Fandom

ゲーム情報ウィキア

オレたちゲーセン族

1,608このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

オレたちゲーセン族(オレたちゲーセンぞく)は、株式会社ハムスターより発売されている1980年代アーケードゲーム移植したプレイステーション2ソフトのシリーズである。価格は税込みで1本2000円。

また、ソフト本体に映像特典DVDゲームミュージックCD、コレクションカード、公式ガイドブック、保存版インストラクションカード、解説書の6点を加えた「豪華7点セット」となっている。

シリーズ編集

カッコ内はオリジナル版の発売年とメーカー

第1弾(2005年7月21日
第2弾(2005年10月27日
第3弾(2006年1月26日発売)
第4弾(2006年3月23日発売)
第5弾(2006年5月25日発売)
第6弾(2007年2月8日発売)

解説編集

近年のリバイバルゲームブームに乗って、過去のアーケードゲームを最新のゲーム機に移植するシリーズは各社より出ているが、他社のリバイバルゲームは1本のソフトに多数のタイトルを収録しているのに対して、本シリーズはあえて収録するタイトルを1タイトルだけに絞り、その分アーケード版オリジナルの再現度を追求した事を売りとしている。テンプレート:要出典

再現度や問題点について編集

各タイトルの移植を担当するメーカーが統一されていない為、第1弾のソニックウィングスを始めとし、お世辞にも再現度に優れていると言えない物も含まれる。第3弾の熱血硬派くにおくんにて、ROMチェック(1P、2Pのスタートボタンを押しながらタイトル画面に戻る)を行った際の出力結果が海賊版同様、ROM2 ERR(エラー)表示される等、再現度以前の問題点も抱えている。

ハムスター公式ホームページのBBSで、ユーザーからこの問題に対する指摘や質問が上がったしばらく後に、明確な答えが返されないままBBSそのものが閉鎖される等、一部のユーザーの間で不満の声が上がった。

再現度が良好な物
  • (第1弾)スクランブル
  • (第1弾)クレイジークライマー
  • (第1弾)空手道
  • (第1弾)タイムパイロット
  • (第1弾)ムーンクレスタ
上記5タイトルについては、担当メーカー未確認。
  • (第2弾)イー・アル・カンフー
M2制作。
作品の再現度自体は特に問題は無いが別に問題が存在する物
  • (第2弾)バーガータイム
担当メーカー未確認。複数のSEが重なると、音が割れて聞こえる事がある。版権等の関係からか、タイトルがハンバーガーでは無く、バーガータイムとなっている。基本的に再現性は良好だが、縦画面モードが搭載されていない。
  • (第2弾)テラクレスタ
REAKOSYS制作。収録されているBGMPSG音源版のみとなっている。FM音源版は日本国内ではほとんど流通しなかった。
  • (第5弾)プーヤン
REAKOSYS制作。ハイスコアのセーブが反映されない。
再現度が低い物
  • (第1弾)ソニックウィングス
担当メーカー未確認。オリジナル版とはアルゴリズム等が異なり、全体を通じて再現度が低い。
  • (第3弾)クォース
担当メーカー未確認。オープニングデモのスプライト処理が不正確で表示が不自然。
  • (第3弾)熱血硬派くにおくん
REAKOSYS制作。先の記述の通り、ROMエラー等、収録されているデータの走りが不正確。一つの例として、最終面である4面のザコキャラの耐久値が明らかにオリジナル版より高く、オリジナル版で通用した攻略パターンでは時間的にクリア不可能となってしまう場合がある。画面右端が途切れて出力されている為、画面表示をどの様に調整しても、ハイスコアの数値が常に切れて表示される。他にも、ボーナス設定のスコアが本来30000点なのに対し、300000点と表示されている等、移植以外の面でも粗が目立つ。ちなみに、公式BBSでのその問題に対する指摘・質問に対する明確な対応は何も無いまま閉鎖されてしまった。
  • (第4弾)熱血高校ドッジボール部
REAKOSYS制作。画面右端の処理が不正確な為、画面表示に関して熱血硬派くにおくんと同様の症状が見られる。ゲームバランスにも影響していた処理落ちが無い。音声のタイミングが不正確。
  • (第4弾)ラビオ レプス
REAKOSYS制作。画面右端の処理が不自然。付属のDVDのプレイ動画が途中のステージまでしか収録されていない。ニンジンボーナスタイムの終了音が無い。5面の冒頭で3面のBGMが鳴る。ラスボスの叫び声が無い。
  • (第5弾)悪魔城ドラキュラ
REAKOSYS制作。オープニングのドラキュラの笑い声のタイミングが少し早い。ネームエントリーのBGMが、終了後にフェードアウトしない。付属のDVDのプレイ動画が3面までしか収録されていない。
  • (第5弾)魂斗羅
REAKOSYS制作。再スタートの際に前回のスコアが残ったままの時がある。付属のDVDのノーミスプレイ動画が、残機数0でのクリアとなっている。
  • (第6弾)サンダークロス
REAKOSYS制作。処理が重く、BGMやゲーム自体が全体的にスローテンポで、付属のサントラまでもが同様の状態。ファイヤーの効果音が割れている、一部アイテムを取得した際の効果音が無い、ボス前でBGMがフェードアウトしない、4面の冒頭の轟音が無い、ラスボス戦はサウンドが鳴らなず、エンディングやスタッフロールは無音等、サウンドの再現度はシリーズ内最低水準。全体を通じてスプライト処理の優先順位が不正確な為、本来は地形に隠れている筈の敵キャラが丸見えであったり、最終面では地形が崩れて表示される事もある。また、2P側のスコアが1P側に入ってしまったり、スクロールがガタガタしていたり、ステージ終了後にフリーズしてしまう等、再現度だけでは無く商品としても問題が見受けられる。
  • (第6弾)トリオ・ザ・パンチ
REAKOSYS制作。処理が重く、BGMやゲーム自体が全体的にスローテンポ。

第6弾まで出た段階での難点編集

特定の一部移植スタッフによるものに、完成度が低いものが多くなっている。また、それ以外でもキーコンフィングやオートセーブが出来ない、付属のCD・DVDの収録が完全で無い、スコアが加算されない、スコアセーブが反映されない物がある等、移植度以外の全体的な完成度でも詰めが甘いものがある。

MAME盗用疑惑編集

各タイトルのCD-ROM内のSLPMファイルを展開した際の文字列データから、MAMEソースコードをそのまま使用していると思われる物が存在する。

  • (第2弾)スーパーバレーボール
  • (第3弾)熱血硬派くにおくん
  • (第4弾)熱血高校ドッジボール部
  • (第4弾)ラビオ レプス
第3弾の熱血硬派くにおくんにて、アドレス007065C0から007065F0にかけて『Copyright (C) 1998 Juergen Buchmueller, all rights reserved』の記述が確認出来る。更に、アドレス00706140から00706160にかけて『Technos.nkdodgeb........svolley.rabiolep』の記述がある為、第2弾のスーパーバレーボールや第4弾の熱血高校ドッジボール部やラビオ レプスについても同じ仕様である可能性が強い。
  • (第5弾)悪魔城ドラキュラ
アドレス007AC300から007AC310にかけて『Copyright (C) The MAME Team 1999』の記述が確認出来る。
  • (第5弾)魂斗羅
アドレス00590B50から00590B60にかけて『Copyright (C) John Butler 1997』の記述が確認出来る。
  • (第6弾)サンダークロス
アドレス00645690から006456A0にかけて『Copyright (C) The MAME Team 1999』の記述が確認出来る。
  • (第6弾)トリオ・ザ・パンチ
アドレス004C4EE0から004C4F10にかけて『Copyright (C) 1999, 2000 Bryan McPhail』等の記述が見受けられる。

MAMEの商用利用については認められていない。また、オリジナルのソースコードに手を加える等して利用する場合であっても、それらについての情報を公開する必要がある。それらを怠った場合は著作権の侵害となる。その為、上記のタイトルがどの様な経緯で商品化に至ったのかが非常に不透明である。

2007年3月29日、通信販売サイト『Hamket.com』を同年4月30日に閉鎖と発表。それと同時に、同サイトの商品リストから上記タイトルの約半数が削除され、サンダークロスに至っては廃盤という処置が取られた。この段階では、メーカーからMAME盗用疑惑に対するコメント等は一切されておらず、今回の騒動との関係はいまだに不明である。


外部リンク編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はオレたちゲーセン族にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki