FANDOM


アークザラッド3Arc The Lad III)』はアークエンターテイメント(Arc Entertainment)&ダイナマイト制作のコンピュータRPG
1999年10月28日プレイステーション専用ソフトとしてソニー・コンピュータエンタテインメントから発売された。アークザラッドシリーズ第3弾となる。

本来、シリーズは2で完結する予定だったが、前作の人気の高さから急遽製作された。
物語の内容については、シリーズのファンからは賛否が分かれている。

あらすじ編集

全ての始まりは今より3年前・・・多大な犠牲を払い闇黒の支配者を封印したエルク達。
だがロマリア王の暴走させた力による急激な環境変化により、世界中の大勢の人々の命が失われた・・・後に言う"大災害"である。

現在かろうじて生き残った人々は大災害を乗り越え、懸命に復興の道を歩んでいた。そんな時代のとある村に住む一人の少年、アレク。彼はかの大災害の時、危うく命を落としかけるも、偶然通りがかったハンターに助けられ、それ以来強い憧れを抱いていた。

そんな折、ある事件をきっかけにアレクはハンターを志し、幼馴染のルッツと共に旅立つ。それが自身を壮大な運命の渦に巻き込むことになるのを知らずに・・・。

システム編集

コンバート
前作アークザラッド2のセーブデータをコンバートすることができる。最終セーブポイントのデータのみコンバートの対象になる。コンバートをすると、前作からの参戦キャラクターが強化されたり、レアアイテムが手に入りやすくなる、といったメリットがある。
ギルド仕事
本作では、前作のギルド仕事がメインシステムとして組み込まれている。序盤でハンターの試験に合格した後、各地のギルドで依頼を受けることができる。内容はお使い程度からバトルが発生するものまで様々。ミニゲームのような内容もある。
仕事に成功すれば報酬やギルドポイントがもらえる。場合によっては失敗したり、小成功になる場合もある。いくつかの依頼を消化すると、シナリオの進行に関わる重要な依頼が発生する。依頼は複数同時に引き受けることも可能だが、シナリオの進行に関わるような依頼を引き受けた場合、他の依頼を強制的に放棄させられることもある。
合成
各地にある『アイテム協会』『ウエポン協会』で行えるシステム。アイテムを合成し、新しいアイテムを作り出すことができる。一度に最大6つまで材料として選択できる。新しい作り方を発見した場合はリストに登録され、次回からはリストから直接合成できるようになる。
闇雲に合成しても失敗してしまうため、各地で得られる情報などを頼りに計画的に合成していくことが必要。
ちょこと遊ぼっ!
各地の召喚の壷を調べることで遊べるミニゲーム。様々なミニゲームを行い、ちょこを育成することができる。十分に育てたらアイテムを探しに行かせることができるが、一度探索を終えると育てた能力値が全て0に戻ってしまう。見つけてくるアイテムはちょこの能力によって変わり、特に意味の無いガラクタの場合もあるが、本編ではなかなか手に入らないレアアイテムも多い。
ポケットステーションにもダウンロードが可能で、その場合のみアイテム発見率を成長させられるミニゲームが遊べる。

テンプレート:ネタバレ

登場人物編集

アレク - 声優:岩永哲哉
主人公。14歳。身長165cm。体重54kg。瞳の色はダークブラウン。「大災害」の際、ハンターに助けられた事によりハンターに憧れ自らもハンターの道を歩む。正義感が強く優しい性格の少年。誕生日は不明だが、サシャ村に来たのは5月14日とされる。
ほぼ全ての武具が装備可能で基本能力は全体的に高く、加えて修得する回復・攻撃魔法のバランスが良い。
ルッツ・カネック - 声優:上田祐司
アレクの幼馴染。14歳。誕生日は11月28日。身長170cm。体重53kg。瞳の色はモスグリーン。アイテムが大好きであり、世界中のアイテムが見られるという理由でアレクに同行する。せっかちでお調子者な性格のため、彼の行動が仲間を危険に招く事が多いが、彼の機転で物語が進むこともある。
素早さが高く、「盗む」で敵のアイテムを奪取できたり、「フェイタルダガー」で敵のHPを激減させることが出来る。
テオ・ミル・ラケル - 声優:渕崎ゆり子
モンスターカード化できる「カーディスト」を目指す少年。10歳。誕生日は6月11日。身長130cm。体重27kg。瞳の色はダークブラウン。アレク達にとっては「一緒に旅をしたい仲間」としてアレク達と行動をともにする。素直で人なつっこい性格であり、ルッツとシェリルのケンカの仲裁役である。普段はを布に包んで持ち歩いている。
HPや防御は低いが、「カーディッシュ」で敵をカード化し「アタッカード」により強力な全体攻撃ができる。
シェリル・レッド - 声優:西村ちなみ
北スラートで出会う少女。14歳。誕生日は11月12日。身長157cm。体重40kg。瞳の色はレッドブラウン。唯一の肉親である父親を「大災害」で失ってから、荒廃したギスレムで一人で生きてきた。心はすっかり閉ざされ、のみを信じて生きてきたが、アレクと出会ってから徐々に心を開いていく。男勝りな性格。
銃により遠距離・広範囲に攻撃できる。また回復魔法や補助魔法も少し使える。
マーシア・アクイ・クォーツ - 声優:池澤春菜
ルーサの魔術学院一の魔導師。16歳。身長160cm。体重48kg。瞳の色はダークブラウン。幼馴染のティクバを止めるためにアレクらと同行し、彼を利用したアカデミーを壊滅させるべく共に旅に出る。落ち着いた性格だがやや世間知らず。誕生日は9月10日
初期レベルは低くHPは低め。しかし苦心してレベルを上げていけば、魔力が上がり戦力に成り得る。
ヴェルハルト・バラッグ - 声優:三木眞一郎
パルテ随一のの技術を持つ剣豪。17歳。身長175cm。体重63kg。瞳の色はブルー。強さに執着し、ストイックに力を求め続ける。しかし唯一の肉親であるリシャルトをアカデミーに殺害されたことで、自分の求める力の意義に疑問を感じ始める。無口で無愛想だが、兄の事に関してだけは感情を露にする家族思いの性格。誕生日は1月9日
HP・攻撃力共に高く接近戦を得意とする。またΩ・BUSTERはHPの調節を上手く行えば一撃必殺の威力を叩き出す事が出来る。
アンリエッタ・ロシュフォール - 声優:松井菜桜子
高名なロシュフォール財閥の令嬢。15歳。良く言えば自由奔放、悪く言えば勝手気ままな性格で、いつも周囲を困らせている。しかしそれはいつも多忙で自分に構ってくれない父親に対する寂しさの表れでもある。アレクに興味を抱いている。誕生日は8月18日
話の展開によっては仲間にならない。

前作からの登場人物編集

トッシュ・ヴァイア・モンジ - 声優:檜山修之
南スラートのテスタを仕切る親分。31歳。身長178cm。体重64kg。瞳の色はブラウン。アカデミーに奪われた水の珠を取り返すイベントでパーティに加わる。
シュウ - 声優:池田秀一
雇われているふりをしてアカデミーの内部事情を探っていた「ハンターを超えたハンター」。28歳。身長178cm。体重62kg。瞳の色はライトブルー。トッシュと入れ違いでパーティに加わる。
エルク・コワラ・ピュール(エルク) - 声優:折笠愛
アークザラッド2の主人公。シュウと同じく「ハンターを超えたハンター」であり、アカデミーの動きを探る伝説のハンター。18歳。身長170cm。体重59kg。瞳の色はディープパープル。最終ダンジョンに乗り込むかという問いに「はい」と答えるとパーティに加わる。
炎の民特有の凄まじい炎の力は、今作でも健在。

前作からの登場人物(非参戦)編集

シャンテ・ドゥ・ウ・オム
イティオの町で酒場を経営している。
ポコ・ア・メルヴィル
大災害で傷ついた人々の心を音楽で癒すため、各地を旅している。
リーザ・フローラ・メルノ
前作のヒロイン。フォレスタモールにて牧場を開きモンスター達と穏やかに暮らしている。エルクとの関係が進展したかは不明だが、彼の名前を聞いた際に懐かしそうな反応をしたことから、しばらく会っていないと思われる。
チョブリン・グルタン・ゴー・ガラッハ・ドブラン・ダダ13世(チョンガラ)
大災害のショックで記憶喪失になり、テスタの闇市で店を開いている。
イーガ・ラマダギア
ラマダ寺にて大僧正代理を務めている。
サニエレ・アルノ・ヘ・ドバッチ・ミルマ(サニア)
大災害で故郷のミルマーナが海中に没したため、ペイサスの町で占い師をしている。
グルガ・ヴェイド・ブラキール
パルトスの町にて、娘のエレナと二人で暮らしている。
ゴーゲン
大災害の後に姿を消し、行方不明。
ヂークベック
大災害でボディーを無くし、そのまま行方不明になった。

アカデミー関係者編集

教授 - 声優:なし
科学者集団「アカデミー」の創設者。本名ルートヴィヒ・K・カーロフ。28歳。
シャロン・モニカ・レイン - 声優:なし
女性科学者。28歳。身長170cm。体重50kg。目の色はブラウン
ガルド・バン・モルガン - 声優:大塚明夫
アカデミーの戦闘警備部門のリーダー。35歳。過去、ハンターだったが・・・。実は「大災害」の際、アレクの命を救ったのは彼なのだが、彼は自分が助けた子供がアレクという事に気付いていない。同じくアレクも自分を救ってくれたハンターが誰なのか覚えていない。
セヴィル・キース - 声優:石田彰
アカデミーの研究本部長。2本の剣が武器。

挿入歌・エンディングテーマ編集

CDドラマ編集

  • 『アークザラッドIII マーシアの決意』
    2000年4月21日エニックスより発売。

外部リンク編集

テンプレート:Navbox generic


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki