現在日本で発売された最後のクラッシュとなってしまっている。

その後2007年からのクラッシュは現在日本では発売されていないが海外ではメインタイトルの6作目『Crash of the Titans』が存在している。ステージという概念の復活や1ステージごとのセーブなど5のシステムが少し改善されている。さらに今作は倒した敵と合体できるという点が最大の特徴である。しかし今までと違いクラッシュに体力ゲージが存在したため一撃で死ぬことが無くなり、それに伴いアクアクの役割も変わっている。さらにメインの攻撃がスピンアタックからパンチに変わるなどの変更点もある。2008年にはメインタイトルの7作目も発売予定であるが日本では未定である。

キャラクター 編集

カッコ内は日本版の声優。

クラッシュファミリー 編集

主人公。元々は暴れ者のバンディクーBandicoot、参考:後獣下綱)という動物で、コルテックスは彼を洗脳動物のリーダーにする予定だったが、動物を洗脳する機械の異常によって逆に正義に目覚めて以来、何度もコルテックスの悪事を阻止している。脳味噌筋肉質でお馬鹿な性格。そのため「クラッシュ1」と「クラッシュ2」の間に恋人のタウナに振られてしまった。「クラッシュ1」は「スピンアタック」と「ジャンプ」の2つの技しか持っていなかったが、タウナに振られたため、妹のココの「モテモテトレーニング」で特訓した結果、「クラッシュ2」では「スライディング」「ボディープレス」「ハイジャンプ」「ハイハイ」の新しい技を手に入れている。運動神経は良いがカナヅチで泳げない。好物はリンゴ。
クラッシュの妹。お馬鹿なクラッシュと違い、パソコンを使いこなす天才。「クラッシュ2」で初登場し、その時はただクラッシュに助言するだけのキャラクターだったが、「クラッシュ3」から乗り物に乗るなどして冒険に参加している。パソコンの他にカンフー映画にもハマっており、「クラッシュ4」では「カラテキック」や「足払い」といった技を身につけている。
タスマニアの精霊。コルテックスが世界征服を行うのを阻止するため、クラッシュやココに助言したり守ったりしている。本来は姿を持たないが、普段は木の仮面に乗り移ってコミュニケーションをとる。「クラッシュ1」ではアクアクの話す言葉は字幕で表示されていたが、「クラッシュ2」から音声で話すようになっている。3つ集めると一定時間無敵になる。また、ちょっとだけ周りを明るくすることができる(若い頃は今より、もっと出来たとの事)。たまに言う寒いギャグは、ご愛敬。実は彼の仮面は職人によって一つ一つ作られている事実が「クラッシュ3」のムービーにて判明する。
クラッシュの友達である白クマの子供。「クラッシュ2」ではクラッシュを乗せて走っていたが、「クラッシュ・バンディクー レーシング」では自分がカートを乗り回すなどしている。ポールというとても恐いお父さんがいる。
ココの友達の子供のトラ。ココが以前中国を訪れた時に迷い込んだ竹林で出会って以降、ココと仲良しになり、彼女しか背中に乗せないらしい。「クラッシュ3」ではココを乗せて走っていたが、「レーシング」では自分がカートを乗り回すなどしている。密か「クラッシュ3」でココがエヌ・ジンと対決する際にも登場している。
「クラッシュ4」でコルテックスが創った秘密兵器で、スーパーバンディクーに改造されている。「クラッシュの破壊」を目的に遺伝子操作されていたが、ラストでは善の心を取り戻しクラッシュの仲間に。健康に気を遣っており、毎日のトレーニングは欠かさず、食生活も健康的。豪快な性格とは裏腹に、寝るときは「チビクマちゃん」というぬいぐるみと一緒に寝ている。

コルテックス団 編集

禿げた頭と額に「N」がトレードマークの悪の科学者。科学界で除け者にされた恨みから世界征服を企てるが、その過程でクラッシュを正義に目覚めさせてしまい、以来何度も野望をクラッシュに阻止されるが不死鳥の様に蘇ってくる、ある意味憎めないキャラ。しかし悪運だけはなぜか強い。ワガママな性格だが、ウカウカには頭が上がらない。夢はビーチでモテモテに過ごすこと。「レーシング」のラストでレースクイーンに携帯のアドレスを聞くことから、携帯を持っている模様。
  • 研究員,作業員
コルテックスの部下で、シリーズを代表するザコキャラ。おもにクラッシュの邪魔をする事が任務。ちなみに3作目の秘密のワープルームでは研究員と作業員がロボットだという事が判明する(ただしクラッシュ1・2に登場する者は人間との噂も在る)。
顔の半分が人間、もう半分が機械という宇宙機械技師。「クラッシュ2」よりコルテックスの参謀となり、以来ずっと彼がコルテックスの参謀を務めている。コルテックスとは学生時代からの友人らしい。自分を「拙者」と呼び、若干サムライ言葉で話すところがある。頭のミサイルは昔、実験に失敗して突き刺さったらしい。
「クラッシュ3」よりコルテックスの参謀となった自称時間博士。しかし自称であってもI.Q.1061の大天才。時間を操ることができ、巨大な音叉を武器にして戦う。「タイム・ネジネジマシーン」の開発者でもある。英語を混ぜたヘンテコな口調で話す。「クラッシュ3」のラストで時空がゆがみ、コルテックスと共に幼少時代に戻ってしまう。
部下に催眠術師のエヌ・トランスがいて、「アドバンス2」では彼の力を借り、クラッシュたちを味方につけようとした。
コルテックス側の黒幕。アクアクの双子の兄弟で、全てがアクアクと正反対の存在である。世界制服を企んでおり、その邪悪さから遠い昔にアクアクにより封印された。コルテックスが世界征服を企てる際にいつも助言していたが、「クラッシュ2」のコルテックスの失敗によってこの世に復活。その能力はアクアクと互角で同様の術を持つ。目的の為なら手段は選ばないが、基本は部下に任せっきり。「カーニバル」のエンディングで、彼のマヌケな願望が明らかになる。
コルテックスの手下のひとり。かなりの楽天家。しかしコルテックスの実験の所為で強引にタスマニアン・タイガーから変貌させられたという悲しい過去を持つ。だが、今ではすっかり暮らしに慣れている模様。怪力なトラで槍攻撃を得意とするが、クラッシュよりお馬鹿な性格である。自分の事を「タイニー」と呼ぶ。
コルテックスの手下のひとり。コルテックスの実験により野犬ディンゴとクロコダイルを合成して作られた。自慢の火炎放射器をいつも持ち歩いており、焼き肉が好物。「レーシング」の最後ではバーベキュー店を開店する。
コルテックスの姪っ子。コルテックスの母校でもある「ワルワルスクール」に通っている。コルテックスが改造を施した両腕は、鋼鉄でできており伸縮自在。可愛い動物が好きなのだが、彼女の両腕の力が強すぎる為に何匹もの動物がペチャンコになっている。以前は無口だったが、10歳を過ぎた頃からひねくれてきた。「クラッシュ5」ではフックリールという技を使う。「がっちゃんこワールド」ではレーサーとして登場。

オキサイド側 編集

正式な名前はニトラス・オキサイド。3度のメシよりレースが好きで、スピード狂のエイリアン。『宇宙最速』の称号を持ち、今まで目をつけた星にレース勝負を挑んでは勝利し、その星の文明を滅ぼしてきた。だが地球代表のレーサーに破れ、『宇宙で2番目に最速』となる。その後は故郷の惑星に戻って落ち込んでいたが、立ち直りその速さを生かしてスペース・パトロールをしている。しかしその後「ニトロカート」のギャラクシーレースでクラッシュたちと再会した。一人称は「オレ様チャン」。四本足でのタップダンスが得意。
  • ザム
オキサイドのチームメイトを務める。あまり知能が発達しないせいか言葉を話すことができない。鳴き声が犬と似ている。ニトロカートに登場した。
ザムと同じく、オキサイドのチームメイトを務める。レース中にゲップをしたりするお下品なやつ。ザムと違って体はでかい。

その他のキャラ編集

ネオ・コルテックスの初代参謀。クラッシュ1ではボスキャラでもあり、薬品攻撃や、自分自身に薬品投与をしてのパワーアップ攻撃などをしてきたが、2ではクラッシュ側となり、コルテックスの宇宙船を破壊するレーザー(カラーダイヤが燃料)を開発、見事破壊に成功した。「カーニバル」では再びコルテックス側に寝返ることから、性格は超気まぐれ。5ではエヌ・トロピーの部下のような登場をし、薬品を飲んでカエルのようなモンスターに変身した。
クラッシュの元恋人。2でピンストライプに乗り換えた。4ではクラッシュの家にまだタウナの写真がある。
知能が発達した双子のオウム。かつての因縁から、コルテックスに深い恨みを持っている。無限次元の支配者で、巨大なメカに乗って対決を挑んできたが、クラッシュ、コルテックス、ニーナの前に敗れる。その後逃亡するものの、エビルクラッシュに食べられるという悲惨な結末を迎えた。
原住民の長で、かなり太っている。悪いヤツではないが、1や5ではクラッシュを敵と思い込み襲ってきた。槍攻撃が得意で、魔術を使うこともできる。
1のボスキャラで、コルテックスの洗脳光線を受けたイタチ。スタイル抜群で赤いスーツに身を包んでいる。普段はクールだが、愛用のマシンガンを持つとひたすら乱射する危ない奴。クラッシュの恋人タウナを奪った張本人。「レーシング」などにも登場。
  • コアラコング
1のボスキャラで、コルテックスの洗脳光線を受けたコアラのボクサー。筋肉の元素をたくさんつぎ込んだため、ゴリラのようなムキムキの体を手に入れた。重い岩を軽々と投げる驚異的な怪力の持ち主。1の最後で映画俳優としてデビューしたが「カーニバル」では売れなくなっていた(少し映画に出れば、島が買えるほどの収入を得ていた)。「カーニバル」で再登場。
  • コモド兄弟(兄・ジョー(高木渉)、弟・モー)
2のボスキャラで、コルテックスの洗脳光線を受けたコモドドラゴンの兄弟。兄のジョーは頭が良く剣術に長けており、喋る時は「さ行」の発音だけが大げさ。弟のモーは力自慢でのんびり屋。息の合った剣術でクラッシュを苦しめた。「レーシング(ジョーのみ)」と「カーニバル」にも登場している。
1および2のボスキャラで、コルテックスの洗脳光線を受けたカンガルー。過剰な洗脳のせいで完全にイカれており、奇声のような笑い声を上げながらピョンピョン跳ね回る。ハイな状態のためクラッシュのいかなる攻撃も通用しないが、爆弾には弱い。「2」では治療を受け、大学にも行って賢くなったが、ちょっとしたショックで元に戻ってしまう。また、「レーシング」の最後でプロのスタントドライバーになった。「カーニバル」にも登場。
ゴリラとカンガルーが合体したキャラ。関西弁でしゃべる。「カーニバル」に登場したが、その後は全く出番がない。ニトラス・ブリオがリパー・ルーの遺伝子から作り出したらしい。
太い眉と出っ歯が特徴のクラッシュの偽者。隠れキャラとして、こっそり出演する事が多い。初登場は「クラッシュ3」(余談だが、コロコロコミックで連載された「クラッシュバンディクー ダンス!でジャンプ!な大冒険」でコルテックスの変装姿で先に登場している)。条件を満たすと本編中に登場するようになる。その後の「レーシング」や「カーニバル」で隠しキャラとして登場。「レーシング」の隠しムービーでは打倒クラッシュのために努力する彼の姿を観ることができる。
へんてこなテーマパーク、ボン・クラッチモーターワールドのオーナー。サイボーグであり、自分の命の源である「ブラックパワーダイヤ」が盗まれてしまい、クラッシュたちに探すよう頼む。モーターワールドのアトラクションなどでお客が困るのを見て楽しむのが趣味。
ボン・クラッチの忠実な部下。レースで味わう危険な刺激が大好きで、どんな過酷なレースにも挑戦する。
モーターワールドのマスコットで、りんご汁を売っている。リンゴと人間を合成させて生まれた。ボン・クラッチのブラックパワーダイヤを盗んだ犯人で、最後にはコルテックスのマシンのレーザーで、どろどろになった。ブラックパワーダイヤを盗んだ理由は不明である。
ベテランスポーツキャスターのニワトリ。モーターワールドで行われる、パーク権利争奪戦を中継することになった。穏やかな性格。
チックの相棒のニワトリ。ハイテンションで喋りまくるヤツ。カメラに写っていないときに、格好を変えるという特技がある。怖い奥さんがいるらしい。
モーターワールドの作業員。ガスマスクをしている。パークのあちこちでパワーストーンやコスチュームを売っている。
ワルワルスクールの校長。コルテックスが子供のころも校長なので、かなりのお歳だと見られる。
ウカウカのおかげで復活した4体の魔神。「クラッシュ4」でクランチと共にボスキャラとして登場。だが、パワーストーンの力で再び封印されてしまった。
  • エビルクラッシュ
十次元に住む悪のクラッシュで、かなり凶暴。ニセクラッシュとは別人である。
  • ビスカント・デビル
大金持ちのタスマニアン・デビル。クラッシュたちを騙してスーパービッグパワーストーンを探させた。「フェスティバル」に登場。

クラッシュ・バンディクー 爆走!ニトロカート 編集

+ class="" style="font-weight: bold; font-size: 120%; "クラッシュ・バンディクー
爆走!ニトロカートcolspan="2" style="width: auto; text-align: center; "{{{image}}}-
colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header1}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header2}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header3}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header4}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header5}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header6}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header7}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header8}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header9}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header10}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header11}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header12}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header13}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header14}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header15}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header16}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header17}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header18}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header19}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header20}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header21}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header22}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header23}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header24}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header25}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header26}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header27}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header28}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header29}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header30}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header31}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header32}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header33}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header34}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header35}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header36}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header37}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header38}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header39}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header40}}}-


クラッシュ・バンディクー 爆走!ニトロカート』(-ばくそうにとろかーと)は、コナミから2004年7月8日にプレイステーション2とニンテンドーゲームキューブで、2004年8月26日にゲームボーイアドバンスで発売されたレースゲーム

ゲーム内容 編集

旧作PSソフト「クラッシュ・バンディクーレーシング」から5年の歳月を経て、クラッシュ レーシングソフト登場!

簡単な操作で楽しめる上に、1人プレイモードが充実しているのが魅力。 宇宙最速のレーサーを目指す「おはなしモード」のほか、対戦キャラやコースなどが選べ、プラクティスモードともいえる「シングルレース」、コンピュータとチームを組んでレースを行う「チームレース」、3つのコースでコンピュータと戦っていく「カップレース」、タイムアタックを行う「タイムトライアル」、タイムトライアルのエンドレス版ともいえる「ひたすらトライアル」といったモードを楽しむことができるようになっている。

また、パーティープレイとしての機能も充実しており、幅広く用意されたルールのもと最大4人まで同時にプレイすることができる。2対2、1対3といったハンディキャップマッチも可能で、「つくろう! アリーナ」においてオリジナルのアリーナを作って対戦する、といったことも楽しめる。

ボスとして登場したキャラクター 編集

  • カッコ内は日本版の声優
  • クランク(廣田行生
    田舎者っぽいしゃべり方をする、地球とよく似た惑星、テラの代表レーサー。地球がテラの真似をしたと言い放ちクラッシュたちをライバル視している。クラッシュチームで勝利した後、「実はオラたちが地球を真似した」と、白状していた。
  • ナッシュ(真殿光昭
    レースをするために作られたサイボーグザメ。一度も寝たことがないせいか、かなり短気だが、クラッシュチームで勝利後、初めて眠った。
  • ノーム&ビッグ・ノーム(後藤哲夫
    レースよりも本を読むのが好きで、レースになると、アメーバ状になって、リトル・ノームとビッグ・ノームに分裂する。
  • ギアリー(岩崎ひろし
    オカマ口調でしゃべる最新税のロボット。クラッシュたちに負けたあと、ベロにコロシアム全体を掃除させられた。 
  • ベロ皇帝27世(佐藤晴男
    ギャラクシーレースの主催者。顔だけのホログラムで現れるが、最後は自ら登場し、クラッシュらと勝負した。
  • 真のベロ(宮田幸季
    ベロ皇帝の真の姿。体がとても小さい。プレイヤーキャラとして使用可能になる。

外部リンク 編集


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki