FANDOM


テンプレート:Otheruses テンプレート:Otheruses アーマード・コア (ARMORED CORE)は、フロム・ソフトウェアから発売されたプレイステーション用ロボットアクションゲームであり、アーマード・コアシリーズの第1作である。ファンの間では『初代』『無印』『緑』(ジャケットに描かれたイラストから)と呼称される事がある。1997年7月10日発売。

2007年7月26日からはプレイステーション・ストアゲームアーカイブスでダウンロード販売が開始された(PS3用)。

ストーリー 編集

未来世界、大破壊と呼ばれる全面戦争によって世界は荒廃し国家や政府は消滅した。僅かに生き延びた人類は地下都市へと逃れることとなり、地上への復帰を目的とする企業連合体のもと、「百年計画」がスタートする。しかし、計画進展につれて巨大企業間の抗争が激化、ここで活躍するのが「レイヴンズ・ネスト」に所属するレイヴン達であった。主人公もその一人であったが、あまりの活躍に巨大企業自体が崩壊してしまう。主人公はイレギュラーとして他のレイヴンからも追われ、その末にレイヴンズ・ネストの中枢に触れることとなる。

AC1終了後、地球暦156年から30年の長きに渡った巨大企業間の抗争は後に「大深度戦争」と呼ばれる。

特色 編集

自分だけの機体を作成できるというそのコンセプトのみならず、PSならではの3D戦闘システム、先が見えない通路に侵入していくなど斬新なマップで多くのロボットファンを魅了した。第一作目でありながら、全体的なパワーバランス、難易度は良好で、軽い謎解きや隠しアイテムなどの要素も多い。ミッションのバリエーションも豊富であるが、どちらかというとAC同士の戦いは少なく、やや探索に重きが置かれている。

AC1、ACPP、ACMOAに共通する要素として、闇に覆われた地下世界が挙げられる。本来、処理の都合で遠方が見えるように出来ず、苦肉の策として舞台を地下世界とし、遠方を見えなくすることで処理を軽減したと言われているテンプレート:要出典。しかし、これらの暗い設定に惹かれたプレイヤーも多く、未だにAC1がACシリーズ中最高の出来と評するファンも多いテンプレート:要出典

また、台詞が入る際にはBGMが演奏されない。これも地下世界の設定と同様、処理の都合上BGMと音声を同時に扱えなかったためと言われているがテンプレート:要出典、無音の中響く効果音や、無機質なCPUの警告と相まって、演出として良い評価を得ている。

なお、ミッションの選択に応じて途中でルートが2つに分岐するが、最終ミッション及びエンディングはどちらのルートでも同一である。

数あるロボット・アクションゲームの中でもかなり操作が難しいことでも有名である。

登場組織 編集

レイヴンズ・ネスト
本作において各レイヴンに依頼を斡旋する組織。中立を貫き、原則として各レイヴンに対する干渉は無いが、例外として、世界のパワーバランスを崩しかねないと判断された場合、対象をイレギュラーと認識し、最強のAC・ナインボールを投入する事となる。
大破壊後の世界の復興(百年計画)に向け、それに関係する企業間対立を仲裁する組織が母体となっており、本来ならば百年計画の完了と同時に解散する予定であった。しかし、金さえ払えばどんな内容の依頼でも受けるというその性質が、もはや企業にとっては必要不可欠な存在となっていたため、その後も存続し続けることとなった。
しかし最終ミッションにおいて主人公によって中枢たるコンピューターユニットを破壊されたために機能停止に陥る。
クローム
百年計画(地下複合都市建設計画)の中心的企業であり、その規模は最大を誇る。本社はアイザックシティ。
ACパーツの方向性として、重厚かつ無骨にして、質実剛健という点が挙げられる。
数多くのグループ企業(クローム・マスターアームズ:兵器産業 クローム・オートモバイル:自動車産業 C&Cフーズ:食品産業等)を抱えており、支社を含めて計20種の下部組織がある。
歴史も古く、それ故に高いプライドを持ち、他の企業と交わることを良しとしない風潮があった。後の歴史家の中には、大深度戦争はクロームが譲るべき所を譲らなかったがために生じたとする者もいる。ただし、市民に対する待遇に関しては十分に行き届いていたため、後に地球政府が成立した際、地上に都市を作る際の福祉モデルケースとして、クロームのそれが採用されたという経緯を持つ。
ムラクモ・ミレニアム
クロームと対立関係にある企業体。本社はアヴァロン・バレー。元々は企業体連合が解散した際、技術はあるが資本の無い多数の企業が連合したもの。
家電から軍事機器まで多岐に渡る製品の開発・販売を行う工業系専門企業で、高品質かつ高性能を誇る。とりわけMT、AC部門はトップクラスの実力を有する技術者集団という性格を持ち、新技術を積極的に取り入れることでクロームと市場シェアを二分するほど。ちなみに、この企業製の機体の名称は全て漢字である。
宇宙開発に関してはクロームよりも進んでおり、宇宙ステーション“カエデ”、月面基地“ロア”を保有する。
地球環境再生委員会
表向きは荒廃した地球環境の再生のために活動する組織であるが、その実態はムラクモの下部組織である。
ケミカルダイン
クロームと提携する企業の1つで生化学工業メーカー。合弁企業として合成食品企業のC&Cフーズがあり、この合成食品事業によって地下世界最大の生化学工業メーカーとしての地位を確立している。ただし、そういった表向きの事業と同時に、作中では生体兵器の開発にも関与していた。
また、本作における強化人間(プラス)は、ケミカルダインがクロームからの出資を受けて研究を行っている。
イミネント・ストーム
アイザックシティを中心に破壊活動を行うテロリスト集団。『人類の地下世界からの解放』を旗印とし、企業に対する破壊工作等を行っているが、その実態はクロームの下部組織であり、その権益確保のための地下工作を行っている。
ストラグル
元々はクロームの非合法活動に対抗するべく組織された集団だが、作中の次点では既にその目的意識は薄れ、他のテロリスト集団との区別がつかない状態にある。
クロームの実質的な下部組織であるイミネント・ストームと対等に渡り合えるだけの戦力を有しており、その背後には実はムラクモ・ミレニアムの支援がある。
シティガード
各地下都市の治安維持のために配備された自警団。
実質的に公的な治安維持組織として機能しているが、その装備は二級品が多いため、イミネント・ストームやストラグルなどには対抗できないことも多い。そのため、レイヴンの助力を請う機会が多く、ネストにとっての格好の顧客となっている。

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:Navbox generic

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はアーマード・コアにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki