FANDOM


テンプレート:Otheruses

+ class="" style="font-weight: bold; font-size: 120%; "アークザラッドcolspan="2" style="width: auto; text-align: center; "{{{image}}}- colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header1}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header2}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header3}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header4}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header5}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header6}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header7}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header8}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header9}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header10}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header11}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header12}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header13}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header14}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header15}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header16}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header17}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header18}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header19}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header20}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header21}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header22}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header23}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header24}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header25}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header26}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header27}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header28}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header29}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header30}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header31}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header32}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header33}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header34}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header35}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header36}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header37}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header38}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header39}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header40}}}-


アークザラッド (Arc The Lad)』は、ソニー・コンピュータエンタテインメントから発売されたコンピュータRPGである。

加倉井ミサイルによって漫画化され、小説版は2種類発売されている。1999年には直接の続編『アークザラッド2』を原作にしてテレビアニメ化もされた。

RPGとしては非常に珍しく大団円とはならない、次回作を強烈に意識したエンディングであることが特徴として挙げられる。

テンプレート:ネタバレ

あらすじ 編集

この世界には、かつて邪悪なものに立ち向かい、それを"聖櫃"と精霊の力によって封印した「七勇者」の物語が語り継がれていた。その世界に存在する強大な国家スメリア。

そのスメリアの辺境に住む正義感の強い少年アークは、行方不明の父を追い求めるうちに"勇者"としての使命をおびることとなる。

そして偶然出会った"聖女"の使命を与えられた名門ワイト家の娘・ククルや仲間たちと共に旅を続けるうち、アークは自らに課せられた使命と、かつての七勇者の伝説からくる運命の波に翻弄される事となる……。

登場キャラクター 編集

アーク・エダ・リコルヌ - 結城比呂
  • 年齢:15歳
スメリアの辺境・トウヴィルで、母親と二人暮らしをしている少年。十年前に父ヨシュアが行方不明になったまま。精霊の山に住む何かが父の命を奪ったと信じ、敵討ちの機会を待つ正義感の強い主人公。精霊を探す旅を通して勇者として成長して行く。
ククル・リル・ワイト - 声:吉田古奈美
  • 年齢:17歳
トウヴィルにあるワイト家の昔からの習わしに逆らい、自由に生きたいという思いを胸に暮らす少し気の強いヒロイン。
ポコ・ア・メルヴィル - 声:坂本千夏
  • 年齢:15歳
パレンシア候軍の兵士。内気な少年で、争いごとを好まない。幼い頃、太鼓を手にしたことで音楽の楽しみを知り、また、純粋に愛しだした。今では軍の生活に馴染むことが出来ない日々を送っていたが、アークとの出会いにより変わっていく。
トッシュ・ヴァイア・モンジ - 声:檜山修之
  • 年齢:28歳
自分の利益より、弱者の救済や義理を優先してしまう。刀の腕も立ち、下のものの面倒見もよい為、ダウンタウンにある一家で若頭の立場にいる。古風なタイプの不器用な男。短気なのが玉に瑕。
ゴーゲン - 声:辻村真人
  • 年齢:不詳
かつて聖櫃を運んだと言われる七勇者の一人。聖櫃を運ぶ途中、強力な敵が現れ、ゴーゲン自身が敵を道連れに我が身を封印した。少しボケ気味で飄々とした老人だが、その知恵と知識は冒険の道標となる。
イーガ・ラマダギア - 声:梁田清之
  • 年齢:35歳
グレイシーヌにある武闘派のラマダ寺にて、修行と弟子たちの育成に専念する師範代。五歳の時から現在に至る迄、一日も休むことなく武の道を精進し続けて来た。無愛想であるが頼りになる渋い男。
チョブリン・グルタン・ゴー・ガラッハ・ドブラン・ダダ13世(チョンガラ) - 声:緒方賢一
  • 年齢:45歳
自称「冒険家」の骨董品商人。長い間の盗掘生活で、損得勘定にまみれて欲の塊となってしまった。今のところ、遺跡ダンジョンの奥深くに眠る宝物を取りに行ける人物の捜索に力を入れている。かつてはバルバラード東方のダダ国の王族。
チョピン
アーク一行を乗せて世界を翔る大型飛行船「シルバーノア」の乗組員。
ちょこ
アララトス遺跡の地下50階で出会う赤毛の女の子。正体は魔王セゼクの娘。ゲーム中の隠れキャラにあたり、攻撃力・魔力ともに強力。チョンガラのつぼから召還できるがフリーバトルのみ使用可能。仲間にしたデータをアークザラッド2にコンバートすると、ちょこの生い立ちに関する隠しイベントが用意されている。本作だけ以降の作品と性格が異なる(語尾に「・・・なの~」が付かない等)。
アンデル
パレンシア城の大臣。しかし、その正体はロマリア4将軍の1人。ヨシュアの弟でアークの叔父でもある国王マローヌを暗殺し、その濡れ衣をアーク達に着せた。彼に奪われた聖櫃を奪い返そうとトッシュも抵抗したが、あっけなくアーク達を捕らえる。そのアンデルの大笑いはアークザラッド2へと続いていく。

シリーズ一覧 編集

ワンダースワン用に出たアークザラッド3の続編。3から更に3年後が舞台。

外部リンク 編集


テンプレート:Navbox generic

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki