FANDOM


エアライドマシンは、ニンテンドーゲームキューブ用ソフト『カービィのエアライド』で、カービィが使用する架空の乗り物である。エアライドマシンは何種類かあり、飛行が得意なものや、加速、最高速、耐久力、特殊な機能など、それぞれ個性的な性能を持ち合わせる。また、ソフトが発売された後テレビアニメ版でもいくつかのマシンが登場した。

マシンの説明 編集

スター系 編集

ワープスター
最も基本的なマシン。操作はしやすいが、ドリフト重視でプッシュがききにくいのでシティトライアルでは操作に注意。レール速度はかなり速め。
ウィングスター
地上では加速性能、ハンドル性能共に低いが、滑空能力は高く操作性もいい。また飛行さえしていれば速度も上々。比較的早くから使えるマシンで、初心者向けのマシンでもあるが、飛行しての速度上昇がクセがあり難しい。着地の瞬間にかるくスティックを引くと再び飛行する事が出来る。
デビルスター
破壊力の強いマシン。但し、自身の防御力も低いので相討ちになる場合も多い。操作性能はワープスターより若干曲く、飛行能力も高めで、ウイングスターとほぼ同じ飛行能力をもつ。最高速度はやや劣るが、スタースリップは強め。
ワゴンスター
早くから使えるマシンの一つ。ワゴン(箱)型のマシン。チャージが出来ず、滑空能力も低いが、それ以外の性能はよい。非常に安定した走行が可能である。スティックを下に引いて、ダッシュプレート、スピンパネルに触れると角が接地するため、プッシュしなくても作動する。
ターボスター
速さを売りにしているが、ハンドル性能が低くクセが強いため、やや中途半端なマシンになってしまっている。また、チャージはドリフト走行(厳密にはスリップ)のような動作であり、チャージなしで曲がろうとするとスピンしてしまう。ドリフト中でしかチャージが出来ない(そのままチャージするとハイドラすら下回る)が、深いドリフトでのチャージの早さは上々。
スリックスター
基本的な性能は高いが、摩擦力が異常に低く、高速で走っている時はプッシュを使わないと曲がれないなどと、上級者向けのマシン。レール速度はすさまじく速く、登りに置いては最速である。ワゴンスターと同様、スティックを引くと、ダッシュプレート、スピンパネルを作動可能。ちなみに真横を向いてドリフトすると、坂の影響は受けるものの速度を完全に維持することが出来る(裏を返せば、下り坂だと加速し続ける)。マシンの周りに付いている3つの球体は速度に合わせて回転速度が変化する。
ジェットスター
空中に飛び立つ瞬間、一気に速度が2倍以上になるマシン。しかし、すぐに減速する上、操作性も良いとは言えない。そのかわり、空中でのチャージ速度が異常に速く着地時にも一瞬だが爆発的速度を得られるため、ヴァレリオンなどの段差の多い所では猛スピードが期待できる。ひそかに可変翼で、チャージダッシュ時に変形している。
ヘビースター
チャージをしないと走り出さない、中古のような雰囲気も持つマシン。防御力が高く、スタースリップを受け付けないのが特長。超上級者向け。滑空は出来ないが、ジャンプするとチャージを失うことなくある程度の速度を出す事が出来、これを含むやくもの各種を活用するとフリーランでは好タイムが期待出来る。最高速度は200キロに達するが、大量のカソクパネルを集めるかダッシュパネルを連打するという前提のもとに成し遂げられる。それでも通常発揮出来る速度は極めて高い。ちなみにマシン後部にアナログメーターがついているが、その針の位置はチャージ量に連動する。
又シティトライアルでヒコウを4個ー5個獲得すると滑空時にAボタンを連打すると無限に高く飛べる
ルインズスター
常に最高速で走り続け、プッシュするとその場ですぐに停止するマシン。最高速は50キロと速いが、地上ではプッシュを使用しないと全く曲がれない。グリップがものすごく高く、ドリフトなどはできない。ダッシュ性能や滑空性能は低い方だが旋回性能はいい。ただし、その特性からダッシュプレートなどは使いにくい(一応加速する)。プッシュしないと曲がれないという性質上、プラズマなどのコピー能力は使いづらい。
ロケットスター
基本的に遅いが、チャージを最大までためる事で加速力と最高速を補う。しかし、すぐに効果が切れるので、何度もチャージをする必要がある。摩擦力も高く、チャージをしながらのコーナーリングも難しいなどと、かなりの上級者でも使いにくいマシンである。だが、フォーミュラスターより振れ幅が大きめだがスピードアップの効果が高く、仕掛けや敵キャラを活用することで非常に速いタイムが出せる。スタースリップの効果がずば抜けて高いので2機縦隊での走行は更にとてつもないタイムをたたき出す。
フォーミュラスター
直進性能だけに特化したマシン。最高速度はマシンの中でもトップクラス、チャージ無しの自走においては最速だが、その他の性能があまりにも低いので、直線コースにしか使い道が無い。とはいえ、スピードアップすると殆ど完全に速度を維持するので、ダッシュパネルを連打したりするとポテンシャルは高い。一般コースでは使いづらい反面、「ゼロヨンアタック」ではとてつもないパワーをみせる。
ライトスター
シティトライアル限定のマシンで、シティトライアルで最初に乗っているマシン。旋回性能がいいのでアイテム集めに適しているが、ドリフトには向かず、スピードと飛行能力は低い。初期の体力も低いので、競技によっては他機に乗り換えたほうがいい場合もある。
フライトワープスター
シティトライアルのドライブモード限定のマシンで、飛行能力を高めたワープスターの改造機。シティをくまなく巡れるように、ドラグーンに匹敵する驚異的な飛行能力をもっている。但し、旋回性能はワープスターのままとなっている。
ドラグーン
シティトライアル限定のマシンで、赤いボックスにたまに入っているパーツを三つ集めると乗れる伝説のエアライドマシン。しかし、一回ゲームが終わるともう一度パーツを集めなくてはならない。シティトライアルのクリアチェッカーでパーツを三つ集めるとドライブで使用できるようになる。飛行能力を極限まで高めた機体で、空中で機首を上に向ける事でさらなる上昇力を発生させる事ができ、僅かな段差からフィールド上限まで飛翔する事すら可能。それ以外の性能もかなりいい方だが、出現させるのが難しい。なお、速度の割に滑りやすい傾向にあるので注意。
また、大乱闘スマッシュブラザーズXでアイテムとして登場する。ゲームと同じく、機首のドラグーンパーツA、胴体のドラグーンパーツB、尾っぽのドラグーンパーツCと呼ばれる3つのパーツを集めることによって完成する。全部集めると合体し飛翔、狙いを定めて対戦者に向かって突っ込むことが出来る。ヒットすればほぼ間違いなく撃墜することが出来る。なお、パーツは攻撃を受けると落とすことがある。
ハイドラ
シティトライアル限定に出てくる伝説のエアライドマシンのひとつ。乗るにはドラグーンと同じくパーツを集める必要がある。ドラグーン同様一回のゲーム限りで、クリアチェッカーによってドライブで使用できるようになる。戦闘能力と最高速を極限まで高めた機体だが、チャージを最低目盛り3つ分貯めないと走り出さず、ドリフトは不向きで操作性もいまいち。最高速度の割に加速も弱いが、その最高速度が200キロに達し、ほとんどのマシンをほぼ一撃で破壊できる。

バイク系 編集

バイク系はスター系とは違い、常にタイヤが地面に接地している。そのため、地面に仕掛けてあるボタンは、プッシュしなくても作動する。スター系とは違った楽しみがある。しかし、バイクであるがゆえに滞空性能は低く地面の状態によってはスリップしやすい。

ウィリーバイク
一輪バイク。常に地面に接しているので、ダッシュプレートを踏みやすいなどの利点がある。反面、空中での操作は不可能と言っても過言ではない。スピードアップ効果は高く、特に敵キャラを一掃した際の効果が大きい。
ウィリースクーター
軽バイク。ウイリーバイクより最高速で劣るが、ジャンプ力とハンドル性能で大きく上回る。チャージはほとんど効果が無いが、急旋回が出来るのでシティトライアルでも使える。レール速度は特に速い。初心者向けのマシンだが、段差やレールが多いとそのポテンシャルは高い。なお、このマシンを使うと簡単に「エアグライダー」や「ハイジャンプ」でウィングスター以上の高成績を出すことができる。
レックスウィリー
最高速は2番目ぐらいだが、加速性能に乏しくハンドル性能も悪い。曲がろうとしてから曲がりだすまでに若干の間がある。しかし、攻撃と防御には非常に長けている。なおこのマシンは「ハイドラ殺し」を唯一できるマシンである。しかし成功率は低く、実戦では役に立たない。

その他のマシン 編集

この二つはエアライドマシンではないがエアライドで使える。シティトライアルではドライブモードでのみ使用可能。また、コピー能力は使えない。

デデデ大王
「ウィリーバイク・デデデカスタム」に乗って走行する。性能は全ての点においてウィリーバイクとレックスウィリーの中間になっている。ハンマーを振って攻撃するが、ソードよりも大振り。その代わり敵を倒した際に起こる速度上昇がソードより大きく、うまくザコ敵を倒しながら進むとかなりの速度を維持できる。
メタナイト
自身ので飛ぶメタナイト。加速、飛行性能が良く、スピードや旋回性能もそこそこ。ただしドリフトやチャージは不可能。携えた剣はコピー能力「ソード」よりもリーチが短い。またスタースリップの利用も発生も不可能で、逆転要素は少なめ。コピー能力のウィングと同じく地面の仕掛けに弱い。

ウエライドのマシン 編集

カービィのエアライドに登場するエアライドマシンだが、ゲームシステムが違うウエライドに登場するマシンなので別記する。性能差はなく、操作方法の違いで2種類ある。

フリースター
赤い色で丸みを帯びたマシン。マシンの向きを変更したいときは、スティックを画面に対して進みたい方向に倒す。上に倒せば上に向かって旋回する。
ハンドルスター
青い色で少し長めのマシン。マシンの向きを変更したいときは、スティックを旋回したい方向に倒す。右に倒す間は右回転、左に倒す間は左回転し続ける。

アニメにおけるエアライドマシン 編集

アニメ版星のカービィではソフトの宣伝も兼ねてエアライドマシンが登場した。エアライドマシンは代々星の戦士が所有していたが、ホーリーナイトメア社によりそれは強奪された。その後、カービィをやっつけるためホーリーナイトメア社が差し向けた。マシンは非常に優秀だが、ライダーはザコ魔獣といったレベルでマシンの性能に頼りきっている形となる。登場したエアライドマシンはウィングスター、フォーミュラスター、ロケットスター、デビルスターと個性的なものぞろいである。ワープスターが損傷したまま戦うカービィは初め敵に苦戦するものの、倒した敵のマシンを乗り換え、使いこなしていく。

なお、この話の際視聴者に一般公募したオリジナルコピー能力も登場した。

テンプレート:Kirby

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki