FANDOM


アーマード・コア フォーミュラフロント(ARMORED CORE FORMULA FRONT)は、フロム・ソフトウェアから発売されたシミュレーションゲームであり、PS2およびPSPでリリースされている。PSP版は2004年12月12日、PS2版は2005年3月3日発売。

AI搭載の無人機の行動パターンを設定することで間接的に機体を操作するという、異なるコンセプトの作品である。通称はFFFormula Frontより)。

なお、PSP版の廉価・マイナーチェンジバージョンとして、『アーマード・コア フォーミュラフロント インターナショナル』が2005年11月17日に発売されている。

ストーリー 編集

AIによって制御されたAC同士が戦うメカニカルバトルの最高峰『フォーミュラフロント』。

知識と戦略による華やかな戦いの世界は新世代の興行として、多くの人を熱狂させた。

加速する人気を目の当たりにした企業はその広告効果の高さから、巨額の費用を投じて次々と参入。いつしか『フォーミュラフロント』は最大のエンターテインメントへと進化を遂げる。

今や最高の栄誉となった『フォーミュラフロント』の制覇。各チームはその栄誉を勝ち取るため、世界中を転戦、厳しいリーグを戦い抜く。

肉体の優劣は存在せず、刹那の判断は意味を成さず、ただ知性の女神に選ばれた者だけが栄光を手にする世界。

新たな戦場「フォーミュラフロント」、開幕。

特色 編集

本作の最大の特徴として、プレイヤーが直接ACを操作しないという点が挙げられる。プレイヤーはAI搭載型AC(以下u-AC。Unmanned ACの略)の機体構成に加え、いかなる戦法を採るかを設定していくことで間接的に機体を駆る。(但し、インターナショナル版ではAIに操作を任せるか、自分で操作するか(Nakedと呼ばれる)を選択することが出来る)

他作品と異なり、プレイヤーは傭兵(レイヴン)ではなくチームの監督的存在であるアーキテクトという立場にある。また、スポーツとしてACの戦いを描いている関係からか、作品全体のカラーおよび音楽は比較的明るめ。多彩なメールやニュース、イベントを通じて、平和的な催しで活気付いた、ACシリーズでは珍しい世界観が醸し出される。

ちなみに、後述するLRは『アーマード・コア10作品記念作品』であるが、その10作品の中に本作は含まれていない。ただし、本作はSL~NXの間の話であることがエンターブレイン刊行の設定資料『アーマード・コア EXTRA GARAGE』のVol.3及び4から伺える。なお、LRに登場するVRアリーナはフォーミュラフロントの技術を応用したものという設定がある。

用語 編集

フォーミュラフロント
フォーミュラフロントとはモータースポーツを模したバトルグランプリである。各チームは5機のu-ACを用いて戦い抜いていく。FFA(Formula Front Administration)が運営し、ライセンス制度により各チームが出場できるリーグが異なる。
参加するチームの殆どは実在する他のプロスポーツ同様、何らかの企業がスポンサーについており各企業の広告塔を兼ねる。特に、三大企業のミラージュ・クレスト・キサラギは自社製品アピールのためか使用u-ACのパーツに自社製品を用いている(ミラージュやクレストにいたっては全パーツである)。
なお、フォーミュラ1同様、各地方に各グランプリが存在する。
  • ヒルサイドGP
  • スチールバレーGP
  • グレイシャGP
  • フロンティアGP
  • ジールGP
アーキテクト
各メンバーの統率からu-ACのアセンブル、AIロジックの組み上げ等を行うチームの監督的存在。チームが勝つには、アーキテクトの腕にかかっていると言っても過言ではない。
それ故、一部のチームにはオーナーにAC構成等を口出しされるアーキテクトも存在する。また実力が無くてもアーキテクト自身の容貌や過激なパフォーマンスで人気を集めたりするチームも存在する。
フォーミュラレギュラー
上級リーグの一つで、全30チームが参加する。一戦ごとに所有u-ACから一機を選んで戦う形式。ランキング形式で上位に上がるには1ランク上のチームと戦わねばならない。一機のみに特化させるか、5機ともバランスよく強化するかはチーム次第である。
なお、上級リーグはA級ライセンスが参加資格となるため、チームのレベルは総じて高い。
フォーミュラエキスパート
上級リーグの一つで、全18チームが参加する。柔道剣道の団体戦の勝ち抜き戦のようにu-AC5機全てを使用した熾烈な戦いが展開される。また使用u-AC5機のパーツ重複が禁止されている。
そのレベルの高さから、フォーミュラフロントの最高峰とも評される。
フォーミュラマキシマム
特別リーグの一つで、1機のACで全100機のu-ACを撃破する。もともとは非公式に行われていたファンイベントの1つだったが、反響の大きさからFFAが特別リーグと認定した。
アーキテクトライセンスさえ所有していれば参加可能(所属チームを持たない場合は、FFA側からすべての機材が提供される)だが、全100機は様々なリーグの機体データから繰り出されるため難関。
フォーミュラワールド
特別リーグの一つでこちらはPSPのメモリースティックのセーブデータを公式サイトにアップロードして他のユーザーと戦う、いわば「ネット大会」。現在は公式サイト側がサービスを停止しているがユーザー間でアップローダーを用いた非公式大会も開催されている。
ボトムリーグ
B級ライセンスでも参加可能なリーグ。複数が存在し、ボトムリーグ26まで確認されている。

登場キャラクター 編集

オーナー
プレイヤーのチームの女性オーナー。
かつてあるチームのサブアーキテクトとしてエキスパートリーグにまで進出したが、成績が振るわず5シーズン目に無念の撤退を余儀なくされた過去をもつ。
PS2版にのみ登場。
フェルノ・ルカーチ
現役時代に数多くの伝説的記録を残したフォーミュラフロントの解説者。
オーナーとは旧知の仲で、プレイヤーのチームのアドバイザーを務めることになる。
PS2、PSP版共に登場。
ライカ・スフォルツァート  所属チーム:ソニックブラスト
プレイヤーチームに熱烈な応援メッセージを送ってくる少女。
FFへの熱中ぶりも相当なもので、遂にはライセンスを習得。サブアーキテクトとしてデビューすることになる。
PS2版にのみ登場。
尚、PSPにて登場したアルティが使用した中量二脚型U-AC「スフォルツァート」と同じ名前からメイルド・ブレンと何か関連がある。
アナーク  所属チーム:H&Cバークス→FCオルドー
プレイヤーの先輩格にあたるアーキテクト。
「天才」と評されるほどの腕の持ち主だが、所属チームは低迷の一途を辿るばかりであり、それに対する愚痴のメールをプレイヤーに送り付けてくる。
後に新たな環境を求めチームを移籍する。
PS2版にのみ登場。
ベアトリス 所属チーム:百龍→オウレットアイ
連敗を続けてきたチームを一転、エキスパートリーグ昇格寸前まで躍進させたことで注目を浴びた史上最年少アーキテクトの少女。
ファンやメディアの前では殊勝な態度をとっているが、本来は非常に勝気な性格。
フェルノを差し置いてチームのアーキテクトを務めるプレイヤーに興味を示す。
PS2版にのみ登場。
メイルド・ブレン 所属チーム:テスタロッサ・アルティジャーナ
レギュラーリーグおよびマキシマムリーグの頂点に君臨するアーキテクト。
伝説と評されるほどの圧倒的な強さを誇り、本作におけるトップランカーと呼べる存在である。
PS2、PSP版共に登場。
ライナス 所属チーム:BTワイバーン
主人公と同期でフォーミュラフロントに参戦したアーキテクト(ボトムリーグ参戦、B級ライセンスの獲得、あるいはA級ライセンスの獲得(フォーミュラレギュラー参戦)のいずれが同期の基準になっているかは不明。)
そのためか、主人公を目標としているところがある
下位ランクで低迷していたチームは彼の成長とともに上位チームとなり、主人公のライバルの一人として成長を果たした。
おもにPSP版で登場。

登場組織 編集

FFA
フォーミュラフロント運営局。正式名称はFormula Front Administration。
複数の企業から選出された11人の代表により構成され、ライセンスの発行、大会要綱の規定・改正、競技監査など、大会に関わる全ての事柄を取り仕切っている。
その他、各地から対戦に適した地形を調査し、ステージとして選別している。
ミラージュ
Mirage Works Formula Artとして参戦。
クレスト・インダストリアル
チーム名はCREST ind.。
キサラギ
チーム名はAnother Frontier KISARAGI。

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:Navbox generic

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はアーマード・コア フォーミュラフロントにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki