FANDOM


テンプレート:Infobox animanga/Header テンプレート:Infobox animanga/Game テンプレート:Infobox animanga/Game テンプレート:Infobox animanga/Game テンプレート:Infobox animanga/Novel テンプレート:Infobox animanga/Novel テンプレート:Infobox animanga/Footer

イースIII』(-スリー、Ys-III)とは、日本ファルコムアクションロールプレイングゲーム (ARPG) 、イースシリーズの第3作目。

オリジナルの正式販売タイトルは『WANDERERS FROM Ys』(ワンダラーズフロムイース)であり元々『イースIII』は通称であったが、後の移植作品では『イースIII』もしくは『イースIII -ワンダラーズフロムイース-』が正式な販売タイトルとなっている。

ファルコム自身によるリメイク作品として『イース -フェルガナの誓い-』がある。

※『イースシリーズ』の項も合わせて参照。また『イース -フェルガナの誓い-』は該当ページを参照のこと。

概要 編集

赤毛の剣士アドル・クリスティンが主人公の冒険ファンタジー。『I』・『II』におけるイースの冒険から3年ほど後の物語で、ドギの故郷フェルガナ地方において、この地に伝わる魔王ガルバランの謎に迫る。原典とされるアドルの冒険日誌は『フェルガナ冒険記』。前作までとは大きく異なり、アクション要素を前面に押し出した横スクロールARPGとなった。

発売当初の販売タイトルは『WANDERERS FROM Ys』(イースよりの放浪者)と外伝的な物であり、なおかつ『Ys-III』の文字を含んでいない。これは本作が『I』・『II』の舞台である「古代王国イース」とは直接関係がなく、またシステムも大きく変わっていて続編と言うよりは外伝に近い事に因る。ただし『Ys-III』は副題としてオープニング中には表示されており、また通称としてもよく使われていた。

その後PCエンジン (PCE) CD-ROM²への移植の際に、メインタイトルを『イースIII』に変えられて以降は全ての移植作品で『イースIII』が主題となっており、機種によっては元々の主題『ワンダラーズフロムイース』を副題としている。なお、基本的には全てが同一の作品の移植作品であり、機種間の差にタイトル名に因る共通性は無い。

前作までとは大きく異なるゲームシステムとなっているが、これは完結してしまったドル箱シリーズ『イース』を継続するため、『ドラゴンスレイヤーVI』として開発されていた作品を転用したと言われている。

なお2005年にファルコムよりWindows向けに販売された『イース -フェルガナの誓い- (F) 』は、『VI』のシステムを使いこの『III』をリメイクした作品である。

評価 編集

テンプレート:出典の明記S 発売当時の同機種のゲームの中では群を抜く多重スクロール処理と美しさを実現し、その美しさと共に技術の高さに高い評価が与えられた。一方でゲームの内容については、

  • システムの大幅な変更
  • 主人公アドルに台詞が積極的に与えられた事[1]
  • 『イース』の話は『I』と『II』で完結している

と言った理由から「こんな物はイースではない」と言った批判、またシステムの類似性などから「『ドラゴンバスター』や『リンクの冒険』のパクリでしかない。」といった批判など、否定的な意見が目立った。

また改題の経緯から、「『WANDERERS FROM Ys』は『イース』ではない」と考えるファンも少なくなく、彼らは『イースIII』と呼ぶ事を意識的に避け、『ワンダラーズ』や『ワンダラ』を通称として用いた。

もっとも現在では、こう言った否定的な意見は『偉大すぎる前作』と比べられたが為であり、決して出来の悪いゲームではなかったと論じられる事が多い(とは言っても絶賛する意見はあまり見られない)。X68000版では全体的に難易度が上げられ、特に最終ボスの強さが話題になった。

なお、オリジナルでは高い評価を得ている多重スクロールであるが移植作品では評価が低い物が多い。詳細は#機種間の差を参照。

  1. 前2作でも台詞は一応あるが単語レベルで、心理描写等は見られなかった。台詞が与えられた事によって「役割を演じて主人公になりきる」と言う本来の意味でのロールプレイングではなくなったと言う批判が行なわれた。

PS2版 編集

高評価を得ているファルコム自身によるリメイク作品『F』がわずか3ヶ月後に発売されており、『F』と比較されるが為に評価が下がっているという一面もない訳ではないが、非常に評価の低い酷評が目立つ。

移植度は低いため、昔を懐かしむ為には適さず、かといって大胆なアレンジが加えられている訳ではなく、元が20年前のゲームである為新作として遊ぶには古さが目立つ。また加えられたアレンジはPS2という高性能ハードの性能を活用できておらず、PS2で発売した意味が見いだせない。同じ様にしゃべる演出を採用している物なら、10年以上前に発売されたPCE版の方が出来がいい等と言った意見も少なからず見られる。

開発スタッフ 編集

オリジナルの開発スタッフは公表されていない。『III』発売のわずか3ヶ月前に『I』・『II』の開発スタッフが中心となりクインテットが設立されている事から、非公開の理由は開発スタッフの多くが発売を待たずしてファルコムを離れたためと推測されている。

なおPC-8801版・X68000版のメインプログラムに関しては橋本昌哉が開発したと言われている。PC-9801版ではディスクのブートセクタにメインプログラマとして桶谷正剛の名が書き込まれている。MSX2版では匿名の隠しスタッフ・ロールがあるほか、ゲームディスク中の隠しドキュメントでメインプログラマの名が明かされている。

サウンドはオリジナル・サウンドトラックではFalcom Sound Team J.D.K.および石川三恵子名義になっている。

PCE版 編集

主な開発スタッフ 編集

声の出演 編集

PS2版 編集

主な開発スタッフ 編集

声の出演 編集

ストーリー 編集

赤毛の剣士アドルは相棒ドギとの冒険旅行の最中、ドギの故郷フェルガナの悪い噂を耳にする。不安を胸にフェルガナを訪れてみると凶暴化している魔物達。どうやらこの地に伝説として伝わる魔王ガルバランが関係している様だが……。

ゲームシステム 編集

前作とは大きく変わり、サイドビューアクションRPGとなり、移動・アイテム使用の他に、攻撃・ジャンプの操作が加わるなどアクション的要素が強くなった。RPG的要素は前作までとほぼ同じではあるが、MPがなくなり、相当するステータスとしてRINGが加わった。サブ画面は『I』と同じくSTATUS画面、INVENTORY画面の2種類でそれぞれの表示にボタンがあてがわれている。

ステージ制となっており、何度でも同じステージを訪れる事は出来るが、条件を満たさなければ新たなステージに進む事は出来ない。拠点となるレドモンドの街をでるとマップ画面が表示され、自分の訪れたいステージを選択する形となっている。どのステージでも外に出ると必ず街に戻され、ステージからステージへの移動は出来ない。

難易度設定 編集

本作ではゲーム開始時にEASY・NORMAL・HARDの3種類からゲーム難易度を選択できる。

画面構成 編集

画面下部に表示されるステータスのレイアウトが若干変わったが基本的には前作を踏襲。現在のMP / 最大MPに代わりRINGの現在値が表示されるようになった。従って『III』で画面下部に表示されるステータス情報は現在のHP / 最大HP、現在のRING、取得経験値、ゴールドの各数値と、プレーヤーと敵のHPをしめす棒グラフとなった。グラフは前作同様現在の残りHPが黄色、ダメージを受けた分のHPが赤で示される。サブ画面としてステータス画面、アイテム画面を開いて見る事ができ、サブ画面表示中はゲームにポーズがかかる。

PS2版では敵のHPグラフが廃止され、次のレベルアップ経験値、現在装備しているアイテムとリングのアイコンが追加されている。

攻撃 編集

前作間でとは打って変わり、体当たりではダメージを受けるだけであり、剣を振っての攻撃となった。なおPS2版以外では攻撃ボタンを押し続けていれば連続で剣を振り続ける。攻撃は方向キー、ジャンプと組み合わせることで攻撃の仕方が変わる。

  • 通常攻撃 - 攻撃ボタン
  • 上突き - 攻撃ボタン+↑(PS2版では斜め上斬り
  • 下突き - ジャンプ中に↓
  • しゃがみ斬り - ↓+攻撃ボタン
  • ジャンプ斬り - ジャンプ中に攻撃ボタン

※上突き以外は左右を加える事によって移動しながらの攻撃も可能。

回復 編集

HPは街の中および、各ステージのエントランス部分で自動的に回復していく。本作ではHP回復可能な場所であれば立ち止まる必要はない。また「HEAL RING」を装備することによってダンジョン内でも1HPあたり1RING消費する事によって徐々に回復する事が出来、ITEMの「薬草」を使用する事によって瞬時に全回復する事が出来る。その他ボスを倒すと全快する。

MPに相当するRINGの回復はショップでGOLDを払うことで全快する他、敵を1匹倒す毎に1回復する。またアイテム「プロシアの秘薬」でも50程回復。

ステータス 編集

メイン画面下部で主な物が表示される他、STATUS画面で詳しい情報を見る事が出来る。STATUS画面で表示される情報は以下の通りである。

  • LEVEL:レベル。最高値は12。レベルがあがると最大HP、STR、DEFの値が上昇する。
  • STR:攻撃力。最高値は255。レベルアップの他、剣の装備によって上昇。
  • DEF:防御力。最高値は255。レベルアップの他、盾・鎧の装備によって上昇。
  • HP:ヒットポイント。最高値は255。0になるとゲームオーバー。
  • GOLD:金。敵を倒すと取得。武器などの購入に使用。
  • EXP:経験値。敵を倒すと取得。一定値に達するとレベルが上昇。
  • NEXT EXP:次にレベルが上がる経験値。
  • RANK:ゲーム難易度。

メイン画面では表示されるがSTATUS画面には表示されないもの。

  • RING:リングパワー。最高値は最初から255でレベルによって変動せず。RINGの効果が発揮されている間消費。

アイテム 編集

アイテム一覧を示すインベントリー画面は『I』とほぼ同じである。インベントリー画面左側がEQUIPMENTとして装備品一覧になっており、装備もしくは使用するアイテムはITEMとして装備品の一つになった。装備品以外のアイテム画面右側に表示され、その中で彫像だけはSTATUSとして別個に分類されている。前作までとは異なりボス戦中でもインベントリー画面を開く事が出来、またITEMを使用する事が出来る。

装備品
装備しないと効果が現れない、もしくは使用できないもの。SWORD、ARMOR、SHIELD、RING、ITEMがあり、各カテゴリにつき一つづつ装備できる。
  • SWORD:剣。装備するとSTRが上がる。
    • SHORT SWORD
    • LONG SWORD
    • BROAD SWORD
      etc.
  • ARMOR:鎧。装備するとDEFが上がる。
    • LEATHER ARMOR
    • CHAIN MAIL
    • PLATE MAIL
      etc.
  • SHIELD:盾。装備するとDEFが上がる。
    • WOOD SHIELD
    • SMALL SHEILD
    • LARGE SHIELD
      etc.
  • RING:指輪。装備するとRINGを消費しながら種類に応じた特殊効果が得られる。
    • POWER RING - 攻撃力が2倍に。
    • SHIELD RING - 防御力が2倍に。
    • TIMER RING - 敵の動きが鈍くなる。
    • HEAL RING - ダンジョン内でもHP回復が可能に。1HPあたり1RINGを消費。
    • PROTECT RING - 敵の攻撃を受け付けなくなる。RINGの消費スピードが速い。
  • ITEM:消費アイテムや、装備する事によって効果が現れるアイテム。PS2版では3回使えるアイテムは3個所有できる様に変更。
    • 薬草 - 使用すると瞬時にHPが全快する。
    • プロシアの秘薬 - 使用するとMPが50程回復。3回使える。
    • 幻影の鏡 - 敵の動きを封じる事が出来る。3回使える。
      etc.
装備品以外
特に重要な彫像がSTATUSとして区分されている以外は特に分類されていない。INVENTORY画面右側に表示される。ストーリー進行に不可欠な重要アイテムなど。基本的には持っているだけで効果があるもの。カーソルを合わせると名前の確認が出来る。
  • 倉庫の鍵 - 倉庫の鍵を開ける事が出来る。
  • 精霊の首飾り - ノーマルモードではダメージを受けた際にはねとばされなくなる。難易度によって効果が変わる。
  • 輝きの水晶 - プロシアの秘薬の原料。
    etc.
  • STATUS:ガルバランを封じていた彫像。
    • 落日の彫像
      etc.

セーブ編集

ボス戦の音楽がかかっている場所ではセーブが出来ない。それ以外であればどこでもセーブする事ができる。MD版では裏技を使用すればボス戦の画面でもセーブが可能。

主な登場人物編集

アドル・クリスティン
シリーズの主人公。燃えるような赤毛を持つ冒険者。19歳。
ドギ
アドルと共に冒険旅行を続けている相棒。本作の舞台はドギの故郷。
エレナ・ストダート
ドギの幼なじみ。兄チェスターを気遣う金髪の少女。本作のヒロイン。アドルが苦労して訪れた、敵が多く危険な場所にも一人で現れる事が多々あるため「最強のヒロイン」とか「振り返れば奴がいる」などと冗談で言われる事も。
チェスター・ストダート
ドギの幼なじみでエレナの兄。妹の心配とは裏腹に怪しい行動をとり続ける。
エドガー
町の責任者でチェスター、エレナの育ての親。
ピエール神父
レドモンドの街の神父。
ドギの師匠
エルダーム山脈の小屋に住む。
マグガイア城主
フェルガナ地方を治める、バレスタイン城の城主。

機種間の差 編集

ラストボスの強さの違いから、オリジナルのPC-8801版をベースとした物と、X68000版をベースとした物の2種類に大別する事が出来る。なおグラフィック・BGMといった演出部分はそれぞれの機種の性能に合わせた変更が見られる為特筆すべき変更点のみを挙げる。

PC-88系 編集

PC-88
全ての元となったオリジナル。エンディングのBGMが無限ループになっている。
CPUクロックにより処理の変更が行われている。
PC-98
スピード調節機能が付いている。ユーザーディスク作成時にディスプレイモード・FM音源ボード・メモリ数・難易度設定が可能となっている。ゲーム中はテキスト表示の部分のみ、グラフィックはエンディングのみではあるものの、ファルコムのPC-9800シリーズのゲームで初めて400ライン表示に対応。エンディングのBGMが無限ループするものから完結する長大なものへと変更されている。最初に発売されたサントラはこのPC-98版を元にアレンジしたものが収録している。
286機ではアクセスタイミングの都合で、V30モード以外での正常な実行は保証されない。
オプションのFM音源に加え、Beepによる単音のBGM演奏にも対応している。
MSX2
グラフィックは16色化されているが解像度が低い。元々若干動作速度が低速であるが、多重スクロールは再現しながらも、PC-88版の4MHz動作時のように一部の処理を省くことがないため、輪を掛けて動作が低速になる部分が存在する。バレスタイン城のグラフィックが夕焼けに変更され、以降の移植作品の多くはこのグラフィックを元に移植されている。エレナの頭が異様に大きい。対応音源はPSGのみであり、エンディングBGMは上の二機種とも違う構成をとる。隠しスタッフロール用の曲が追加されている。エンディングの文字のロールが非常に遅い。もっともMSX2の性能を考えれば移植の出来は悪くはないと言える。
PCエンジン
PC-88版を元とはしているが、X68000版の演出も一部取り入れている。難易度設定がなくなっている。レベルの上限が上げられ細かくレベルが上がる様になっている。声優によるしゃべる演出を採用。ただし『I・II』とは異なりアップグラフィックの表示はない。ハードの仕様上、多重スクロールは無理であったものを、スプライトの多用によって擬似的に再現しており、その技術力は評価されている。ただし、結果として画面は非常にちらつきが目立ち、一般的な評価はそれほど高くはない。
X1Turbo版 (非公式版)
PC-88版を元にパッチをあて、エミュレートする。BGMはFM音源でX68000版の物が演奏される。
背景はPCGをチップパーツとしてキャッシュし、足りない部分はグラフィックスとして描画する。
MZ-2500 (非公式版)
X1版を元に作成されており、アナログパレットボードに対応。
PCGでのマップパーツキャッシュに加え、メインメモリの空き部分もディスクキャッシュとして動的に利用する。
映像に本体の設計に起因するノイズがのる部分がある。
ハードウェアの制限により、FDDアクセスとBGM演奏を同時に行えないため、ユーザーディスク作成時にはBGMは鳴らない。

X68000系 編集

X68000
そのハードウェア設計にあわせ、アクション性が向上し、ユーザにあわせ難易度も上がっている。
最大の違いは最終ボスが強化され倒し方も変わった事であるが、その他ストーリー等にも細かい変更点が存在。スクロールがドット単位になりグラフィックは256色で描き直されているものの、使用する画面モードがMSX2版同様の低解像度になった上に多重スクロールの枚数が減っている。サウンドはステレオでアレンジされている。
また、スプライトが左右反転で描画されるため、剣と盾の持ち手が固定されない。
基本的に本体性能を十二分に発揮しているとは言いがたく、本作が賛否両論な事もあわせ、売り上げは伸びず、同社最初で最後の対応作品となった。
スーパーファミコン
ほぼ忠実にX68000版が移植されている。グラフィック等に変更はあり。難易度設定なし。オリジナルの楽曲もあったが明らかに作風が異なった。オープニングとエンディングがオリジナルのものだが、これも画風が明らかに異なった。多重スクロールをハードの機能で持っており、特に評価に値する事ではなかった。BGMは音源の使いこなしが今ひとつでバッファこそ少ないもののPCMでありながら高い評価を得ることは無かった。
ファミリーコンピュータ
多重スクロールは再現されていない。また一部カットされるなど若干ダンジョンの変更があり。作中の登場人物の身長差が激しい。難易度設定なし。
メガドライブ
PCエンジン版とは逆にX68000版をベースとしながらもマップ等においてPC-88版の仕様も見られる。難易度設定なし。多重スクロールをハードの機能で持っているということもあるが、発売時期が遅く、他機種での評価が確定した後だったのであまり評判にならなかった。完成度自体はパソコン版に見劣りしない。
プレイステーション2
X68000版をベースにはしているが多くのアレンジが加えられている。
  • ストーリーにアレンジが加えられ、省略された箇所がいくつか見られる。
  • 街の中も選択式のマップになっている。
  • グラフィックアップや声優によるしゃべる演出を採用。
  • 連射の廃止など攻撃アクションの変更。
  • アイテムの名称が一部変更されている。複数回使用可能だったアイテムが使用回数は1回になり複数所持が可能に。
  • レベルの最高値が16になり、レベルが上がるとHPが全快する。
  • 一部を除き、スクロールなしで場面が切り替わる幅へとマップが細分化され、大きくアレンジが加えられている。一部画面では多重スクロールも見られるが、それでもマップが切り替わる幅が非常に狭いため、多重スクロールであるかどうかが分かりにくい。

その他編集

Windows
ストーリーの大筋以外は全く別の作品。『イース -フェルガナの誓い-』を参照。

メディアミックス作品 編集

『I』・『II』に比較すると少ないながら、CD等の音楽メディア、小説ゲームブックと『III』も様々な形でメディアミックス展開されている。

音楽メディア 編集

『III』を主に扱っているもの。注のない物はCDのみ。原曲であるPC-88版や微修正を加えられたPC-98版のオリジナル音源はこれまで発売されていない。

※カセットテープ有

キングレコード

  • MUSIC FROM YsIII WANDERERS FROM Ys ※
    • PC-98版を元にアレンジを加えたもの。原曲に対して多くのメロディーラインを追加しており、特に複雑なリズムを構成していたボス1・2の音楽に関してはリズムを単純なものへ修正するなど大幅に変更されている。また、X68000版を元にしたアレンジバージョンも追加されている。
  • YsIII J.D.K. SPECIAL
  • PERFECT COLLECTION YsIII
  • WANDERERS FROM Ys SUPER ARRANGE VERSION ※

小説 編集

飛火野版は「2」となっているがあくまで飛火野版小説の「2」ということであり、本作をベースとしており『イースII』とは関わりがない。

ゲームブック 編集

  • イースIII〜伝説の魔王〜 - 双葉文庫ゲームブック

外部リンク 編集

テンプレート:Ys

リダイレクトの所属カテゴリ 編集

ko:원더러 프롬 이스
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はイースIIIにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki