Fandom

ゲーム情報ウィキア

エースコンバットシリーズ

1,608このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

ACE COMBAT』(エースコンバット)シリーズは、ナムコ(現バンダイナムコゲームス)から発売されたフライトシューティングゲームのシリーズ作品。

コンシューマーゲームとしては、発売された時点でのハードウェアの限界に近いリアルなグラフィックや、作中登場する航空機の大半が実在する軍用機をモデルとしており、その多くが操縦可能である事、物理法則や操作性等に関するリアリティの多くを、シューティングゲームとして限界まで簡略化する事によりプレイアビリティーを大幅に高め、フライトシミュレーションが苦手なライトユーザーにも手軽に遊べるといった点等が様々なユーザーから支持されている。

開発チームは「PROJECT ACES(プロジェクト・エイセス)」。ACESの文字をダイヤ型に並べた独特のロゴがシンボルマーク。ACE COMBAT 5 THE UNSUNG WAR以降のタイトルからこのマークとチーム名を使用している。

概要 編集

『ACE COMBAT』は、パソコン用ゲーム、大型筐体ゲームシューティングゲームエアーコンバットシリーズの移植版として制作された。プレイステーションへの移植にあたって、『エアーコンバット』の商標は、当時既にPC用フライトシミュレータとして人気の高かったシステムソフトの『エアーコンバット』シリーズが先行していたため、改めて『エースコンバット』と命名された。当初の対応ハードはプレイステーションであったが、シリーズ第4弾の『ACE COMBAT 04』からはプレイステーション2に変更され、PSPでも『ACE COMBAT X Skies of Deception』が発売された。2007年11月1日にはXbox 360へプラットフォームを移した最新作『ACE COMBAT 6 解放への戦火』が発売された。

シリーズ作品一覧 編集

タイトル 発売年月日(※) プラットフォーム 販売本数(※)
ACE COMBAT (エースコンバット) 1995年6月30日 プレイステーション 223万本
ACE COMBAT 2 (エースコンバット2) 1997年5月30日 プレイステーション 109.2万本
ACE COMBAT 3 electrosphere (エースコンバット3 エレクトロスフィア) 1999年5月27日 プレイステーション 116.4万本
ACE COMBAT 04 shattered skies (エースコンバット04 シャッタードスカイ) 2001年9月13日 プレイステーション2 264万本
ACE COMBAT 5 THE UNSUNG WAR (エースコンバット5 ジ・アンサングウォー) 2004年10月21日 プレイステーション2 180.2万本
ACE COMBAT Advance(国内未発売) 2005年2月15日 ゲームボーイアドバンス 10万本
ACE COMBAT ZERO THE BELKAN WAR (エースコンバット・ゼロ ザ・ベルカンウォー) 2005年3月23日 プレイステーション2 79.2万本
ACE COMBAT X Skies of Deception (エースコンバットX スカイズ・オブ・デセプション) 2006年10月26日 プレイステーション・ポータブル 47.6万本
ACE COMBAT 6 解放への戦火(エースコンバット6 解放への戦火) 2007年11月1日 Xbox 360 43.6万本
累計1073.2万本
  • 地域別販売本数比率 日本 31.7% 北米 43.9% 欧州 23.8% アジア 0.6%
  • ※ 2008年1月30日の公式発表による。データは全て発表時点でのもの。また、発売日は日本国内でのもの。販売本数にはベスト版等の派生商品も含まれる。

類似ジャンル内での位置付けと関係 編集

  • フライトシューティングという点では、日本国内には同等の魅力を持つゲームが存在しない。任天堂スターフォックスシリーズは、ユーザ層とハード層が異なる。海外にはFreeSpaceシリーズ等の非常に評価の高いシリーズがあるが、国内では無名である。
  • フライトシミュレータという点では、現実的にはあり得ない物理計算で設計されたフライトモデル、ハードの描画能力、テレビの解像度がパソコン用のディスプレイに劣るため数十キロ先が見えないといった難点がある(ACE COMBAT 6ではある程度改善)。また、現実の戦闘機から見れば兵器搭載量が多すぎる点(50-100発程度)も問題とされる。
  • 家庭用ゲーム機で軍用機を操作するソフトという点では、エアフォースデルタエナジーエアフォースサイドワインダーシリーズ等、ACE COMBATシリーズの販売戦略上のライバルとなり得たソフトも存在するが、他のメーカーが広告に余り力を入れていない、ゲーム方向性の相違等の理由から、結果としてACE COMBATシリーズは累計販売本数が約1000万本(メーカー公称)という、類似ジャンルに於いて販売本数で突出する形となっている。

ゲームソフト以外への展開 編集

  • サウンドトラック
    • 『ACE COMBAT』は、ゲームのCDをCDプレーヤーに挿入してゲーム内の曲が聴ける為、発売されていない。
    • 『ACE COMBAT2』のサウンドトラックは、デジキューブの予約特典として制作された物を除き、制作されていない。
    • 『ACE COMBAT3』以降の作品は、『ACE COMBAT X』を除き、全ての作品で販売されている(2007年7月現在)。
    • 『ACE COMBAT3』のみ、サウンドトラックCDの他に、ゲームでナイトレーベンが使用できるようになる追加ディスクが同梱されている。
  • ガレージキット、プラモデル等の架空機の立体化
    • 企業ベースでの販売や書籍掲載のために製作されたもの
      • 1999年の夏頃に模型メーカーのハセガワから、『ACE COMBAT 3』に登場するR-101デルフィナス#1及びR-103デルフィナス#3が1/100スケールのレジンキットが発売されたが、短期間で市場から姿を消した。
      • ホビージャパンの紙上で、ライターの製作による、『ACE COMBAT 04』に登場した架空機のX-02のフルスクラッチモデルと、市販されている1/48スケールのF-14のプラモデルを素材に制作された『ACE COMBAT 5』に登場するF-14A(モデックス016のプレーヤー使用機)、『ACE COMBAT ZERO』の発売後にパッケージイラストに登場したプレーヤーのF-15およびロト隊仕様のタイフーンの1/72の模型が公開された。
      • バンダイから、2006年3月末に、ゲームに登場する架空の機体「(ADF-01F)ファルケン」のプラモデルが発売された。
    • 立体物版権イベントでの販売や個人運営のHPに掲載のために製作された例
      • TAC & ちゃわんむしやTHE RIGHT STUFF、ロケット推進研究所等複数のスケールモデル関連ディーラーから、架空機のレジンキットやゲームに登場する航空機のデカールが販売されている等、エリア88と共に航空機関連ディーラーの貴重な客寄せアイテム化進んでいるが、バンダイナムコゲームスの方針により東京都内での立体物版権イベントでしか販売ができない。なお、2006年のワンフェスでは、THE RIGHT STUFFがACE COMBAT 3の衝撃的なシーンを再現した展示を行っている。参考リンク:飛行機プラモ根性のワンダーフェスティバル2006夏イベントレポート
      • 複数の個人運営webサイトで、ゲーム内で登場する航空機のプラモデル等の作例が発表されている。
  • その他

世界観 編集

シリーズ間のストーリーの関連性 編集

ACE COMBATシリーズでは、『ACE COMBAT 2』以降で世界設定の共有が行われている。

  • 『ACE COMBAT 2』から『ACE COMBAT 04』までは、ユージア大陸を舞台にしている。各作品で共通の地名や地形、建造物が登場する。
  • 『ACE COMBAT 5』から『ACE COMBAT X』の3作品は全てオーシア大陸が舞台となっており、複数の作品にまたがって登場するキャラクターも存在する。
  • 『ACE COMBAT 6』は『ACE COMBAT 5』の設定上に登場したアネア大陸において、『ACE COMBAT 04』で語られた「小惑星ユリシーズ」によってもたらされた被害から復興した二つの国が舞台となる。
  • 『ACE COMBAT 2』と『ACE COMBAT 04』について、ストーリーの連続性を示唆する資料が公式の物を含め幾つか存在するが、『ACE COMBAT 04』開発スタッフがインタビューで連続性を否定する発言をしており矛盾が生じている(ただし、この発言をしたとされているのは設定構築とはあまり関係のないスタッフであり、その点では正確性に疑問がある)。
  • 『ACE COMBAT 3』については、UGSFとの関わりが公式に表明されている。
  • プラットフォームをPS2に移して以降発売されたタイトルについて、『ACE COMBAT ZERO』『ACE COMBAT 04』『ACE COMBAT 5』『ACE COMBAT 6』『ACE COMBAT X』の順で、明確なストーリーの連続性が存在する。なお、ファンサービスとして公表される設定を除き、商品として明確にストーリーの関係性を謳うようになったのは、『ACE COMBAT 5』以降の作品からである。

以上のように、第一作を除く各作品は、いずれかの作品を介して相互に関連している。

シリーズ各作品の設定年度は以下の通り。

  • 不明 - ACE COMBAT (1995年説あり)
  • 不明 - ACE COMBAT 2 (1997年説あり)
  • 1995年 - ACE COMBAT ZERO THE BELKAN WAR
  • 2004-05年 - ACE COMBAT 04 shattered skies
  • 2006年 - ACE COMBAT 5 THE UNSUNG WAR(アーケードモード)
  • 2010年 - ACE COMBAT 5 THE UNSUNG WAR(キャンペーンモード)
  • 2015-16年 - ACE COMBAT 6 解放への戦火
  • 2020年 - ACE COMBAT X Skies of Deception
  • 2032年 - ACE COMBAT Advance
  • 2040年 - ACE COMBAT 3 electrosphere

舞台設定 編集

テンプレート:節stub 前述のとおりエースコンバットシリーズでは、舞台となる大陸が複数存在する。なお、それぞれ現実世界の大陸がモチーフとなっている。

現在のところ主要な舞台となる大陸は、ユージア大陸(Usea)(2、3、04、5(一部))、オーシア大陸(Osea)(5、ZERO、X)、ベルーサ大陸(Verusa)(5)、アネア大陸(Anea)(6)、の4つである。国家については、テンプレート及び各作品記事内のリンクを参照。

ユージア大陸は、オーシア大陸より西方、ユークトバニアより北方に位置する大陸。大陸のモチーフは、ユーラシア大陸

ユージア大陸 編集

オーシア大陸 編集

ベルーサ大陸 編集

アネア大陸 編集

ACE COMBAT Advance 編集

+ class="" style="font-weight: bold; font-size: 120%; "ACE COMBAT Advancecolspan="2" style="width: auto; text-align: center; "{{{image}}}- colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header1}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header2}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header3}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header4}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header5}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header6}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header7}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header8}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header9}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header10}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header11}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header12}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header13}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header14}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header15}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header16}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header17}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header18}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header19}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header20}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header21}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header22}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header23}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header24}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header25}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header26}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header27}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header28}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header29}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header30}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header31}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header32}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header33}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header34}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header35}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header36}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header37}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header38}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header39}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header40}}}-


シリーズ中初めてPSシリーズ(PSPS2PSP)以外のハード専用として発売されたソフトで、唯一の任天堂製ハード専用のソフトでもある。

北米市場でのみ発売されたシリーズで、日本では発売されていないが、輸入店などで購入できることもある(日本製GBANDSでもそのままプレイすることが可能)。

ゲームボーイアドバンスであるため従来の3Dシューティングではなく、メタルホークのような高度の概念があるトップビューシューティングである事が特徴。ミッション数は、全部で12。プレイヤーはU.A.D.のパイロットとして、ゼネラルリソースの行動を阻止することが目的である。ミッションは、基本的に敵部隊を全滅されることが目的であるが、一部のミッションは特殊な条件が課せられる。

なお、敵組織として登場するゼネラルリソースは、エースコンバット3で先に登場していることを明記しておく。

あらすじ 編集

2032年、各国のグローバル化が進み、国ごとの境界線も曖昧になりつつある世界。その結果として多国籍企業体がひしめく経済超大国へと成長していった一つの大陸。多国籍企業の一つであるゼネラルリソースは、他の企業の脅威に備えてAir Strike Force(A.S.F.)を配備しつつあった。

その中で、新国際連合は「United Air Defense」(U.A.D.)を設立。ゼネラルリソースの行動に牽制を仕掛けることになる。

登場機体 編集

  • F-A Stealth Fighter
  • F-C Talon
  • F-E Talon II
  • F-G Hawk
  • F-H Hunter II
  • FZ-23 Stinger
  • MIS-30A
  • Si-40
  • UG-16 Hawk
  • Y-25C JSF

外部リンク編集

公式サイト テンプレート:節stub

登場軍用機一覧 編集

単一の作品でプレイヤーが使用可能な軍用機 編集

複数の作品でプレイヤーが使用可能な軍用機 編集

作品中で自身が操作できない軍用機 編集

作品中に登場する架空機 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:エースコンバットシリーズzh:空戰奇兵

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はエースコンバットシリーズにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki